Academic Box Logo

岸田繁 - 音楽家としての歩み?京都を拠点に活動する理由とは!?

岸田繁 - 音楽家としての歩み?京都を拠点に活動する理由とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 岸田繁さんの音楽への情熱の軌跡

💡 京都という街と岸田繁さんの深い繋がり

💡 くるりの活動とメンバーの変遷

それでは、第一章からご紹介して参ります。

音楽への情熱の芽生え

幼少期から音楽に囲まれた環境で育ったんですね。

🔖 関連記事の要約!岸田繁(くるり)のルーツをたどる(2/2)
岸田繁(くるり)のルーツをたどる(2/2)

✅ 岸田繁さんは、幼少期はクラシック音楽を父の影響で聴いて育ち、ゲーム音楽や洋楽など様々なジャンルの音楽に影響を受けながら、ロック音楽に目覚めていった。

✅ 中学生時代には、THE BLUE HEARTS、TM NETWORK、The Beatlesなどの音楽に影響を受け、ギターを始めると、Crowded HouseやU2などのギターロックに傾倒していった。

✅ 高校時代には、コピーバンドでルーツロックに本格的に触れ、Led Zeppelin、エリック・クラプトン、ボブ・マーリーなどの音楽に強い影響を受け、ロック音楽の魅力に開眼した。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/column/522156/page/2

様々なジャンルの音楽に触れてきた経験が、今の岸田さんの音楽に繋がっているんですね。

岸田繁は、幼少期からクラシック音楽に親しみ、映画も愛する環境で育ちました。高校時代にはギターを始め、ビートルズやディープ・パープルなどのコピーバンドで音楽活動をスタートさせます。そのバンドで出会った佐藤征史との出会いから、オリジナル曲制作を始め、地元のライブハウスで活動していくようになります。岸田繁は、幼い頃から培った音楽への感性と、高校時代に始めたギターとバンド活動を通じて、自身の音楽のルーツを築き、後にロックバンド「くるり」を結成する礎を築いたことがわかります。

へぇー、めっちゃ音楽好きなんやなぁ。

音楽への情熱がすごい!

若いうちから音楽に触れるって大事よね。

京都での新たな章

京都は音楽の街として有名ですよね。

🔖 関連記事の要約!音のカケラたち #1くるり 岸田繁の進化京都に戻って得たもの
音のカケラたち #1くるり 岸田繁の進化京都に戻って得たもの

✅ 京都は関西フォークの時代から音楽文化が根強く、ライブハウスやカフェ、レコード店などが多く、多くのアーティストが活動する「音楽の町」である。

✅ 近年では「台風クラブ」や「本日休演」といったインディー・バンドが全国区で活躍しており、音楽文化はさらに発展している。

✅ 「くるり」のリーダーである岸田繁は京都出身で、バンド結成当初から「京都で結成されたバンド」であることを表明し、2007年から毎年京都音楽博覧会を開催するなど、京都への強い愛着を示している。

さらに読む ⇒京都新聞京都新聞出典/画像元: https://www.kyoto-np.co.jp/articles/thekyoto/677703

京都への愛着が強く感じられますね。

岸田繁は、2017年から京都を主な拠点に活動を続けています。東京での生活に疲れを感じ、もっと作品を生み出すことに集中したいという思いから京都に戻ったそうです。京都に戻ってからは、地元に根ざした生活を送るようになり、町内会の役員も務めているとのこと。また、京都精華大学で作曲技術などを教え、学生たちに自身の知識や経験を伝えています。2016年には京都市交響楽団と組んで交響曲の作曲に挑戦し、大きな話題になりました。ロックミュージシャンがオーケストラを作曲することは異例で、クラシックの世界への挑戦となりました。岸田さんは、東京で培った経験を生かしつつ、京都という新たな場所で作品作りに取り組み、音楽活動を通して地域社会にも貢献しています。

京都って音楽の街なんや!

京都に住んでみたいなぁ。

京都はええとこよ。

岸田繁さんのプロフィール

岸田さんは大学でも音楽を教えているんですね。

🔖 関連記事の要約!音楽の背景、背景の音楽 ―― 岸田繁客員教員特別講義
音楽の背景、背景の音楽 ―― 岸田繁客員教員特別講義

✅ くるりの岸田繁さんがポピュラーカルチャー学部の客員教員に就任し、初回講義を実施した。

✅ 講義では、様々な場所やシチュエーションで流れる音楽を想像し、その選曲の意図や目的を推察するという内容で、具体的な例を通してBGMの重要性を検証した。

✅ 音楽が空間や状況に与える影響、そしてBGMが持つ意味について、学生と積極的にコミュニケーションを取りながら考察を進めた。

さらに読む ⇒京都精華大学ポピュラーカルチャー学部京都精華大学ポピュラーカルチャー学部出典/画像元: http://pc.kyoto-seika.ac.jp/blog/info/2016/05/13/1355/

学生との交流を通して、新たな刺激を受けているんでしょうね。

岸田繁さんは京都府出身のミュージシャンで、くるりのボーカル&ギターを務めています。サンフジンズのメンバーとしても活動しており、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部の特任教授も務めています。岸田繁さんの実家はパン屋ではなく、ひいおじいさんがパン屋さんだったそうです。父親は広告代理店勤務で、岸田繁さんは立命館中学校・高等学校、立命館大学産業社会学部を卒業しています。

先生って、かっこええなぁ。

音楽って、なんか奥が深いなぁ。

若い人に音楽を教えるって、素晴らしいことよ。

『くるりのえいが』:原点回帰と進化

くるりのドキュメンタリー映画、楽しみですね!

🔖 関連記事の要約!くるりの楽曲制作を追った映画】 『くるりのえいが』の見どころは 音を楽しみながら過ごす3人の姿
くるりの楽曲制作を追った映画】 『くるりのえいが』の見どころは 音を楽しみながら過ごす3人の姿

✅ くるりのニューアルバム「感覚は道標」のレコーディングの様子を追ったドキュメンタリー映画「くるりのえいが」が、10月13日に公開される。

✅ 監督は、細野晴臣さんのドキュメンタリー映画「NO SMOKING」などで知られる佐渡岳利さんが務め、くるりのメンバーは佐渡監督の過去作品から「気持ちのいい感覚」を感じ、佐渡監督を指名したとのこと。

✅ メンバーは、佐渡監督が過去に制作したPerfumeのドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」など、派手な映画が好きで、くるりの映画もハリウッド映画のような派手な作品になることを期待している。

さらに読む ⇒CREA | クレア ウェブ 好奇心旺盛な女性たちへCREA | クレア ウェブ 好奇心旺盛な女性たちへ出典/画像元: https://crea.bunshun.jp/articles/-/44647

過去の作品を振り返りつつ、新たなサウンドを生み出していくんですね。

映画『くるりのえいが』は、ロックバンド「くるり」が2023年10月にリリースしたアルバム『感覚は道標』の制作過程を追ったドキュメンタリー映画である。オリジナルメンバーの岸田繁、佐藤征史、そして約20年ぶりにバンドに復帰した森信行の3人が、バンド結成当時の原点回帰と、年月を経て変化した自分たちのサウンドを融合させる過程が描かれている。映画は、くるりがデビュー曲「東京」や「ばらの花」の制作秘話を振り返るところから始まる。岸田は、当時のメンバーの関係性を取り戻すことで、過去の楽曲の原動力に触れ、新しい音楽を生み出すヒントを得たと語る。一方、森は、以前はスキル不足やアイデア不足で実現できなかった楽曲が、年月を経た経験と技術によって完成に近づいたことに喜びを感じている。彼は、再びくるりに参加することで、過去のアイデアを再発見し、新たな視点で音楽に取り組むことができたという。佐藤は、バンドの代謝の必要性を強調し、オリジナルメンバー3人が再び集まることは必然だったと話す。彼は、長い年月を経てそれぞれが成長したことで、新しい音楽を生み出すことができるようになったと信じている。『くるりのえいが』は、バンドが成熟期を迎えてもなお、原点回帰と進化を繰り返しながら、新たなサウンドを追求していく姿を映し出す。それは、バンドとしての成長だけでなく、人生におけるキャリア形成のヒントも与えてくれる作品と言えるだろう。

映画、見に行きたい!

くるりの映画、めっちゃ楽しみ!

くるり、昔よく聴いてたわ。

くるりメンバー人気ランキングとプロフィール

くるりのメンバーの変遷、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!岸田繁が語った新生くるり誕生の真相とは? (2011/06/29) 邦楽ニュース
岸田繁が語った新生くるり誕生の真相とは? (2011/06/29) 邦楽ニュース

✅ くるりは、岸田繁と佐藤征史の2人体制から、吉田省念、ファンファン、田中佑司を加えた5人体制に移行した。

✅ この体制変更は、過去の悩みや停滞から脱却し、新たな出発を図るために行われた。

✅ 新しい体制でのライブはすでに開催されており、新しいエネルギーと祝福に満ちた空気感で、メンバーたちは新たな章へ進む決意を固めている。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/53878

新たな体制での活動、今後の展開が楽しみです。

この記事は、日本のロックバンド「くるり」の歴代メンバー人気ランキングとプロフィールをまとめたものです。記事では、メンバーの人気ランキングを8位から1位まで発表し、各メンバーの脱退理由や現在の活動状況、プロフィールなどを詳しく紹介しています。ランキングの中で、特に人気が高いのは、現メンバーの岸田繁 (Vo, G)、佐藤征史 (B) であり、元メンバーでは吉田省念 (G, Cho, Vc, Vo) が人気とのことです。また、この記事では、くるりの代表曲「東京」、「さよならリグレット」、「ふたつの世界」などの紹介や、ミュージックビデオに関する情報も盛り込まれています。

メンバー変わったんや!

新しい体制で、どんな音楽になるんやろか?

くるり、昔はもっと良かったわよ。

岸田繁さんの音楽家としての歩み、そしてくるりの魅力についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 岸田繁さんの音楽への情熱と、そのルーツ

💡 京都という街が岸田繁さんの音楽に与えた影響

💡 くるりの活動とメンバーの変遷、そして今後の展望