Academic Box Logo

真田ナオキの家族は?意外な事実が明らかに!演歌界のサラブレッドとは!?

真田ナオキの家族は?意外な事実が明らかに!演歌界のサラブレッドとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 真田ナオキは演歌歌手の桂竜士を父に持つ

💡 真田ナオキの父親は演歌歌手

💡 真田ナオキの家族は、演歌界と繋がっている

それでは、真田ナオキさんの家族について詳しく見ていきましょう。

真田ナオキの生い立ち

真田ナオキさんの生い立ち、波瀾万丈ですね。

🔖 関連記事の要約!真田ナオキの実家はさいたま市南区!中学は大谷場で生い立ちが壮絶!
真田ナオキの実家はさいたま市南区!中学は大谷場で生い立ちが壮絶!

✅ 真田ナオキさんは、埼玉県さいたま市南区出身の演歌歌手で、父はカラオケラウンジ経営者であり演歌歌手の桂竜士さんです。真田さんは中学時代は暴走族の総長を務め、その後結婚し子供をもうけましたが、2015年に離婚。その後も元妻との間に子供をもうけ、現在5人の子供がいることが明らかになりました。

✅ 真田さんは、東日本大震災の被災地支援活動で民謡を歌う少女の姿を見て歌手になることを決意し、カラオケ喫茶に転職。その後、演歌歌手の吉幾三さんと出会い、弟子入りを果たしました。吉幾三さんの指導のもと、独特の太い声と歌唱力を磨きました。

✅ 真田さんは、2020年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞し、実力が認められています。現在も精力的に活動を続け、今後の活躍が期待されています。

さらに読む ⇒vérité-jornal | 気になることリサーチvérité-jornal | 気になることリサーチ出典/画像元: https://step-forward24.com/sanadanaoki-home/

真田ナオキさんは、様々な困難を乗り越えて歌手になったんですね。

真田ナオキは、埼玉県さいたま市出身の演歌歌手です。幼少期は野球に熱中し、日本代表選抜メンバーに選ばれるほどの腕前でしたが、中学時代に怪我により野球を断念しました。その後、両親の離婚や生活の困窮など、様々な困難を乗り越えてきました。高校には進学せず、中学卒業後は建築業など様々な職を経験してきました。19歳の頃に家族から歌手の道を勧められましたが、当初は全く興味がなく、歌手になることを拒否していました。しかし、家族の強い後押しもあり、演歌歌手の道へと進むことを決意しました。父親は演歌歌手の桂竜士さんで、音楽に精通した家庭で育ち、家族から歌手の道を勧められたことがきっかけで演歌の世界へ足を踏み入れたことがわかります。真田ナオキさんの波瀾万丈な生い立ちと、家族の支えが今の活躍に繋がっていることがわかります。

え、まじ!?暴走族の総長やってたん?めっちゃチャラそうやん!

なかなか苦労されたみたいやね。でも、そこから這い上がって歌手になったってすごいと思う!

あら、若い頃は苦労されたのね。でも、今は素敵な歌手になってよかったわね。

歌手としての真田ナオキ

真田ナオキさんの歌手としての活動、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!レコ大最優秀新人賞の真田ナオキ「まさか…夢のような1年」来る年も感謝を胸に精進誓う:中日スポーツ・東京中日スポーツ
レコ大最優秀新人賞の真田ナオキ「まさか…夢のような1年」来る年も感謝を胸に精進誓う:中日スポーツ・東京中日スポーツ

✅ 真田ナオキが「第62回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞した。

✅ 真田はコロナ禍の中でもエンターテインメントで笑顔と勇気を届けたいという思いで活動し、受賞できたことを喜び、感謝を述べた。

✅ 真田は2016年にデビューし、師匠の吉幾三が作詞作曲した「恵比寿」で2020年の「年間USEN HITランキング」の演歌・歌謡曲ランキング1位を獲得するなど、甘いルックスとパワフルな歌声で注目を集めている。

さらに読む ⇒中日新聞Web中日新聞Web出典/画像元: https://www.chunichi.co.jp/article/179082

真田ナオキさんは、コロナ禍の中でも精力的に活動しているんですね。

真田ナオキは、東日本大震災を機に歌手になることを決意し、厳しい修行を重ね、師匠である吉幾三に認められ、2016年にデビューしました。2020年にはメジャー第1弾シングル「恵比寿」がオリコン1位を獲得し、その後も数々のヒット曲をリリース。同年には「第62回輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞しました。真田ナオキさんは2020年にレコード大賞新人賞を受賞し、今後の活躍が期待されています。結婚はされておらず、現在も演歌歌手として活動しています。真田ナオキは、2021年1月に移籍第一弾シングル「恵比寿」をリリースし、演歌界に新星として登場。独特の「ノックアウトボイス」で注目を集めました。しかし、直後のコロナ禍で活動は制限され、ファンとの交流も困難な状況となりました。それでも、真田ナオキはファンレターを直筆で返信するなど、ファンとのつながりを大切にし、新たな活動に挑戦。10月には「恵比寿」のニュータイプ盤「殿盤」をリリースし、海岸での殺陣を披露するなど、古き良き日本男子をイメージした活動を展開しました。コロナ禍という逆境の中でも成長を続け、ファンに進化した姿を見せたいという強い意志を感じます。

え、レコード大賞新人賞とったん!?まじ!?やば!

コロナ禍でも頑張っててすごいな!真田ナオキはイケメンやし、歌もうまいし、最高じゃん!

あら、若いのに大物歌手になったのね。これからますます活躍してちょうだいね。

真田ナオキの音楽とファンへの想い

真田ナオキさんは、ファンを大切にしていらっしゃるんですね。

🔖 関連記事の要約!真田ナオキが東京・恵比寿でファンミーティングを開催。「この光景を忘れない」と涙。「たくさんの夢を一緒に叶えてください」

公開日:2022/06/23

真田ナオキが東京・恵比寿でファンミーティングを開催。「この光景を忘れない」と涙。「たくさんの夢を一緒に叶えてください」

✅ 真田ナオキが約2年ぶりに開催したファンミーティング「渋谷&大阪で・・・どう?」は、大阪公演に続き東京・ウェスティンホテル東京にて昼夜2公演を実施。デビュー曲「恵比寿」の舞台である思い出の場所で、ファンとの再会を楽しんだ。

✅ 真田は会場で自身の楽曲やカバー曲などを熱唱し、客席ラウンドでファンと直接触れ合い、コロナ禍で直接ふれあえなかった寂しさから開放された様子を見せた。また、デビュー曲「恵比寿」でメジャーデビューし、大きな賞も受賞したものの、コロナ禍で全国を回ることができなかった悔しさや、ファンからの励ましが支えになったことを涙ながらに語った。

✅ 真田は今後の活動について、新曲「渋谷で・・・どう?」で年末の渋谷のホール(NHK紅白歌合戦の舞台)で歌えるように頑張ると表明。また、7月22日には東京・鶯谷の「東京キネマ倶楽部」にてワンマンライブを開催し、9月21日には「渋谷で・・・どう?」゛三茶盤゛の発売も控えているなど、今後の活躍が期待される。

さらに読む ⇒オトカゼ 〜音楽の風〜 トップページ - オトカゼ 〜音楽の風〜オトカゼ 〜音楽の風〜 トップページ - オトカゼ 〜音楽の風〜出典/画像元: https://otokaze.jp/news/35339

真田ナオキさんは、ファンとの繋がりを大切にしているんですね。

真田ナオキは、2020年4月にテイチクレコードに移籍し、師匠である吉幾三作詞作曲の新曲『恵比寿』をリリースしました。新曲は、今までとは雰囲気が違うラブソングで、真田ナオキ自身もレコーディングで苦労したという。しかし、ステージでファンと笑顔で過ごす風景をイメージすることで、上手く歌えるようになったという。真田ナオキは、ファンを大切にしており、握手会などを通してファンとの距離を縮めている。ファンとの交流を通して、人のことを好きになり、人間性を磨くことで歌に繋げたいと考えている。新曲『恵比寿』は、幸せなラブソングで、真田ナオキ自身も主人公に共感できる部分があるという。『恵比寿』を歌うポイントとして、歌い出しの「惚れちまったの俺」を思い切り怒鳴るように歌ったり、同じ言葉が続く時は全く違うように歌うことなどを挙げている。また、MVでは振り付けがあり、真田ナオキ自身もリズム感が苦手ながら努力しているという。真田ナオキの魅力は、一度聴いたら忘れられないハスキーボイスと、爽やかなルックスに加え、家族愛の強さです。真田は、歌手活動以外にも、スポーツや料理、ボクシングなど、幅広い分野で才能を発揮しており、今後の活躍が期待されています。

ファンミーティングとかええなぁ!私も行きたいわ!

ファンとの交流大切にするのってホンマにいいと思う!真田ナオキはファン想いだな!

あら、ファンとの交流も大事にするのね。優しい人だわ。

真田ナオキの家族

真田ナオキさんの家族構成、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!真田ナオキの家族構成!祖母が韓国人?父親は演歌歌手桂竜士で年齢は?姉や母親は?

公開日:2022/08/31

真田ナオキの家族構成!祖母が韓国人?父親は演歌歌手桂竜士で年齢は?姉や母親は?

✅ 真田ナオキは、父親が演歌歌手の桂竜士、母親、姉と4人家族で、埼玉県さいたま市出身です。

✅ 真田ナオキの父親である桂竜士は、1982年に演歌歌手デビューし、現在も歌手活動と「カラオケラウンジ愛歌」の経営を行っています。真田ナオキは、高校には進学せず家族を支えるために建築会社で働き、17歳の時には祖母に引き取られていました。

✅ 真田ナオキの祖母は、韓国からの移民である可能性が高いです。桂竜士のブログによると、桂竜士の母親は7歳の時に、祖母を訪ねて単身で韓国から日本に来たとのことです。

さらに読む ⇒ファミリーメモリー - 芸能人有名人の家族(母親・父親・姉・兄・妹・弟)との記憶ファミリーメモリー - 芸能人有名人の家族(母親・父親・姉・兄・妹・弟)との記憶出典/画像元: https://fami-memo.com/sanadanaoki/

真田ナオキさんの家族構成、複雑ですね。

真田ナオキは、演歌歌手の桂竜士さんを父に持ち、親子二代で演歌歌手という家系です。父親の桂竜士さんは「流れて津軽」などの楽曲で知られています。真田ナオキさんは最初は演歌歌手になることを拒んでいたそうですが、東日本大震災をきっかけに歌手になる決意をし、2016年にデビューしました。真田ナオキさんの父親である桂竜士は、1982年9月に演歌歌手としてデビューし、現在も歌手活動を続けています。真田ナオキは、父親と母親が離婚したため、母子家庭で育ちました。真田ナオキが17歳の頃に祖母が引き取り、母代わりを務めた時期もありました。真田ナオキの祖母は韓国人である可能性が高く、母親は7歳の頃に祖母を訪ねて韓国から日本に来たとされています。現在、真田ナオキの姉は父親のカラオケラウンジでママを務めているなど、家族関係は良好なようです。桂竜士の年齢は公表されていませんが、ブログの記述から50代後半~60代前半と推測されます。真田ナオキは、演歌歌手の桂竜士を父親に持つ4人家族で、姉と2人兄弟です。出身地は埼玉県さいたま市で、実家は父親が経営する「カラオケラウンジ愛歌」です。

え、お父さんも歌手やってたん!?知らんかった!

真田ナオキの家族、なかなか複雑な家庭環境みたいやね。

あら、ご家族は歌手さんなのね。血筋ってすごいわね。

真田ナオキの家族と仕事

真田ナオキさんと家族の関係、良好でなによりですね。

🔖 関連記事の要約!真田ナオキの父親は桂竜士(演歌歌手)で姉は美人ママ【画像】
真田ナオキの父親は桂竜士(演歌歌手)で姉は美人ママ【画像】

✅ 演歌歌手の真田ナオキさんの父親は、同じく演歌歌手の桂竜士さんで、真田ナオキさんの歌手活動を積極的にサポートしています。

✅ 真田ナオキさんの姉は「カラオケラウンジ愛歌」のママを務める亜耶さんで、美人であることが知られています。

✅ 真田ナオキさんと桂竜士さんの親子関係は、過去には疎遠だった時期もあったようですが、現在は良好で、桂竜士さんは真田ナオキさんの活躍を心から喜んでおり、積極的にサポートしています。

さらに読む ⇒知りたい!にひとさじ|さくっと分かる、知れる。ひとさじの情報知りたい!にひとさじ|さくっと分かる、知れる。ひとさじの情報出典/画像元: https://hitosazi-blog.com/naokisanada/

真田ナオキさんの家族は、それぞれに活躍されていますね。

真田ナオキの実家は埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目にあり、カラオケラウンジ愛歌というお店を経営しています。真田ナオキは演歌歌手で、父親は同じく演歌歌手の桂竜士、姉はラウンジママの亜耶です。真田ナオキは1989年生まれで、2016年にデビューしました。桂竜士は1983年に演歌歌手デビューし、現在も活躍しています。桂竜士は真田ナオキが歌手になることを強く勧め、彼の活動を積極的にサポートしています。過去のブログには真田ナオキに対する負い目を感じさせる記述もありますが、現在では良好な親子関係を築いています。姉の亜耶は埼玉県さいたま市にあるカラオケラウンジ「愛歌」のママで、美人であることで知られています。真田ナオキ、桂竜士、亜耶が揃えば豪華な組み合わせとなりそうです。

お父さんと仲良しみたいでよかった!家族って大切やんな!

家族みんなそれぞれに才能があってすごい!真田ナオキも将来は家族でライブとかできたらええな!

あら、家族皆さんで活躍されているのね。素晴らしいわ。

真田ナオキさんの家族は、それぞれに個性的で、真田ナオキさんの活動を支えていることが分かりました。今後の真田ナオキさんの活躍に期待しましょう。

🚩 結論!

💡 真田ナオキの父親は演歌歌手の桂竜士

💡 真田ナオキの姉はカラオケラウンジのママ

💡 真田ナオキの家族は、彼を支える存在である