Academic Box Logo

中升ROOKIE AMG GT3、2連覇達成!スーパー耐久シリーズ2024 第2戦 富士SUPER TEC 24時間レースを制覇激闘の24時間レースとは!?

中升ROOKIE AMG GT3、2連覇達成!スーパー耐久シリーズ2024 第2戦 富士SUPER TEC 24時間レースを制覇激闘の24時間レースとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 中升ROOKIE AMG GT3が総合優勝を獲得

💡 2位にはTKRI松永建設AMG GT3が入り

💡 各クラスのトップ争いが最後まで白熱

それでは、レースの詳細について見ていきましょう。

レース序盤:トップ争いが激化する

2024年5月25日から26日にかけて開催されたENEOSスーパー耐久シリーズ2024第2戦「富士SUPERTEC24時間レース」は、多くのドラマを生み出したレースでしたね。

🔖 関連記事の要約!王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート(オートスポーツweb)
王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート(オートスポーツweb)

✅ ENEOSスーパー耐久シリーズ2024 第2戦 富士SUPER TEC 24時間レースは、1号車中升 ROOKIE AMG GT3が総合優勝を獲得し、2連覇を達成しました。

✅ 2位には初挑戦の23号車TKRI松永建設AMG GT3が入り、3位には31号車DENSO LEXUS RC F GT3が続きました。

✅ その他のクラスでは、ST-Zクラスは885号車シェイドレーシング GR SUPRA GT4 EVOが優勝、ST-1クラスは2号車シンティアム アップル KTMが完走、ST-2クラスは13号車ENDLESS GRヤリスが優勝、ST-3クラスは39号車エアバスター WINMAX RC350 TWSが優勝、ST-4クラスは884号車シェイドレーシング GR86が優勝、ST-5クラスは17号車DXLアラゴスタが優勝しました。

さらに読む ⇒goo ニュースgoo ニュース出典/画像元: https://news.goo.ne.jp/article/asweb/sports/asweb-20240526_1083744.html

レース序盤は、各車がトップ争いを繰り広げ、非常に白熱した展開でしたね。特に注目すべきは、ST-Xクラスの23号車TKRI松永建設AMGGT3の総合トップ走行です。

2024年5月25日から26日にかけて富士スピードウェイで開催されたENEOSスーパー耐久シリーズ2024第2戦「富士SUPERTEC24時間レース」は、スタートから16時間が経過した時点で、ST-Xクラスの23号車TKRI松永建設AMGGT3(DAISUKE/元嶋佑弥/中山友貴/松浦孝亮)が総合トップを走行していました。2位には、同じくST-Xクラスの中升ROOKIERacing中升ROOKIEAMGGT3(鵜飼龍太/ジュリアーノ・アレジ/蒲生尚弥/片岡龍也)がつけ、3位はaprDENSOLEXUSRCFGT3(永井宏明/小高一斗/小山美姫/嵯峨宏紀/永井秀貴/中山雄一)が走行していました。その他、ST-ZクラスではBirthRacingProject【BRP】BRP★FUNDINNOPORSCHE718GT4RS(藤井優紀/末廣武士/猪爪杏奈/大島和也/鈴木建自/奥村浩一)が総合7位、ST-QクラスではNISMONissanZRacingConcept(平手晃平/佐々木大樹/千代勝正/高星明誠/ロニー・クインタレッリ/本山哲)が総合9位に位置していました。レースは残り8時間、各クラスのトップ争いは激しさを増しており、最後まで目が離せませんでした。

ええっ、まじ!?やばっ、めっちゃ興奮するわ!

いや~、やっぱ、レースって最高やね!ドキドキするわ!

24時間って、どんだけ体力いるんやろか…。

レース結果:各クラスの順位

それでは、各クラスの順位について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!第2戦富士決勝 ST

公開日:2024/05/28

第2戦富士決勝 ST

✅ ENEOSスーパー耐久シリーズ2024第2戦「NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」で、1号車中升ROOKIE AMG GT3が24時間773周を走り優勝し、昨年に続き2連覇を達成しました。

✅ ST-Zクラスでは、885号車シェイドレーシングGR SUPRA GT4 EVOが優勝し、TEAM ZEROONEの2台は接触とミッショントラブルにより優勝争いから脱落しました。

✅ ST-1クラスは2号車シンティアムアップルKTMが唯一参加し、460周を走り優勝しました。ST-2クラスでは743号車Honda R&D Challenge FL5が序盤をリードしましたが、13号車ENDLESS GRヤリスが優勝しました。

さらに読む ⇒モータースポーツフォーラム - Motorsports Forumモータースポーツフォーラム - Motorsports Forum出典/画像元: https://www.fmotor.jp/2024-super-taikyu-rd2-fuji-final-xhongsheng-rookie-amg-gt3-wins

中升ROOKIE AMG GT3の2連覇は、チームの総合力の高さを証明するものでした。ST-Zクラスでは、シェイドレーシングGR SUPRA GT4 EVOの優勝が印象的でした。

8クラス58台の正式順位結果は以下の通りです。ST-Xクラス1位:中升ROOKIEAMGGT32位:TKRI松永建設AMGGT33位:DENSOLEXUSRCFGT3ST-Zクラス1位:SHADERACINGシェイドレーシングGRSUPRAGT4EVO2位:埼玉GBGRSupraGT43位:BRP★FUNDINNOPORSCHE718GT4RS

まじ!?ホンマに凄いわ!

やっぱ、レースは最後まで分からんもんやね!

レースって、若い子のほうが体力あるやろ?

レース中のペナルティ

レース中には、いくつかのペナルティが科されました。

🔖 関連記事の要約!順位結果】2024スーパー耐久第2戦富士24時間レース 決勝(2024年5月26日)
順位結果】2024スーパー耐久第2戦富士24時間レース 決勝(2024年5月26日)

✅ ENEOSスーパー耐久シリーズ2024第2戦「富士SUPER TEC 24時間レース」で、ST-Xクラスの1号車中升 ROOKIE AMG GT3(鵜飼龍太/ジュリアーノ・アレジ/蒲生尚弥/片岡龍也)が総合優勝を飾りました。

✅ レースは24時間の長丁場で行われ、中升 ROOKIE Racingチームは安定した走行でトップを維持し、見事な勝利を収めました。

✅ レース中には、黒白旗提示によるペナルティや走行マナー違反など、いくつかのトラブルもあったものの、中升 ROOKIE Racingチームは冷静に状況に対処し、最終的に優勝を掴み取りました。

さらに読む ⇒BIGLOBEニュースBIGLOBEニュース出典/画像元: https://news.biglobe.ne.jp/sports/0526/ats_240526_0742837740.html

レース中のペナルティは、レースをよりスリリングに、そして複雑にします。しかし、中升ROOKIE Racingチームは冷静に対処し、見事な勝利を収めました。

レース中に、いくつかの車がペナルティを科されました。CarNo.23-Bは、シリーズ規則違反によりドライビングスルーベナルティを課されました。CarNo.33は、スタート3分前過ぎに作業を行ったため、ドライビングスルーベナルティを課されました。CarNo.33-Dは、黒白旗掲示後の走路外走行複数回により、ドライビングスルーベナルティを課されました。

えー、ペナルティって、どないしてんの?

ペナルティって、なかなか厳しいもんやね。

ペナルティって、若い子は、なかなか理解できんやろ?

スーパー耐久シリーズ2024第2戦「富士SUPER TEC 24時間レース」は、中升ROOKIE AMG GT3の圧巻の勝利で幕を閉じました。レースは、最後まで目が離せない展開で、多くのファンを魅了しました。

🚩 結論!

💡 中升ROOKIE AMG GT3が2連覇を達成

💡 2位にはTKRI松永建設AMG GT3が入り

💡 各クラスでのトップ争いも白熱した