Academic Box Logo

YMOの音楽は今聴いても新鮮?テクノポップのパイオニアたちの軌跡YMOの音楽の魅力とは!?

YMOの音楽は今聴いても新鮮?テクノポップのパイオニアたちの軌跡YMOの音楽の魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 YMOの音楽は、テクノポップという新しいジャンルを開拓し、日本の音楽史に大きな影響を与えた

💡 YMOのメンバーは、坂本龍一、細野晴臣、高橋ユキナリという、それぞれが個性的な音楽家である

💡 YMOの音楽は、当時としては斬新なサウンドと、洗練されたビジュアルで、多くのファンを魅了した

それでは、YMOの音楽の魅力について、詳しく見ていきましょう。

YMOの全盛期と解散

YMOは、1978年に結成され、1983年に解散した、日本のテクノポップバンドです。

🔖 関連記事の要約!80年代の伝説テクノポップYMO5曲】令和の今も新しい!誰も
80年代の伝説テクノポップYMO5曲】令和の今も新しい!誰も

✅ この記事は、YMOの代表曲5曲「ライディーン」「テクノポリス」「東風」「君に胸キュン」「過激な淑女」を取り上げ、各曲の特徴、聴衆からの反応、YMOの音楽性について解説しています。

✅ YMOは、1980年代に革新的なテクノポップサウンドで世界的に注目を集め、その音楽は時代を超えて多くの人々に愛され続けています。

✅ 記事では、各楽曲の斬新なサウンドや、伝統的な要素とテクノロジー融合など、YMOが追求した音楽的多様性について詳細に説明しています。リスナーからのコメントも紹介することで、YMOの音楽が現代でも新鮮さを保ち、幅広い世代に影響を与えていることを示しています。

さらに読む ⇒StartHome | 快適な゛Webサイトの入り口゛をお届けするスタートページStartHome | 快適な゛Webサイトの入り口゛をお届けするスタートページ出典/画像元: https://home.kingsoft.jp/news/life/dx_life/32fag51.html

YMOの楽曲は、どれも時代を超えて聴ける名曲揃いですよね。

1980年代に入ると、YMOは日本国内外で絶大な人気を博しました。彼らの楽曲は、映画やテレビ番組の主題歌として使用されるなど、広く普及しました。YMOは、テクノポップというジャンルを確立し、その後の日本の音楽シーンに多大な影響を与えました。1983年、YMOは解散しましたが、彼らの音楽はその後も多くのアーティストに影響を与え続け、現在でも世界中の音楽ファンから愛され、聴き継がれています。

マジ!?YMOって、めっちゃ懐かしいわ!

うん、確かに。YMOの音楽は、今でも新鮮に感じるよね。

YMOは、あの時代を象徴するような音楽だったわね。

YMOの伝記:海外進出の実相を探る

YMOの海外進出は、日本の音楽シーンを世界に広げる上で、大きな役割を果たしました。

🔖 関連記事の要約!YMOが世界に拡散したオリエンタリズムと、テクノ先進国としての栄光と衰退。いま日本文化の選ぶべき道は
YMOが世界に拡散したオリエンタリズムと、テクノ先進国としての栄光と衰退。いま日本文化の選ぶべき道は

✅ この記事は、YMOの1stアルバムのUS版における象徴的なアートワーク「エレクトロニック・ファン・ガール」をモチーフにした金屏風「Electronic Fan Girl (TB-01) 」が、音楽レーベル「U/M/A/A Inc.」の設立20周年プロジェクト『TechnoByobu』の第1弾プロダクトとして発表されたことを紹介しています。

✅ YMOのアートワークが金屏風になった理由や意味を探るため、DOMMUNE宇川直宏へのインタビュー、ピエール瀧(電気グルーヴ)と岩井莉子(LAUSBUB)によるYMOのサウンドやビジュアルイメージについての寄稿が掲載されています。

✅ ピエール瀧は、小学6年生の頃にYMOにハマり、その音楽から受けた衝撃や、Kraftwerkとの違いとして「アジア感」を感じていたことを語っています。Kraftwerkがヨーロッパ的な風景をイメージさせるのに対し、YMOは極彩色のネオン街や混沌としたアジアのイメージを表現しており、それが瀧にとって魅力的だったと述べています。

さらに読む ⇒CINRACINRA出典/画像元: https://www.cinra.net/article/202306-technobyobu_ymmtscl

金屏風を使ったアートワークは、日本の伝統文化とYMOの音楽が融合した、とても興味深い試みですね。

本書は、YMOの伝記であり、1970~1980年代の結成から解散までの記録をまとめたものです。著者はYMOの活動を21世紀に再再結成された時期から記録しようと考えたことがきっかけで、1980年代までのYMOを改めて捉え直すために、当時のリアルタイムの情報や取材を基に本書を執筆しました。特に、YMOの神話として語られることの多い海外進出について、当時の関係者へのインタビューや海外報道記事などを分析することで、海外進出の実相や日本のイメージ変換期の背景を探ります。YMOの海外進出は、メンバーと関係者による努力と創意のなせる技であり、戦後の日本の復興と相似形で、海外進出の物語であると著者は指摘します。また、海外からの誤解やディスコミュニケーションなども含め、YMOの海外進出における複雑な状況を浮き彫りにします。本書は第一部でYMOの過去を遡り、第二部で著者が取材したYMOメンバーのインタビューなどを紹介します。

え、金屏風!?めっちゃオシャレやん!

そうやね、YMOは、海外でも人気があったみたいやけど、実際はどうだったんかな?

YMOは、日本を代表する音楽グループだったわね。

坂本龍一:音楽家としての軌跡

坂本龍一さんは、音楽家としてだけでなく、映画音楽や社会活動など、様々な分野で活躍されています。

🔖 関連記事の要約!坂本龍一 / 千のナイフ(2016 リマスター)
坂本龍一 / 千のナイフ(2016 リマスター)

✅ 坂本龍一のアルバム「async」を基にしたインスタレーション作品「async – immersion 2023」が、「AMBIENT KYOTO 2023」で展示され好評を得た。この作品は、ZAKが「async」のサウンドを現地の音で再ミックスし、臨場感を高めたものである。

✅ 坂本龍一は、2023年1月17日に約6年ぶりのオリジナルアルバム「12」をリリースした。これは闘病生活の中で日記のように制作された音楽のスケッチから12曲を厳選した作品集であり、各曲のタイトルは作曲日となっている。

✅ 坂本龍一は、映画「怪物」のサウンドトラック、「After Yang」のテーマ曲、Netflixアニメ「exception」のサウンドトラック、コンタクトレンズ「CREO」のCM曲など、近年も様々な作品で音楽を提供している。また、2020年12月12日に開催された無観客オンラインピアノソロコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」の音源が、2021年12月12日にリリースされた。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/_/default/p/1983418

坂本龍一さんの音楽は、本当に幅広いですね。

坂本龍一は、東京藝術大学在学中に作曲家・三善晃の影響を受け、フランス音楽やバルトーク、シェーンベルクからの影響も受けました。三善の音楽は、当時の藝大作曲科の学生にとって一種の目標であり、坂本もその影響下にあったと言えるでしょう。しかし、1978年の『千のナイフ』とYMO結成を機に、坂本は「現代音楽のエリート路線」から一歩踏み出し、独自の音楽世界を追求していくことになるのです。坂本龍一さんは作曲した映画主題歌は、興行収入ランキングTOP3で6曲紹介されています。興行収入ランキングTOP3(ゲストボーカル有)は、1位:子猫物語(1986年)、2位:鉄道員(1999年)、3位:ケイゾク/映画BeautifulDreamer(2000年)です。インストゥルメンタル(邦楽主題歌なし)は、1位:ラストエンペラー(1988年)、2位:悪人(2008年)、3位:怪物(2023年)です。その他、坂本龍一さんが音楽を担当した映画は、戦場のメリークリスマス(1983年)、王立宇宙軍オネアミスの翼(1987年)、激光人・レーザーマン(1990年)、侍女の物語(1991年)、シェルタリング・スカイ(1991年)、ハイヒール(1992年)、嵐が丘(1993年)、リトル・ブッダ(1994年)などがあります。

坂本龍一って、カッコイイよね!

うん、坂本龍一さんの音楽は、聴き心地がいいよね。

坂本龍一は、天才だわね。

細野晴臣:変化を続ける音楽家

細野晴臣さんは、YMOのメンバーとしてだけでなく、ソロアーティストとしても、数多くのヒット曲を生み出しています。

🔖 関連記事の要約!細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969

公開日:2019/10/07

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969

✅ 細野晴臣さんのデビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」は、音楽、楽器、ビジュアルなど、細野さんの活動に関わる様々なものが展示され、ファン必見の内容になっています。

✅ 展示内容は、ジャケット、楽器、機材、蔵書、手書きメモ、ノート、イラストなど、驚くほどのボリュームで、細野さんの活動の軌跡をたどることができます。

✅ 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで開催されており、森美術館の企画展チケットを持っている方は無料で入場できます。

さらに読む ⇒Illustrator Kanoko Official Site - KANOKO ARTIllustrator Kanoko Official Site - KANOKO ART出典/画像元: https://kanokoart.com/%E7%B4%B0%E9%87%8E%E6%99%B4%E8%87%A3%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC50%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%B1%95%E3%80%8C%E7%B4%B0%E9%87%8E%E8%A6%B3%E5%85%891969-2019%E3%80%8D/

細野晴臣さんは、常に新しい音楽に挑戦し続けていらっしゃるんですね。

細野晴臣は、今年デビュー50周年を迎え、セルフカバーアルバム『HOCHONOHOUSE』の発売やアメリカ公演、展覧会『細野観光1969-2019』など、様々なイベントでファンを喜ばせています。しかし本人自身は「巻き込まれ型の50周年」と、あくまで淡々と語る。インタビューでは、過去の作品と向き合うことの難しさや、常に時代の先端をいく音楽家としての姿勢、そして、常に変化し続けることへの持論を語りました。細野さんは、大ヒット曲を生み出しながらも、そのヒットにとらわれず、常に新しい音楽に挑戦し続けてきました。それは、ピークを作らない、むしろ作れないという、細野さんなりの自由な生き方と言えるでしょう。変化と定点を両立させる秘訣は「大ヒットしないこと」と語り、常に新しい音楽を探求し続ける細野さんの自由な姿勢が伝わってくるインタビューでした。

細野晴臣って、めっちゃおしゃれ!

細野晴臣さんの音楽は、聴き心地がいいよね。

細野晴臣は、音楽界のレジェンドだわね。

本日は、YMOの音楽について、詳しく解説しました。

🚩 結論!

💡 YMOは、テクノポップというジャンルを開拓し、日本の音楽シーンに大きな影響を与えた

💡 YMOのメンバーは、それぞれが個性的な音楽家であり、彼らの音楽は時代を超えて愛され続けている

💡 YMOの音楽は、現代でも新鮮さを保ち、世界中の音楽ファンから愛されている