Academic Box Logo

細野晴臣の音楽人生を紐解く!音楽への情熱と影響力は?日本の音楽シーンに多大な影響を与えた!!

細野晴臣の音楽人生を紐解く!音楽への情熱と影響力は?日本の音楽シーンに多大な影響を与えた!!
📘 この記事で分かる事!

💡 細野晴臣は、日本の音楽シーンに多大な影響を与えた音楽家である。

💡 彼の音楽は、幅広いジャンルにわたる。

💡 細野晴臣の音楽は、世代を超えて愛されている。

それでは、細野晴臣さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

音楽への情熱の芽生え

細野晴臣さんは、幼少期から音楽に親しみ、さまざまな音楽に触れてこられましたね。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣とロック(2/2)
細野晴臣とロック(2/2)

✅ この記事は、1950年代後半に起こった「ペイオラ事件」について解説しています。この事件は、DJがレコード会社から賄賂を受け取っていたことが発覚し、ロックンロールDJのアラン・フリードを始め多くの人が業界から追放された事件です。

✅ この事件は、ロックンロールが主流音楽の地位から急速に衰退していくきっかけの一つとなりました。当時のロックンロールDJたちは、レコード会社の意向に左右されずに音楽を選んでいました。しかし、この事件によって、音楽業界は金銭的な影響力を強めたとされています。

✅ 記事では、細野晴臣氏が、ロックンロールとロックの違いについて語っています。細野氏は、1950年代のロカビリーやロックンロールを「振り返って聴く音楽」だと捉え、自身が音楽を始めた頃は、ロックンロールよりも、当時流行していたロックに影響を受けていたと説明しています。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/column/431896/page/2

当時の音楽シーンでは、ロックンロールが人気でしたが、細野晴臣さんはロックンロールよりも、当時流行していたロックに影響を受けたというお話は興味深いです。

細野晴臣さんは幼少期から音楽に親しみ、トランジスタラジオで深夜放送を聴きながら音楽の世界に浸っていました。特にアメリカのポップスに強い憧憬を抱き、ビーチ・ボーイズの「サーフィンUSA」に衝撃を受けたそうです。中学時代にはベンチャーズに影響を受け、友人たちとバンドを結成。高校時代にはフォークにのめり込み、オリジナル曲作りに挑戦するようになりました。

へぇー、ロックンロールよりもロックやったんや!知らんかったわー。

ロックンロールよりロックやったんかー、渋いなぁ。

ロックンロールって、今も聞く?私らの時代には、ロックンロールって、もう古い音楽やったわよ。

音楽家としての歩み

細野晴臣さんは、はっぴいえんど解散後、ソロ活動を始められましたね。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣が40年ぶりに中華街でライブを開催!
細野晴臣が40年ぶりに中華街でライブを開催!

✅ 細野晴臣は1976年と2016年の2回、横浜中華街の同發新館でライブを開催しました。

✅ 1976年のライブは「ハリー細野& TIN PAN ALLEY IN CHINATOWN」と題し、豪華なミュージシャンを従え、中華料理フルコースと共に演奏が披露されました。

✅ 2016年のライブは「A Night in Chinatown」と題し、40年前のライブを彷彿とさせるセットリストで、当時と同じ会場で、当時のメンバーも加わり、熱心なファンを魅了しました。

さらに読む ⇒ サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア出典/画像元: https://www.snrec.jp/entry/column/report/56257

40年前のライブを同じ場所で再現されたのは、感慨深いですね。

細野晴臣さんは、はっぴいえんど解散後、ソロ活動を開始し、後にキャラメル・ママ、ティン・パン・アレーとして活動しました。ティン・パン・アレーは、スタジオ演奏家集団として、荒井由実さんのデビューアルバムのプロデュースなど、重要な役割を果たしました。76年には横浜中華街で「ハリー細野&ティン・パン・アレー・イン・チャイナタウン」を開催し、40年後の昨年には同じ場所、同じ日でライブを行い、その様子がDVDとしてリリースされました。細野晴臣さんは、40年前のライブは、トロピカル時代の象徴的なライブであり、昨年のライブは、体調不良ながらも、音楽の力と観客の力によって、素晴らしいライブになったと振り返っています。

え、40年前のライブとか、めっちゃ懐かしいやん!

中華街でライブって、なんかおしゃれやなぁ。

中華街でライブって、ご飯も美味しくて最高よね。

YMO結成とデビュー50周年記念

細野晴臣さんは、様々なグループに参加されてきましたね。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣のベスト盤を星野源&小山田圭吾が選曲 YMOやはっぴいえんども

公開日:2019/07/16

細野晴臣のベスト盤を星野源&小山田圭吾が選曲 YMOやはっぴいえんども

✅ 細野晴臣の音楽活動50周年を記念して、星野源と小山田圭吾が選曲した2つのベストアルバム「HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN」と「HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO」がリリースされる。

✅ 「HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN」は、はっぴいえんど、ティン・パン・アレー、イエロー・マジック・オーケストラなど、細野晴臣が参加した様々なグループの楽曲に加え、ソロ作品も収録。

✅ 「HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO」は、swing slow、HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS、細野晴臣&横尾忠則、Haruomi Hosono + Cornelius、Yellow Magic Orchestra、SKETCH SHOWなど、細野晴臣が参加した様々なグループの楽曲が収録される。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/61000/index.html

星野源さんと小山田圭吾さんが選曲されたベストアルバムは、どんな選曲になっているのでしょうか?

78年には、アルファレコードの社長からの依頼で、アメリカンスタイルの音楽ビジネスを展開するため、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成しました。細野晴臣さんは、プロデューサー契約という初めての経験に戸惑いながらも、音楽活動を続ける中で、YMOの構想が生まれたとのことです。細野晴臣のデビュー50周年を記念し、星野源と小山田圭吾がそれぞれ細野晴臣の全作品から選曲したオールタイムベストアルバムが発売されます。星野源選曲は2019年8月28日発売、小山田圭吾選曲は2019年9月25日発売で、それぞれCDとアナログ盤が用意されています。両アルバムとも、はっぴいえんど、YMO、ソロ作品など、細野晴臣の音楽キャリアを網羅した選曲となっています。

え、星野源も選曲したん?めっちゃ気になる!

ベストアルバム、欲しいなぁ。

ベストアルバムって、いいわね。昔の音楽を聴くのは、懐かしい気持ちになるわ。

音楽シーンにおける影響力

細野晴臣さんは、日本の音楽シーンを牽引する存在として、長く活躍されてきましたね。

🔖 関連記事の要約!はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「YMO」で彼は何を生み出したのか。『細野晴臣と彼らの時代』ほか
はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」「YMO」で彼は何を生み出したのか。『細野晴臣と彼らの時代』ほか

✅ 2020年12月12日から19日にかけて発売される新刊書籍は、ミステリー、警察小説、音楽、料理、小説、コミックと多岐にわたるジャンルを網羅しています。

✅ 特に注目すべきは、美術ミステリー「騙る」、警察小説「観月 KANGETSU」、細野晴臣の半生をまとめた「細野晴臣と彼らの時代」、魚料理レシピ「魚屋だから考えた。クリトモのかんたん魚レシピ」など、各ジャンルで話題を呼ぶ作品が多数登場しています。

✅ また、台湾女性作家の野心作「眠れる美男」、お笑い第七世代の生みの親による青春小説「三人」、池波正太郎原作のコミック「コミック 鬼平犯科帳 111」など、読み応えのある作品も揃っています。

さらに読む ⇒本の話 ~読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア~本の話 ~読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア~出典/画像元: https://books.bunshun.jp/articles/-/5966

細野さんは、時代の変化に合わせて、常に新たな音楽に挑戦してきたんですね。

細野晴臣は、日本の音楽シーンにおいて、ベース・プレイヤーとしてだけでなく、音楽的教養の幅広さ、独特な視点やヴィジョンにおいても重要な存在である。エイプリル・フール時代から、その音楽に対するこだわりは高く、オリジナルな音楽作りに情熱を傾けていた。70年代半ばには、キャラメル・ママやティン・パン・アレーを率いて、日本の音楽シーンを牽引する存在となり、村井邦彦からもその才能を高く評価されていた。YMO結成後も、時代と共に手法を変え、常に日本の音楽シーンを牽引してきた。細野は、世界の空気や時代の気分を感じ取り、自分の感性の赴くままに道を歩んできた。その歩調は、世間に同期/迎合することなく、早すぎることもなく、独自の道を切り開いてきたと言える。

細野さんって、めっちゃ偉い人なんや!

細野さんの音楽、聴いてみたいなぁ。

細野さんって、若い頃から天才だったのね。

大滝詠一との強い絆

細野晴臣さんと大滝詠一さんの関係は、とても深いものだったんですね。

🔖 関連記事の要約!認め合う音楽家の関係は、亡くなる直前まで続いた。──細野晴臣が語る、大滝詠一との軌跡。

公開日:2021/06/25

認め合う音楽家の関係は、亡くなる直前まで続いた。──細野晴臣が語る、大滝詠一との軌跡。

✅ 細野晴臣と大滝詠一は、1968年の出会い以来、ポップスへの深い知識と憧憬を共有する盟友としての関係を築いてきた。

✅ 互いに影響を与え合い、ソロ活動でもコラボレーションを重ねてきた両者は、ポップスという美女に恋した兄弟のように、共通のインプットから異なるアウトプットを生み出した。

✅ 大滝詠一が2013年に亡くなる直前、細野晴臣は新たなソロ作品の制作を持ちかけるなど、二人の音楽家同士の関係は最後まで続いた。

さらに読む ⇒Pen OnlinePen Online出典/画像元: https://www.pen-online.jp/article/007734.html

ふたりとも、ポップスへの深い愛情を持っていたんですね。

細野晴臣と大滝詠一の深く強い音楽家同士の関係は、ポップスへの深い知識と憧憬から生まれた。出会いの瞬間から互いに認め合い、はっぴいえんど解散後も同志として音楽活動を続け、互いに影響を与え合った。細野は大滝のソロ作品にも参加し、特に「ナイアガラ・ムーン」と「ロング・バケイション」は印象深い。細野は大滝を「ポップスという美女に恋した兄弟」と表現し、共通点はポップスへのこだわり、違いはアウトプットの表現方法にあると分析する。細野は歌える歌をつくるようになったが、大滝の核は「歌」であり、それがふたりを大きく分けていた。大滝は2013年に逝去する直前、細野は新たなソロ作品制作を持ちかけ、実現間近だったものの叶わず、惜しまれる。

細野さんと大滝さん、仲良しやったんや!

ポップスって、いいよね。

ポップスって、若い子の音楽よね。私らの時代には、流行ってなかったわよ。

ソロ作品の再リリース

細野晴臣さんのソロ作品が再リリースされるんですね。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣、「レコードの日」一斉リリースの5作のアナログ盤から『MEDICINE COMPILATION』収録゛LAUGHTER MEDITATION゛MV公開。再発売されるカセット・ブック『花に水』ティーザー映像も同時公開
細野晴臣、「レコードの日」一斉リリースの5作のアナログ盤から『MEDICINE COMPILATION』収録゛LAUGHTER  MEDITATION゛MV公開。再発売されるカセット・ブック『花に水』ティーザー映像も同時公開

✅ 細野晴臣の「レコードの日」一斉リリース作品から、幻想的な楽曲「LAUGHTER MEDITATION」のミュージック・ビデオが公開された。

✅ ミュージック・ビデオは楽曲の世界観を映像で表現しており、編集された音源も貴重なものである。

✅ また、カセット作品「花に水」のティーザー映像も公開され、1984年にリリースされ再発売されていなかった作品が、当時のパッケージを踏襲した形で再発売されることが明らかになった。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2020/10/27/tg002

「花に水」のカセット作品が再発売されるのは、ファンにとっては嬉しいニュースですね。

細野晴臣が、今年で6回目となる日本最大級のアナログ・イベント『レコードの日』に合わせて、ソロ作品の6タイトルをカセット/ヴァイナルの2バージョンで再リリースしました。今回の再リリースには、入手困難だったカセットブック『花に水』(84年)のオリジナルパッケージ版、初のヴァイナル化となる『omniSightSeeing』(89年)と『MEDICINECOMPILATION』(93年)、近作の『HoSoNoVa』『HeavenlyMusic』『VuJàDé』が含まれます。特に注目すべきは、ヴァンパイア・ウィークエンドがサンプリングした゛TALKINGあなたについてのおしゃべりあれこれ゛を含む『花に水』、そして初のアナログ化となる『VuJàDé』です。これらの作品は、砂原良徳による最新のリマスタリングや、USハリウッドのバーニー・グランドマン、日本・小鐵徹によるカッティングなど、音質面でも最高峰のクオリティを誇ります。パッケージアイテムとしても貴重なものになるであろうこれらの名作を、ぜひこの機会に入手してみてください。

ええー!カセット再販って、マジ!?

カセットって、懐かしいなぁ。

カセットって、音が温かくて好きよ。

クラフトワークへの影響

クラフトワークは、電子音楽の先駆けとして、世界的な影響力を持つグループでしたね。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣、クラフトワークを語る YMOに与えた影響は:朝日新聞デジタル

公開日:2020/06/20

細野晴臣、クラフトワークを語る YMOに与えた影響は:朝日新聞デジタル

✅ 細野晴臣氏は、クラフトワークの音楽はYMOの音楽に大きな影響を与えたと述べており、特に「アウトバーン」というアルバムに衝撃を受けたとのこと。

✅ 細野晴臣氏は、横尾忠則氏からクラフトワークの音楽を勧められたことがきっかけで、クラフトワークの音楽に触れることになった。

✅ 細野晴臣氏は、クラフトワークの音楽を、ポップミュージックの新しい可能性を提示するものと捉え、特にジャーマン・テクノの陽気さに魅力を感じている。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASN6M35W2N6DUCVL004.html

細野晴臣さんは、クラフトワークの音楽から、多くの影響を受けたとのことですね。

クラフトワークの創設者・フローリアン・シュナイダーさんの死去を受け、細野晴臣さんは「クラフトワークがいなかったらYMOの音楽は異なるものになっていた」とコメント。横尾忠則さんの提案でクラフトワークの音楽に触れた細野さんは、コンピューター・ミュージックの可能性を感じ、ジャーマン・テクノの「陽気さ」に衝撃を受けたことを語っています。

クラフトワークって、知らんわー。

クラフトワーク、聴いてみようかな。

クラフトワークって、外国の音楽なの?

細野晴臣さんの音楽人生は、日本の音楽史に大きな足跡を残しました。

🚩 結論!

💡 細野晴臣は、音楽家として多岐にわたる活動を行い、数々の名曲を世に送り出した。

💡 彼の音楽は、世代を超えて愛され、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきた。

💡 細野晴臣の音楽は、これからも多くの人々に愛され続けるだろう。