Academic Box Logo

春畑道哉のギター愛が爆発!シグネチャーモデル誕生の秘密とは?春畑道哉のこだわりが詰まったギターの世界!!?

春畑道哉のギター愛が爆発!シグネチャーモデル誕生の秘密とは?春畑道哉のこだわりが詰まったギターの世界!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 春畑道哉のギターへの情熱と音楽への道のり

💡 春畑道哉のシグネチャーモデル誕生秘話

💡 春畑道哉とフェンダーHighwayシリーズとの出会い

それでは、春畑道哉さんのギターへの情熱と、その情熱が形になったシグネチャーモデルについて詳しく見ていきましょう。

春畑道哉 ギターへの情熱と音楽への道

春畑道哉さんの音楽への情熱が伝わってくる、素晴らしいアルバムですね。

🔖 関連記事の要約!春畑道哉が振り返る、TUBEとギターに打ち込んだ音楽人生「いいメロディは更新されていく」
春畑道哉が振り返る、TUBEとギターに打ち込んだ音楽人生「いいメロディは更新されていく」

✅ 春畑道哉のソロアルバム「Play the Life」は、ロック、ラテン、ポップス、EDMなど様々な要素を取り入れた、ギターインストアルバムである。

✅ 春畑道哉は、ギターを歌わせることを意識し、少ない音数で説得力のある表現を心がけている。

✅ 今回のアルバムでは、共同アレンジャーに旭 純を迎え、新しい音色に挑戦したほか、ミックスダウンにおいて2人のエンジニアと共同作業を行い、多様な色が混じり合ったサウンドを実現した。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2016/11/post-10062.html

春畑道哉さんの努力と情熱が、音楽に深みを与えていると感じます。

春畑道哉は、先輩のギタープレイに憧れてギターを始め、完璧なコピーを目指し、練習を重ねてきた。当時の情報は限られており、先輩や友人と情報交換しながら、限界を超えていった。TUBEのデビュー後も、プロデューサーの求めるレベルに達せず、一晩中レコーディングしても納得がいかず、何度も泣きながら帰った経験がある。周りの優秀なギタリストから様々なスタイルを吸収し、自分のスタイルを築き上げていった。ハードロックに固執していなかったことで、TUBEの音楽という新たな道を切り開くことができた。

ホンマにすごい!ギター弾く姿、かっこよすぎ!

春畑さん、ほんまに努力家やね。尊敬するわ!

あんた、若い頃、あんなに苦労したんか?でも、努力したもん勝ちよ!

春畑道哉シグネチャーモデル誕生秘話

春畑道哉さんのこだわりが詰まった一品ですね。

🔖 関連記事の要約!Special Interview

公開日:2023/10/04

Special Interview

✅ 春畑道哉のシグネイチャーストラップとシールドケーブルが発売された。

✅ ストラップは、春畑が長年愛用しているFender Custom Shop製のストラップをベースに、柔らかく高級感のあるレザー素材、そして春畑のイメージカラーであるブルーのステッチを採用している。

✅ シールドケーブルは、春畑が10本以上のケーブルを聴き比べて厳選したフェンダー製のケーブルをベースに、さらにパンチのある音になるようリクエストし、ライヴやレコーディングで使用するケーブルとして開発された。

さらに読む ⇒トップページ - FenderNewsトップページ - FenderNews出典/画像元: https://fendernews.jp/special-interview-haruhatamichiya-accessory/

春畑道哉さんのシグネチャーモデル、ぜひ使ってみたいです。

2011年に発売されたカスタムショップ製「MichiyaHaruhataStratocasterIII」をベースに、春畑道哉の日本製シグネイチャーモデルが開発された。春畑は、手の届きやすい価格帯でのモデル開発を希望しており、近年クリス・フレミング監修によって品質が向上した日本製フェンダーに納得し、価格を抑えながらも妥協のないスペックを実現した。カスタムショップ製と同じリバースラージヘッド、ユニークなコントロール系統、ダブルロッキングトレモロシステムなど、多くのアイディアが盛り込まれている。ピックアップもカスタムショップ製と同じものを採用し、ボディにダイレクトマウントされている。さらに、ネックシェイプは春畑の実機を3Dスキャンして再現した「MichiyaHaruhataSoftV」を採用している。2018年5月初旬に完成したプロトタイプは、TUBEの全国ライブツアーのリハーサルで春畑が使用し、その場で気に入って本番でも使用された。その後もプロトタイプを使い続けていることから、春畑の期待に応えたモデルであることが証明されている。

え、めっちゃ欲しい!春畑さんと同じストラップつけて、ライブ行くねん!

シールドケーブルもこだわってんのか!さすがやね!

あんた、若い頃はシールドケーブルなんて、ただの紐みたいなもんだったのよ!

春畑道哉とフェンダーHighwayシリーズとの出会い

春畑道哉さんと遠山哲朗さんの演奏、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!イベント・レポート/春畑道哉&遠山哲朗が語る、フェンダーHighwayシリーズ in 三木楽器アメリカ村店
イベント・レポート/春畑道哉&遠山哲朗が語る、フェンダーHighwayシリーズ in 三木楽器アメリカ村店

✅ フェンダーHighwayシリーズのライブ&トーク・イベント゛Fender Workshop -Highway Series- at FENDER SHOP in MIKI GAKKI AMERICAMURA゛が開催され、春畑道哉と遠山哲朗がゲスト出演した。

✅ イベントでは、Highwayシリーズの特徴である軽量かつ薄型のボディ、豊かな響き、そして弾きやすさについて、春畑と遠山の演奏とトークを通して紹介された。

✅ Highwayシリーズのドレッドノート・タイプとパーラー・タイプの2種類/4モデルを実際に演奏し、その音色の魅力や演奏性の高さを参加者に伝えた。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/gear/2024-0415-fender-highway-series-michiya-haruhata-report/

Highwayシリーズ、軽くて弾きやすそうでいいですね。

春畑道哉は、フェンダーの新しいアコースティックギターシリーズ「Highway」の魅力に惚れ込み、最近のソロツアーでロゴデザインに採用し、ステージでも活躍させている。Highwayシリーズは、伝統的なアコースティックギターの外観を踏襲しつつ、軽量で薄型のボディを採用し、快適な演奏感を実現している。春畑は、Highwayシリーズの薄さと軽さ、そして自然なアコースティックサウンドをアンプで再現できることに感銘を受け、すぐに気に入ったという。また、ネックのジョイント角調整や弦高・ゲージの調整により、エレキギター感覚で演奏でき、初心者にも扱いやすい点が魅力だと語っている。Highwayシリーズには、トップ材にシトカ・スプルースを使用したNaturalモデルと、マホガニーを使用したAll-Mahoganyモデルの2種類があり、春畑は両方所有している。Naturalモデルは明るく抜ける音、All-Mahoganyモデルは温かくふくよかな音と、それぞれ異なる音色を楽しめる。春畑は、今回のツアーではNaturalモデルを使用し、サポートギタリストの遠山哲朗はAll-Mahoganyモデルを使用し、異なる音色を活かした演奏を行った。Highwayシリーズに搭載されたフィッシュマンのFluenceAcousticピックアップ・システムは、アコースティックギター本来の豊かで自然なサウンドを忠実に再現し、ダイナミクスも手元で表現できるため、ライブやレコーディングで活躍している。春畑は、アコースティックギターの音作りに試行錯誤している中で、Highwayシリーズは調整に苦労することなく、自然なサウンドを実現できる点に魅力を感じている。特に、ハウリングが起こりにくい点も大きなメリットとなっている。Highwayシリーズのコントロール部に搭載されたコンター・ノブは、音色を調整し、リードやメロディ向き、キラキラしたサウンドなど、幅広いサウンドメイクに対応できる。春畑は、レコーディングでもHighwayシリーズを使用している。

Highwayシリーズって、ホンマに軽くてええ感じ!ライブで弾いたら、めっちゃ気持ちよさそう!

Highwayシリーズ、アンプで再現できるってとこが、ホンマにええよね!

あんた、若い頃は、アンプなんて、なかったのよ!

春畑道哉モデル ストラトキャスターの詳細

春畑道哉モデルのストラトキャスター、ハードロック仕様でかっこいいですね。

🔖 関連記事の要約!Fender Michiya Haruhata Stratocaster Trans Pink【即納可能・現物写真】 : rockin
Fender Michiya Haruhata Stratocaster Trans Pink【即納可能・現物写真】 : rockin

✅ Fender Michiya Haruhata Stratocaster Trans Pinkは、ロックン名古屋栄店が販売するエレキギターです。

✅ 通常価格に加えて、PayPay残高やLINE連携での支払いにより5%のポイント還元を受けられます。

✅ 商品に関する質問は、ストアに投稿できます。

さらに読む ⇒ Yahoo!ショッピング Yahoo!ショッピング出典/画像元: https://store.shopping.yahoo.co.jp/rockin-nagoya-sakae/rockin-90755.html

春畑道哉モデルのストラトキャスター、ぜひ試奏してみたいです。

春畑道哉モデルのストラトキャスターは、キルトメイプルトップのアッシュバックボディ、メイプルネックのローズウッド指板、22フレットのミディアムジャンボフレット、ディマジオのハムバッカーを搭載したHSHピックアップレイアウト、そしてテレキャスタイプの金属製ノブを採用するなど、ルックス、スペック共にハードロック仕様のギターです。ボディカラーはカリビアンブルーとトランスピンクの2色が存在し、それぞれピックガードの有無が異なります。ピックアップはフロントにディマジオのDP193AirNorton、センターにフェンダーのテキサススペシャル、リアにディマジオのDP153FREDを搭載しており、春畑道哉氏の実機を3Dスキャンした「MICHIYAHARUHATASOFTV」というネックシェイプを採用しています。価格はカスタムショップ製のギターに比べて手頃な価格帯で、ハードロックサウンドを求めるギタリストにオススメです。

トランスピンクのストラト、めっちゃかわいい!ほしい!

ハードロック仕様って、ホンマにええよね!

あんた、若い頃は、ストラトなんて、夢だったのよ!

春畑道哉 最新シグネチャーモデル - MICHIYAHARUHATASTRATOCASTERHEAVYRELICMASTERBUILTBYJASONSMITH

春畑道哉さんの新しいシグネチャーモデル、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER HEAVY RELIC MASTERBUILT BY JASON SMITH
MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER HEAVY RELIC MASTERBUILT BY JASON SMITH

✅ 今回の春畑道哉シグネチャーストラトキャスターは、ヘヴィーレリック仕様とヴィンテージスペックを融合させたモデルです。

✅ 50年代のストラトキャスターを意識した2カラーサンバーストとアッシュボディ、ヘヴィーレリック加工が施されています。

✅ ピックアップには、ノイズレスのヴィンテージノイズレスと、春畑道哉のリクエストでセレクトされたディマジオDP155を搭載し、パワフルで表現力豊かなサウンドを実現しています。

さらに読む ⇒三木楽器オンラインショップ | 【公式】総合通販サイト三木楽器オンラインショップ | 【公式】総合通販サイト出典/画像元: https://www.mikigakki.com/ec/sp?F=custom_artist_haruhata

春畑道哉さんのこだわりが詰まった、最高のギターですね。

春畑道哉の新しいシグネチャー・モデル「MICHIYAHARUHATASTRATOCASTERHEAVYRELICMASTERBUILTBYJASONSMITH」は、マスタービルダーのジェイソン・スミスによって製作されたストラトキャスター。春畑自身が゛自分が満足できるレベルまで徹底的に追求した゛と語るこのモデルは、ビンテージ・ストラトキャスターのサウンドを追求しつつ、春畑の音楽性とプレイスタイルに合わせた独自の仕様が盛り込まれている。特徴的なのは、ラージ・タイプのリバース・ヘッド、SSHのピックアップレイアウト、そしてセンター・ピックアップのボリューム調整機能。リバース・ヘッドはジミ・ヘンドリックスの影響を受けたもので、チューニング時のペグの配置やサウンドに独特な特徴を生み出している。SSHのピックアップレイアウトは、フロントとセンターのシングルコイルと、リアのハムバッカーを組み合わせ、ストラトキャスターらしいサウンドとハムバッカーならではの力強いサウンドを両立している。センター・ピックアップのボリューム調整機能は、ハーフ・トーンのブレンドやスイッチング奏法など、幅広い表現を可能にする。このモデルは、春畑の音楽活動に欠かせない相棒として、これからも多くの楽曲を生み出していくことだろう。

まじで!?春畑さんのギター、めっちゃほしい!

ジェイソン・スミスって、ホンマにすごい人やね!

あんた、若い頃は、ギターなんて、贅沢品だったのよ!

春畑道哉さんのギターへの情熱と、素晴らしいシグネチャーモデルについて、詳しく知ることができました。

🚩 結論!

💡 春畑道哉のギターへの情熱と音楽への道のり

💡 春畑道哉のシグネチャーモデル誕生秘話

💡 春畑道哉とフェンダーHighwayシリーズとの出会い