Academic Box Logo

細野晴臣の音楽人生?知られざる天才の軌跡を追う天才音楽家とは!!!

細野晴臣の音楽人生?知られざる天才の軌跡を追う天才音楽家とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 細野晴臣さんの音楽遍歴と影響力を探る

💡 細野晴臣さんと大滝詠一さんの関係性を考察

💡 細野晴臣さんの音楽が与えた影響と未来への展望

それでは、細野晴臣さんの音楽人生を紐解いていきましょう。

音楽への情熱の芽生え

細野晴臣さんの音楽への情熱は、幼少期から芽生えていたのですね。

🔖 関連記事の要約!安部勇磨(never young beach) / 菅原慎一(シャムキャッツ)編
安部勇磨(never young beach) / 菅原慎一(シャムキャッツ)編

✅ 細野晴臣の楽曲がApple Musicで配信開始され、著名人がプレイリストを作成する企画「僕の細野さん、私の晴臣さん」が公開された。

✅ never young beachの安部勇磨は、細野晴臣の楽曲から受けた衝撃を語り、自身のプレイリストには「泰安洋行」など初期の作品を選曲した。

✅ シャムキャッツの菅原慎一は、細野晴臣を自身の音楽の先生と捉え、プレイリストには「ユリイカ2」や「最後の楽園」など、彼の音楽的幅広さを示す楽曲を選曲した。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/column/293897

細野晴臣さんの音楽は、世代を超えて愛されていることがよく分かります。

細野晴臣さんは、幼少期から音楽に親しみ、トランジスタラジオで深夜放送を聴きながら音楽の世界に浸っていた。特に、アメリカのポップスに強い憧憬を抱き、ビーチ・ボーイズの「サーフィンUSA」に衝撃を受けた。中学時代にはベンチャーズに影響を受け、友人たちとバンドを結成。高校時代にはフォークにのめり込み、オリジナル曲作りに挑戦するようになる。

へぇー、細野晴臣って昔から音楽好きやったんや!

そうやねー、音楽ってやっぱええもんなんやなぁ。

あの頃は、ラジオが唯一の音楽の楽しみ方やったのよ。

ソロ活動とティン・パン・アレー

ティン・パン・アレーでの活動は、細野晴臣さんの音楽人生において重要な転換期だったと言えるでしょう。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣が40年ぶりに中華街でライブを開催!
細野晴臣が40年ぶりに中華街でライブを開催!

✅ 1976年5月8日、細野晴臣は横浜中華街の同發新館で「ハリー細野& TIN PAN ALLEY IN CHINATOWN」と題したコンベンション・ライブを開催し、豪華なメンバーと共に「北京ダック」などの楽曲を演奏しました。

✅ 2016年5月7日、8日の2日間、細野晴臣は同發新館で「A Night in Chinatown」と題したライブを開催しました。このライブは1976年のライブを再現するもので、40年前と同じ会場で、細野晴臣と当時のメンバーが再び集結しました。

✅ 今回のライブでは、1976年のライブと同じようにトロピカル三部作の楽曲が演奏され、当時の雰囲気を再現したステージングが話題となりました。また、細野晴臣がボーカルだけでなくギターも演奏したことで、観客は当時のライブを懐かしむとともに、新たな発見を楽しむことができました。

さらに読む ⇒ サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア出典/画像元: https://www.snrec.jp/entry/column/report/56257

40年後のライブで、当時の熱気を再び感じることができたのは素晴らしいですね。

細野晴臣さんは、はっぴいえんど解散後、ソロ活動を開始し、後にキャラメル・ママ、ティン・パン・アレーとして活動しました。ティン・パン・アレーは、スタジオ演奏家集団として、荒井由実さんのデビューアルバムのプロデュースなど、重要な役割を果たしました。76年には横浜中華街で「ハリー細野&ティン・パン・アレー・イン・チャイナタウン」を、40年後の昨年には同じ場所、同じ日でライブを行い、その様子がDVDとしてリリースされました。細野晴臣さんは、40年前のライブは、トロピカル時代の象徴的なライブであり、昨年のライブは、体調不良ながらも、音楽の力と観客の力によって、素晴らしいライブになったと振り返っています。

中華街でライブとか、めっちゃ楽しそうやん!

昔のライブって、今とはまた違う雰囲気なんかなー。

あの頃は、中華街ももっと活気があったのよ。

YMO結成とデビュー50周年

YMO結成は、日本の音楽シーンに大きな影響を与えました。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣のベスト盤を星野源&小山田圭吾が選曲 YMOやはっぴいえんども

公開日:2019/07/16

細野晴臣のベスト盤を星野源&小山田圭吾が選曲 YMOやはっぴいえんども

✅ 細野晴臣の音楽活動50周年を記念して、星野源と小山田圭吾が選曲した2つのベストアルバム「HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN」と「HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO」がリリースされます。

✅ 両アルバムには、細野晴臣のソロ作品に加え、はっぴいえんど、ティン・パン・アレー、Yellow Magic Orchestraなど、細野が参加した様々なグループの楽曲が収録されます。

✅ 「HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN」には38曲、「HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO」には34曲が収録され、それぞれ異なる視点で細野の音楽キャリアを網羅しています。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/61000/index.html

星野源さんと小山田圭吾さんの選曲にも注目ですね。

78年には、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成しました。これは、アルファレコードの社長からの依頼で、アメリカンスタイルの音楽ビジネスを展開するためのものでした。細野晴臣さんは、プロデューサー契約という初めての経験に戸惑いながらも、音楽活動を続ける中で、YMOの構想が生まれたとのことです。細野晴臣のデビュー50周年を記念し、星野源と小山田圭吾がそれぞれ細野晴臣の全作品から選曲したオールタイムベストアルバムが発売されます。星野源選曲は2019年8月28日発売、小山田圭吾選曲は2019年9月25日発売で、それぞれCDとアナログ盤が用意されています。両アルバムとも、はっぴいえんど、YMO、ソロ作品など、細野晴臣の音楽キャリアを網羅した選曲となっています。

YMOって、めっちゃかっこいいよね!

細野晴臣って、いろんな音楽やってんなー!

あの頃は、まだコンピューターミュージックなんて、聞いたことなかったのよ。

音楽シーンにおける細野晴臣の影響力

細野晴臣さんの音楽は、日本の音楽シーンに多大な影響を与えてきました。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣、音楽活動のすべてを網羅する決定版「細野晴臣と彼らの時代」12月17日発売
細野晴臣、音楽活動のすべてを網羅する決定版「細野晴臣と彼らの時代」12月17日発売

✅ 細野晴臣の音楽活動50周年を記念した決定版とも言える書籍「細野晴臣と彼らの時代」が12月17日に刊行される。

✅ 本書は、細野晴臣自身へのロングインタビューに加え、松本隆、坂本龍一など、彼が関わってきた様々なミュージシャンからの証言を収録し、細野の生い立ちから音楽活動のすべてを網羅している。

✅ 細野晴臣本人も「もうこれ以上、話すことはないです。」とコメントしているように、彼の音楽人生を深く理解できる内容となっている。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2020/11/25/tg005

細野晴臣さんの音楽人生をまとめた書籍、ぜひ読んでみたいですね。

細野晴臣は、日本の音楽シーンにおいて、ベース・プレイヤーとしてだけでなく、音楽的教養の幅広さ、独特な視点やヴィジョンにおいても重要な存在である。エイプリル・フール時代から、その音楽に対するこだわりは高く、オリジナルな音楽作りに情熱を傾けていた。70年代半ばには、キャラメル・ママやティン・パン・アレーを率いて、日本の音楽シーンを牽引する存在となり、村井邦彦からもその才能を高く評価されていた。YMO結成後も、時代と共に手法を変え、常に日本の音楽シーンを牽引してきた。細野は、世界の空気や時代の気分を感じ取り、自分の感性の赴くままに道を歩んできた。その歩調は、世間に同期/迎合することなく、早すぎることもなく、独自の道を切り開いてきたと言える。

細野晴臣って、めっちゃすごい人なんやなー!

細野晴臣って、やっぱ天才やね!

あの頃は、音楽ももっとシンプルやったのよ。

細野晴臣と大滝詠一の音楽家同士の関係と最新情報

細野晴臣さんと大滝詠一さんの関係性は、音楽史に残る伝説ですね。

🔖 関連記事の要約!聴かないデジタルより聴くアナログ 本日のお薦めレコード
聴かないデジタルより聴くアナログ 本日のお薦めレコード

✅ この記事は、bookschannel.shop で販売されている、はっぴいえんのLPレコード「THE HAPPYEND」を紹介しています。

✅ 商品はブックレット、歌詞、帯付きで、盤面はEX VG+、ジャケットは良好、シュリンクはEXの状態とのことです。

✅ 価格は1万円以上で送料無料となっており、店舗併売のため時間差で売り切れる場合がある点に注意が必要です。

さらに読む ⇒八尾市本買取(全国対応)BooksChannel本屋物語八尾市本買取(全国対応)BooksChannel本屋物語出典/画像元: https://booksch.hatenablog.com/entry/bookschannelshop20200604_015

細野晴臣さんのソロ作品、ぜひ聴いてみたいですね。

細野晴臣と大滝詠一の深く強い音楽家同士の関係は、ポップスへの深い知識と憧憬から生まれた。出会いの瞬間から互いに認め合い、はっぴいえんど解散後も同志として音楽活動を続け、互いに影響を与え合った。細野は大滝のソロ作品にも参加し、特に「ナイアガラ・ムーン」と「ロング・バケイション」は印象深い。細野は大滝を「ポップスという美女に恋した兄弟」と表現し、共通点はポップスへのこだわり、違いはアウトプットの表現方法にあると分析する。細野は歌える歌をつくるようになったが、大滝の核は「歌」であり、それがふたりを大きく分けていた。大滝は2013年に逝去する直前、細野は新たなソロ作品制作を持ちかけ、実現間近だったものの叶わず、惜しまれる。細野晴臣が、今年で6回目となる日本最大級のアナログ・イベント『レコードの日』に合わせて、ソロ作品の6タイトルをカセット/ヴァイナルの2バージョンで再リリースしました。今回の再リリースには、入手困難だったカセットブック『花に水』(84年)のオリジナルパッケージ版、初のヴァイナル化となる『omniSightSeeing』(89年)と『MEDICINECOMPILATION』(93年)、近作の『HoSoNoVa』『HeavenlyMusic』『VuJàDé』が含まれます。特に注目すべきは、ヴァンパイア・ウィークエンドがサンプリングした゛TALKINGあなたについてのおしゃべりあれこれ゛を含む『花に水』、そして初のアナログ化となる『VuJàDé』です。これらの作品は、砂原良徳による最新のリマスタリングや、USハリウッドのバーニー・グランドマン、日本・小鐵徹によるカッティングなど、音質面でも最高峰のクオリティを誇ります。パッケージアイテムとしても貴重なものになるであろうこれらの名作を、ぜひこの機会に入手してみてください。クラフトワークの創設者・フローリアン・シュナイダーさんの死去を受け、細野晴臣さんは「クラフトワークがいなかったらYMOの音楽は異なるものになっていた」とコメント。横尾忠則さんの提案でクラフトワークの音楽に触れた細野さんは、コンピューター・ミュージックの可能性を感じ、ジャーマン・テクノの「陽気さ」に衝撃を受けたことを語っています。

細野晴臣と大滝詠一って、仲良かったんや!

細野晴臣って、やっぱ音楽好きなんやなー!

あの頃は、カセットテープが主流やったのよ。

細野晴臣さんの音楽人生は、まさに伝説ですね。

🚩 結論!

💡 細野晴臣さんの音楽活動は、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきた

💡 細野晴臣さんと大滝詠一さんの関係性は、音楽史に残る伝説

💡 細野晴臣さんの音楽は、これからも多くの音楽家に影響を与え続けるだろう