Academic Box Logo

GReeeeNからGRe4NBOYZへ: 改名発表と楽曲制作の裏側?GReeeeNの素顔とは!?

GReeeeNからGRe4NBOYZへ: 改名発表と楽曲制作の裏側?GReeeeNの素顔とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 GReeeeNが、新グループ名「GRe4N BOYZ」として活動を再開することを発表

💡 楽曲制作の裏側に迫るメンバーインタビュー

💡 ヒット曲「愛唄」と「キセキ」の誕生秘話

それでは、GReeeeNの改名発表から、彼らの音楽制作秘話まで、詳しくご紹介いたします。

GReeeeNからGRe4NBOYZへ: 改名発表と楽曲制作の裏側

GReeeeNの新たなスタート、楽しみですね。

🔖 関連記事の要約!GReeeeNが゛GRe4N BOYZ゛へ改名「出会った頃と変わらない少年のような気持ちで」
GReeeeNが゛GRe4N  BOYZ゛へ改名「出会った頃と変わらない少年のような気持ちで」

✅ ボーカルグループGReeeeNが、新会社を設立し、新たなグループ名「GRe4N BOYZ」として活動を再開することを発表しました。

✅ 新たなグループ名は、未完成であり続けるという彼らの想いを表しており、これからも新人、ルーキーとして音楽を創り続けていくことを宣言しています。

✅ GRe4N BOYZは、今後新曲のリリースやツアーだけでなく、音楽を通じてメッセージを発信できる場を積極的に作っていくことを目指しています。

さらに読む ⇒Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディアBezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア出典/画像元: https://bezzy.jp/2024/03/42022/

GReeeeNの楽曲は、本当にどれも心に響きますよね。彼らの音楽への情熱が伝わってくるようです。

GReeeeNは、2023年3月19日にGRe4NBOYZ(グリーン・ボーイズ)に改名したことを発表しました。彼らは顔を一切見せないスタイルを貫いており、その理由やヒット曲の裏側について、メンバーのHIDEとnaviが独占インタビューで語りました。HIDEは、「愛唄」はスタッフからのバラード作成依頼がきっかけで、試行錯誤の末に生まれたと明かしました。「キセキ」は、TBSドラマ「ROOKIES」のスタッフからの依頼で、メンバーが医師国家試験を終えてから制作されたそうです。メンバーはそれぞれ楽曲制作に独自のスタイルを持ち、naviは仕事後に音楽ソフトで作曲し、HIDEは日常生活の中でメロディーが降りてきたらすぐにスマホで録音するそうです。歌詞については、「自分たちにはない言葉は使わない」ことを大切にしており、常に自分たちの経験や思いを表現しているとのことです。グループのテーマである「常に未完成なルーキーであり続ける」ため、彼らは「成長し過ぎてはいけない」と考え、積み重ねたものを壊してリセットし、常に新しいものを積み上げていくことを心がけていると語りました。

まじ!?GReeeeNって顔出しせんかったん!?

いや、知らんかったっちゃけど、やっぱ顔出しせんのは、音楽で勝負したいってゆう強い意志を感じるばい。

顔出しせんと、逆に神秘的よね。まるで、妖精みたいよ。

『愛唄』の歌詞分析: 深い愛情と未来への約束

「愛唄」は、多くの人々に愛される名曲ですよね。

🔖 関連記事の要約!愛唄』の歌詞を分析してみた。
愛唄』の歌詞を分析してみた。

✅ GReeeeNの代表曲「愛唄」は、歌詞の中に「愛してる」は「愛してる」以外伝える事が出来ないと唄われ、「ありがとう」はありがとうだけでは伝えきれないと唄われているという奇妙な整合性が存在する。

✅ 記事では「愛唄」の歌詞を分析し、作詞のクレジットが全員になっていること、GReeeeNの異常なまでの匿名性、歌詞中の「愛の唄」の過剰な出現、日々を過ごす事を主張しすぎていること、歌詞全体で同じような主張が繰り返されていることなどを指摘している。

✅ これらの分析から、記事の筆者は「愛唄」が、プロポーズや結婚を直接的に表現していなくても、これからも一緒にいたいという強い気持ちを何度も繰り返し表現している楽曲だと結論付けている。

さらに読む ⇒シン・くりごはんが嫌いシン・くりごはんが嫌い出典/画像元: https://katokitiz.hatenablog.com/entry/20090221/1235145891

歌詞の分析、興味深かったです。深い愛情と未来への約束を感じる言葉が、何度も繰り返されているんですね。

GReeeeNの代表曲『愛唄』は、着うたフルダウンロード数500万件以上、mixiミュージックで140万回以上の再生回数を持つメガヒット曲です。歌詞の中に「愛してるだなんてクサいけどねだけどこの言葉以外伝える事が出来ない」「ただありがとうじゃ伝えきれない」というフレーズがあり、この奇妙な整合性に疑問を感じ、歌詞を深く分析しました。分析の結果、以下の点が明らかになりました。1. GReeeeNは4人全員が作詞に参加しており、その制作過程は謎に包まれています。2. GReeeeNは顔出しNGで、インタビューなども存在しないため、楽曲制作の裏側を知ることは困難です。3. 歌詞の中で「愛の唄を捧げる」「愛を唄う」という表現が繰り返し登場し、愛情表現の全てのように感じられます。4. 時間経過や歳をとる事、一緒に生きていく事が強調されています。5. 全てのパーツが同じ事を唄っており、特に2番以降の歌詞は、これからも一緒にいたいという主張が繰り返されています。6. 「愛してる」はそれ自体で完結する言葉である一方、「ありがとう」には様々な感情が含まれていることが示唆されています。これらの分析から、『愛唄』は単なるラブソングではなく、結婚を意識したプロポーズのような、深い愛情と未来への約束を込めた楽曲であることが推測されます。歌詞に込められたメッセージは、一見矛盾しているように見える部分も持ち合わせていますが、その奥深さが楽曲の普遍的な魅力を生み出していると言えるでしょう。

え、まじ!?プロポーズソングやったん!?

歌詞分析とか、難しいこと言うなよ。わからんけど、なんかすごいってことはわかる。

若いもんには、わからんことやろ。愛の言葉って、時代を超えて響くもんなのよ。

ヒット曲誕生秘話: 「愛唄」と「キセキ」の舞台裏

映画化、楽しみですね!

🔖 関連記事の要約!GReeeeNが脚本に初挑戦!『愛唄』の製作&キャストが発表!
GReeeeNが脚本に初挑戦!『愛唄』の製作&キャストが発表!

✅ GReeeeNの楽曲「愛唄」を題材にした映画「愛唄」が製作されることが発表され、GReeeeNメンバーが脚本に初挑戦する。

✅ 主演は前作「キセキ -あの日のソビト-」でナビ役を演じた横浜流星が務め、彼は「愛唄」を好きな楽曲の一つとして挙げている。

✅ 映画音楽は前作で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞したJINが引き続き担当し、GReeeeNの楽曲と映画のストーリーが織りなす感動に期待が高まる。

さらに読む ⇒MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画出典/画像元: https://moviewalker.jp/news/article/142978/

「愛唄」と「キセキ」の誕生秘話、興味深いですね。楽曲制作の裏側を知ることで、楽曲への理解が深まりました。

GReeeeNのメンバーHIDEとnaviへのインタビュー後編では、ヒット曲「愛唄」と「キセキ」の裏側が明かされました。「愛唄」は、スタッフからのバラード制作依頼を受け、試行錯誤の末に完成した楽曲。一方、「キセキ」は、メンバーが医師国家試験を終え、卒業旅行で京都を訪れていた際に急遽歌い直しを求められたというエピソードが語られました。

映画楽しみー!流星くん、かっこよすぎ!

映画って、どんな話なんかな?

若いもんは、映画好きよね。私も昔はよく映画館に通ったのよ。

創作スタイル: メンバーそれぞれの楽曲制作

GReeeeNの楽曲制作の裏側に迫る貴重な機会ですね。

🔖 関連記事の要約!関ジャム 完全燃SHOW』でGReeeeNを特集 HIDEとnaviが楽曲の秘密や新曲「ボクたちの電光石火」制作秘話を語る
関ジャム 完全燃SHOW』でGReeeeNを特集 HIDEとnaviが楽曲の秘密や新曲「ボクたちの電光石火」制作秘話を語る

✅ 2月14日放送の音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」でGReeeeNが特集される。

✅ GReeeeNのリーダーHIDEとnaviがスタジオに登場し、楽曲の秘密や最新曲「ボクたちの電光石火」の制作秘話を語る。

✅ 番組では、藤田ニコル、作詞家zopp、音楽プロデューサーnishi-ken氏らが参加し、GReeeeNについて語り合う。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/282626

メンバーそれぞれの創作スタイル、興味深かったです。HIDEさんとnaviさんの個性が出ていますよね。

曲作りにおいては、naviは仕事後にメロディーを考え、HIDEは仕事の合間にスマホで音声メモを録るなど、それぞれのスタイルで創作活動を行っているそうです。歌詞については、HIDEは「自分たちにはない言葉は使わない」というポリシーを持ち、自身の経験や感情を基に作品を創り出すと語りました。

え、仕事中に曲作ったりするの!?すごいな!

音楽って、やっぱインスピレーションが大事やけんね。

若いもんは、頭が柔らかいから、いい曲が作れるのよ。

ルーキー精神: 常に進化を続けるGRe4NBOYZ

常にルーキーであり続けるという姿勢、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!未完成人間 1話
未完成人間 1話

✅ 「未完成人間」は柳島雀によるジャンプルーキーで公開された漫画作品です。

✅ 作品は2023年3月15日に公開され、現在第1話が読めます。

✅ ジャンプルーキーのアカウントを作成するかログインすることで、作品への感想をコメントやスタンプで伝えることができます。

さらに読む ⇒ジャンプルーキー! | 誰でもジャンプでデビューできる、マンガ投稿サービスジャンプルーキー! | 誰でもジャンプでデビューできる、マンガ投稿サービス出典/画像元: https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZluZ6c/pGBIkZluZ6k

GReeeeNの「成長し過ぎてはいけない」という考え方、共感できます。常に進化し続けることが、彼らの魅力ですよね。

「常に未完成なルーキーであり続ける」というテーマを貫くために、彼らは「成長し過ぎてはいけない」という意識を持ち、創造と破壊を繰り返しながら新たな作品を生み出しているそうです。

まじ!?成長したらダメって、どういうこと!?

常に進化し続けるって、すごいなー。

昔は、若いもんは、怖いもの知らずでよかったのよ。

GReeeeNの改名発表から、楽曲制作の裏側まで、様々な角度からご紹介しました。

🚩 結論!

💡 GReeeeNが、新グループ名「GRe4N BOYZ」として活動を再開

💡 メンバーインタビューで、楽曲制作の裏側が明らかに

💡 「愛唄」と「キセキ」の誕生秘話、創作スタイルなどの情報公開