Academic Box Logo

秦基博の愛用ギターJ-45?その魅力とは!!?

秦基博の愛用ギターJ-45?その魅力とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 秦基博が長年愛用するギターJ-45の魅力

💡 秦基博の音楽活動の軌跡

💡 秦基博が音楽を通して伝えたいメッセージ

それでは、秦基博さんとJ-45の物語を紐解いていきましょう。

音楽への道

秦基博さんが、J-45に求めるもの、それは音色だけではないのかもしれませんね。

🔖 関連記事の要約!VOICE OF J

公開日:2023/03/10

VOICE OF J

✅ 秦基博さんが長年愛用している1966年製J-45は、デビュー前にプロ・ユースなアコースティックギターを探していた際に、そのサウンドとルックスに惹かれて購入した。

✅ J-45は、温かみのある中域のサウンドが特徴で、ハスキーな秦さんの声質との相性が良い。また、ナローネック仕様のため、爪弾いていて気持ち良いギターとして、ライブパフォーマンスでも使いやすい点が魅力。

✅ 秦さんにとってJ-45は、良いところも悪いところも知っている゛友達゛のような存在であり、数々の楽曲制作やライブで欠かせないパートナーとなっている。

さらに読む ⇒ Gibson Japan Gibson Japan出典/画像元: https://gibson.jp/news-events/19525

J-45との出会いは、秦基博さんの音楽人生を大きく変えたのでしょうね。

秦基博は、1980年10月11日生まれのシンガーソングライターです。宮崎県日南市出身で、幼少期は野球とバスケットボールに熱中していましたが、兄から譲り受けたギターに触れたことをきっかけに音楽の世界に興味を持ち始めます。中学時代にはバスケットボール部に入部しながらも、夕食前の1時間をギター練習に費やし、長渕剛やエレファントカシマシ、Mr.Childrenなどの曲をコピーしていました。この頃から作曲も始め、高校時代には軽音楽部に入部し、本格的に楽曲制作に取り組みます。

え、まじ!?J-45とかめっちゃかっこいいやん!

いや、J-45って有名じゃん?知らんかったん?

若いもんは、ギターなんて知らんやろ?ワシの頃はね、ギターは命だったのよ!

音楽活動の始まり

秦基博さんの音楽活動は、まさに努力の賜物ですね。

🔖 関連記事の要約!秦基博の年齢や身長、血液型や学歴などプロフィールは?

公開日:2020/12/09

秦基博の年齢や身長、血液型や学歴などプロフィールは?

✅ 秦基博さんは、1980年10月11日生まれの42歳で、身長は178cm、血液型はA型です。

✅ 宮崎県日南市生まれで神奈川県横浜市育ち、法政大学経営学部を卒業されています。

✅ 12歳からギターを始め、高校時代には楽曲制作を始め、2006年にシングル「シンクロ」でデビューしました。代表曲には「ひまわりの約束」や「泣き笑いのエピソード」などがあります。

さらに読む ⇒ちょっとしたハテナ?の話ちょっとしたハテナ?の話出典/画像元: https://goodweather.work/soloartist-hatamotohiro/

大学時代は、音楽に全てを捧げていたんですね。

高校卒業後、秦基博は法政大学経営学部経営学科に進学しますが、大学時代はほとんど学校に通わず、ライブハウスで弾き語りを中心に音楽活動に専念していました。大学時代には、観客が5人ほどという苦戦を経験するも、地元横浜のライブハウス「F.A.D.YOKOHAMA」のオーナーからアドバイスを受け、都内のライブハウスにも出演する機会を得て、音楽活動を続けました。大学卒業後は、フリーターとしてアルバイトをしながら音楽活動を続け、2005年に音楽事務所に所属。翌年の2006年にメジャーデビューを果たしました。

え、まじ!?フリーターしながら音楽活動とか、めっちゃ苦労したんやろ?

いや、大学時代って、遊びたい盛りじゃん?音楽に専念するって、すげーな!

若いもんは、苦労を知らないのよ!ワシの頃はね、食うにも事欠いて…

メジャーデビューとブレイク

秦基博さんの音楽は、多くの人を魅了しているんですね。

🔖 関連記事の要約!秦基博、大阪で2000人フリー・ライヴ実施
秦基博、大阪で2000人フリー・ライヴ実施

✅ 秦基博は大阪で1stアルバム「コントラスト」発売記念のフリーライブを開催し、2000人以上のファンが集まりました。

✅ ライブでは「鱗」「青い蝶」「シンクロ」などアルバム収録曲を歌い、ファンは秦基博の歌声に感動し、涙を流す人もいました。

✅ このライブで最新シングル「青い蝶」がFM802の「OSAKAN HOT100」で1位を獲得するなど、秦基博にとって思い出深い一日となりました。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000034717

デビュー後も、精力的に活動されているんですね。

2006年11月、秦基博はメジャーデビューシングル「シンクロ」をリリースし、FMラジオ43局のパワープレイ新記録を樹立しました。翌年にはミニアルバム「僕らをつなぐもの」を発表し、同年9月には1stアルバム「コントラスト」をリリースし、オリコン週間アルバムチャート5位にランクインし、ブレイクを果たしました。その後も、ホールツアーや野外音楽堂でのワンマンライブを開催し、チケットは毎回ソールドアウトとなっています。現在では、横浜アリーナ、大阪城ホール、マリンメッセ福岡など、1万人以上のキャパシティのアリーナクラスでも弾き語りを聴かせるライブを開催しています。

え、まじ!?2000人とか、めっちゃすごいじゃん!

いや、秦基博って人気あるよねー。ライブ行ったら、盛り上がりそう!

若いもんは、夢があるわね!ワシの頃はね、そんな夢なんか持てなかったのよ…

音楽活動の広がりとプライベート

秦基博さんの音楽は、様々な場所で聴くことができるんですね。

🔖 関連記事の要約!言の葉の庭」主演に入野自由、花澤香菜 EDテーマ「Rain」作詞作曲:大江千里、歌:秦基博

公開日:2013/03/08

言の葉の庭」主演に入野自由、花澤香菜 EDテーマ「Rain」作詞作曲:大江千里、歌:秦基博

✅ 新海誠監督の最新作「言の葉の庭」は、靴職人を目指す高校生タカオと謎めいた女性ユキノの雨の日だけの逢瀬を描いた物語。

✅ 声優はタカオ役に入野自由さん、ユキノ役には花澤香菜さんが決定。エンディングテーマは秦基博さんが歌う「Rain」で、作詞作曲は大江千里さんが担当する。

✅ 「言の葉の庭」は5月31日に公開され、同日に劇場先行販売されるBlu-ray DiscとDVDは、6月21日に一般発売される。

さらに読む ⇒アニメ!アニメ!アニメ!アニメ!出典/画像元: https://animeanime.jp/article/2013/03/08/13221.html

秦基博さんの楽曲は、本当に幅広いですね。

秦基博は、キャッチーで聴きやすく美しい曲を作れることから、映画やアニメ、ドラマなどのタイアップも多いのが特徴です。これまで、映画「あん」「聖の青春」「ステップ」「天空の蜂」、アニメ映画「言の葉の庭」「STANDBYMEドラえもん」、アニメ「坂道のアポロン」「宇宙兄弟」「NARUTO-ナルト-疾風伝」、テレビ「スッキリ!!」「世界・ふしぎ発見!」などのテーマソングを担当しています。また、2009年に一般女性と結婚し、現在は2人の娘さんがいます。代表曲の一つである「Girl」は娘をモチーフに作られた楽曲です。

え、まじ!?映画とかアニメとか、めっちゃタイアップしてるやん!

いや、秦基博って、結婚してたんだ!知らんかったー。

若いもんは、結婚も早いんよね!ワシの頃はね、結婚するのも遅かったのよ…

音楽を通して届けるメッセージ

秦基博さんの音楽は、多くの人に勇気を与えているんですね。

🔖 関連記事の要約!NHK次期朝ドラ「おちょやん」主題歌に秦基博のオリジナル曲/芸能/デイリースポーツ online
NHK次期朝ドラ「おちょやん」主題歌に秦基博のオリジナル曲/芸能/デイリースポーツ online

✅ NHK連続テレビ小説「おちょやん」の主題歌が秦基博のオリジナル曲「泣き笑いのエピソード」に決定しました。

✅ 秦基博は、主人公・千代の強い心と困難を乗り越える力強さに感銘を受け、楽曲を制作したとコメントしています。

✅ ヒロイン役の杉咲花は、秦基博の優しい歌声と温かい歌詞がドラマと視聴者の1日を力強く始める助けになると期待を寄せています。

さらに読む ⇒NHK次期朝ドラ「おちょやん」主題歌に秦基博のオリジナル曲/芸能/デイリースポーツ onlineNHK次期朝ドラ「おちょやん」主題歌に秦基博のオリジナル曲/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2020/10/05/0013757755.shtml

秦基博さんの楽曲は、どれも心に響きますね。

秦基博は、2009年のABC夏の甲子園高校野球の統一テーマソングに決定した。自身も少年時代にリトルリーグに所属していた野球少年であり、高校野球に対する強い思い入れがある。2020年11月30日放送開始のNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』の主題歌に書下ろし曲『泣き笑いのエピソード』を提供。この曲は、おちょやんの脚本を読んで秦基博さんが書き下ろしたオリジナル曲であり、ドラマの主人公の生き様を力強くも繊細に表現している。秦基博の楽曲は、多くのファンから支持を得ており、今回の『泣き笑いのエピソード』も、朝ドラの視聴者から大きな反響を呼んでいる。

え、まじ!?朝ドラの主題歌って、めっちゃすごいじゃん!

いや、秦基博って、野球好きなんだ!知らんかったー。

若いもんは、音楽も野球も好きなんやね!ワシの頃はね、音楽はレコードしかなかったのよ…

秦基博さんの音楽は、これからも多くの人を魅了していくことでしょう。

🚩 結論!

💡 秦基博の愛用ギターJ-45の魅力

💡 秦基博の音楽活動の軌跡

💡 秦基博が音楽を通して伝えたいメッセージ