Academic Box Logo

『おどるポンポコリン』誕生秘話!B.B.クィーンズの軌跡をたどる国民的ヒット曲の誕生秘話とは!?

『おどるポンポコリン』誕生秘話!B.B.クィーンズの軌跡をたどる国民的ヒット曲の誕生秘話とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 国民的な人気を博した『おどるポンポコリン』の誕生秘話がわかる

💡 B.B.クィーンズの活動と人気について詳しく解説

💡 さくらももこや織田哲郎など、制作陣の貴重なエピソードを紹介

それでは、B.B.クィーンズと『おどるポンポコリン』について詳しく見ていきましょう。

『おどるポンポコリン』誕生秘話

B.B.クィーンズは、TUBEのファミリーユニット「渚のオールスターズ」からの派生ユニットとして誕生したんですね。

🔖 関連記事の要約!B.B.QUEENS「おどるポンポコリン」制作秘話
B.B.QUEENS「おどるポンポコリン」制作秘話

✅ 1991年の小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」のミリオン・ヒットを皮切りに、CDバブル時代が到来し、B.B.QUEENSが「おどるポンポコリン」の大ヒットでその幕開けを飾った。

✅ 深夜のオーディション番組「イカす!バンド天国」がブームを牽引し、カブキロックス、フライングキッズ、BEGINなど多くのバンドがメジャーデビューを果たし、J-パンク・シーンの礎を築いた。

✅ B.B.QUEENSは、TUBEを支えるファミリーユニット「渚のオールスターズ」の延長線上にある存在であり、ビーイングがプロデュースした夏企画バンドとして誕生した。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000037116

まさに、バブル全盛期の勢いを感じますね。B.B.クィーンズの楽曲は、時代を表す鏡のようなものだと感じます。

1990年4月、B.B.クィーンズは『おどるポンポコリン』でデビューを果たしました。この曲は、フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』の初代オープニングテーマとして起用され、オリコン年間シングルチャート1位を獲得するなど、国民的な大ヒットとなりました。作詞はさくらももこ、作曲は織田哲郎という、当時すでに人気を博していた二人による強力なタッグで制作されました。織田哲郎は、シンプルな五音音階を用いたメロディーと、リコーダーやボコーダーなどの楽器を大胆に組み合わせた編曲で、キャッチーなサウンドを生み出しました。一方、さくらももこは、シュールでナンセンスな歌詞で、楽曲に独特の世界観を与えました。歌詞には、植木等と青島幸男による『スーダラ節』への憧憬が反映されており、90年12月31日の紅白歌合戦では、B.B.クィーンズと植木等が直接対決する場面もありました。『おどるポンポコリン』は、バブル全盛期の時代を象徴する楽曲として、多くの人に愛され続けています。

へぇー、知らんかったわ!まさか『おどるポンポコリン』が植木等さんとか青島幸男さんとかと繋がっとるとは!

おどるポンポコリンは、子供の頃から大好きやけん、懐かしいなぁ。

あの頃は、みんな元気だったわね。私も若い頃を思い出して、踊りたくなっちゃったわ!

B.B.クィーンズの活動と人気

B.B.クィーンズは、当時の人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマという、大きなチャンスを掴んだんですね。

🔖 関連記事の要約!B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』のレコーディング秘話
B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』のレコーディング秘話

✅ 「おどるポンポコリン」は、さくらももこが作詞、織田哲郎が作曲、B.B.クィーンズが歌唱した、1990年のヒット曲。

✅ ビーイングが企画した分業体制で制作されたこの曲は、さくらももこが「青島幸男さんみたいになりたい」という夢を叶えた曲であり、テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマとして、子供から大人まで幅広い層に愛された。

✅ B.B.クィーンズは、近藤房之助、坪倉唯子を含む8人体制でスタートし、当時の人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマという大きなチャンスを得た。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20210724_1676608.html?DETAIL

B.B.クィーンズの楽曲は、今でも多くの人に愛されているんですね。彼らの音楽は、時代を超えて魅力的です。

B.B.クィーンズは、ボーカルの坪倉唯子、近藤房之助、ギターの増崎孝司、ベースの栗林誠一郎、キーボードの望月衛介からなるグループで、1990年から1993年まで活動していました。『おどるポンポコリン』のヒットにより、B.B.クィーンズはその後も「ギンギラパラダイス」「ぼくらの七日間戦争〜SevenDaysDream〜」「夢のENDはいつも目覚まし!」など、数々のヒット曲をリリースしました。2011年に再結成を発表し、2013年に解散したB.B.クィーンズは、ポップでキャッチーな楽曲と、メンバーそれぞれの高い演奏力によって、多くのファンを獲得しました。彼らの楽曲は、今でも多くの人々に愛され続けています。

めっちゃ懐かしい!B.B.クィーンズの曲、めっちゃ好きやったわ!

確かに、B.B.クィーンズの曲は、キャッチーで覚えやすいよね。

あの頃は、若い者が元気だったわね。今の若い者は、こんなにもパワフルな音楽を作れないわ。

『おどるポンポコリン』誕生秘話:さくらももこの影響

「おどるポンポコリン」は、さくらももこさんの夢が叶った曲でもあるんですね。

🔖 関連記事の要約!ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「おどるポンポコリン」がJ
ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「おどるポンポコリン」がJ

✅ 1990年7月9日にオリコンチャート1位を獲得したB.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」は、アニメ「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマとして長く愛され、当時のヒットチャートを塗り替えるほどの国民的な人気を獲得しました。

✅ 「おどるポンポコリン」のヒットは、アニメの放映に加えて、同時期に放送されていたドラマ「恋のパラダイス」での主人公の口ずさみによってさらに加速し、全世代に愛されるヒット曲の条件を満たしました。その後、CDは164万枚のセールスを記録し、ビーイングの「趣味趣味音楽職人集団」というイメージを大きく変えました。

✅ 「おどるポンポコリン」は、関西で活躍するブルースミュージシャン近藤房之助、スタジオヴォーカリスト坪倉唯子、そしてスタジオ・ミュージシャン集団によって構成され、作詞はさくらももこ、作曲は織田哲郎という豪華な顔ぶれが集結しました。制作陣の趣味性とノベルティ性を融合させたこの曲は、大瀧詠一の音楽性を継承するものであり、大人たちが童心に帰って楽しんだプロジェクトであると言えるでしょう。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/148998

「おどるポンポコリン」は、まさに時代を象徴する曲ですね。大人も子供もみんなが楽しめる楽曲だと思います。

『おどるポンポコリン』は、さくらももこさんが幼少の頃に抱いていた「青島幸男さんみたいになりたい」という夢を叶えた曲と言えるでしょう。さくらももこさんは、『ちびまる子ちゃん』の中で、まる子の将来の夢として「クレージーキャッツに入る」というセリフを書きました。このセリフが『おどるポンポコリン』の歌詞に繋がったと言われています。B.B.クィーンズの坪倉唯子さんは、当時8人体制だったグループが『ちびまる子ちゃん』のエンディングソングを歌うことになった時の興奮を語っています。彼女は、歌入れの時に初めて『ちびまる子ちゃん』の単行本を読んだことを明かし、アニメの人気ぶりに驚いたと述べています。

え、まじ!?さくらももこさんが『おどるポンポコリン』作ったん!?知らんかったわ!

さくらももこさん、天才やな!あの頃のアニメは、ほんまに面白かったなぁ。

若い者は、昔の音楽の良さが分からんのかしらね。

B.B.クィーンズ結成秘話と楽曲の特徴

B.B.クィーンズは、ビーイングが企画したグループだったんですね。

🔖 関連記事の要約!バブルに疲れた人々は『ちびまる子ちゃん』『おどるポンポコリン』のユルさにハマった
バブルに疲れた人々は『ちびまる子ちゃん』『おどるポンポコリン』のユルさにハマった

✅ 「おどるポンポコリン」は、バブル経済真っ只中でありながらも、個人主義や競争への疲れを感じていた人々にとって、昭和の家族の温かさやユルさを表現した癒しとなる曲だった。

✅ キャッチーな曲調とナンセンスな歌詞、B.B.クィーンズの派手なビジュアルが相まって、世代を問わず人気を博し、国民的ヒット曲となった。

✅ 制作陣には織田哲郎や長戸大幸など、’90年代を代表するヒットメーカーが名を連ね、計算され尽くした名曲であることがわかる。

さらに読む ⇒女性自身[光文社女性週刊誌女性自身[光文社女性週刊誌出典/画像元: https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2122198/

「おどるポンポコリン」は、まさに計算され尽くした名曲ですね。制作陣の力量を感じます。

B.B.クィーンズは、ビーイングが企画した音楽グループで、コーラスグループ(B.B.クィーンズシスターズ)以外に、同じレーベルのミュージシャンを集めて結成されました。グループ名の由来は、所属事務所であるビーイングと当時の所属レコード会社であったBMGルームスの頭文字で「B.B.」となり、アメリカ合衆国のブルース歌手、B.B.キングをもじって「B.B.クィーンズ」としたそうです。1990年にアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマ「おどるポンポコリン」でデビューし、同年のオリコン年間シングルチャート1位の大ヒットとなり、NHK紅白歌合戦にも出場しました。「おどるポンポコリン」は、ユーモラスな言葉遊びと、日常の風景が織りなす、明るく楽しい雰囲気が特徴です。エジソンやキヨスクなど、誰もが知るものを題材に、子供にもわかりやすく歌われています。また、「お腹がへったよ」というフレーズが繰り返し登場することで、楽曲全体の明るさを際立たせています。この曲は、リリース以来、多くの人に愛され続けており、今でもカラオケなどで歌われている人気曲です。

B.B.クィーンズって、ビーイングのグループやったんや!知らんかったわ!

おどるポンポコリン、ほんまに中毒性あるよね!ついつい口ずさんでしまうわ。

若い者は、昔の歌をもっと聴きなさい!

B.B.クィーンズと『おどるポンポコリン』の誕生秘話、いかがでしたでしょうか?

🚩 結論!

💡 『おどるポンポコリン』は、さくらももこが作詞、織田哲郎が作曲した国民的ヒット曲

💡 B.B.クィーンズは、ビーイングが企画した音楽グループで、゛90年代を代表するヒット曲を多数リリース

💡 『おどるポンポコリン』は、バブル経済真っ只中でありながらも、昭和の家族の温かさやユルさを表現した楽曲