Academic Box Logo

井上順と六本木野獣会!?芸能界への道のりとは?六本木野獣会、その実態とは!?

井上順と六本木野獣会!?芸能界への道のりとは?六本木野獣会、その実態とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 井上順さんが六本木野獣会に入会したきっかけは母親の紹介でした。

💡 六本木野獣会は、後に芸能界で活躍する多くのメンバーを輩出しました。

💡 六本木野獣会は、当時流行の最先端を行く若者たちの集まりでした。

本日は、井上順さんと六本木野獣会についてお話します。

野獣会での出会い

六本木野獣会、まさに夢を追いかける若者たちの温かいコミュニティだったんですね。

🔖 関連記事の要約!世界でいちばんハッピーなおじさん! 井上順を導いてくれた「六本木野獣会」と素敵な大人たち(前編)
世界でいちばんハッピーなおじさん! 井上順を導いてくれた「六本木野獣会」と素敵な大人たち(前編)

✅ 井上順さんが子供の頃に所属していた「六本木野獣会」は、映画や音楽の世界を目指す若者の集まりであり、井上さんが音楽や舞台芸術の世界に足を踏み入れるきっかけとなった。

✅ 峰岸徹さんや渡邊美佐さんなど、のちにスターとなる人々や業界関係者が多く集まる「六本木野獣会」は、井上さんにとって学校のような存在であり、そこで様々な経験を積むことができ、後の芸能活動の基礎を築いた。

✅ 「六本木野獣会」は、不良の集まりというイメージとは異なり、夢を持った若者たちが集まり、互いに刺激を与え合い、切磋琢磨する場所だった。

さらに読む ⇒ぼくのおじさん|おじさんの知恵袋マガジン|MON ONCLEぼくのおじさん|おじさんの知恵袋マガジン|MON ONCLE出典/画像元: https://www.mononcle.jp/column/interview/8617/

峰岸徹さんの影響力が大きかったんですね。井上順さんの芸能界への道が開かれたきっかけだったと思います。

井上順さんは、13歳の頃に母親の紹介で六本木野獣会というグループに所属しました。野獣会は、映画やファッション、ジャーナリズムなど、様々な夢を持った若者たちの集まりで、メンバーには後の俳優である峰岸徹さんもいました。井上順さんは峰岸徹さんに音楽学院に通うことを勧められ、ジャズ喫茶で歌い始めましたが、当時はプロになる意思はなく、歌を歌うことや周囲の人々と交流すること、峰岸徹さんから褒められることを楽しみながら、音楽の世界に足を踏み入れていきました。

へぇ~、なんか、懐かしい感じするわぁ。昔の六本木って、どんなとこやったんやろ?

六本木野獣会って、不良っぽいイメージがあったけど、実際はそんなことなかったんやね。

あの頃は、みんな夢に向かって頑張ってたんやろなぁ。今の若いもんにはないなぁ、そんな熱意。

野獣会の役割

六本木野獣会、芸能界への登竜門だったんですね。

🔖 関連記事の要約!井上順、中1で「六本木野獣会」に入っていた 会長や後見人、メンバーとの関係は – ニッポン放送 NEWS ONLINE
井上順、中1で「六本木野獣会」に入っていた 会長や後見人、メンバーとの関係は – ニッポン放送 NEWS ONLINE

✅ 井上順は中学時代に六本木野獣会に所属しており、当時の流行の最先端に触れていた。

✅ 六本木野獣会では、後の芸能界で活躍する田辺靖雄、峰岸徹、中尾彬、大原麗子らと出会い、峰岸徹に可愛がられ、六本木のレストランに連れて行ってもらったり、大人について教わったりした。

✅ 井上順は六本木野獣会での経験を通して、芸能界への道を歩むきっかけを得た。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/346445

六本木野獣会が、井上順さんの芸能界での活躍の基礎を築いたんですね。

六本木野獣会には、渡辺プロダクションの創業者である渡邊美佐さんも関与しており、野獣会から歌手や俳優がデビューするなど、若者たちの夢を後押しする存在でした。井上順さんは、野獣会を学校と例え、昼間の学校と野獣会というふたつの楽しい場所を掛け持ちできたことで、日々成長を実感し、充実した日々を送っていたと語ります。

えー、渡邊美佐さんもおったん!?すごいメンバーやなぁ。

六本木野獣会って、学校みたいなもんやったんやね。

あの頃は、みんな若くて元気やったんやろなぁ。羨ましいわぁ。

華やかな六本木

六本木野獣会、華やかで刺激的な場所だったんですね。

🔖 関連記事の要約!大原麗子や井上順が所属した遊び人の集い「六本木野獣会」とは?
大原麗子や井上順が所属した遊び人の集い「六本木野獣会」とは?

✅ 「六本木野獣会」は、1961年に富裕層の子女によって結成された、六本木界隈で活動していた遊び人の集まりです。

✅ メンバーには、後に芸能界で活躍する大原麗子、峰岸徹、中尾彬、井上順、ムッシュかまやつなどがおり、彼らは夜な夜な六本木のカフェやサロンに集まり、将来の夢について語り合っていました。

✅ 六本木野獣会は、当時の若者たちの理想と現実のギャップ、そして社会への不満を象徴する存在であり、メンバーたちはそこで得た経験や刺激を糧に、それぞれの人生を切り開いていきました。

さらに読む ⇒「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)出典/画像元: https://middle-edge.jp/articles/l0X3u

当時の六本木の雰囲気、伝わってきますね。

井上順さんは中学1年生の時、母親の知人である「六本木野獣会」会長・アキモトさんの家に連れて行かれ、そこで様々な芸能人と出会いました。当時の流行の最先端を行く「六本木野獣会」には、田辺靖雄、峰岸徹、中尾彬、大原麗子など、後の芸能界を牽引する人々が集まっていました。井上順さんは峰岸徹に可愛がられ、六本木のレストラン「レオス」に連れて行かれた際に、当時17、18歳の加賀まりこに出会いました。この経験を通して、井上順さんは華やかな六本木の雰囲気や「大人」について学んだそうです。

加賀まりこって、あの頃、六本木におったん!?

六本木って、昔はもっと、おしゃれな場所やったんかな?

あの頃は、みんな自由で、楽しかったんやろなぁ。

野獣会の活動

六本木野獣会、イメージと違う一面もあるんですね。

🔖 関連記事の要約!昭和の伝説的゛遊び人グループ゛「野獣会」とは何だったのか? 元メンバー・田辺靖雄が明かす「大原麗子デビュー秘話」と「後見人」(2ページ目)
昭和の伝説的゛遊び人グループ゛「野獣会」とは何だったのか? 元メンバー・田辺靖雄が明かす「大原麗子デビュー秘話」と「後見人」(2ページ目)

✅ 「野獣会」は、六本木ではなく赤坂を拠点とするグループであり、六本木族とは別の存在であった。メンバーには、俳優の峰岸徹、井上順、歌手の大原麗子などが含まれていた。

✅ 「野獣会」は、裕福な家庭出身者が多く、不良グループというイメージとは異なる。メンバーは、銀座のヤクザから襲撃されたこともある。

✅ 「野獣会」という名称は、雑誌などで不良じみた集団として紹介されたため、誤解を生みやすかった。メンバーは、芸能界で活躍する人が多かった。

さらに読む ⇒デイリー新潮デイリー新潮出典/画像元: https://www.dailyshincho.jp/article/2023/06251100/?all=1&page=2

野獣会って、不良グループのイメージがあるけど、実際は違っていたんですね。

「野獣会」は、1961年に結成された、芸能人予備軍の若者たちが集まったグループです。メンバーには、大原麗子、峰岸徹、井上順など、のちに大物俳優やタレントとなる人物が名を連ねていました。野獣会の拠点は、新宿区の四谷警察署近くの安アパートと、赤坂見附のオープンカフェ「シャンゼリゼ」でした。メンバーは、夜な夜な安アパートに集まり、その後「シャンゼリゼ」に移動して、ワイワイと過ごしていたそうです。

え、銀座のヤクザから襲撃されたん!?マジ!?

野獣会って、名前が怖いけど、実際はそんなことないみたいやね。

あの頃は、みんな、命がけで生きてたんやろなぁ。

井上順さんと六本木野獣会、夢と青春の物語でしたね。

🚩 結論!

💡 六本木野獣会は、芸能界を志す若者たちの集まりでした。

💡 六本木野獣会は、井上順さんの芸能界への道を切り開くきっかけとなりました。

💡 六本木野獣会は、当時の若者たちの夢と希望を象徴する存在でした。