Academic Box Logo

JUN SKY WALKER(S)の35周年!あの日比谷野音ライブがついにパッケージ化!?日比谷野音ライブのパッケージ化とは!?

JUN SKY WALKER(S)の35周年!あの日比谷野音ライブがついにパッケージ化!?日比谷野音ライブのパッケージ化とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 JUN SKY WALKER(S)の35周年記念ライブがパッケージ化され、限定販売される

💡 限定販売はトイズファクトリーの通販サイト『TOY’S STORE』で行われる

💡 早期予約特典として、限定ポストカード4枚セットがプレゼントされる

それでは、JUN SKY WALKER(S)の35周年記念ライブについて詳しく見ていきましょう。

JUN SKY WALKER(S)の歴史と未来

JUN SKY WALKER(S)は、1988年のメジャーデビューから35周年を迎え、精力的に活動を続けていますね。

🔖 関連記事の要約!LIVE DVD「JUN SKY WALKER(S) 35th Anniversary Live at 日比谷野外音楽堂」
LIVE DVD「JUN SKY WALKER(S) 35th Anniversary Live at 日比谷野外音楽堂」

✅ JUN SKY WALKER(S)のメジャーデビュー35周年ライブ「祝・日比谷野音100周年 JUN SKY WALKER(S) 35th Anniversary Live」がパッケージ化され、トイズファクトリーの通販サイト『TOY’S STORE』にて限定販売されます。

✅ ライブは2023年6月10日(土)東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)で行われたもので、パッケージ化されたものが限定販売されます。

✅ 11/12(日)23:59までに予約すると、早期予約特典として『限定ポストカード4枚セット』がプレゼントされます。

さらに読む ⇒JUN SKY WALKER(S) Official WebsiteJUN SKY WALKER(S) Official Website出典/画像元: http://junskywalkers.jp/discography/2038.html

日比谷野音でのライブ、素晴らしいですね。パッケージ化されたものを手に入れたいです。

JUN SKY WALKER(S)は、1988年11月26日に渋谷公会堂で初公演を行い、その後も精力的に活動を重ねてきました。2018年10月7日には、デビュー30周年を記念して、原宿ホコ天以来となるフリーライブを東京・自由が丘駅前で開催しました。このライブは、ジュンスカの音楽が30年の時を超えて人々の心を繋ぎ、これからも多くの人の心を魅了し続けることを証明しました。2023年6月10日には、JUN SKY WALKER(S)は、日比谷野外大音楽堂100周年を記念して、35周年記念ライブを開催します。このライブは、チケット料金が7,700円(税込)で、3歳未満は入場不可、3歳以上はチケットが必要です。また、ライブの生配信も予定されており、チケット料金は3,500円(税込)です。2023年12月24日には、JUN SKY WALKER(S)は、デビュー35周年で行った日比谷野音ワンマンライブを収録したDVD『JUNSKYWALKER(S)35thAnniversaryLiveat日比谷野外音楽堂』を発売予定です。価格は6,600円(税込み)です。

え、まじ!?日比谷野音って、めっちゃ憧れの場所やねんけど!

おー、懐かしいなぁ。ジュンスカは、俺らの青春時代を彩ってくれたバンドやけん。

あら、懐かしいわね。昔は、よく原宿でジュンスカのライブを見てたわ。

30周年記念ベストアルバム発売

30周年記念のベストアルバム、私も持っています。

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)、初のオールタイムベストアルバム発売 ゛最後の原宿ホコ天゛映像も初公開に
JUN SKY WALKER(S)、初のオールタイムベストアルバム発売 ゛最後の原宿ホコ天゛映像も初公開に

✅ JUN SKY WALKER(S)がデビュー30周年を記念し、初のオールタイムベストアルバム「ALL TIME BEST〜全部このままで〜1988-2018」を5月21日にリリースする。

✅ アルバムには、30周年ベストソングとして30曲が収録され、ボーナストラックとして渋谷ラママでのカウントライブのレア楽曲10曲が加えられたCD3枚組40曲のベストアルバムとなっている。

✅ さらに、初回限定盤には、新宿コマ劇場と日清パワーステーションでのライブ映像が完全版として初のDVD化され、ジュンスカ゛最後の原宿ホコ天゛映像が本邦初公開される。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2018/04/post-177775.html

30周年のベストアルバム、貴重なライブ映像が収録されているんですね。

JUNSKYWALKER(S)は、デビュー30周年を記念して、初のオールタイムベストアルバム『ALLTIMEBEST〜全部このままで〜1988-2018』を5月21日に発売します。全30曲に加え、昨年末の渋谷ラママでのカウントライブのレア楽曲10曲を収録したCD3枚組40曲のベストアルバムです。サウンドプロデュースは、ONEOKROCKなどを手掛けるakkinが担当し、新曲のほか、「休みの日」「言葉につまる」「愛しい人よ」の2018年バージョンも収録されています。初回限定盤には、新宿コマ劇場と日清パワーステーションでのライブ映像を収録したDVDが付属。さらに、1988年11月27日の原宿歩行者天国でのシークレットゲリラライブ映像も期間限定で視聴できるスペシャル特典として収録されています。

30周年って、もうそんなになるんや!早すぎるわー!

うっわ、まじ!?ホコ天の映像とか、めっちゃ貴重じゃん!

あら、懐かしいわね。昔は、よく原宿でジュンスカのライブを見てたわ。

35周年ツアー開催

35周年ツアー、楽しみですね。

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)、デビュー35周年を締め括るツアーファイナルLINE CUBE SHIBUYAで開催
JUN SKY WALKER(S)、デビュー35周年を締め括るツアーファイナルLINE CUBE SHIBUYAで開催

✅ JUN SKY WALKER(S)が来年5月19日にLINE CUBE SHIBUYAで35周年ツアーのファイナル公演を行うことを発表しました。

✅ 会場は、バンドにとってデビュー当初から特別な場所であり、ファンにとっても聖地とされる場所です。

✅ また、12月24日には日比谷野音でのワンマンライブを収録したDVDが発売されます。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000242444

LINECUBE SHIBUYAでのファイナル公演、ぜひ行ってみたいです。

JUNSKYWALKER(S)は、2023年12月2日から2024年5月19日まで、全国37公演の35周年ツアーを開催します。ツアーファイナルは、来年5月19日にLINECUBESHIBUYAで行われ、デビュー年の1988年11月26日に初公演を行った特別な場所となります。チケットの詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

まじ!?来年もライブあるんか!最高やん!

おー、来年もライブあるのか!楽しみだな!

あら、懐かしいわね。昔は、よく原宿でジュンスカのライブを見てたわ。

原宿ホコ天の思い出

原宿のホコ天は、音楽シーンにとって重要な場所でした。

🔖 関連記事の要約!ストリートの靴音 ~原宿ホコ天バンドをいま振り返る
ストリートの靴音 ~原宿ホコ天バンドをいま振り返る

✅ 原宿の歩行者天国(ホコ天)は、1977年から約20年間、若者文化の発信地として、多くのバンドが誕生し、ブームを巻き起こした。

✅ JUN SKY WALKER(S)、THE BOOM、THE STREET SLIDERSなど、ホコ天で人気を博したバンドは、それぞれ独自の音楽性と魅力で、当時の若者たちの心を捉え、音楽シーンに大きな影響を与えた。

✅ ホコ天は、ストリートでの音楽表現の場として、若者にとって大きなチャンスを提供し、現在のSNSやYouTubeなどの表現方法とは異なる、独特なムーブメントを生み出した。

さらに読む ⇒KKBOX - LISTEN, AND BE HEARDKKBOX - LISTEN, AND BE HEARD出典/画像元: https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1258-1.html

ホコ天で活躍していたバンドたちは、それぞれ個性的な音楽で人気を博していましたね。

原宿の「ホコ天(歩行者天国)」は、1977年から約20年間、若者文化の発信地として賑わっていました。竹の子族やローラー族といったファッションムーブメントだけでなく、ホコ天で路上ライブを行っていたバンドたちが次々とブレイクし、バンドブームの原動力となりました。代表的なホコ天バンドとして、JUN SKY WALKER(S)、THE BOOM、THE BLUE HEARTS、UNICORNなどが挙げられます。JUN SKY WALKER(S)は、キャッチーなメロディーとタテノリのビートが特徴で、武道館4daysをソールドアウトするほどの人気でした。THE BOOMは、スカバンドからワールドミュージックへと進化し、代表曲「島唄」で知られています。ホコ天は、若者にとって表現の場であり、チャンスの場所でした。バンドたちはストリートで培った経験を活かし、メジャーデビューを果たしました。しかし、ホコ天は1998年に廃止され、現在ではSNSやYouTubeなどが新たな表現の場となっています。それでも、ホコ天バンドたちの輝きは、今もなお私たちを魅了し続けています。

ホコ天って、懐かしいなぁ。昔は、よく友達と行ってたわ。

おー、ホコ天か!俺も、たまに原宿行って、ストリートライブ見てたなぁ。

あら、懐かしいわね。昔は、よく原宿でジュンスカのライブを見てたわ。

30周年記念ホコ天フリーライブ

30周年企画のホコ天フリーライブ、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!ジュンスカ、自由が丘駅前で30年ぶりのホコ天フリーライブを開催 (2018/10/09) 邦楽ニュース
ジュンスカ、自由が丘駅前で30年ぶりのホコ天フリーライブを開催 (2018/10/09)  邦楽ニュース

✅ JUN SKY WALKER(S)が、30周年企画としてホコ天フリーライブを開催。

✅ 自由が丘駅前ロータリー広場を埋め尽くした観客を前に、デビュー曲「歩いていこう」など代表曲を披露。

✅ ライブ終演後には、11月21日に「白いクリスマス」の2018年バージョンをリリースすることを発表。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/180686

ホコ天フリーライブ、当時の熱気を再び感じることができたのではないでしょうか。

JUNSKYWALKER(S)は、デビュー30周年を記念し、ラジオ番組「ジュンスカRe:STREET~30年目の゛ON゛返し」で募集した企画として、10月7日(日)に自由が丘駅前ロータリー広場でホコ天フリーライブを開催します。このイベントは、1998年8月に廃止された原宿ホコ天から誕生したジュンスカにとって、歴史的な瞬間となります。

ホコ天でライブとか、めっちゃ盛り上がってたんやろーなー!

おー、ホコ天でライブか!青春時代を思い出したわ!

あら、懐かしいわね。昔は、よく原宿でジュンスカのライブを見てたわ。

JUN SKY WALKER(S)は、35周年を迎え、これからも精力的に活動を続けていくでしょう。

🚩 結論!

💡 JUN SKY WALKER(S)が35周年記念ライブをパッケージ化

💡 30周年記念ベストアルバムが発売された

💡 35周年ツアーが開催される