Academic Box Logo

「夏祭り」って、いつからみんなに愛されてるの?20周年記念のアナログ盤、気になるっ!

「夏祭り」って、いつからみんなに愛されてるの?20周年記念のアナログ盤、気になるっ!
📘 この記事で分かる事!

💡 Whiteberryによる「夏祭り」のアナログ盤が発売される

💡 「夏祭り」はJITTERIN'JINNのカバー曲であること

💡 2000年のドラマ「ふしぎな話」との関わり

それでは、第一章から見ていきましょう。

「夏祭り」の誕生とWhiteberryによるカバー

Whiteberryの「夏祭り」は、JITTERIN゛JINNの楽曲をカバーしたものです。

🔖 関連記事の要約!君がいた夏は遠い夢の中…Whiteberry「夏祭り」発売20周年を記念してアナログ化
君がいた夏は遠い夢の中…Whiteberry「夏祭り」発売20周年を記念してアナログ化

✅ Whiteberryの3rdシングル「夏祭り」が、リリース20周年を記念して7インチアナログ盤として8月5日に発売されます。

✅ 「夏祭り」はJITTERIN゛JINNのカバーとしても知られており、今回のアナログ盤はSony Music Direct内のアナログ盤専門レーベルGREAT TRACKSから完全生産限定アイテムとしてリリースされます。

✅ アナログ盤には、オリジナルシングルのA面「夏祭り」とB面「がんばれ!女の子」が収録されます。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-02_2_bb664b71-e060-4322-ab8c-5be8dc4660fd.html

Whiteberryの「夏祭り」は、JITTERIN゛JINNの原曲とはまた違った魅力がありますね。

1990年、JITTERIN’JINNが「夏祭り」をリリースしました。この楽曲は、夏の風物詩である「夏祭り」を象徴し、ノスタルジックなメロディが特徴です。2000年、Whiteberryが「夏祭り」をカバーし、オリコン最高3位を記録するなど、多くの人の心を掴みました。Whiteberryの「夏祭り」は、14歳の少女たちが歌う等身大のラブソングとして、オリジナルとは異なる印象を与えました。

えー、懐かしい!めっちゃ聴いてたわー!

そうやね、Whiteberryの「夏祭り」は、青春の思い出が詰まっとるけんね。

あら、懐かしいわね。私の若い頃は、こんな曲はなかったわよ。

「夏祭り」とドラマ「ふしぎな話」、そして2000年の時代背景

2000年は、ジュブナイルドラマ全盛期でしたね。

🔖 関連記事の要約!音楽から読み解く時代背景、Whiteberry「夏祭り」の2000年は゛ジュブナイル゛当たり年!?:【音楽】
音楽から読み解く時代背景、Whiteberry「夏祭り」の2000年は゛ジュブナイル゛当たり年!?:【音楽】

✅ 2000年の夏に大ヒットしたWhiteberryの「夏祭り」は、当時14歳の少女たちが歌った等身大のラブソングだったため、10年前にJITTERIN゛JINNが発表した原曲とはまた違った印象を与え、2000年の少年少女の記憶に爪痕を残した。

✅ 2000年は、西暦が2000年に変わったもののまだ21世紀ではないという宙ぶらりんとした曖昧な時代であり、ジュブナイルドラマやジュブナイル音楽が流行した。

✅ 2000年は、ジュブナイルドラマやジュブナイル映画が流行した年であり、当時10代の山田孝之や松本まりかが出演したNHKドラマ『六番目の小夜子』や、山崎貴監督の映画『ジュブナイル』などが制作された。

さらに読む ⇒音楽から読み解く時代背景、Whiteberry「夏祭り」の2000年は゛ジュブナイル゛当たり年!?:【音楽】音楽から読み解く時代背景、Whiteberry「夏祭り」の2000年は゛ジュブナイル゛当たり年!?:【音楽】出典/画像元: https://www.musicvoice.jp/news/201755/

2000年は、時代が大きく変わる転換期だったと言えるでしょう。

2000年夏、Whiteberryの「夏祭り」は、毎日放送(TBSテレビ系列)の「ドラマ30」枠で放送されたテレビドラマ「ふしぎな話」の主題歌に起用されました。この曲は、ドラマの不思議な雰囲気を一層引き立て、視聴者に驚きと感動を提供しました。2000年は、西暦が変わり、コンピュータの誤作動による大災害が起きると噂されていましたが、実際には何も起こりませんでした。そのため、未来への不安や期待が入り混じった、曖昧な時代だったと言えるでしょう。そんな時代背景の中、少年少女の成長や友情、冒険を描いたジュブナイルドラマや映画が注目を集めました。特に、NHKでは「六番目の小夜子」や「浪花少年探偵団」、そして山崎貴監督の「ジュブナイル」が制作されました。これらの作品は、当時の若者たちの心を掴みました。

ドラマ「ふしぎな話」も見てたわー!主題歌が「夏祭り」やったんかな?

懐かしいなぁ、山田孝之とか松本まりかが出てたドラマ、めっちゃ見てたわ。

2000年か…懐かしいわね。あの頃は、まだ若かったのよ。

「夏祭り」の歌詞の世界 - 青春の甘酸っぱさと切ない恋心

歌詞の世界は、夏の夜に恋心を抱く切ない気持ちを描いています。

🔖 関連記事の要約!Natsu Matsuri Koi Shitau
Natsu Matsuri Koi Shitau

✅ 「ナツマトスリ コイ シタウ」は、=LOVEの9thシングル「ウィークエンドシトロン」のカップリング曲で、Type BとDに収録されています。

✅ この曲は、指原莉乃が作詞、塚田耕平が作曲、古川貴浩が編曲を担当しています。

✅ 歌詞の内容は、夏の祭りの夜に浴衣を着た女の子に恋をする男性の心情を描いています。

さらに読む ⇒=LOVE Wiki=LOVE Wiki出典/画像元: https://equal-love.fandom.com/wiki/Natsu_Matsuri_Koi_Shitau

夏の終わりを感じさせる歌詞ですね。

「夏祭り」の歌詞は、夏祭りにデートに行った主人公が、好きな女の子に「好き」と言えず、もどかしい思いをする様子を描いています。浴衣姿の女の子にドキドキしながらも、なかなか気持ちを伝えられない主人公の不器用さが、青春の甘酸っぱさと、好きな人に気持ちを伝えられないもどかしさをストレートに表現しています。この曲は、夏の終わりを惜しむ切ない恋心を歌ったものです。花火大会で出会った「君」との楽しい思い出が、夏の終わりとともに消えていく寂しさを、花火が消えていく様子になぞらえて表現しています。歌詞からは、語り手の「君」への淡い恋心が伝わってきます。花火大会での「君」の笑顔や、一緒に過ごした時間、そして「好き」という気持ちを伝えられなかったもどかしさなどが、切なく描写されています。

歌詞、切ないなぁ〜。青春ってこんな感じやったんかな?

夏の終わりって、ちょっぴり切ないよね。

あら、歌詞の中に「花火」って出てくるのね。花火は、私の若い頃は、もっと派手だったわよ。

Whiteberryと「夏祭り」の軌跡 - 人気曲としての継承

前田有嬉さんの言葉は、今の10代にも響くものがありますね。

🔖 関連記事の要約!夏に聴きたくなる「夏祭り」元ホワイトベリーが10代に伝えたいこと

公開日:2023/08/19

夏に聴きたくなる「夏祭り」元ホワイトベリーが10代に伝えたいこと

✅ 元Whiteberryのボーカル前田有嬉さんは、バンド活動で培った「自分を知れた場所」という経験を通して、今の10代に「楽しい」「キラキラした宝物」を大切にし、仲間との絆を育むことの大切さを伝えています。

✅ 前田さんは、人見知りでボーカルに向いていないと感じていた自分に、バンド活動を通して気づき、その経験から「一人一人が集まったときのパワーは単純な足し算ではない」というバンドの良さを実感したと語っています。

✅ 記事では、Whiteberryの「夏祭り」が世代を超えて愛されていることや、MVのスタイリッシュな映像が当時の時代の空気を感じさせることなど、バンド活動の思い出を振り返りながら、今の10代に向けて仲間との絆や「楽しい」という感情の大切さを訴えています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASR8L4DCFR7WIIPE008.html

Whiteberryは、多くの人の青春時代を彩ったグループですね。

Whiteberryは、2000年8月9日に「夏祭り」をリリースし、オリコンシングルチャート最高位3位を記録しました。この曲は、Whiteberryの最大ヒット曲であり、第51回NHK紅白歌合戦にも出場しました。Whiteberryは、2004年に解散しましたが、「夏祭り」は、今もなお多くの人に愛され続けています。前田有嬉さんの独特な歌声と、夏祭りの情景が浮かぶ歌詞が、多くの人の心に響き、夏の定番曲として親しまれています。

Whiteberry、めっちゃ好きやったわー!

Whiteberry、解散しちゃったけど、今でも人気あるよね。

あら、Whiteberryって言うのね。私の頃は、こんなグループはなかったわよ。

「夏祭り」のバンドスコア

「夏祭り」のバンドスコアは、演奏の参考になるだけでなく、当時の音楽シーンを振り返る資料としても価値があります。

🔖 関連記事の要約!バンドスコア】夏祭り / Whiteberry 提供:シンコーミュージック
バンドスコア】夏祭り / Whiteberry 提供:シンコーミュージック

✅ この楽譜は、Whiteberryが2000年8月9日にリリースしたシングル「夏祭り」のバンドスコアです。

✅ この曲は、ジッタリンジンのカバー曲であり、MBS・TBSテレビ系「ふしぎな話」の主題歌として使用されました。

✅ 楽譜には、ボーカル、ギター2本、キーボード、ベース、ドラム、パーカッションのパートが含まれており、和太鼓を連想させるビートと、マイナー・ペンタトニックを軸としたメロディーが特徴です。

さらに読む ⇒楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷出典/画像元: https://www.at-elise.com/elise/JPDPSM02013/

「夏祭り」のバンドスコアは、演奏に挑戦したい方におすすめです。

「夏祭り」のバンドスコアは、Vo、G×2、Key、B、Dr、Percの構成で、和太鼓を連想させるビートやマイナー・ペンタトニックを軸としたメロディーが特徴です。ファイル形式はPDFで、ページ数は10ページ、ファイルサイズは1.07MBです。価格660円、コンビニ印刷の場合は900円です。

バンドスコア、欲しいわー!

バンドスコア買ったら、練習しよっかな。

あら、バンドスコアって言うのね。私の頃は、そんなものはなかったわよ。

「夏祭り」は、世代を超えて愛される名曲と言えるでしょう。

🚩 結論!

💡 Whiteberryの「夏祭り」は、JITTERIN゛JINNのカバー曲であり、2000年のドラマ「ふしぎな話」の主題歌として使用された

💡 「夏祭り」の歌詞は、夏の終わりを感じさせる切ない恋心を歌っている

💡 Whiteberryは、2000年8月9日に「夏祭り」をリリースし、オリコンシングルチャート最高位3位を記録した