Academic Box Logo

木暮武彦の多彩な人生と音楽遍歴?レベッカのギタリストからソロ活動までとは!!?

木暮武彦の多彩な人生と音楽遍歴?レベッカのギタリストからソロ活動までとは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 木暮武彦さんはレベッカのギタリストとして活躍後、RED WARRIORS、ソロ活動など、幅広い活動をされています。

💡 木暮武彦さんは3度の結婚を経験しており、3人の子供をもうけています。

💡 木暮武彦さんの音楽遍歴は、REDWARRIORS、ソロ活動、長沢ヒロトリビュートライブなど、多岐にわたります。

それでは、木暮武彦さんの多彩な人生について詳しく見ていきましょう。

木暮武彦さんの多彩な人生

まずは、木暮武彦さんの多彩な人生についてご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!杉咲花の父親は元レベッカの木暮武彦!人気ロックバンドの有名人!

公開日:2022/01/10

杉咲花の父親は元レベッカの木暮武彦!人気ロックバンドの有名人!

✅ 杉咲花の父親は元レベッカのギタリスト木暮武彦氏である。

✅ 杉咲花は幼少期に両親が離婚しており、父親とはあまり交流がなかった。

✅ 杉咲花の父親は現在3度目の結婚をしており、杉咲花との現在の関係は不明である。

さらに読む ⇒自分のブログ自分のブログ出典/画像元: https://visitorartiesa.com/%E6%9D%89%E5%92%B2%E8%8A%B1%E3%81%AE%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%AF%E5%85%83%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%81%AE%E6%9C%A8%E6%9A%AE%E6%AD%A6%E5%BD%A6%EF%BC%81%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%83%AD%E3%83%83/

木暮武彦さんは、音楽活動だけでなく、プライベートでも様々な経験を積んでこられたんですね。

木暮武彦さんは、レベッカのギタリストとして活躍後、REDWARRIORSやソロ活動など幅広く活動してきたミュージシャンです。彼の結婚歴は、NOKKO、チエ・カジウラ、そして現在の一般女性裕子さんと、3度の結婚経験があります。NOKKOさんとはレベッカでの活動中に交際し、ロサンゼルスに移住後、結婚しましたが3年で離婚しました。2人目の奥様であるチエ・カジウラさんは、アニメ「マクロス7」のFireBomberのボーカルを務めたアーティストで、2人の間には女優の杉咲花さんが誕生しました。しかし、結婚から3年後に離婚しています。現在の奥様である裕子さんとは、15歳の年の差があり、2003年に長男の青葉さんが誕生しています。杉咲花さんは、チエ・カジウラさんと離婚後、シングルマザーとして育てられました。木暮武彦さんは、現在もミュージシャンとして活動しており、3人の女性と結婚し、3人の子供を持つという、多彩な人生を送っています。

え、まじ!?杉咲花ちゃんのお父さんって木暮さんやったん!?知らんかったわー。

へー、木暮さんって3回も結婚しとったんやね。なかなかモテるんだな。

あら、木暮さんて若い頃からモテモテだったのね。そりゃ、3回も結婚するわよね。

ソロアルバム『BirthdaySong』リリース

続いて、木暮武彦さんのソロ活動についてご紹介しましょう。

🔖 関連記事の要約!木暮゛shake゛ 武彦 RED WARRIORS Cover Album「Birthday Song」リリース
木暮゛shake゛ 武彦 RED WARRIORS Cover Album「Birthday Song」リリース

✅ 木暮゛shake゛武彦がRED WARRIORSの楽曲をセルフカバーしたアルバム「Birthday Song」を11月25日にリリース。

✅ アルバムには「Casino Drive」「Guerrilla」「Wild Cherry」など、RED WARRIORSの名曲が収録されており、shakeが初めて歌うRED WARRIORS楽曲となっている。

✅ 10月25日より木暮゛shake゛武彦 OFFICIAL WEBSHOPにて先行販売が開始され、タワーレコード、Amazon予約及び購入者限定特典としてボーナストラック「Casino Drive ~on the street」がダウンロードできるmp3ファイルが付属する。

さらに読む ⇒ RED  WARRIORS 30th Anniversary オフィシャルサイト RED WARRIORS 30th Anniversary オフィシャルサイト出典/画像元: https://www.redwarriors.jp/content1?no=MUVpcN6Gc3FXsEchSwsIS

REDWARRIORSの楽曲をセルフカバーしたアルバム、聴きたくなってきました。

REDWARRIORSのギタリスト・木暮゛shake゛武彦が、ソロアルバム『BirthdaySong』をリリース。コロナ禍でライブが延期になったことを受け、前作ではサイコデリシャス以降のソロ作品をカバーしたが、今作ではREDWARRIORSの楽曲をセルフカバー。1stアルバム『LESSON1』収録曲の中で、唯一、作詞・作曲を一人で担った「GUERRILLA」を含む全12曲を収録。インタビューでは、REDWARRIORS楽曲をセルフカバーすることで感じたこと、シンガー、ギタリストとしての二面性、楽曲制作の裏側、使用機材、ギターを始めたきっかけ、衝撃を受けた楽曲などについて語った。自身にとってロック以外に正しいものはなく、デビュー後も「売れそうなもの」ではなく「好きなことをやる」という信念を貫き、その思いが「GUERRILLA」に繋がったという。また、ソロ活動25年を経て、ギタリストでありながらシンガーとしての意識も強くなってきていると明かした。REDWARRIORSの楽曲をセルフカバーすることで、自身の音楽遍歴を振り返り、改めて音楽に対する情熱を燃え上がらせていることが伺える。アルバム『BirthdaySong』は、REDWARRIORSファンだけでなく、木暮゛shake゛武彦の音楽性に興味のあるリスナーにとっても必聴のアルバムと言えるだろう。

REDWARRIORSの曲カバーしたんか!めっちゃ聴きたい!

木暮さんのソロ活動、知らんかったわー。やっぱりギタリストってかっこいいよね。

あら、木暮さんってソロ活動もしてるのね。昔と変わらず精力的に活動されてて素敵だわ。

木暮゛shake゛武彦の音楽遍歴

木暮武彦さんの音楽活動は、ソロ活動だけにとどまりません。

🔖 関連記事の要約!元レッドウォーリアーズの木暮゛shake゛武彦が5枚目のソロアルバム「惑星にて」を12月21日(水)リリース、テーマはフォークロック – 音楽・ロックンロールのWEBマガジン「Rock is(ロックイズ)」
元レッドウォーリアーズの木暮゛shake゛武彦が5枚目のソロアルバム「惑星にて」を12月21日(水)リリース、テーマはフォークロック – 音楽・ロックンロールのWEBマガジン「Rock  is(ロックイズ)」

✅ 元レッドウォーリアーズの木暮゛shake゛武彦が、エレキギターとアコースティックギターを自由に使いこなしたソロアルバム「惑星にて」を12月21日にリリースする。

✅ アルバムは、インスト、アコースティック音楽を通して感じたエレキギターの破壊力とアコースティックサウンドの優しさを融合させ、自然で感情豊かな音楽に仕上がっている。

✅ 11月3日から全国29カ所を巡るソロツアー「木暮゛shake゛武彦 TOUR 2016 ゛惑星にて゛」を開催し、12月21日の一般発売に先駆け、ツアー会場でアルバムの先行販売を行う。

さらに読む ⇒新人・若手ロックバンドを中心としたロックンロールWEBマガジン「Rock is」(ロックイズ)- ロックンロールに憧れて新人・若手ロックバンドを中心としたロックンロールWEBマガジン「Rock is」(ロックイズ)- ロックンロールに憧れて出典/画像元: https://rock-is.tv/topics/201610/3029

エレキギターとアコースティックギターを自由に使いこなす木暮さんの音楽、ぜひ聴いてみたいです。

木暮゛shake゛武彦は、REDWARRIORSのボーカリスト・ギタリストであり、ソロ活動も行っています。彼のソロ作品は、アコースティックギターを主体とした弾き語り作品から、バンド編成によるロック作品まで多岐にわたります。代表的なアルバムには、「楽園の向こう側」、「LiveZoo」、「惑星にて」、「透明な夜」などがあります。これらのアルバムは、木暮゛shake゛武彦の音楽的幅広さを示しており、彼の音楽遍歴をたどる上で重要な作品となっています。また、REDWARRIORSのアルバム「FIREDROPS」や、ソロアルバム「浮遊~Floating」、「儚」なども注目に値します。これらの作品を通じて、木暮゛shake゛武彦はジャンルにとらわれず、自身の音楽性を追求し続けています。

え、ソロツアーやるん!?めっちゃ行きたい!

木暮さんの音楽って、どんな感じなんやろ?気になるわー。

あら、木暮さんって、いろんな音楽を奏でるんですね。素晴らしいわ。

長沢ヒロトリビュート・ライブ

木暮武彦さんは、長沢ヒロトリビュートライブにも参加されています。

🔖 関連記事の要約!安全バンドと長沢ヒロのアーカイヴ・ボックスがリリース 結成50周年トリビュート・ライヴにROLLY、うじきつよし、ダイアモンド☆ユカイらが出演
安全バンドと長沢ヒロのアーカイヴ・ボックスがリリース 結成50周年トリビュート・ライヴにROLLY、うじきつよし、ダイアモンド☆ユカイらが出演

✅ 安全バンドと長沢ヒロの結成50周年を記念して、それぞれが1970年代から1990年代にかけてのライブ音源を収録したアーカイヴ・ボックスをリリースする。

✅ 安全バンドの『1972-1976 LIVE ANTHOLOGY』には、伝説的な東洋大学学園祭や日比谷野外音楽堂公演、レインボーのオープニング・アクトを務めた際の録音などが収録されている。

✅ 長沢ヒロの『1978-1994 LIVE ANTHOLOGY』には、長沢ヒロ&HERO、Pegmo、長沢ヒロ&How Are You?、ソロでのライブ音源に加え、長沢ヒロ&HIROISMの中国・西安人民劇院公演の映像が収録されている。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20176

安全バンドと長沢ヒロの結成50周年、本当にすごいですね。

この記事は、1月25日(金)渋谷duoMUSICEXCHANGEにて開催される「長沢ヒロトリビュート・ライブ~安全バンド結成50周年~」に向けて、木暮゛shake゛武彦が安全バンドのマネージャーである瀧口修一へのインタビューを寄稿したものです。木暮は、長沢ヒロの病気や安全バンドの再結成、そして、トリビュートライブで実現した当時の仲間や影響を受けた世代の集まりについて語ります。

え、安全バンドのマネージャーって、瀧口さんやったん!?知らんかった!

安全バンドって、めっちゃ懐かしいわー。昔よく聴いてたな。

あら、安全バンドの結成50周年て、もうそんなになるのね。時の流れは早いわね。

「浦和ロックンロールセンター」の誕生

木暮武彦さんと安全バンドの繋がりは、浦和ロックンロールセンターから始まります。

🔖 関連記事の要約!chronology 1967
chronology 1967

✅ 1967年から1971年にかけて、蓮実研一を中心に活動した「致命的ローリング・ストーンズ中毒者同盟」は、1970年10月、ジミ・ヘンの追悼コンサートで「ウラワ・ロックンロール・センター(URC)」を設立しました。

✅ URCは、レコードコンサートやロック喫茶「シタデル」を通じて、当時のロックシーンを牽引するバンドを発掘し、育成しました。

✅ 特に1970年11月、埼玉大学の学園祭で、URC主催のイベント「ロックンロール・ダンジョン」で出会った「ザ・サンニン」は、のちに四人囃子として活躍し、彼らの活動はURCにとって大きな成果となりました。

さらに読む ⇒ウラワ・ロックンロール・センター | 浦和ロックンロール・センターとあんぜんバンドのオフィシャル・サイトです。ウラワ・ロックンロール・センター | 浦和ロックンロール・センターとあんぜんバンドのオフィシャル・サイトです。出典/画像元: https://urawarocks.net/history/chronology/1967-1971/

浦和ロックンロールセンターから、こんなにも素晴らしいミュージシャンが誕生したんですね。

インタビューでは、安全バンドの母体である「浦和ロックンロールセンター」の成り立ちについて、瀧口修一が詳しく語っています。1967年に学生運動からロックに移行した瀧口は、仲間たちと「ジミヘン、ジャニス追悼レコードコンサート」を開催し、それが「ロックンロールセンター」の始まりとなりました。1970年11月には、埼玉大学で「ロックンロールダンジョン」と題したイベントを開催し、そこにたまたま現れた四人囃子の岡井大二と中村真一と出会いました。その日のイベントは、急遽野外コンサートに発展し、四人囃子の演奏が「浦和ロックンロールセンター」にとって最初のライヴとなりました。

浦和ロックンロールセンターって、どんなとこやったん?めっちゃ気になる!

安全バンドって、浦和発祥やったんやね。知らんかったわー。

あら、浦和ロックンロールセンターって、すごいとこだったのね。

木暮武彦さんは、レベッカ、RED WARRIORS、ソロ活動など、多岐にわたる音楽活動と、3度の結婚、3人の子供を持つなど、多彩な人生を送られています。

🚩 結論!

💡 木暮武彦さんは、レベッカのギタリストとして活躍後、RED WARRIORSやソロ活動など幅広く活動してきました。

💡 木暮武彦さんは、3度の結婚を経験しており、3人の子供をもうけています。

💡 木暮武彦さんは、安全バンドのマネージャーである瀧口修一へのインタビューを通して、長沢ヒロトリビュートライブの開催に至るまでの道のりを語りました。