Academic Box Logo

B.B.QUEENSの『おどるポンポコリン』は、一体どんな曲?誕生秘話とは!?

B.B.QUEENSの『おどるポンポコリン』は、一体どんな曲?誕生秘話とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 B.B.QUEENSの代表曲『おどるポンポコリン』誕生の背景

💡 『おどるポンポコリン』が生まれた時代背景

💡 『おどるポンポコリン』が愛され続ける理由

それでは、Chapter-1から詳しく見ていきましょう。

日本の音楽シーンの変遷

日本の音楽シーンは、時代と共に変化してきましたね。

🔖 関連記事の要約!ラブ・ストーリーは突然に」/小田和正 : トリコロールデイ やります
ラブ・ストーリーは突然に」/小田和正 : トリコロールデイ やります

✅ この記事は、小田和正の楽曲「ラブ・ストーリーは突然に」について、ブログ主が自身の思い出と楽曲への感想を語っている。

✅ ブログ主は、楽曲の素晴らしさについて触れつつ、個人的な好みとして山下達郎と同様、小田和正の音楽は少し苦手だと告白している。

✅ 一方で、楽曲がドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として人気を博したことに触れ、自身の楽曲購入により270万枚の売上貢献を果たしたことをユーモラスに語っている。

さらに読む ⇒トリコロールデイ やりますトリコロールデイ やります出典/画像元: https://tricolore5.exblog.jp/28706234/

ブログ主の個人的な意見も、楽曲分析に加えて面白いですね。

1970年代後半、日本の音楽シーンは、アルバム販売が主流となり、1975年の『およげ!たいやきくん』のようなメガヒット曲は姿を消しました。1980年代にはCDが普及し、1991年リリースの小田和正『ラブ・ストーリーは突然に』がドラマタイアップとカラオケブームの後押しを受け、ミリオンヒットを記録しました。1990年代初頭には、ビーインググループが中心となり、B.B.QUEENSやTUBEといったアーティストを輩出しました。彼らのヒットにより、日本の音楽シーンはCDバブル時代を迎えます。この時代には、バンドブームも到来し、TBS系のオーディション番組『イカす!バンド天国』から、カブキロックスやフライングキッズなど、多くのバンドがメジャーデビューしました。

へぇ~知らんかったわ~

懐かしい曲ばってん、知らんのもあったばい。

あんた、若い頃は何聴いてたんじゃ?

ビーインググループとB.B.QUEENS

ビーインググループは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えたんですね。

作曲家としての葛藤を抱えながらも、ソングライターとして活躍された織田哲郎さん、すごいですね。

ビーインググループは、ミュージシャン中心で多彩な音楽を制作していました。B.B.QUEENSは、ビーインググループの音楽性を体現する存在として、大ヒットを記録しました。彼らの音楽は、遊び心と音楽性、そして当時の時代の空気感を反映した、象徴的な存在でした。B.B.QUEENSは、TUBEの前身ユニットである『渚のオールスターズ』を発展させたもので、ビーインググループのミュージシャンが集結した、コミック的な要素も取り入れたAORバンドでした。

ビーイングって、なんか懐かしい響きやわ~

B.B.QUEENSって、今聞いても新鮮やけん、すごいと思うばい。

若いもんは知らんやろ?ビーイングって言うんは、すごい音楽事務所なんじゃよ。

B.B.クィーンズの活動再開

B.B.クィーンズの活動再開は、ファンにとって嬉しいニュースですね。

🔖 関連記事の要約!B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』のレコーディング秘話
B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』のレコーディング秘話

✅ B.B.クィーンズの代表曲「おどるポンポコリン」は、作詞はさくらももこ、作曲は織田哲郎、歌唱はB.B.クィーンズという分業制で制作されました。

✅ 楽曲の誕生のきっかけは、ビーイングの長戸大幸氏が「ちびまる子ちゃん」に感動し、さくらももこ氏に会いに行ったことでした。

✅ さくらももこ氏は「おどるポンポコリン」の歌詞に、自身の「青島幸男さんみたいになる夢」を込めたとされ、楽曲は大きな人気を獲得しました。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20210724_1676608.html?DETAIL

さくらももこさんの夢が詰まった歌詞、素敵ですね。

B.B.クィーンズは、20周年を記念して7月20日にニューアルバム『ROYALSTRAIGHTB.B.QUEENS』をリリースすることを発表しました。アルバムには、新バージョンでアレンジされた「おどるポンポコリン」「ドレミファだいじょうぶ」など、彼らの代表曲に加え、メンバーのオリジナル楽曲も収録されています。また、同日発売でMi-Keの20周年記念ベストアルバムもリリースされます。B.B.クィーンズは8月12日に北海道で行われる<RISINGSUNROCKFESTIVAL2011inEZO>にて、キャリア初となるライブを開催します。

え、B.B.クィーンズって、復活したん!?

ライブ行きたかー!

懐かしいなぁ~、B.B.クィーンズって、若い頃はよく聴いたもんじゃ。

「おどるポンポコリン」の成功

「おどるポンポコリン」は、世代を超えて愛される名曲ですね。

🔖 関連記事の要約!B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」でさくらももこが果たしたこと 歌詞に込められた奥深いメッセージ
B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」でさくらももこが果たしたこと 歌詞に込められた奥深いメッセージ

✅ 「おどるポンポコリン」は、B.B.クイーンズが歌い、1990年4月4日にシングルリリースされた楽曲であり、アニメ「ちびまる子ちゃん」の初代エンディング曲として知られています。

✅ 同曲は、原作者のさくらももこが作詞を担当し、1991年10月発売のコミックス第8巻「まる子 みんなにばかにされる」のエピソードが歌詞のインスピレーションになっています。

✅ 同エピソードでは、まる子が偉人伝に感化されて偉人になることを夢見て奮闘するものの、結局は失敗し、「命にかかわること以外どーでもいいことばっかりなんだよ」という植木等の言葉に共感し、歌を作ることを決意する様子が描かれています。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2023/03/post-1285892.html

歌詞に込められたさくらももこさんの想いが、深く伝わってきます。

B.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」は、1990年発売され、13週連続1位を記録、累計190万枚を売り上げる大ヒット曲となりました。バブル全盛期の時代の空気と、さくらももこさんの独特な歌詞が、当時の若者の心を掴んだことが成功の要因の一つと考えられます。また、CDの普及も、販売枚数の増加に大きく貢献しました。歌詞は、さくらももこさんらしいユニークな表現で、日常の些細な出来事をコミカルに歌い上げています。一見、子供向けのように思える歌詞ですが、大人も共感できる部分が多く、世代を超えて愛される理由の一つと言えるでしょう。「おどるポンポコリン」は、さくらももこさんの作品とB.B.クィーンズの音楽、そして当時の時代背景が合わさって生まれた、まさに奇跡のヒット曲と言えるでしょう。

まじで!?13週連続1位って、すげー!

やっぱ時代を感じるばい。

あの頃は、CDが流行ってたんじゃな。懐かしいわ。

「おどるポンポコリン」誕生秘話

「おどるポンポコリン」誕生秘話は、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「おどるポンポコリン」がJ
ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「おどるポンポコリン」がJ

✅ 「おどるポンポコリン」は、1990年7月9日にオリコンチャート1位を獲得したB.B.クィーンズの楽曲であり、その後「ちびまる子ちゃん」の主題歌として長く親しまれてきた。

✅ この楽曲は、アニメ「ちびまる子ちゃん」の放送開始後、ドラマ「恋のパラダイス」の劇中で主人公が歌っていたことなどから、幅広い層に支持され、大きなヒットに繋がった。

✅ 「おどるポンポコリン」は、B.B.クィーンズの代表曲であり、ビーイングという音楽事務所にとっても大きな転換点となった。また、楽曲の作詞は「ちびまる子ちゃん」の作者であるさくらももこが担当しており、作曲は織田哲郎が担当している。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/148998

作詞、作曲、歌唱と、それぞれの持ち味が合わさって、素晴らしい楽曲が誕生したんですね。

1990年のヒット曲『おどるポンポコリン』は、B.B.クイーンズが歌い、作詞はさくらももこ、作曲は織田哲郎という分業制で制作された。ビーイングが企画したこの曲は、さくらももこさんが自身の漫画『ちびまる子ちゃん』の中で、主人公のまる子が将来の夢として語っていた「青島幸男さんみたいになりたい」という願いを叶えたものだった。B.B.クイーンズの坪倉唯子さんは、当時8人体制だったグループが、テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディング曲を歌うことになった喜びを語っている。彼女は、歌入れの際に初めて原作を読んだことを明かし、その魅力に改めて驚いたという。子供向けのおもちゃ箱のような歌詞で、誰でも楽しく歌える曲です。特徴的なフレーズは「タッタタラリラピーヒャラピーヒャラパッパパラパピーヒャラピーヒャラ」であり、子供たちが一緒に踊りたくなるような軽快なメロディーが印象的です。この曲は、リリースから30年以上経った今でも、多くの人に愛され続けています。

ええ話や~

子供向けの歌やけど、大人も楽しめるって、すごいよね!

昔は、こんな歌が流行ってたんやなぁ。

B.B.QUEENSの『おどるポンポコリン』は、時代を超えて愛される名曲であることがよく分かりました。

🚩 結論!

💡 『おどるポンポコリン』は、さくらももこ作詞、織田哲郎作曲、B.B.QUEENS歌唱の分業制で制作された。

💡 『おどるポンポコリン』は、アニメ『ちびまる子ちゃん』の初代エンディング曲として人気を獲得した。

💡 『おどるポンポコリン』は、バブル全盛期の時代の空気感と、さくらももこさんのユニークな歌詞が、当時の若者の心を掴んだ。