Academic Box Logo

石橋凌、音楽と俳優の二足のわらじ!?そのルーツと松田優作との深い絆とは!!?

石橋凌、音楽と俳優の二足のわらじ!?そのルーツと松田優作との深い絆とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 石橋凌さんはロックバンドARBのボーカルとしてデビューしました。

💡 故松田優作さんの影響で俳優業に転身し、ハリウッド進出も果たしました。

💡 石橋凌さんは、音楽活動と俳優業の両立に成功しています。

それでは、石橋凌さんの魅力に迫るChapter-1へ進んでいきましょう。

音楽と俳優、二足のわらじを履く石橋凌

石橋凌さんの音楽活動と俳優業について、詳しくご紹介していきます。

🔖 関連記事の要約!石橋凌 ミュージシャンから俳優へ きっかけとなった松田優作さんとの交流 殴られる覚悟で放った言葉― スポニチ Sponichi Annex 芸能
石橋凌 ミュージシャンから俳優へ きっかけとなった松田優作さんとの交流 殴られる覚悟で放った言葉― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ この記事は、吉村知事が大阪で実施するユニークな政策について、子供一人に米10キロと保育施設などの職員に1万円ギフト券を贈呈することを発表したことを報じています。

✅ さらに、記事は中居正広が休養中の間、Kis-My-Ft2が白マイクで歌唱したことが話題になっていること、そして、アンジャ渡部が自粛期間中に始めた仕事について、有田哲平が驚きを表明したことを伝えています。

✅ また、記事では、ナジャ・グランディーバがW杯ドイツ戦よりもドラマに夢中だったことや、サンシャイン池崎が熱愛報道について言及したことも取り上げています。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/25/kiji/20221125s00041000404000c.html

石橋凌さんの音楽活動と俳優業の両立は、本当に素晴らしいですね。

石橋凌さんは、ロックバンドARBでデビュー後、故松田優作さんの影響で俳優業へと転身しました。松田優作さんが映画『ア・ホーマンス』で石橋さんに役を与え、俳優としての道を歩み始めました。松田優作さんの遺志を継ぎ、ハリウッド進出を果たした石橋さんですが、悪役や危ない男のイメージが強く、音楽活動と俳優業の両立に苦労しています。しかし、石橋さんは音楽活動を続け、ニューアルバム『オーライラ』をリリースしました。アルバムを通して、石橋さんの音楽史50年の集大成を感じることができると語っています。

へぇー、石橋凌ってそんな経歴あったんや!知らんかったわー。

石橋凌さん、かっこよかー!音楽も俳優もイケてるけん、惚れちゃいますわ。

あら、石橋凌さんて、若い頃は大物俳優と仲良かったのね。

石橋凌のルーツを探る

石橋凌さんのルーツについて、詳しく調べてみました。

🔖 関連記事の要約!ファミリーヒストリー】石橋凌 祖母方・津江家と大友宗麟
ファミリーヒストリー】石橋凌 祖母方・津江家と大友宗麟

✅ 石橋凌の父・久渡は大正4年に生まれ、陸軍に入隊し日中戦争に従軍した。

✅ 石橋凌の祖母方の津江家は、かつて大友家に仕えた武士の家系であり、江戸時代中期には大友家から手紙を受け取るなど、繋がりがあった。

✅ 石橋凌の母・矢野須壽は看護師を目指し、看護学校を卒業後、アサヒシューズや日華工業に就職。終戦後、夫の久渡と共に化粧品店を開業するも、翌年に店を閉める。その後、久渡は武雄のパチンコ店や福岡市の不動産会社に転職し、須壽は看護師の傍ら書き物をしていた。

さらに読む ⇒別館.net.amigo別館.net.amigo出典/画像元: https://ami-go45.hatenablog.com/entry/2022/11/28/210531

石橋凌さんのルーツは、歴史と深く繋がっているんですね。

石橋凌さんのルーツをたどり、戦国時代の大友宗麟の嫡男・大友義統に仕えた武士にたどり着くまでを、石橋凌の生い立ち、父の生き様、そして石橋凌自身の音楽活動と俳優活動への情熱を交えながら、家族の絆、先祖から受け継いだ気質を丁寧に紐解く。番組では、石橋凌さんの父方の家系図を詳細に紹介。祖父・守造さんは広島県呉市の造船所で働き、その後神戸市に渡り川崎造船所で職工として活躍。労働環境改善に尽力し、8時間労働発祥の地として知られる川崎造船所の歴史にも深く関わる。石橋凌さんの父・久渡さんは、造船所で働く守造さんの息子として神戸市で生まれ、その後、石橋凌さんは中学1年生の時に50歳で病死する。父の他界は石橋凌さんに大きな影響を与え、高校2年生で音楽家志望を決意するきっかけとなる。石橋凌さんの母は、80歳まで病病棟の看護師として働き、石橋凌さんのエネルギッシュで努力家な気質は母譲りであることを番組は伝えている。石橋凌さんのパワフルな生き様は、ルーツをたどると、戦国時代の武将・大友宗麟の嫡男・大友義統に仕えた武士にまでつながる。番組では、石橋凌さんの先祖から受け継いだ気質が、石橋凌さんの音楽活動と俳優活動にどのように影響を与えているのかを、詳細な家系図と貴重な写真とともに紹介している。

えー、石橋凌のおじいちゃん、造船所で働いてたんや!知らんかったわー。

石橋凌の家系って、すごいな!戦国時代とかに繋がってるとか、ロマン感じるわー。

あら、石橋凌の家系って、武士の家系だったのね。だから、石橋凌も強いのかしら?

ハリウッド進出と松田優作への想いを胸に

石橋凌さんのハリウッド進出について、ご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!松田優作さんへの思い、ヴィゴ・モーテンセンとの友情…石橋凌、ハリウッド進出振り返る
松田優作さんへの思い、ヴィゴ・モーテンセンとの友情…石橋凌、ハリウッド進出振り返る

✅ 石橋凌は、故・松田優作さんの影響で俳優の道に進み、映画「ヤクザVSマフィア」でヴィゴ・モーテンセンとの友情を育んだ。

✅ 石橋凌は、ヴィゴ・モーテンセンから演技指導を受け、ショーン・ペン監督の映画「クロッシング・ガード」で役を勝ち取った。

✅ 石橋凌は、映画「ヤクザVSマフィア」への出演を通して、松田優作さんの夢であった全米映画俳優組合(SAG)の会員となり、優作さんに報告した。

さらに読む ⇒シネマトゥデイシネマトゥデイ出典/画像元: https://www.cinematoday.jp/news/N0079811

石橋凌さんは、松田優作さんの夢を叶えたんですね。

石橋凌は、故・松田優作さんの影響で俳優の道に進み、優作さんの夢を継承したいという思いで映画『ヤクザVSマフィア』に出演しました。本作で共演したヴィゴ・モーテンセンとの友情は、その後も深く、映画『クロッシング・ガード』のオーディションではヴィゴから演技指導を受け、役を勝ち取りました。また、同作ではジャック・ニコルソンとも共演し、彼の演技に対する情熱に触れました。石橋は、優作さんが所属することを熱望していた全米映画俳優組合(SAG)の会員となり、その報告のため日本に帰国し、優作さんに線香をあげました。石橋は『ヤクザVSマフィア』への感謝の気持ちを述べ、優作さんの夢を叶えるため俳優として邁進していくことを決意しました。

石橋凌、ハリウッド進出とか、めっちゃすごいじゃん!

石橋凌さん、ハリウッドで活躍してたんや!知らんかったー。

あら、石橋凌さんは、ハリウッドで活躍していたのね。

松田優作との出会い

石橋凌さんと故松田優作さんの出会いについて、お話ししましょう。

🔖 関連記事の要約!ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として 60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー
ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として  60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー

✅ 石橋凌のソロライブ盤「LIVE Neo Retro Music 2015」は、2015年のツアー最終日の様子を収録したもので、ライブの熱気をそのままに、音、MC、メンバーの呼吸までも感じられる作品となっている。

✅ 石橋凌は、ARB時代からのファンに大きな感動を与えた「魂こがして」を歌う際に「一生歌い続けます」と宣言し、俳優業と並行して音楽活動に対する熱い想いを表明している。

✅ インタビューでは、松田優作との出会いや絆、ARBからの脱退、ソロ活動に至るまでの道のり、そして故・シーナへの追悼ライブでの鮎川誠との共演秘話などが語られている。

さらに読む ⇒ぴあ関西版WEBぴあ関西版WEB出典/画像元: https://kansai.pia.co.jp/interview/music/2016-02/ishibashiryo-liveneoretromusic2015.html

石橋凌さんと故松田優作さんの絆は、本当に深いですね。

石橋凌が映画界入りするきっかけとなった恩人、故松田優作さんとの出会いを語りました。石橋さんはバンド活動の後、進路に迷っていた時に故原田芳雄さんの忘年会で松田さんと出会い、相談を持ち掛けました。松田さんは石橋さんに「映画で顔と名前を売れ」とアドバイスし、半年後に松田さん監督・主演の映画「ア・ホーマンス」の台本を渡し、「お前、この役をやれ」と石橋さんに主演をオファーしました。石橋さんは松田さんを「恩人であり、運命の人」と感謝の言葉を述べています。

石橋凌と松田優作って、仲良かったんや!

石橋凌さん、松田優作さんと出会って、人生変わったんかなー?

あら、石橋凌さんは、松田優作さんから映画の道に誘われたのね。

石橋凌の音楽活動

石橋凌さんの音楽活動について、ご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!俳優・石橋凌を生んだのは松田優作だった
俳優・石橋凌を生んだのは松田優作だった

✅ 石橋凌さんは、50年の音楽活動の中で最高傑作であると語るニューアルバム「オーライラ」について、コロナ禍の時間を活用して生まれた10曲の制作秘話や、ライブ感のある一発録りの音作りについて語った。

✅ 俳優としての転身のきっかけは、故・松田優作さんとの出会いだった。松田優作さんは、石橋凌さんに「いつかお前は映画で名前と顔を売れ」と映画「ア・ホーマンス」でチャンスを与え、石橋凌さんはその後、松田優作さんの遺志を継いで俳優の道へと進むことを決意した。

✅ 石橋凌さんは、松田優作さんの「なんで合作映画で、日本人の役を日本人ができないんだ?」という言葉を胸に、ハリウッド進出を果たし、俳優として活躍している。しかし、俳優としてのイメージが強くなったことで、音楽活動において「普通に話すんですね」「笑うんですね」といった反応を受けるなど、思わぬ弊害も経験している。

さらに読む ⇒RadiChubu-ラジチューブ-RadiChubu-ラジチューブ-出典/画像元: https://radichubu.jp/jamboree/contents/id=44243

石橋凌さんの音楽に対する情熱は、本当に素晴らしいですね。

石橋凌のソロライブ盤『LIVENeoRetroMusic2015』は、2015年のツアー最終日の模様を収録したもので、ライブの熱気をそのままに、音、MC、メンバーの呼吸までもが感じられる作品となっている。インタビューでは、ライブ盤への思い入れ、ARB時代からのファンへのメッセージ、俳優とミュージシャンの両立について、石橋凌が自身の言葉で語っている。特に印象的なのは、故・松田優作との出会いや絆、鮎川誠とのシーナへの追悼ライブでのエピソードなどが語られており、石橋凌の音楽に対する情熱と人柄を感じることができる。また、ARB脱退後も音楽活動を続ける彼の決意と、ソロ活動への意気込みも伝わってくる。ライブ盤『LIVENeoRetroMusic2015』は、石橋凌の音楽ファンのみならず、俳優としても活躍する彼のファンにとっても必聴のアルバムと言えるだろう。

石橋凌って、音楽もやってたんや!知らんかったわー。

石橋凌さん、音楽も俳優もできるって、才能ありすぎやろ!

あら、石橋凌さんは、音楽活動をずっと続けているのね。

石橋凌さんの音楽活動と俳優業の両立は、本当に素晴らしいですね。

🚩 結論!

💡 石橋凌さんは、ロックバンドARBのボーカルとしてデビューしました。

💡 故松田優作さんの影響で俳優業に転身し、ハリウッド進出も果たしました。

💡 石橋凌さんは、音楽活動と俳優業の両立に成功しています。