Academic Box Logo

みうらじゅんが語る 松本人志の才能!?天才の“めちゃくちゃ”とは!?

みうらじゅんが語る 松本人志の才能!?天才の“めちゃくちゃ”とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 みうらじゅん氏が、松本人志監督の才能について語った内容を紹介します。

💡 みうらじゅん氏が絶賛する松本人志監督の作品「大日本人」「R100」について解説します。

💡 松本人志監督の独特な映画作りの魅力を、みうらじゅん氏の視点から紐解きます。

それでは、最初のテーマに移ります。

みうらじゅん 最新刊「永いおあずけ」

みうらじゅんさんの最新刊『永いおあずけ』は、まさに大人のための官能小説ですね。

🔖 関連記事の要約!みうらじゅん「変態の世界にはよくある話」 新作小説『永いおあずけ』の見どころは?

公開日:2022/03/17

みうらじゅん「変態の世界にはよくある話」 新作小説『永いおあずけ』の見どころは?

✅ みうらじゅんさんが、新刊『永いおあずけ』を執筆したきっかけは、週刊文春連載の「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」に対する疑問と、小説新潮からの官能小説執筆依頼だった。

✅ みうらさんは、過去のSM小説執筆経験を踏まえ、本格的なSではなく、SとMの間で右往左往するリアルな姿を表現した。本作品はミュージシャンを主人公とした5つの官能小説で、それぞれ異なる性癖を持ち、松本清張的な生き地獄に落とされるという内容である。

✅ みうらさんは、人生をコントに例え、本人は真面目に過ごしていても、周りからは滑稽に見えることがあると語った。変態の世界では、周囲から滑稽に見られることはよくあることで、それを悲しく思うか、笑うかは読者次第だと述べた。

さらに読む ⇒文化放送 FMラジオ91.6MHz AMラジオ1134kHz JOQR文化放送 FMラジオ91.6MHz AMラジオ1134kHz JOQR出典/画像元: https://www.joqr.co.jp/qr/article/45886/

みうらさんの作品は、ユーモアとシリアスが絶妙に調和していて、読者を魅了します。

みうらじゅんさんの最新刊「永いおあずけ」は、5つの短編小説集で、ミュージシャンたちが抱える煩悩と危険な情事を描いた作品。みうらさんは、作品を通して「愛があれば変態じゃない」というメッセージを込めており、SMやセックスといったタブーとされるテーマを、ユーモラスかつシリアスに描写している。自身の経験や哲学を反映した作品は、読者に深みのある問いかけを投げかける。

え、まじ!?みうらじゅんってそんなん書く人なん?意外やわ!

お、おもしそうじゃん!ちょっと読んでみようかな。

あら、面白いわね。若い子には分からんわね、この面白さは。

みうらじゅんが語る 中島らもとの思い出

中島らもさんのことを、みうらさんは今でも大切に思っているんですね。

🔖 関連記事の要約!みうらじゅんが語る、故・中島らもさんへの想い
みうらじゅんが語る、故・中島らもさんへの想い

✅ みうらじゅんさんは、中島らもさんの突然の逝去から9年経った今も、彼のことを惜しみ、過去の思い出を語っています。特に、中島さんが司会を務めていたテレビ番組「なげやり倶楽部」でのエピソードを披露し、彼のユーモアと独特な雰囲気を懐かしんでいます。

✅ みうらさんは、中島さんの早すぎる逝去について、「らもさんらしい」としながらも、複雑な心境を吐露しています。彼のアルコール依存症や独特な個性は、作品にも色濃く反映されており、多くのファンを魅了しました。

✅ 記事では、中島らもさんの代表的な作品である「今夜、すべてのバーで」や「明るい悩み相談室」に触れ、没後9年経った今でも色あせない彼の作品の魅力を再認識させてくれます。彼の作品を通じて、彼の才能と生き様を感じてみましょう。

さらに読む ⇒「知りたい・行きたい」をかなえるニュースメディア|ウォーカープラス「知りたい・行きたい」をかなえるニュースメディア|ウォーカープラス出典/画像元: https://www.walkerplus.com/article/40185/

中島らもさんの作品は、独特の世界観で、今も多くのファンを魅了しています。

2013年7月26日に亡くなった中島らもさんの逝去から9年が経ち、みうらじゅんさんがメールマガジンで中島さんとの思い出を語っています。みうらさんは中島さんの早すぎる逝去について、「やっぱりお若かったなと思いますね」と振り返りつつ、関西で中島さんが司会を務めていたテレビ番組「なげやり倶楽部」でのエピソードや、お互いの著作での対談などを紹介しています。中島さんのアルコール依存症体験を基にした作品「今夜、すべてのバーで」や、ユニークな回答が特徴的な「明るい悩み相談室」など、数々の作品を残した中島さんの魅力を改めて感じられる内容となっています。

え、中島らもって誰?知らんわー。

中島らもさんって、昔よくテレビに出てたよね。

あら、懐かしいわね。らもちゃん、元気にしてるかしら?

みうらじゅんが絶賛する 松本人志監督の才能

松本人志監督の作品は、いつも斬新で、観客を飽きさせませんね。

🔖 関連記事の要約!天才・松本人志、映画監督としての実力を分析
天才・松本人志、映画監督としての実力を分析

✅ 松本人志監督の最新作「R100」は、彼の独創的な映画作りの集大成ともいえる作品で、豪華俳優陣を起用し、日本を代表するエンターテイメント作品となっています。

✅ 松本監督は、デビュー作「大日本人」から「しんぼる」「さや侍」と、常に新しい挑戦を続けることで、世界中から高い評価を得てきました。

✅ 「R100」は、監督の信念である「映画を壊してやろう!」という精神が存分に発揮された作品で、観客に衝撃と笑いを提供する、まさに松本監督ならではの作品と言えるでしょう。

さらに読む ⇒シネマトゥデイシネマトゥデイ出典/画像元: https://www.cinematoday.jp/news/N0056948

松本人志監督の作品は、みうらじゅんさんのような映画好きをも魅了する、独特の魅力があります。

みうらじゅんさんが、松本人志監督の最新作『R100』を絶賛。運慶を引き合いに出して、「天才による世間が対処に困る作品」と評し、そのシュールな作風と「バカ映画」としての魅力を高く評価している。タランティーノやロドリゲス監督作品を愛するみうらさんにとって、その面白さはすぐに理解できたとのこと。また、松本監督の才能を「日本の特撮映画の魅力」や「哲学的なおかしさ」など、様々な角度から分析している。

え、松本人志って映画も作るん?知らんかった!

松本人志の映画、面白そうじゃん!見てみよっかな。

あら、面白いわね。今の若い子には分からんわね、この面白さは。

みうらじゅんが語る 松本人志監督の゛めちゃくちゃ゛な才能

松本人志監督の映画は、みうらじゅんさんのような映画好きをも魅了する、独特の魅力があります。

🔖 関連記事の要約!大日本人
大日本人

✅ 「大日本人」は、お笑い芸人松本人志の初監督作品で、スーパーヒーローを独自の解釈で描いたコメディ映画です。

✅ 主人公の大佐藤大は、獣が現れた際に巨大化する「大日本人」に変身し、街を守る家業を継いでいます。しかし、時代は変わり、彼の仕事はかつての輝きを失い、批判にさらされるようになっていました。

✅ 大佐藤は、広告収入を得るために体に広告を入れることを決断したり、アメリカのスーパーヒーロー集団「大アメリカ人」との出会いを経たり、現代社会におけるヒーローの役割や、自分自身のアイデンティティについて葛藤する様子が描かれています。

さらに読む ⇒日本最大級の映画データベースサイト|キネマ旬報WEB トップページ 日本最大級の映画データベースサイト|キネマ旬報WEB トップページ 出典/画像元: https://www.kinejun.com/cinema/view/38479

松本人志監督の映画は、まさに「バカの天才」という言葉がぴったりですね。

お笑い好きで映画好きとして知られるイラストレーターのみうらじゅん氏が、自身のメルマガで松本人志監督を「バカの天才」と絶賛。デビュー作『大日本人』の゛めちゃくちゃなことをメジャーでやる楽しさ・勇気゛に衝撃を受け、映画に対する世間の評価の厳しさに触れつつ、松本人志監督の゛尋常ではないめちゃくちゃ感゛を、アメリカ的なバカ映画に例え絶賛している。

え、松本人志の映画って、どんなん?

松本人志の映画、見てみたいけど、ちょっと怖いかなー。

あら、面白いわね。今の若い子には分からんわね、この面白さは。

松本人志監督最新作『R100』

松本人志監督の最新作『R100』は、みうらじゅんさんも注目している作品です。

🔖 関連記事の要約!SM女王様に寿司を潰させる!?松本人志が『R100』で仕組んだ緻密な計算とは?
SM女王様に寿司を潰させる!?松本人志が『R100』で仕組んだ緻密な計算とは?

✅ 松本人志監督の最新作「R100」は、SMをテーマにした大人のためのファンタジーであり、日常の中でSMを楽しむシステムのクラブ「ボンデージ」に入会した主人公が、女王様のいたずらに翻弄されるというストーリーです。

✅ 本作は、松本人志お得意のギリギリな笑い、そして「絶対に笑ってはいけない」シリーズを彷彿とさせるおしおきシーンなど、従来の松本作品に見られる要素を踏襲しつつ、SMというテーマを絡めることで、スリリングで奇妙な世界観を作り出しています。

✅ SMという題材への挑戦、そして松本自身の笑いのセンスが融合した「R100」は、テレビでは放送できない過激な笑いを求める人にとって、まさに待望の作品と言えるでしょう。

さらに読む ⇒MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画出典/画像元: https://moviewalker.jp/news/article/41548/

松本人志監督の映画は、いつも斬新で、観客を飽きさせませんね。

最新作『R100』はSMをテーマにしたリアル・ファンタジー・エンターテイメントで、みうらじゅん氏が指摘する゛めちゃくちゃなこと゛が遺憾なく発揮された作品。みうらじゅん氏も注目している、彼が惚れた゛スゴすぎる゛監督の作品を、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

え、SMって、なんか怖いなー。

松本人志の映画、見てみたいけど、ちょっと勇気がいるなー。

あら、面白いわね。今の若い子には分からんわね、この面白さは。

本日は、みうらじゅん氏が語る松本人志監督の才能についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 みうらじゅん氏は、松本人志監督を「バカの天才」と称賛し、その才能を高く評価しています。

💡 松本人志監督の映画は、みうらじゅん氏も注目する、独自の面白さを持つ作品です。

💡 松本人志監督の映画は、斬新な発想とユーモアで、観客に衝撃と笑いを提供します。