Academic Box Logo

上原大史は一体何者なのか?WANDSボーカルの意外な素顔とは!?WANDSボーカル・上原大史の衝撃の過去とは!!!

上原大史は一体何者なのか?WANDSボーカルの意外な素顔とは!?WANDSボーカル・上原大史の衝撃の過去とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 WANDSのボーカル上原大史は、V系の経験を持つ多才なアーティストである

💡 上原大史は、過去に「ジグザグ」や「オトイロハ」というV系バンドで活動していた

💡 上原大史は、歌唱力、ギター演奏、作曲、MV編集など、様々な才能を持つ

それでは、第一章から詳しく見ていきましょう。

上原大史の音楽への道

それでは、上原大史さんの音楽への道について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!WANDS 新ボーカル上原大史を迎えて第5期始動、ライブ開催&新曲リリースを発表
WANDS 新ボーカル上原大史を迎えて第5期始動、ライブ開催&新曲リリースを発表

✅ WANDSが、柴崎浩(Gt)、木村真也(Key)、そして新ボーカル・上原大史の3人体制で活動を再開することが発表された。

✅ 2016年のデビュー25周年以降、WANDSの復活を望む声が高まり、プロデューサーの長戸大幸が再構築に向けて動き出した。

✅ 新ボーカルの上原大史は、制御しきれない感情を解放するかのような声と多彩な表現力で、WANDSサウンドに相応しいとされ、第5期WANDSとして活動を始める。彼らは、11月17日に大阪で行われるフリーライブイベントでパフォーマンスを行い、その模様はYouTubeでライブ配信される。また、2020年1月29日には約21年ぶりの新曲となるシングル「真っ赤なLip」をリリースする。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/261148

上原大史さんは、音楽への情熱と努力の結果、WANDSのボーカルに抜擢されたんですね。素晴らしいです。

上原大史は、1987年生まれの福岡県北九州市出身の歌手で、2019年からWANDSの3代目ボーカリストを務めています。音楽好きな父親の影響で幼い頃から音楽に触れ、小学6年生の頃に担任教師からギターを教わったことをきっかけに音楽にのめり込みました。高校卒業後は芸術系の短大に進学し、音楽理論を学びました。短大卒業後は関西に上京し、アルバイトをしながら音楽活動を始め、バンドのボーカルとして活動を始めました。WANDSに入る前は、大阪のワンルームマンションに住んでおり、長い下積み時代を過ごしていました。上原大史は、WANDSとして再ブレイクを果たし、人気を博しています。彼は、父親や担任教師の影響を受け、音楽の道を歩み始め、才能を開花させたことがわかります。また、長い下積み時代を経て、WANDSのボーカルに抜擢されたことは、彼の努力と才能の証と言えます。

へぇー、めっちゃ努力家やん!かっこいい!

音楽への情熱って、ホンマにすごいよね!

あら、若い頃から音楽が好きだったのね。素晴らしいわ。

上原大史と、V系バンドとの関係

続いて、上原大史さんとV系バンドの関係について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ジグザグ(命)とWANDS(上原大史)は同一人物で大空、愛玖も?│日常の気になる情報
ジグザグ(命)とWANDS(上原大史)は同一人物で大空、愛玖も?│日常の気になる情報

✅ この記事は、9月26日に放送される「有吉反省会」に出演するロックバンド「ジグザグ」について説明しています。

✅ ジグザグは、ボーカル&ギターの「命」、ベースの「龍矢」、ドラムの「影丸」からなるヴィジュアル系ロックバンドで、独特の世界観と高い演奏スキルを持つことから注目されています。

✅ ジグザグのボーカル「命」は、かつて人気ロックバンド「WANDS」のメンバーだった「上原大史」であるという噂が流れており、この記事ではその関係性について触れています。

さらに読む ⇒日常の気になる情報日常の気になる情報出典/画像元: https://stbizmin.info/musician/zigzag-wands-uehara.html

ネットでの噂は本当だったんですね。上原大史さんのV系バンドでの活動を知って驚きました。

ネットでは上原大史さんと、V系バンド「ジグザグ」の命(みこと)さん、「オトイロハ」の佐々木愛玖(あいく)さんが同一人物ではないかと噂されています。画像や特徴を比較すると、3人は同一人物の可能性が高く、上原大史さんは、V系バンドでの活動経験もあることがわかります。上原大史さんは、V系バンド「ジグザグ」では命(みこと)として活動していました。バンドコンセプトは『愚かな者に救いの手を差し伸べる』で、独特な世界観を持つバンドです。上原大史さんは、V系バンド「オトイロハ」では佐々木愛玖(あいく)として活動していました。バンドは、次世代V系バンドとして注目を集めていました。上原大史さんは、様々な顔を持つアーティストであり、WANDSのボーカルとして新たな一面を見せています。

えー、まじで?上原くん、V系やってたん?意外やわー!

V系かー、なかなか渋い趣味やな!

あら、若い頃はV系だったのね。個性的な子だったんだわ。

上原大史の才能と魅力

それでは、上原大史さんの才能と魅力について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!今年もっとも知ってよかった衝撃的な事実「−真天地開闢集団−ジグザグの命
今年もっとも知ってよかった衝撃的な事実「−真天地開闢集団−ジグザグの命

✅ WANDSのボーカルである上原大史が、-真天地開闢集団-ジグザグのボーカル「命-みこと-」と同一人物であることが判明。

✅ 上原大史は元々はジグザグのメンバーであり、WANDSに加入する際に所属事務所・レーベルCRIMSONから引き抜かれた形。

✅ 上原大史は歌唱力だけでなく、ギター演奏、MV編集など多岐にわたる才能を持ち、デスボイスもこなせる実力を持つ。

さらに読む ⇒後悔するなら今のうち後悔するなら今のうち出典/画像元: https://kokai.fc2.net/e/zigzag-wands-same-person

上原大史さんは、歌唱力だけでなく、様々な才能を持っているんですね。本当に魅力的なアーティストです。

2019年11月に再結成したWANDSの第5期ボーカル、上原大史さんは、抜群の歌唱力と美しいビジュアルで注目を集めています。上原大史さんは、1987年8月20日生まれの北九州出身で、現在大阪在住です。所属事務所はビーイングです。上原大史さんの歌唱力は、ライブ音源でその魅力がより際立ち、難易度が高い曲も歌いこなす実力に多くの人が魅了されています。彼のデビューのきっかけは、ヴィジュアル系バンド「ジグザグ」でのボーカル活動「命(みこと)様」としての活動でした。その歌唱力が、ビーイングのプロデューサーである長戸大幸さんの目に止まり、WANDSのボーカルに抜擢されました。上原大史さんは、ボーカルだけでなく、ギターや作曲もこなす多才な才能を持っています。さらに、絵も得意でMV制作など、芸術的なセンスも持ち合わせています。プライベートでは、マイメロディが好きという一面も持ち合わせており、クールな見た目とは異なるチャーミングな一面も魅力的です。上原大史さんは、WANDSとジグザグの両方で精力的に活動しており、現在彼女がいるという情報は確認されていません。彼の抜群の歌唱力、多才な才能、そしてチャーミングな一面は、今後ますます注目を集めること間違いなしです。

うわぁ、上原くん、めっちゃ多才やんな!惚れちゃうわー♡

才能あふれる人って、やっぱりかっこいいよな。

あら、色々な才能を持っているのね。素晴らしいわ。

真天地開闢集団-ジグザグの活動

それでは、真天地開闢集団-ジグザグの活動について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!2024人気の 命様 真天地開闢集団ジグザグ 前世 チェキ オトイロハ Ray℃ ミュージシャン
2024人気の 命様 真天地開闢集団ジグザグ 前世 チェキ オトイロハ Ray℃ ミュージシャン

✅ この記事は、前世の命様のピンショットチェキの販売ページです。

✅ チェキは画像悪用防止のためモザイクがかけられており、素人保管であることを理解した上で購入するように呼びかけています。

✅ 記事には、商品情報に加えて、ユーザーからの口コミも掲載されており、商品への満足度や使い方に関する情報が得られます。

さらに読む ⇒HomeHome出典/画像元: https://tbran.org/bionic.php?goods/0012422973.html

真天地開闢集団-ジグザグは、独特な世界観を持つバンドですね。

「真天地開闢集団-ジグザグ」は、ミステリアスな風貌と圧倒的な実力で一部の熱烈なファンから支持を集めているビジュアル系バンドです。ボーカルの命様は、WANDSの上原大史さんではないかという噂や、以前は別のビジュアル系バンド「オトイロハ」のボーカルだったという噂があります。ジグザグは「愚かな者に救いの手を」という理念を掲げ、ライブを「禊」、ファンを「参拝者」と呼んでいます。メンバーは、破壊の祈祷師・命、鳴弦の陰陽師・龍矢、禁忌の大忍・影丸の3人で、それぞれ個性的なキャラクターと高いスキルを持っています。ジグザグの音楽は、爽やかな曲から軽妙な曲、お笑い系の歌詞の曲まで幅広く、メンバーのトークも関西弁でユーモアたっぷりです。一方で、命様は以前「オトイロハ」というビジュアル系バンドのボーカル、佐々木愛玖さんとして活動していたという噂があります。オトイロハは、2000年代に活躍していたバンドで、命様は「佐々木愛玖」という名前で活動していました。しかし、オトイロハは2007年に解散しており、現在も活動しているかどうかは不明です。命様の素顔は、ジグザグでもオトイロハでも明らかになっていません。しかし、いくつかの情報から、命様の素顔は「優しい顔立ち」であると推測されます。ジグザグは、ミステリアスな設定とメンバーの個性的なキャラクター、そして高い音楽性で、多くのファンを魅了しています。今後もその活動に注目したいですね。

ジグザグって、なんかミステリアスでかっこいい!

個性的なバンドやな!ライブ行ってみたいわ!

あら、ジグザグって言うバンドがあるのね。面白いわ。

真天地開闢集団-ジグザグの音楽

それでは、真天地開闢集団-ジグザグの音楽について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!真天地開闢集団
真天地開闢集団

✅ 真天地開闢集団 - ジグザグは、独特な世界観、楽曲、パフォーマンスで話題を集め続けるバンドで、2022年1月5日に最新音源集「慈愚挫愚 参 -夢幻-」とライブBlu-ray「慈愚挫愚 5周年記念禊 ~ハキュナマタタ~」をリリースしました。

✅ アルバム「慈愚挫愚 参 -夢幻-」は、最新曲「燦然世界」をはじめ、既存曲のリミックスバージョンなどを収録しており、ライブBlu-ray「慈愚挫愚 5周年記念禊 ~ハキュナマタタ~」は、2021年に行われたライブの模様を収録しています。

✅ また、2022年1月5日には、バンドの軌跡をまとめたアーティストブックも発売されます。このアーティストブックには、フォトギャラリー、メンバーインタビュー、機材コレクションなどが掲載されています。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/feature_item/2021/11/02/0706

真天地開闢集団-ジグザグの音楽は、独特で魅力的なものですね。

3ピース・バンド-真天地開闢集団-ジグザグの命が、3rdアルバム『慈愚挫愚参-夢幻-』について語る。キャッチーなギター・ロックとマニアックな要素を融合させた本作は、歌を大切にした楽曲作りをテーマに、どの曲もアルバムの中で重要な役割を担っている。特に、展開の面白さや、曲調の幅広さなど、多様な楽曲が聴き手の心を掴む。例えば「ラスデイラバー」や「僕ノ旋律」は強烈な印象を残し、「タガタメ」や「コノハALver.」、「Requiem」は意表を突く場面転換で聴き手を飽きさせない。また、スロー・チューンの「昴」やパンキッシュな「ナニモシタクナイ」はアルバム全体のアクセントとなっている。命は、楽曲制作において、展開のための展開ではなく、心地良さを追求していることを強調する。ギターに関しては、あえて実機のアンプを使わないことを自身のこだわりとして語り、シンプルながらもプロフェッショナルな音作りを追求している。それは、機材にこだわるよりも、結果的にどんな音を出しているかが重要だという考えに基づいている。ライブでの機材の多さや転換時間の遅れによる迷惑行為など、マイナー・バンド特有の悪印象から、コンパクトな環境で質の高い音楽を追求する姿勢が垣間見える。真天地開闢集団-ジグザグの命(vo/g)へのインタビュー。最新アルバム『最高』は、キャッチーな歌ものなど、命がこれまでやりたかったことを詰め込んだ作品。デモをDAWでほぼ完成形まで仕上げ、メンバーに演奏を依頼するという制作スタイル。ドラムは生ドラムを多用し、メンバー用のトラックとしては2ミックスのほかにも、ステム・データやMIDIデータも提供している。バンドマンにLogicProユーザーが多いことから、命もLogicProを使用。キャッチーなメロディ作りに関しては、普段からキャッチーな音楽を聴き、好きでいることが秘訣だと語る。大衆にウケる曲も、良い音楽だと考えている。ライブでファンがサビを歌っている姿をイメージできる曲が多いことも特徴である。

ジグザグの音楽、めっちゃ中毒性ある!ヘビロテ決定やわ!

音楽も個性的で、他のバンドとは違う感じやな!

あら、個性的な音楽を作るのね。面白いわ。

今回の記事では、WANDSのボーカル上原大史さんの意外な一面をご紹介しました。

🚩 結論!

💡 上原大史は、V系バンドでの活動経験を持つ多才なアーティストである

💡 上原大史は、歌唱力、ギター演奏、作曲、MV編集など、様々な才能を持つ

💡 上原大史は、WANDSとジグザグの両方で精力的に活動している