Academic Box Logo

真矢のドラム人生!電子ドラムe/MERGEとの出会いとは?LUNA SEAドラマーの進化が止まらない!!

真矢のドラム人生!電子ドラムe/MERGEとの出会いとは?LUNA SEAドラマーの進化が止まらない!!
📘 この記事で分かる事!

💡 LUNA SEAドラマー真矢の生い立ちと、ドラムとの出会いについて解説します。

💡 LUNA SEA結成から真矢の活躍、そして電子ドラムe/MERGEとの出会いについて迫ります。

💡 真矢のドラムに対する情熱、そしてe/MERGEへの期待について語ります。

それでは、真矢さんのドラム人生について、詳しく見ていきましょう。

真矢の生い立ちとドラムとの出会い

真矢さんのドラム人生、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!SugizoTube + INORAN BAR + 真矢とドラムとエトセトラPresents LUNA SEA 35th ANNIVERSARY Special Talk
SugizoTube + INORAN BAR + 真矢とドラムとエトセトラPresents LUNA SEA 35th ANNIVERSARY  Special Talk

✅ LUNA SEAの35周年を記念し、SUGIZO、INORAN、真矢によるコラボレーション生放送が決定した。

✅ 今回の放送では、LUNA SEA史上最大規模となる全国ツアー「DUAL ARENA TOUR 2023」の裏側や、3人のメンバーによる今後の展望が語られる。

✅ 番組では、LUNA SEAに関する思い出やエピソード、好きな楽曲などを募集している。

さらに読む ⇒SUGIZO OFFICIAL SITE │ SOUL゛S MATESUGIZO OFFICIAL SITE │ SOUL゛S MATE出典/画像元: https://sugizo.com/contents/172752

不良少年からドラマーへ転身とは、人生何が起こるかわかりませんね。

真矢は、1970年1月13日生まれの54歳で、神奈川県秦野市出身のドラマーです。身長は165cmでO型です。能楽師の家庭に生まれ、幼少期から能や和太鼓に親しんでいました。高校時代は不良少年でしたが、無期停学中に父親からドラムを買ってもらったことがきっかけでドラムを始めました。高校時代にはSUGIZOと共にPINOCCHIOを結成し、いくつかのバンドを掛け持ちしながらコピーに励んでいました。

へぇ~、不良やったんや~意外やわ!

そうやね、ドラムってカッコいいもんね!

あんた、若い頃やんちゃやったんやろ?

LUNASEA結成と真矢の活躍

LUNA SEAは、日本の音楽シーンを牽引するバンドですね。

🔖 関連記事の要約!LUNA SEA「LUNA SEA The Holy Night
LUNA SEA「LUNA SEA The Holy Night

✅ LUNA SEAは、以前は常に走り、追いかけられるような感覚で活動していたが、今は確固たるバンドとして、落ち着いてマイペースに活動している。これは、メンバーそれぞれがLUNA SEAという存在を確立していること、音楽シーンの状況変化、制作における変化など、様々な要素が重なり合った結果である。

✅ LUNA SEAの音楽制作は、以前のように完璧主義ではなくなり、メンバーそれぞれの個性を尊重する方向に変化している。真矢は、プリプロ段階ではあえてドラムを叩かず、他のメンバーのデモ音源をアレンジする際にも、以前のように自分のスタイルを押し付けることはせず、LUNA SEA全体のスタイルを意識して取り組むようになった。

✅ LUNA SEAのライブは、以前は音源を忠実に再現することを重視していたが、今はより自由で遊び心のあるものになっている。これは、メンバー間の関係性が変化し、個々の個性を尊重するようになったこと、そして、ライブ全体を5人で一体となって作り上げるという意識が強くなったことが要因である。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/lunasea02/page/6

真矢さんのドラムは、まさに神レベルですね!

高校卒業間際に、真矢、SUGIZO、J、INORANの4人は、新たなバンドを結成することを決意しました。真矢はSUGIZOとの活動を続けたいという希望から、4人でLUNASEAを結成しました。LUNASEAはその後人気を博し、真矢は1997年からソロ活動も開始しました。真矢のドラムは「神レベル」と言われるほど正確でパワフルであり、観客を魅了しています。彼は、ブログ、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSを利用していますが、ブログは2016年以降更新されていません。最新情報はTwitterで確認するのがおすすめです。

わぁ、LUNA SEAって、昔っから人気やったんや!

LUNA SEAのライブ、行ってみたいなぁ。

あんた、若い頃から大人気やったんやね!

e/MERGEを用いた真矢のドラムセミナー

真矢さん、電子ドラムe/MERGEを気に入ってらっしゃるんですね。

🔖 関連記事の要約!レポート】真矢(LUNA SEA)、<Special Drum Seminar>で生なのか?電子ドラムなのか?「この場で発表しようと思っていた」
レポート】真矢(LUNA SEA)、<Special Drum Seminar>で生なのか?電子ドラムなのか?「この場で発表しようと思っていた」

✅ 真矢が主催したドラムセミナーで、LUNA SEAの「復活祭」で使用されたプロトタイプが電子ドラムe/MERGEであることが明かされた。

✅ 真矢はe/MERGEについて、従来の電子ドラムでは自分の要求する音が出せなかったが、e/MERGEは音が良く、特にキックの音のニュアンスが気に入ったと語った。

✅ セミナーでは、真矢のドラム遍歴やPearl Drumsとの関係性について語られ、開発スタッフとの信頼関係についても言及された。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000228342

e/MERGEって、どんな電子ドラムなんやろ?

2022年8月のLUNASEA復活祭で初披露されたプロトタイプを用いた演奏と、そのプロトタイプの秘密が明かされたことが大きな話題となりました。11月27日に開催された真矢のドラムセミナーでは、このプロトタイプを用いてLUNASEAの『宇宙の詩~Higher and Higher~』を演奏し、参加者を圧倒しました。そして、そのプロトタイプが実は電子ドラムe/MERGEであることが明かされると、会場からは驚きの声が上がりました。真矢は従来の電子ドラムでは自分の要求を満たす音が出なかったと語っていましたが、e/MERGEはキックのタッチなどが非常に良く、土台がしっかりしているため、アレンジの幅が広がったと説明しました。

e/MERGEって、どんな音がするんやろ?

真矢さん、めっちゃドラム好きそう!

あんた、すごいなぁ、新しいもの好きなんやね!

真矢のドラムに対する情熱とe/MERGEへの期待

真矢さんのドラムセット、e/MERGEが入ってるんですね。

🔖 関連記事の要約!LUNA SEAの復活ライヴが映像作品化! パールのe/MERGEを組み込んだ真矢の最新キットにも注目!!

公開日:2023/03/16

LUNA SEAの復活ライヴが映像作品化! パールのe/MERGEを組み込んだ真矢の最新キットにも注目!!

✅ LUNA SEAの2022年8月日本武道館公演「復活祭 -A NEW VOICE-」の模様を収録した映像作品が2作品リリースされた。

✅ Day1Silky Voice公演とDay2Naked Voice公演それぞれの様子が収録されており、YouTubeでは一部ライブパフォーマンス映像が公開されている。

✅ 本公演で新調された真矢のドラムセットは、e/MERGEを組み込んだ特別仕様で、一打入魂のパフォーマンスと曲の世界観に合わせたサウンドが見どころとなっている。

さらに読む ⇒ ドラマガWeb ドラマガWeb出典/画像元: https://drumsmagazine.jp/news/lunasea-fukkatsusai-a-new-voice/

真矢さんのドラムは、本当にパワフルで、見てて気持ちいいですね。

真矢はe/MERGEを高く評価し、今後も積極的に使用していくことを示唆しました。セミナーでは真矢のドラム遍歴やPearlDrumsとの長い関係性、e/MERGE開発秘話なども語られ、参加者にとって貴重な時間となりました。真矢のドラムスキルはテクニックだけでなく、能や和太鼓を取り入れた独特なパフォーマンスで知られています。彼は、LUNASEAのドラマーとして、楽曲が求めるドラムの音とグルーヴを一生懸命に表現することに集中しています。彼のドラムは、祭り囃子の影響を受け、誰かに捧げるという意識から、聴く人に感動を与えるものとなっています。

e/MERGEって、どんなドラムなん?

真矢さん、ドラムに対する情熱がすごいね!

あんた、ドラムのことしか考えてないんやろ?

LUNASEAの活動と真矢の音楽への情熱

LUNA SEAのツアー、懐かしいですね。

🔖 関連記事の要約!2023.10.7@Kアリーナ横浜 LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023 ゛MOTHER OF LOVE, MOTHER OF HATE゛ ライブレポート

公開日:2023/11/20

2023.10.7@Kアリーナ横浜 LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023 ゛MOTHER OF LOVE, MOTHER OF  HATE゛ ライブレポート

✅ LUNA SEAの28年前の伝説的ツアー「MOTHER OF LOVE, MOTHER OF HATE」を再現した「LUNA SEA DUAL ARENA TOUR 2023」が開催され、Kアリーナ横浜での初日の模様がレポートされています。

✅ ツアーは過去と現在をオーバーラップさせながら、当時のセットリストを踏襲しつつも新たなアレンジを加え、LUNA SEAの進化を感じさせる内容となっています。

✅ 特に当時の衣装をオマージュしたJの衣装や、レア楽曲「IMITATION」の披露、そして「AURORA」の演奏など、ファンにとって嬉しい演出が盛り込まれていました。

さらに読む ⇒ウェブマガジン 『STAGE』 | Stage Gear and Musical Equipments Magazine STAGEウェブマガジン 『STAGE』 | Stage Gear and Musical Equipments Magazine STAGE出典/画像元: https://stagegear.jp/20231007lunasea

真矢さんのドラムは、LUNASEAの音楽に欠かせない存在ですね。

LUNASEAが1994年発表の『MOTHER』、1996年発表の『STYLE』を完全新録したセルフカバーアルバムを二作同時リリースし、それに伴い、1995年当時のツアー<MOTHEROFLOVE,MOTHEROFHATE>と、1996年当時のツアー<UNENDINGSTYLE>を現代に蘇らせたツアー<LUNASEADUALARENATOUR2023>を開催しています。インタビューでは、真矢がオリジナルアルバム制作当時のこだわりや緊張感、メンバーとの関係性について語っています。特に『MOTHER』の制作では、リアンプを本格的に採用し、時間をかけて音作りを進めていたそうです。当時のレコーディングは、メンバー同士のライバル意識が強く、いい意味で火花が散っていたというエピソードも語られています。さらに、最新ドラムセットのシステムについても言及し、現在のツアーに対する意気込みも感じられる内容となっています。真矢は、Pearl Drumsとの22年のエンドースメント契約を振り返り、その魅力について語りました。幼い頃からドラムに憧れ、ローンを組んで購入した初めてのドラムセットはPearlのプレジデントエクスポートでした。当時、高価なドラムセットを手に入れる喜びを語り、LOUDNESSの樋口宗孝やREACTIONの梅沢康博など、多くのドラマーがPearlを使用していたことが、Pearlとの契約を決めた理由の一つであると明かしました。Pearlの魅力として、豊富なシリーズと、パーツの品質の高さ、そして「痒いところに手が届く」という、ドラマーのニーズに応える技術力を挙げました。真矢は、Pearlとの長い信頼関係を通して、常に革新的なドラムセットを追求し、自身の音楽表現を進化させてきたことを強調しました。LUNASEAの活動休止期間(終幕)から「GODBLESSYOU〜OneNightDéjàvu〜」までの7年間は、真矢さんにとって闘いの日々であり、自分自身を見つめ直す貴重な時間だったそうです。この期間は、LUNASEAという鎧を脱ぎ捨て、真の自分と向き合い、成長を促すものであったと語っています。10年経った今も、真矢さんはLUNASEAへの強い思いを持ち続けており、他のバンドでドラムを叩くことはほとんどありません。それは、LUNASEAに集中したいという強い意志と、職人としてのこだわりから来るものであり、彼の真っ直ぐでピュアなアーティストシップを表していると言えるでしょう。

LUNA SEAのライブ、行きたかったなぁ。

真矢さん、めっちゃドラム好きやんな!

あんた、若い頃苦労したんやろ?

真矢さんのドラム人生、本当に素晴らしいですね。これからも、真矢さんのドラムパフォーマンスを楽しみにしています。

🚩 結論!

💡 真矢は、不良時代を経て、ドラムに出会い、LUNA SEAというバンドを結成しました。

💡 真矢は、長年培ってきたドラムスキルと、進化を続ける探求心で、新たな電子ドラムe/MERGEに情熱を注いでいます。

💡 真矢のドラムは、LUNA SEAの音楽を支える重要な要素であり、彼の情熱は多くのファンを魅了し続けています。