Academic Box Logo

ブランキージェットシティ、再結成はありえない?解散の真相とは!?

ブランキージェットシティ、再結成はありえない?解散の真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ブランキージェットシティは、1990年代に活躍した日本のロックバンドです。

💡 メンバーは浅井健一、照井利幸、中村達也の3人です。

💡 2000年に解散し、再結成はされていない状況です。

それでは、ブランキージェットシティについて詳しく見ていきましょう。

ブランキージェットシティの誕生と解散

ブランキージェットシティの音楽性は、初期はハードロック色が強かったですが、中期以降はポップな要素も加わっていきました。

🔖 関連記事の要約!ブランキージェットシティの再結成は?解散理由は?メンバーの現在

公開日:2023/01/07

ブランキージェットシティの再結成は?解散理由は?メンバーの現在

✅ ブランキージェットシティの再結成は、メンバーの浅井健一氏(ベンジー)がラジオ番組で再結成はしない方がいいと考えていると発言したため、現状では難しいと考えられます。

✅ 解散の理由は、浅井健一氏がアルバム「ロメオ」から取り入れた音楽表現の違いによるものです。生バンドでの生ドラムを重視する照井利幸氏や中村達也氏とは、音楽の方向性が合わなくなってしまいました。

✅ ブランキージェットシティは、若い時にこそ表現できるバンドという側面があり、メンバーそれぞれがやりたい音楽や活動が異なるため、再結成は難しいとされています。また、解散前に最高のアルバム「Harlem Jets」を発表しており、メンバーはそこでブランキージェットシティとしての表現をやりきったと考えているようです。

さらに読む ⇒ROCKラボROCKラボ出典/画像元: https://tisiki-manabu.com/blankey-saikessei-kaisan/

解散の理由は、音楽性の違いやメンバー間の摩擦があったとされていますね。

ブランキージェットシティは、浅井健一(ベンジー)、照井利幸、中村達也という3人の個性的なメンバーで構成されたロックバンドです。1990年代に活躍し、骨太な本格派ロックバンドとして人気を博しました。しかし、2000年に解散を発表しました。解散の理由は、メンバー間の摩擦や音楽性への意識の変化が挙げられます。特に、浅井健一が作曲を担当する際に打ち込みを取り入れたことが、他のメンバーと意見の対立を生み出したとされています。また、音楽業界全体の変化や、バンドとしての限界を感じたことも解散の要因と考えられます。

え、まじ!?解散したん!?知らんかったわー。

あー、わかるわかる。音楽の方向性が違うと、バンドって続かんよね。

若い頃は、燃えてるもんね。でも、歳を重ねれば、それぞれやりたいことが変わってくるわよね。

解散後も続く絆

解散後もメンバーそれぞれが活躍しているのは素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITY解散について : A CITY OF BLANKEY TO BE JET
BLANKEY JET CITY解散について : A CITY OF BLANKEY TO BE JET

✅ ブランキー・ジェット・シティの解散時期は、2000年4月19日までに決定しており、メンバー間では2000年4月上旬には解散が決まっていた可能性が高い。

✅ 解散理由については、公式には「メンバー3人の音楽的方向性の違い」とされているが、記事では、2000年4月6日に実施されたROJのインタビューで、メンバーの発言から解散の兆候が見受けられると指摘している。

✅ 具体的には、照井さんの発言から解散を予感させる言葉が見られ、浅井さんの発言からは解散を秘めているような印象を受ける。また、達也さんの発言からは、バンドメンバー間の音楽性の違いによる葛藤が読み取れる。

さらに読む ⇒A CITY OF BLANKEY TO BE JETA CITY OF BLANKEY TO BE JET出典/画像元: https://acobtbj.xxxblog.jp/archives/6936855.html

解散理由については、メンバーそれぞれに事情があったのでしょう。

ブランキージェットシティは、解散後もメンバー同士の仲は悪くなく、現在も交流を続けています。浅井健一のソロアルバムに他のメンバーが参加したり、共通の趣味であるサーフィンで一緒に過ごしたりするなど、良好な関係を維持していることがうかがえます。ブランキージェットシティは、短い活動期間ながらも、日本のロックシーンに大きな影響を与えたバンドとして記憶されています。彼らの音楽は現在でも多くのファンから愛され、その伝説は語り継がれています。

あ、そうなんや。解散しても仲良しって、なんかほっこりするわー。

解散したって、みんなそれぞれ頑張ってるんだね。素敵じゃん。

若いうちは、ぶつかり合うこともあるけど、大人になれば、みんな仲良くできるのよ。

再結成の可能性とメンバーの現状

再結成を期待しているファンも多いと思います。

🔖 関連記事の要約!ブランキー「LAST DANCE」爆音上映会場でグッズ販売
ブランキー「LAST DANCE」爆音上映会場でグッズ販売

✅ BLANKEY JET CITYのライブDVD「LAST DANCE」が1月23日に全国のCLUB QUATTROにて爆音上映されます。

✅ これはBLANKEY JET CITYのドキュメンタリー映画「VANISHING POINT」の劇場公開を記念して行われるもので、広島、梅田、名古屋、渋谷のCLUB QUATTROで実施されます。

✅ 当日は「VANISHING POINT」のグッズ先行販売や写真集「break on through」の販売も行われるため、ファンは見逃せないイベントです。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/81955

再結成は難しいかもしれませんが、彼らの音楽はこれからも多くの人に愛されると思います。

ブランキージェットシティは、日本のロックバンドとして再結成が最も望まれているバンドの一つです。1990年代後半、海外に誇れる日本の最強バンドとして評価されていました。解散は2020年のラストライブ「LASTDANCE」で行われましたが、再結成の可能性について多くの人が疑問を持っています。再結成の可能性は低いと考えられます。2023年7月、浅井健一氏はラジオ番組で再結成について言及し、再結成はしないほうがいいと考えていると発言しました。これは、メンバーそれぞれが音楽性や表現したいことが異なるため、再結成しても過去の輝きを再現することは難しいと判断しているためです。

えー、再結成は無理なん?ショックやわー。

再結成したら、絶対行くのに!残念すぎる。

再結成は、難しいわよね。でも、あの頃の音楽は、永遠に色褪せないわ。

メンバーそれぞれの未来

メンバーそれぞれの今後の活躍も楽しみです。

🔖 関連記事の要約!詩人、画家、ロックミュージシャン。20年に渡って加速する、浅井健一の創作欲の源泉を探る。

公開日:2020/09/30

詩人、画家、ロックミュージシャン。20年に渡って加速する、浅井健一の創作欲の源泉を探る。

✅ 浅井健一氏はBLANKEY JET CITY解散後、自身のレーベルを設立し、ソロ活動やバンド活動、文筆、絵画など多岐にわたり創作活動を続けている。

✅ 近年では、元BJCメンバーとのセッションや、コロナ禍での音楽業界の変化について語っており、特に音楽業界はライブ活動の制限など大きなダメージを受けていると発言している。

✅ 浅井健一氏は、音楽業界が苦境に立たされている中でも、創作活動を続け、新しい表現方法にも積極的に取り組んでいる様子がうかがえる。

さらに読む ⇒ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)出典/画像元: https://www.houyhnhnm.jp/feature/393960/

浅井健一さんは、ソロでも精力的に活動されていますね。

それぞれのメンバーは解散後も精力的に活動を続けています。浅井健一はソロ活動の他、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉とのユニット「THE JETS」を結成するなど、様々なプロジェクトに参加しています。照井利幸は自身のバンド「THE MAD CAPSULE MARKETS」の活動の他、ソロ活動も展開しています。中村達也はソロ活動に加え、様々なアーティストとのセッションやプロデュース活動を行っています。ブランキージェットシティは再結成は難しいかもしれませんが、彼らの音楽は多くの人の心に残り続けています。彼らの音楽がこれからも多くの人に愛され、語り継がれていくことを願っています。

みんな、ソロでも頑張ってて、すごいなー。

解散しても、みんなそれぞれ活躍してるんだね。さすがっす!

それぞれが、違う道を選んで、それでも、つながっているって、素敵よね。

ブランキージェットシティの音楽は、時代を超えて、これからも多くの人に愛されるでしょう。

🚩 結論!

💡 ブランキージェットシティは、2000年に解散しました。

💡 再結成の可能性は低いと考えられています。

💡 メンバーそれぞれが、ソロ活動や別のバンド活動で活躍しています。