Academic Box Logo

タイマーズとFM東京の確執?!伝説の生放送とは!!?

タイマーズとFM東京の確執?!伝説の生放送とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 タイマーズは、1989年にフジテレビの音楽番組でFM東京を痛烈に批判

💡 タイマーズは放送禁止用語を連発し、大きな話題に

💡 タイマーズの行動は、放送倫理や表現の自由に関する議論を巻き起こした

それでは、タイマーズとFM東京の確執について詳しく見ていきましょう。

タイマーズとFM東京の確執

タイマーズの行動は、当時大きな話題になりましたね。

🔖 関連記事の要約!タブー】生放送中、放送禁止用語を連発して出入り禁止、TV史に残る「FM東京」事件とは? タイマーズ (忌野清志郎さん) の反骨精神、ロック魂! 当時の動画を観る!

公開日:2023/12/17

タブー】生放送中、放送禁止用語を連発して出入り禁止、TV史に残る「FM東京」事件とは? タイマーズ (忌野清志郎さん) の反骨精神、ロック魂!  当時の動画を観る!

✅ 1989年、タイマーズはフジテレビの音楽番組「ヒットスタジオR&N」に出演し、放送中にFM東京とFM仙台を痛烈に批判する曲を演奏した。

✅ この行為はタイマーズが所属する東芝EMIとフジテレビとの間に深刻な問題を引き起こし、タイマーズはフジテレビから3年間の出入り禁止処分を受け、FM東京は松任谷由実のアルバムの放送を拒否した。

✅ タイマーズのメンバーは、この行為はラジオ局の放送禁止措置への抗議であり、演奏中は周囲の混乱を楽しんでいたと振り返っている。一方で、ZERRY(忌野清志郎)は、この事件はテレビ局にとっては大歓迎だったと述べている。

さらに読む ⇒BIZCONSUL OFFICEBIZCONSUL OFFICE出典/画像元: https://bizconsul.net/2022/04/22/%E3%80%90%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC%E3%80%91%E6%94%BE%E9%80%81%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%94%A8%E8%AA%9E%E9%80%A3%E7%99%BA%E3%80%81fm%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

タイマーズの音楽は、社会へのメッセージ性も強く、彼らの行動は、多くの人に影響を与えたと思います。

1989年10月13日、忌野清志郎率いるバンド『タイマーズ』は、フジテレビの音楽番組『ヒットスタジオR&N』に出演しました。タイマーズの楽曲は、原発問題や東京電力を批判する内容を含むため、東芝EMI親会社の東芝から発売を拒否され、インディーズでの発売を余儀なくされていました。さらに、FM東京の株主だった富士銀行が、同グループの三菱重工(原発関連大手)に配慮した結果、タイマーズの楽曲放送を禁止したことが明らかになりました。

え、まじ?!タイマーズって、そんなことしたん?!

タイマーズ、かっけー!

あら、タイマーズって、あんなに生意気な子たちだったのね。

生放送での抗議行動

タイマーズの演奏は、まさに衝撃的だったでしょうね。

🔖 関連記事の要約!インタビュー】大王丸「゛FM東京事件゛は本当にタイマーズの4人だけしか知らなかったんですよ」
インタビュー】大王丸「゛FM東京事件゛は本当にタイマーズの4人だけしか知らなかったんですよ」

✅ 大王丸は、タイマーズのドラマー杉山章二丸と、ブルースマンの大王ルイによる2人組バンドで、互いに音楽ファン同士だったことがきっかけで結成されました。

✅ 大王丸は、タイマーズの音楽性や清志郎のスタンスを受け継ぎつつ、自由で即興的な演奏を特徴としています。特に、ライブでは時事ネタを取り入れた新曲を即興で演奏することが多く、清志郎が新聞を広げて曲を作っていたというエピソードを彷彿とさせます。

✅ 大王丸は、音楽に対するスタンスが似ており、新しい音楽を積極的に聴くことはせず、演奏技術は各自で自主的に磨くという、ある種の「不真面目さ」の中に真面目さを見出す独特なバンドです。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000101560

忌野清志郎さんの音楽に対する情熱が伝わってくるエピソードですね。

忌野清志郎は、FM東京による楽曲の放送禁止措置に激怒し、生放送中に『FM東京』という楽曲を演奏しました。この楽曲は、FM東京とFM仙台で放送禁止措置を受けた楽曲への抗議として、忌野清志郎と山口冨士夫によって制作されました。歌詞の中で忌野清志郎は、放送禁止用語を連発しながらFM東京を痛烈に批判しました。この行為は、番組司会者の古舘伊知郎ら他の出演者を慌てさせ、視聴者にも大きな衝撃を与えました。

うわぁ、まじ?!生放送でそんなことするとか、めっちゃ怖い!

生放送って、やっぱりスゴイよね。

あら、タイマーズって、若い頃からワルだったのね。

事件の余波

この事件は、当時の音楽界に大きな衝撃を与えたでしょうね。

🔖 関連記事の要約!久保田利伸、松任谷由実とのエピソードを明かす「優しくしてもらって」
久保田利伸、松任谷由実とのエピソードを明かす「優しくしてもらって」

✅ 久保田利伸さんが、新曲「You Go Lady」のミュージックビデオ制作秘話を語りました。ミュージックビデオでは、回転するアナログ盤の上で歌っており、共演した福田彩乃さんの演技力に感銘を受けたことを明かしました。

✅ 久保田利伸さんは、尊敬するミュージシャンとしてユーミン(松任谷由実)を挙げ、ユーミンから多くのことを学んでいると語りました。特に、ユーミンからのアドバイスは、今日の放送で話した内容の5倍くらい価値があると表現しました。

✅ 久保田利伸さんは、後輩アーティストとの関係について、教えるよりも経験させることを重要視すると話しました。しかし、ユーミンのように、人のためになるような話をする人間を目指したいとも語りました。

さらに読む ⇒J-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FMJ-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FM出典/画像元: https://news.j-wave.co.jp/2018/03/jwave-tokiohot100.html

久保田利伸さんの話、興味深かったですね。

この事件は、『FM東京事件』として大きな話題となり、放送倫理、表現の自由、メディアと企業の関係など、様々な議論を巻き起こしました。FM東京は事件後、謝罪し、一部地域では生放送ではなく録画放送だったため、久保田利伸のライブ映像に差し替えられました。フジテレビはタイマーズに対して3年間の出入り禁止処分を下し、FM東京はタイマーズ所属事務所である東芝EMIに対して、松任谷由実のアルバム『LOVEWARS』の放送を一切しないことを通知しました。

えー、久保田利伸さん、ユーミンさんと仲良しなんや!

久保田利伸さん、イケメンやし歌上手いし、尊敬するわ。

あら、久保田利伸さんもユーミンさんから学んでたんや。

タイマーズの主張

タイマーズは、社会へのメッセージ性を強く打ち出したバンドでしたね。

🔖 関連記事の要約!夜のヒットスタジオ」伝説 謎のロックバンド THE TIMERS(ザ・タイマーズ)

公開日:2024/03/13

夜のヒットスタジオ」伝説 謎のロックバンド THE TIMERS(ザ・タイマーズ)

✅ THE TIMERSは、RCサクセションの忌野清志郎が率いる覆面ロックバンドで、1989年にメジャーデビューしました。

✅ THE TIMERSは、ザ・タイガースのパロディであり、土木作業員の格好で、忌野清志郎のメッセージ性を前面に出した音楽活動を行っていました。

✅ THE TIMERSは、1989年10月13日の「ヒットスタジオR&N」に出演し、その後解散しましたが、反原発や反体制的なメッセージを発信し続けた唯一のロックバンドとして、多くのファンから支持されています。

さらに読む ⇒はぼぞうの昭和探検隊はぼぞうの昭和探検隊出典/画像元: https://habomilk.com/fridayrock/post-2335/

タイマーズは、音楽を通して社会にメッセージを発信し続けることで、多くの人に影響を与え、記憶に残るバンドとなりました。

タイマーズのメンバーは、この事件について、事前に予定していた楽曲を突然変更して演奏したことは認めていますが、大きな問題だとは考えていなかったと語っています。ZERRY(忌野清志郎)は、この行為によってテレビ局は逆に大喜びしていたと述べており、視聴率や話題性を高める効果があったとも考えられています。

タイマーズって、ホンマに反骨精神の塊やな!

タイマーズ、伝説のバンドやし、かっけー!

あら、タイマーズって、あんなに反抗的な子たちだったのね。

忌野清志郎の信念と古舘伊知郎の思い

忌野清志郎さんの信念が感じられるエピソードですね。

🔖 関連記事の要約!古舘伊知郎が明かす、忌野清志郎が放送禁止用語を歌った日(週刊女性PRIME)
古舘伊知郎が明かす、忌野清志郎が放送禁止用語を歌った日(週刊女性PRIME)

✅ 古舘伊知郎がニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」で忌野清志郎率いる覆面バンド「ザ・タイマーズ」の放送禁止用語を含む伝説の生放送エピソードを語った。

✅ ザ・タイマーズは生放送で最大級の放送禁止用語を使い、某在京FM局を名指しで非難したが、リハーサルではそのFM局の名前を全て「古舘伊知郎」に替え歌してカモフラージュしていた。

✅ 古舘伊知郎は、忌野清志郎から「ゴメンね、古舘さん」と謝罪されたことを明かし、日本ロック史の生き証人としての貴重な体験を語った。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-shujoprime/1h7lgaw4qxelv

古舘伊知郎さんの言葉は、当時の状況や心境をありありと感じさせてくれます。

忌野清志郎は、生放送中に放送禁止用語を連発することで、自身の信念や考えを表現しようとしたのかもしれません。古舘伊知郎アナウンサーは、タイマーズの生放送中の行動について、ラジオ番組で振り返り、当時の状況や自身の心境を語りました。古舘アナは、タイマーズの行動に共感しながらも、司会として責任を感じ、マニュアル通りの言葉で謝罪したことに対して、当時、虚しさを感じたと語っています。

まじ?!古舘伊知郎さん、タイマーズのこと知っててん?!

タイマーズって、ホンマにスゴイバンドやな!

あら、タイマーズって、古舘伊知郎さんと仲良しだったのね。

タイマーズとFM東京の確執は、音楽史における重要な事件であり、表現の自由やメディアと企業の関係について、改めて考えさせられる内容でした。

🚩 結論!

💡 タイマーズは、生放送でFM東京を批判し、大きな話題に

💡 タイマーズの行動は、放送倫理や表現の自由に関する議論を巻き起こした

💡 タイマーズの音楽は、社会へのメッセージ性も強く、彼らの行動は、多くの人に影響を与えた