Academic Box Logo

忌野清志郎率いるバンド『タイマーズ』とFM東京の確執?タイマーズVS.FM東京、その真実とは!?

忌野清志郎率いるバンド『タイマーズ』とFM東京の確執?タイマーズVS.FM東京、その真実とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 タイマーズがFM東京を批判する楽曲を演奏した事件について

💡 タイマーズとFM東京の確執の背景と、音楽シーンへの影響について

💡 タイマーズの楽曲放送禁止措置と、忌野清志郎の信念について

それでは、第一章から詳しく見ていきましょう。

タイマーズとFM東京の確執

タイマーズの楽曲は、原発問題や東京電力を批判する内容を含むため、東芝EMI親会社の東芝から発売を拒否され、インディーズでの発売を余儀なくされていたんですね。

🔖 関連記事の要約!タブー】生放送中、放送禁止用語を連発して出入り禁止、TV史に残る「FM東京」事件とは? タイマーズ (忌野清志郎さん) の反骨精神、ロック魂! 当時の動画を観る!

公開日:2023/12/17

タブー】生放送中、放送禁止用語を連発して出入り禁止、TV史に残る「FM東京」事件とは? タイマーズ (忌野清志郎さん) の反骨精神、ロック魂!  当時の動画を観る!

✅ 1989年、タイマーズがフジテレビの音楽番組「ヒットスタジオR&N」に出演した際、事前に告知なく「FM東京」を罵倒する楽曲を演奏し、大きな話題となった。

✅ この行為は、タイマーズの楽曲がFM東京とFM仙台で放送禁止になったことへの抗議で、演奏後にはタイマーズはフジテレビから3年間の出入り禁止、FM東京はタイマーズ所属のレコード会社に対して楽曲の放送禁止措置を取った。

✅ タイマーズのメンバーは、この行為について当初は深刻に考えていなかったが、後年のインタビューでは、現場の混乱や視聴者の反応を楽しんでいたことを明かしている。また、忌野清志郎は、この事件がテレビ局側の思惑通りに視聴者の関心を集めたと述べている。

さらに読む ⇒BIZCONSUL OFFICEBIZCONSUL OFFICE出典/画像元: https://bizconsul.net/2022/04/22/%E3%80%90%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC%E3%80%91%E6%94%BE%E9%80%81%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%94%A8%E8%AA%9E%E9%80%A3%E7%99%BA%E3%80%81fm%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

まさに、音楽で社会問題に切り込むタイマーズの姿勢が垣間見えますね。

1989年10月13日、忌野清志郎率いるバンド『タイマーズ』は、フジテレビの音楽番組『ヒットスタジオR&N』に出演しました。タイマーズの楽曲は、原発問題や東京電力を批判する内容を含むため、東芝EMI親会社の東芝から発売を拒否され、インディーズでの発売を余儀なくされていました。さらに、FM東京の株主だった富士銀行が、同グループの三菱重工(原発関連大手)に配慮した結果、タイマーズの楽曲放送を禁止したことが明らかになりました。

え、まじ!?タイマーズって、そんなこともあったん?

タイマーズって、かなり尖ってたんやな。

あの頃は、みんな若かったのよ。私も、タイマーズのライブに行ったことがあるわ。

生放送での抗議行動

忌野清志郎の音楽は、本当に心に響くものがあります。

🔖 関連記事の要約!インタビュー】大王丸「゛FM東京事件゛は本当にタイマーズの4人だけしか知らなかったんですよ」
インタビュー】大王丸「゛FM東京事件゛は本当にタイマーズの4人だけしか知らなかったんですよ」

✅ 大王丸というバンドは、タイマーズのドラマー杉山章二丸と、ブルースマンの大王ルイにより結成された。

✅ 2人は共に忌野清志郎の音楽に影響を受けており、タイマーズの音楽性や清志郎のスタンスを継承している。

✅ 大王丸は、タイマーズの音楽の影響を受けつつ、独自の音楽性とライブパフォーマンスで活動しており、特に即興性や時事ネタを取り入れたライブは、清志郎の音楽に通じるものがある。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000101560

生放送中にFM東京を批判する楽曲を演奏するとは、忌野清志郎の信念を感じます。

忌野清志郎は、FM東京による楽曲の放送禁止措置に激怒し、生放送中に『FM東京』という楽曲を演奏しました。この楽曲は、FM東京とFM仙台で放送禁止措置を受けた楽曲への抗議として、忌野清志郎と山口冨士夫によって制作されました。歌詞の中で忌野清志郎は、放送禁止用語を連発しながらFM東京を痛烈に批判しました。この行為は、番組司会者の古舘伊知郎ら他の出演者を慌てさせ、視聴者にも大きな衝撃を与えました。

わー、おもろい!生放送でFM東京批判って!

生放送でそんなことするって、度胸あるよね!

あの頃は、テレビももっと自由だったのよ。

タイマーズの主張

タイマーズの楽曲は、本当にメッセージ性が高いですね。

🔖 関連記事の要約!THE TIMERS スペシャル・エディション』に収録されるライナーノーツの一部が公開!

公開日:2016/11/10

THE TIMERS スペシャル・エディション』に収録されるライナーノーツの一部が公開!

✅ タイマーズの伝説的な誕生と、忌野清志郎による覆面バンドとしての活動について、当時の宣伝担当である高橋Rock Me Baby氏によるライナーノーツの一部を公開。

✅ タイマーズは、RCサクセションとは異なる、忌野清志郎の新たな側面を見せたバンドであり、その活動は謎と噂に包まれ、海賊版カセットテープが流通するなど、当時の音楽シーンに大きな衝撃を与えた。

✅ 1988年11月13日の横浜国立大学学園祭でのライブの様子が、ライナーノーツで語られており、タイマーズの強烈なパフォーマンスと、観客を熱狂させる彼らの魅力が伝わる。

さらに読む ⇒ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPANユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN出典/画像元: https://www.universal-music.co.jp/the-timers/news/2016-11-10_news/

タイマーズの活動は、音楽シーンに大きな影響を与えたと言えるでしょう。

タイマーズのメンバーは、この事件について、事前に予定していた楽曲を突然変更して演奏したことは認めていますが、大きな問題だとは考えていなかったと語っています。ZERRY(忌野清志郎)は、この行為によってテレビ局は逆に大喜びしていたと述べており、視聴率や話題性を高める効果があったとも考えられています。

タイマーズって、やっぱりすごい!

タイマーズのライブ、見てみたかったなぁ。

タイマーズの音楽は、時代を超えて愛されるわね。

忌野清志郎の信念と古舘伊知郎の思い

古舘伊知郎さんのトークは、本当に面白いですよね。

🔖 関連記事の要約!古舘伊知郎が明かす、忌野清志郎が放送禁止用語を歌った゛伝説の事件゛の舞台裏
古舘伊知郎が明かす、忌野清志郎が放送禁止用語を歌った゛伝説の事件゛の舞台裏

✅ 古舘伊知郎が26年ぶりにニッポン放送のレギュラー番組「オールナイトニッポンGOLD」に復帰し、放送作家である鮫肌文殊が構成を担当している。

✅ 番組では、古舘伊知郎の速射砲のようなトークが繰り広げられ、鮫肌文殊は古舘さんのトークに「バウバウ」的な相槌を入れようとするも、早過ぎたり遅過ぎたりと苦労している。

✅ 2時間の放送時間の間、古舘伊知郎はノンストップで喋り続け、CM中にもジョークを飛ばすなど、そのトーク力は凄まじい。

さらに読む ⇒ 週刊女性PRIME 週刊女性PRIME出典/画像元: https://www.jprime.jp/articles/-/8666?display=b

古舘伊知郎さんのラジオ番組、聞いてみたいです。

忌野清志郎は、生放送中に放送禁止用語を連発することで、自身の信念や考えを表現しようとしたのかもしれません。古舘伊知郎アナウンサーは、タイマーズの生放送中の行動について、ラジオ番組で振り返り、当時の状況や自身の心境を語りました。古舘アナは、タイマーズの行動に共感しながらも、司会として責任を感じ、マニュアル通りの言葉で謝罪したことに対して、当時、虚しさを感じたと語っています。

古舘さん、相変わらずトークが面白いね!

古舘さんのトーク、最高!

古舘さん、昔と変わらんな。

タイマーズとFM東京の確執は、音楽シーンにおける表現の自由と社会との関係について深く考えさせられます。

🚩 結論!

💡 タイマーズのFM東京批判が、音楽シーンに大きな影響を与えた

💡 忌野清志郎の信念と、タイマーズの音楽が社会に与えた影響について

💡 タイマーズの楽曲放送禁止措置と、当時の音楽シーンの状況について