Academic Box Logo

寺尾聰のすべて!『ルビーの指環』誕生秘話から現在まで、知られざる真実とは!?俳優・歌手として活躍する寺尾聰の軌跡

寺尾聰のすべて!『ルビーの指環』誕生秘話から現在まで、知られざる真実とは!?俳優・歌手として活躍する寺尾聰の軌跡
📘 この記事で分かる事!

💡 寺尾聰さんの代表曲『ルビーの指環』誕生秘話が明らかに!

💡 寺尾聰さんの家族やプライベートについても詳しく解説します。

💡 寺尾聰さんの過去の病気や死亡説の真相も明らかに!

それでは、寺尾聰さんの魅力に迫るChapter-1へ進んでいきましょう。

寺尾聰さんの家族

寺尾聰さんの家族構成やプライベートについては、あまり公表されていない部分も多いですが、この記事では貴重な情報をご紹介しています。

🔖 関連記事の要約!寺尾聰の子供や孫・星野真弓との馴れ初めや范文雀との離婚理由!死亡説も
寺尾聰の子供や孫・星野真弓との馴れ初めや范文雀との離婚理由!死亡説も

✅ この記事では、寺尾聰さんのプロフィール、経歴、家族、そして過去の病気や死亡説について詳しく解説しています。

✅ 特に、星野真弓さんとの馴れ初めや范文雀さんとの離婚理由について、具体的なエピソードや状況を交えて説明しています。

✅ 寺尾聰さんの若い頃に患った穿孔性胃潰瘍についても触れ、現在も精力的に活動されていることを強調しています。

さらに読む ⇒NontitleNontitle出典/画像元: https://fujiwara2100.sakura.ne.jp/terao-akira/

寺尾聰さんの結婚歴や家族、そして過去の病気について、詳しく知ることができました。

寺尾聰さんは、1973年に女優の范文雀さんと結婚しましたが、翌年の1974年に離婚しました。その後、1981年に元女優でモデルの星野真弓さんと結婚し、現在も仲睦まじく過ごしています。星野真弓さんは結婚後、芸能界を引退し、寺尾聰さんの個人事務所の社長を務めています。二人は、ドラマ「西部警察」の共演がきっかけで、寺尾聰さんが星野真弓さんに一目惚れし、結婚に至りました。寺尾聰さんは、星野真弓さんとの間に3人の子供をもうけ、現在では孫も6人いるとされています。しかし、寺尾聰さんはプライベートを公表することを避けているため、子供や孫の詳細な情報は明らかになっていません。

え、寺尾聰さんって、結婚してたんや!知らんかったわー。

お兄ちゃん、結婚してたんかー。知らんかった。でも、子供も孫もいるってすごいね!

あら、寺尾聰さんって、若い頃病気だったんね。でも、その後も元気に活動してるのがすごいわね。

『ルビーの指環』誕生秘話

ここからは、寺尾聰さんと音楽の関係についてお話していきます。

🔖 関連記事の要約!ザ・ベストテン』で12週連続1位の『ルビーの指輪』にお経みたいで売れないとダメだしの過去が « 日刊SPA!

公開日:2021/03/31

ザ・ベストテン』で12週連続1位の『ルビーの指輪』にお経みたいで売れないとダメだしの過去が « 日刊SPA!

✅ 寺尾聰さんが、音楽の師匠である三保敬太郎さんから音楽の面白さを教えられ、それが「ルビーの指環」につながったこと。

✅ 石原裕次郎さんのひとことで「ルビーの指環」がレコード化され、大ヒットに繋がったこと。

✅ 寺尾聰さんが、彼の音楽のルーツである70~80年代の洋楽ヒット曲をカバーしたライブを定期的に開催しており、番組ではフランクシナトラの「That’s Life」のライブ映像も紹介されること。

さらに読む ⇒日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報出典/画像元: https://nikkan-spa.jp/1734291

『ルビーの指環』誕生秘話、めちゃくちゃ興味深いですね!

寺尾聰さんは、29歳の時に穿孔性胃潰瘍を患い、胃の80%を切除する手術を受けました。生死をさまよう経験をした寺尾聰さんは、俳優業を続けるか悩みましたが、退院後のリハビリ中に楽曲制作を始め、デモテープを持ってレコード会社に売り込みました。その中に含まれていた「ルビーの指環」は、当初はレコード会社から「お経みたいな曲」と酷評されました。しかし、石原裕次郎氏の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定し、1981年にリリースされました。発売当初は売れ行きが低調でしたが、1ヶ月ほどでチャートを駆け上がり、オリコンシングルチャートで1位、TBS系『ザ・ベストテン』では12週連続1位を獲得するなど、大ヒットを記録しました。

まじ!?『ルビーの指環』って、石原裕次郎さんがきっかけでできたんや!

へぇー、『ルビーの指環』って、最初は酷評されたんや。でも、大ヒットしてよかったねー。

あら、寺尾聰さんって、若い頃から音楽やってたんね。

『ルビーの指環』の成功

それでは、いよいよ『ルビーの指環』の大ヒットについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!寺尾聰「ルビーの指環」/ザ・ベストテン 今月のスポットライト
寺尾聰「ルビーの指環」/ザ・ベストテン 今月のスポットライト

✅ 寺尾聰の代表曲「ルビーの指環」は、俳優として活躍していた彼が1979年にリリースした楽曲であり、ヨコハマゴムのCMソングとして人気に火がつき、ザ・ベストテンで11週連続1位を獲得するなど、日本中を席巻しました。

✅ 当時アイドル全盛期であった歌謡界において、「ルビーの指環」は松本隆による詩の世界観と、寺尾聰のニヒルな歌声によって、大人の魅力や都会的な雰囲気を醸し出し、異彩を放つ存在として大きな人気を博しました。

✅ 「ルビーの指環」は、1981年のザ・ベストテン年間1位、日本レコード大賞を受賞するなど、その年の音楽界を代表する大ヒット曲となり、寺尾聰は歌手としても不動の地位を築きました。

さらに読む ⇒歌詞検索サービス 歌ネット歌詞検索サービス 歌ネット出典/画像元: https://www.uta-net.com/user/timemachine/best10/1606index.html

『ルビーの指環』は、本当に素晴らしい曲ですよね!

「ルビーの指環」は、寺尾聰の5thシングルとして1981年2月5日にリリースされ、昭和歌謡の代表曲として、ミリオンセラーを記録しました。作詞は松本隆、作曲は寺尾聰、編曲は井上鑑が担当しました。リリース当初は売れ行きが低調でしたが、発売から約1か月後に徐々に売上を伸ばし、同年3月30日付のシングルチャートで1位を獲得しました。また、TBS系『ザ・ベストテン』でも12週連続1位を獲得し、放送終了まで破られることのない記録となりました。同年12月31日には第23回日本レコード大賞を受賞し、作詞賞、作曲賞、編曲賞の3つの賞を楽曲製作者が受賞しました。

『ルビーの指環』、めっちゃ懐かしい!昔、よくカラオケで歌ったわー。

『ルビーの指環』、あの頃流行ったよね。寺尾聰さん、歌うまいなぁ。

『ルビーの指環』って、昭和の時代の名曲よね。

『ルビーの指環』成功の裏側

Chapter-4では、『ルビーの指環』の大ヒットの裏側についてお話していきます。

🔖 関連記事の要約!ザ・サベージから「ルビーの指環」へ 『寺尾 聡』
ザ・サベージから「ルビーの指環」へ 『寺尾 聡』

✅ 寺尾聡はザ・サベージというグループサウンズバンドのメンバーとしてデビューし、人気を得ましたが「この手のひらの愛を」リリース後に脱退し、俳優に転身しました。

✅ その後、石原軍団の一員となり、数多くの映画、ドラマに出演し、俳優として活躍しました。

✅ 1981年にはソロ歌手としてデビューし、「ルビーの指環」が大ヒット、歌手としても成功を収めました。俳優と歌手、両方の分野で活躍する寺尾聡は現在も精力的に活動しています。

さらに読む ⇒Flying SkynyrdのブログFlying Skynyrdのブログ出典/画像元: https://lynyrdburitto.hatenablog.com/entry/2019/08/11/153000

『ルビーの指環』の成功の裏側に、こんな戦略があったんですね!

東芝EMIのプロデューサー・武藤敏史は、寺尾聰の歌声に可能性を感じ、松本隆を起用し「ルビーの指環」を大ヒットさせるための戦略を立てました。武藤は、寺尾聰の楽曲を3部作としてリリースし、各楽曲の発売時期も戦略的に決めたと言われています。特に「ルビーの指環」は、松本隆の作詞力を信頼し、彼に自由な発想で歌詞を書いてもらったそうです。武藤敏史は、当時、歌謡曲への偏見があったものの、松本隆とは同じ世代であることや、はっぴいえんど出身であることから、彼に゛仲間意識゛を持っていたそうです。その信頼関係が、松本隆の高い作詞力を引き出し、名曲誕生に繋がったと言えるでしょう。

え、寺尾聰さんって、元々はバンドやってたんや!

寺尾聰さんって、石原軍団の人やったんや!知らんかったー。

あら、寺尾聰さんって、歌手になるまで苦労してたのね。

寺尾聰さんの現在

最後のChapterでは、寺尾聰さんの現在についてお話していきます。

🔖 関連記事の要約!紅白】寺尾聰 紅白16年ぶり「ルビーの指環」 昭和企画で登場、渋さも哀愁も健在― スポニチ Sponichi Annex 芸能
紅白】寺尾聰 紅白16年ぶり「ルビーの指環」 昭和企画で登場、渋さも哀愁も健在― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 第74回NHK紅白歌合戦で、寺尾聰が16年ぶりに「ルビーの指環」を披露しました。

✅ 黒柳徹子との再会を果たし、ステージ上で手を握り合って喜びました。

✅ 寺尾聰は、昭和を代表する名曲「ルビーの指環」を当時の渋さと哀愁そのままに歌い上げました。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/12/31/kiji/20231231s00041000428000c.html

寺尾聰さん、今も精力的に活動されてるんですね!

寺尾聰さんは、俳優としてだけでなく、歌手としても活躍しており、代表曲「ルビーの指環」は1981年に大ヒットしました。現在も音楽活動を続けており、東京でのライブやクリスマスディナーショーを開催しています。76歳になった現在も、精力的に活動しており、2023年の紅白歌合戦への出演や、ドラマ「ラストマン-全盲の捜査官-」、映画「こんにちは、母さん」への出演が決まっています。寺尾聰さんは、29歳の時に穿孔性胃潰瘍を患い、生死をさまよう経験をしています。そのため、病気のワードがつきまとうこともありますが、現在では健康で、元気な姿を見せています。

え、寺尾聰さんって、まだ活動してるん!?

寺尾聰さん、紅白に出るって、すごいなぁ!

あら、寺尾聰さん、まだお元気でよかったわ。

寺尾聰さんの魅力がたっぷり詰まった記事でしたね!

🚩 結論!

💡 寺尾聰さんは、俳優、歌手として活躍し、幅広い世代から愛されています。

💡 『ルビーの指環』誕生秘話や、寺尾聰さんの家族、そして現在の活動状況についてご紹介しました。

💡 寺尾聰さんの魅力を改めて感じることができたのではないでしょうか。