Academic Box Logo

和田唱のソロ活動は音楽表現の進化を遂げている?ソロアルバム『BIRDMAN』とは!?

和田唱のソロ活動は音楽表現の進化を遂げている?ソロアルバム『BIRDMAN』とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 和田唱さんは、TRICERATOPSでの活動を経て、ソロ活動で音楽表現の幅を広げている

💡 ソロ活動では、音楽番組『クリスマスの約束』での小田和正さんとの共演が影響を与えている

💡 絵本「ばぁばがくれたもの」は、和田唱さんの楽曲「さよならじゃなかった」から生まれた

それでは、和田唱さんのソロ活動について詳しく見ていきましょう。

音楽表現の進化: ソロ活動における新たな挑戦

和田唱さんのソロ活動は、TRICERATOPSとはまた異なる魅力がありますね。

🔖 関連記事の要約!和田唱(TRICERATOPS)、4年ぶりのソロアルバム『BIRDMAN』リリースを発表&ジャケ写公開
和田唱(TRICERATOPS)、4年ぶりのソロアルバム『BIRDMAN』リリースを発表&ジャケ写公開

✅ 和田唱(TRICERATOPS)の3枚目のソロアルバム「BIRDMAN」が5月15日にリリースされることが発表されました。

✅ 和田唱がドラムとストリングス以外のすべての楽器を演奏し、全11曲を収録したセルフプロデュース作で、音楽への愛情を注ぎ込んだ意欲作となっています。

✅ 5月26日から3都市で開催されるソロワンマンライブ「一人宇宙旅行-MEETING BIRDMAN-」では、アルバムCDの販売も予定されています。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/328653

和田唱さんのソロ作品には、アコースティックなサウンドが多く、温かみが感じられます。

和田唱は、TRICERATOPSでの活動を経て、ソロ活動を通して音楽表現の新たな扉を開いた。ソロ活動により、音楽作りの楽しさを再認識し、自由な表現を求めるようになった。その結果、3rdソロアルバム『BIRDMAN』では、多様な楽曲を生み出している。特に、音楽番組『クリスマスの約束』での小田和正との共演が、アコースティックな音楽表現への興味を深め、それがソロ作品に影響を与えている。今回のアルバムでは、エンジニア兼重哲哉とのコラボレーションにより、音の質感や楽曲の雰囲気が変化し、新鮮なサウンドが実現した。和田唱は、ソロ活動を通して、音楽に対する新たな視点と自由な表現を獲得し、より深く音楽と向き合っていることが伺える。

へぇー、和田唱さんってドラム以外全部弾いちゃうの!?すげぇー!

そうやね、ソロだと自分の好きな音楽を自由に表現できるけん、やっぱ最高よね。

あら、和田唱さんって若い頃から音楽に真剣に取り組んでたんやね。

ソロアルバム「地球東京僕の部屋」: 新たな世界観の誕生

和田唱さんのソロ活動は、新しい音楽の世界観を見せてくれますね。

🔖 関連記事の要約!ソロアルバム『地球 東京 僕の部屋』には、パーソナルな要素が詰まっている(ゲスト:和田唱)【後編】
ソロアルバム『地球 東京 僕の部屋』には、パーソナルな要素が詰まっている(ゲスト:和田唱)【後編】

✅ 和田唱さんは、トライセラトップスのボーカルとして21年間活動し、今回初となるソロライブツアー「一人宇宙旅行」を開催した。

✅ ソロツアーでは、バンド活動では味わえない、個人的な曲を演奏し、トークも自由に行うことで、新たな自分を発見できたという。

✅ ソロツアーを通して、和田唱さんは、バンドメンバーそれぞれが個性を磨く期間であり、いつかまた3人で再結成することを目指している。

さらに読む ⇒AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議出典/画像元: https://www.advertimes.com/20190130/article284728/

和田唱さんのソロアルバムは、TRICERATOPSとはまた違った魅力がありますね。

和田唱のソロアルバム「地球東京僕の部屋」は、様々な音楽をハイセンスに消化し、TRICERATOPSとは異なる世界観を作り上げていると評価されている。ストイックな作曲と、すべての楽器を一人で演奏したという事実は、彼の音楽家としての力量を示している。アルバムは、2018年の素晴らしいアルバムの中で、その濃度と完成度の高さで際立っており、多くの音楽関係者から称賛されている。各アーティストからのコメントでは、アルバムの多様な音楽性、心地良いリズムと詩、そして和田唱の音楽に対する情熱が評価されている。特に、バンドマンとしての活動とは異なるソロ活動におけるこだわりと、その結果生まれた豊かなサウンドが注目されている。アルバムは、聴く人の心に様々な思い出や感情を呼び起こす、独特の雰囲気を持つ作品となっている。

ソロライブって、バンドと違って一人で全部やるんやろ?大変そうやなぁ。

ソロツアーで新しい自分を見つけたって、なんかロマンチックやなぁ。

あら、ソロ活動で新しい自分を見つけたって言うけど、そいつは誰かね?

音楽から生まれた絵本: 「さよならじゃなかった」のメッセージ

和田唱さんの音楽から生まれた絵本、とても興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!トライセラ和田唱ロングインタビュー。初の絵本、音楽、家族、そして「今一番言いたいこと」

公開日:2022/06/01

トライセラ和田唱ロングインタビュー。初の絵本、音楽、家族、そして「今一番言いたいこと」

✅ 和田唱さんが絵本「ばぁばがくれたもの」を執筆したきっかけは、2020年のソロアルバム「ALBUM.」に収録された楽曲「さよならじゃなかった」のテーマである「身近な人の死」を、絵本という形で表現したいと思ったことからでした。

✅ 和田さんは、この曲を通じて「身近な人の死」によって悲しんでいる人々の気持ちを少しでも楽にさせたいという思いを抱き、当初は曲と同じタイトルの絵本を制作する予定でした。

✅ その後、ビデオ制作を検討する中で、絵本という形での表現がより適していると考え、同級生である佐々木一聡さんに絵を依頼し、絵本「ばぁばがくれたもの」が完成しました。

さらに読む ⇒まぐまぐ! - 読みたいメルマガ、きっと見つかる。まぐまぐ! - 読みたいメルマガ、きっと見つかる。出典/画像元: https://www.mag2.com/p/news/539758

和田唱さんの楽曲「さよならじゃなかった」のテーマは、とても深いですね。

和田唱さんは、2020年のソロアルバム『ALBUM.』に収録された「さよならじゃなかった」という曲のテーマである「身近な人の死」を体験して悲しんでいる人の気持ちを少しでも楽にさせてあげたいという思いから、絵本『ばぁばがくれたもの』の制作を決意しました。当初は曲と同じタイトルの絵本にする予定でしたが、その後、ビデオ制作を経て絵本という形に落ち着きました。絵は、文化学院の同級生である佐々木一聡さんに依頼しました。佐々木さんは、おもちゃ職人として妖怪のソフビなどを製作しており、絵本の制作経験もある人物です。和田さんは、佐々木さんの描く独特な可愛らしい絵が、絵本のイメージにピッタリだと感じて依頼したと語っています。

え、和田唱さんって絵本も作るん!?意外やー!

音楽で表現したことを絵本にっていうのは、なんか素敵やなぁ。

あら、和田唱さんって、死をテーマに絵本を作ったんか。

和田唱さんのソロ活動は、音楽表現の幅を広げ、新たな世界観を生み出していることが分かりました。

🚩 結論!

💡 和田唱さんは、ソロ活動を通して音楽表現の幅を広げ、新たな音楽を生み出している

💡 和田唱さんのソロアルバムは、多様な楽曲が収録され、聴く人の心を惹きつける魅力的な作品となっている

💡 和田唱さんは、音楽を通して、身近な人の死をテーマにした絵本を制作するなど、様々な活動を行っている