Academic Box Logo

LUNASEAのドラマー真矢、自然体で制作された最新アルバム『LUV』とは!?自然体で奏でる、新たなLUNASEA像!

LUNASEAのドラマー真矢、自然体で制作された最新アルバム『LUV』とは!?自然体で奏でる、新たなLUNASEA像!
📘 この記事で分かる事!

💡 最新アルバム『LUV』は、メンバーそれぞれの個性を生かした作品である

💡 真矢は、レコーディングにおいてライヴ感を重視した

💡 メンバー全員で意見交換を行い、LUNA SEAとしての楽曲に仕上げている

それでは、第一章、最新アルバム『LUV』についてご紹介します。

自然体で制作された最新アルバム『LUV』

真矢さんのドラムプレイは、いつもパワフルで、聴き手の心を掴みますよね!

🔖 関連記事の要約!真矢 Interview
真矢 Interview

✅ 今作『LUV』は、LUNA SEAの従来のスタイルにとらわれず、メンバーそれぞれの個性を生かしつつ、新しいバンド像を追求したアルバムである。

✅ 真矢は、レコーディングにおいてもライヴ感を重視し、テイクを重ねることを避け、一回の演奏に集中することでドラム本来の力強さを表現している。

✅ メンバーそれぞれが持ち込んだデモを基に、アレンジ段階ではメンバー全員で意見交換を行い、LUNA SEAとしての楽曲に仕上げており、個々の才能が融合した作品になっている。

さらに読む ⇒ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPANユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN出典/画像元: https://sp.universal-music.co.jp/lunasea/luv/interview_1214_shinya_1.html

自然体で制作されたアルバムということで、より一層、真矢さんのドラムプレイの力強さを感じることができました。

LUNASEAのドラマー真矢は、最新アルバム『LUV』について、自身のドラムプレイについて語りました。過去のLUNASEAでは「こうでなければならない」という意識が強かったものの、今回は自然体で制作できたそうです。特に「Ride the Beat, Ride the Dream」は、INORANとの共作で、デモスタジオでの録音という新鮮な試みによって生まれた楽曲です。真矢は、メンバーそれぞれが持ち味を発揮し、全員で新しいLUNASEA像を創造しようとした気持ちがあったとも語っています。彼は、メンバーから持ち込まれたデモに対し、ドラマーとして挑戦的なフレーズを積極的に取り入れ、新しい音楽性を追求していったそうです。

まじ、自然体ってええわぁ。なんか、素の真矢さんが出てるみたいで、めっちゃかっこいい!

うん、自然体って大事よね。そうすることで、本来の良さが出せるんじゃないかな。

自然体って、若いうちにしかできないことよねぇ。歳をとると、なかなか自然体でいられないのよ。

真矢とPearlの22年の物語

真矢さんとPearlの22年の物語、とても興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!Pearl75周年特集】真矢 LUNA SEA×飯石社長対談、「日本が誇る物作りのDNAがしっかり根付いている」(BARKS)
Pearl75周年特集】真矢 LUNA SEA×飯石社長対談、「日本が誇る物作りのDNAがしっかり根付いている」(BARKS)

✅ パール楽器製造(株)創立75周年とLUNA SEA結成30周年を記念して、同社の飯石社長とLUNA SEAの真矢による対談が行われた。

✅ 対談では、ドラムという楽器の現在と未来について、メーカーの立場とプレイヤーの立場から語り合われた。特に、Pearlが開発した電子ドラム「e/MERGE」について、真矢は「自分の感覚に合ったアクセルワークができるような感じ」と表現し、その音色と演奏性の高さを評価した。

✅ また、Pearlの歴史と技術革新についても触れられ、戦後間もない時期から創意工夫を凝らし、様々な素材や加工方法を試してきたことが紹介された。特に、フェノリックシェルを用いた「プレジデント」シリーズは、真矢が高校時代に使用していたこともあり、その歴史と進化を感じさせるものとして語られた。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-rp67031/a3aeaf8ecd8e

真矢さんとPearlの関係は、まさに信頼関係ですね。長年愛用されているPearlのドラムセットは、真矢さんにとって欠かせない存在なのでしょう。

真矢は、2023年3月27日、28日にさいたまスーパーアリーナで開催された<LUNASEA–RELOAD->で披露した新たなドラムセットについて、Pearlの飯石社長との対談後に実施されたパーソナルインタビューで語りました。ドラムを始めた頃に購入したPearlのプレジデントエクスポートについて、彼は「要塞好き」だったことから、2バス、6タム、2スネア、たくさんのシンバルという豪華なセットを選んだと明かしました。当時の楽器は今よりも高価でしたが、プロになることを決意していた真矢は、親を説得して夢のセットを手に入れたそうです。その後、数多くのドラムメーカーとの出会いがありましたが、真矢はPearlとのエンドース契約を締結しました。その理由は、Pearlの豊富なシリーズと魅力的な見た目、そして樋口宗孝や梅沢康博など、多くのドラマーがPearlを使用していたことなどがあげられます。真矢は、Pearlとの22年間の長い付き合いの中で、Pearlの技術力とスタッフの対応に強い信頼を感じていると語っています。特に、ドラムセットのパーツが細部にまでこだわって設計されていることに魅力を感じているようです。

え、まじ!?22年も!?長い付き合いすぎやろ!Pearlとか、真矢さんにとって特別な存在なんか?

うん、たしかに長い付き合いよね。Pearlって、歴史あるメーカーだし、品質もいいから、納得だわ。

22年も同じメーカーのドラムを使い続けるなんて、すごいことよ!若い頃は、いろんなメーカーのドラムを試したんじゃないかしら?

真矢の多岐にわたる活動と家族

真矢さんの多岐にわたる活動、本当にすごいですね。

🔖 関連記事の要約!石黒彩×LUNA SEA真矢 夫婦初対談「子どもの手が離れ、恋人同士に戻ります」 「別居・離婚」報道の真相も

公開日:2019/05/15

石黒彩×LUNA SEA真矢 夫婦初対談「子どもの手が離れ、恋人同士に戻ります」 「別居・離婚」報道の真相も

✅ 石黒彩さんと真矢さんの夫婦は、19年の結婚生活を振り返り、子育て中は役割分担を明確にしていたことを明かした。

✅ 石黒彩さんは家事と育児を、真矢さんは仕事を担当し、それぞれが別々に過ごす時間が多かった。

✅ 子育てで石黒彩さんが苦手な部分は真矢さんがフォローし、お互いに得意な分野を活かしながら、子育てを乗り越えてきたことがうかがえる。

さらに読む ⇒婦人公論.jp|芸能、事件、体験告白……知りたいニュースがここに!婦人公論.jp|芸能、事件、体験告白……知りたいニュースがここに!出典/画像元: https://fujinkoron.jp/articles/-/267?display=full

真矢さんは、音楽活動だけでなく、様々な分野で活躍されているんですね。仕事と家庭を両立させて、素晴らしいと思います。

真矢はLUNASEAとLUNACYのドラマーとして活動する傍ら、ラーメン店「天雷軒」のプロデューサー、宝石店「Re:soul」の代表取締役社長、日本芸術専門学校特別講師なども務めています。真矢は、2000年5月12日にモーニング娘。の石黒彩さんと結婚しました。2人は番組収録で出会い、共通の知人を通して連絡先を交換し、交際に発展しました。石黒彩さんは真矢さんのファンだったとのことです。結婚後、3人の子供をもうけ、2005年には出雲大社で結婚式を挙げました。石黒彩さんは、モーニング娘。卒業後、ママタレとして活躍しており、料理本の出版や雑誌のインタビュー、オフィシャルブログの更新などを精力的に行っています。2023年現在は、テレビのレギュラー出演はありませんが、テレビショッピング番組「ほしおび」のプレゼンターなどを務めています。2021年3月17日からインスタグラムを開始し、日常の様子や料理、ゴルフなど様々な画像を投稿しています。

え、真矢さんって、ラーメン屋とか宝石屋もやってたん!?まじ、多才すぎ!

うん、意外な一面だよね。でも、真矢さんって、どんなことにも一生懸命に取り組む人だから、きっと成功すると思うよ。

真矢さんって、若い頃から才能があったのよ。でも、結婚してからは、家庭を優先してきたみたいね。

音楽一家、石黒家の次世代

石黒家の次世代、音楽一家ですね。

🔖 関連記事の要約!画像】石黒彩の長女(玲夢)は真矢似!歌手志望の大学生だった
画像】石黒彩の長女(玲夢)は真矢似!歌手志望の大学生だった

✅ 石黒彩さんと真矢さんの長女である玲夢さんは、父親の真矢さんに顔がそっくりで、現在18歳の大学生で歌手志望である。

✅ 玲夢さんは、ドラムのリムから名付けられ、母親の石黒彩さんと友達のような関係で、洋服の貸し借りをしたり、父親からはよく母親と間違えられることもある。

✅ 石黒彩さんと真矢さんには、玲夢さんの他に、次女の宙奈さんと長男の耀太さんがおり、それぞれドラムメーカーのSONORと太鼓の「太」から名付けられている。

さらに読む ⇒LifeNews MediaLifeNews Media出典/画像元: https://lifenews-media.com/ishiguroaya_kodomo/

石黒家の子供たちは、みんな音楽に縁があるんですね。将来は、音楽業界で活躍されるかもしれませんね。

石黒彩さんの子供たちは、長女の玲夢(りむ)さん、次女の宙奈(そな)さん、長男の耀太(ようた)さんと、全員音楽にちなんだ名前が付けられています。長女の玲夢さんは歌手を目指してボイストレーニングを受けており、将来は歌手デビューする可能性もあります。

まじ!?石黒彩さんの娘ちゃんも歌手目指してんの!?将来が楽しみすぎるわ!

うん、音楽一家って、いいね。将来は、家族でバンドでも組むのかな?

石黒彩さんと真矢さんって、子供に音楽の名前をつけるのが好きみたいね。

LUNASEA、30年ぶりの東京ドーム公演開催決定!

LUNASEAの東京ドーム公演、楽しみですね!

🔖 関連記事の要約!駿河屋
駿河屋

✅ この記事は、LUNA SEAのビデオソフト「PRECIOUS」の商品説明です。

✅ ビデオソフトには、ラヴレス、プレシャス、ジーザスなど、LUNA SEAの代表曲24曲が収録されています。

✅ 商品の販売ページへのリンク、商品の詳細情報(JANコード、管理番号、発売日、価格、メーカー、型番、出演者、カテゴリ)、収録時間と内容一覧が記載されています。

さらに読む ⇒ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋出典/画像元: https://www.suruga-ya.jp/kaitori/kaitori_detail/938001456

30年ぶりの東京ドーム公演、これは見逃せないですね。チケット争奪戦が予想されます。

LUNASEAは、結成35周年を記念して、2025年2月23日に東京ドーム公演「LUNATICTOKYO2025-黒服限定GIG-」を開催することを発表しました。この公演は、現在行っている35周年記念全国ツアー「ERATOERA」の最終地となります。公演タイトルの「LUNATICTOKYO」は、1995年の東京ドーム公演のタイトルを踏襲しており、30年ぶりの東京ドーム公演となります。チケットなどの詳細は後日発表される予定です。

まじ!?東京ドーム!?ちょー行きたい!チケット絶対取るわ!

うん、東京ドームは、やっぱり特別な場所だよね。30年ぶりの公演、盛り上がりそう!

東京ドームって、広いよねぇ。昔は、よくライブに行ったものよ。

LUNASEAのドラマー真矢さんの多岐にわたる活動についてご紹介しました。これからも真矢さんの活躍から目が離せませんね。

🚩 結論!

💡 真矢さんは、最新アルバム『LUV』で自然体なドラムプレイを披露している

💡 真矢さんは、長年愛用しているPearlのドラムセットへの熱い想いを語った

💡 真矢さんは、家族との時間を大切にしながら、多岐にわたる活動を行っている