Academic Box Logo

寺尾聰の「ルビーの指環」はなぜヒットした?その魅力とは!?

寺尾聰の「ルビーの指環」はなぜヒットした?その魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 寺尾聰は、俳優としても歌手としても活躍しているマルチな才能を持つ人物である。

💡 「ルビーの指環」は、彼の代表曲であり、1981年にリリースされた大ヒット曲である。

💡 本記事では、寺尾聰の俳優としての活躍と、「ルビーの指環」のヒットの理由について詳しく解説していく。

それでは、Chapter-1から始めさせていただきます。

俳優としての寺尾聰

寺尾聰は、数々の映画やドラマに出演し、幅広い役柄を演じてきましたね。

🔖 関連記事の要約!リキ゛寺尾聰 初公開含む秘蔵写真199点を一挙掲載 「西部警察」写真集第4弾/芸能/デイリースポーツ online
リキ゛寺尾聰 初公開含む秘蔵写真199点を一挙掲載 「西部警察」写真集第4弾/芸能/デイリースポーツ online

✅ 「西部警察」シリーズ第4弾写真集「『西部警察 PERSONAL4』寺尾聰」が22日に発売。寺尾聰演じる゛リキ゛こと松田猛刑事の秘蔵写真199点を掲載。

✅ 初公開写真に加え、射撃訓練やマシンXの運転シーン、大門軍団のオフショットなど、貴重な写真が満載。

✅ 1980年のインタビュー記事や、「西部警察」監督・プロデューサーの岩崎純氏と脚本家の峯尾基三氏による対談も収録。寺尾聰の「西部警察」への思いや裏話を知ることができる内容となっている。

さらに読む ⇒リキ゛寺尾聰 初公開含む秘蔵写真199点を一挙掲載 「西部警察」写真集第4弾/芸能/デイリースポーツ onlineリキ゛寺尾聰 初公開含む秘蔵写真199点を一挙掲載 「西部警察」写真集第4弾/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2022/07/21/0015488475.shtml

「西部警察」は、私も大好きでした!リキの熱い演技に、いつも感動していました。

寺尾聰は、1966年にバンド「ザ・サベージ」でデビューし、翌年には俳優に転身しました。俳優としては、映画「黒部の太陽」で映画デビューを果たし、「西部警察」のリキこと松田刑事役で人気を博しました。1976年には、父親である俳優の宇野重吉さんと共に映画「男はつらいよ寅次郎夕焼け小焼け」に出演しました。その後も精力的に俳優業を続け、黒澤明監督作品にも出演。21世紀には「雨あがる」や「半落ち」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、数々の作品で高い演技力を披露しています。近年ではドラマ「特捜9」や「5夜連続ドラマスペシャル「山崎豊子白い巨塔」」など話題作に出演し、現在も俳優として活躍しています。

えー、知らんけど。

まじっすか!

あら、懐かしいわね。

歌手としての寺尾聰

寺尾聰は、歌手としても、多くのヒット曲を世に送り出してきました。

🔖 関連記事の要約!ザ・ベストテン』で12週連続1位の『ルビーの指輪』にお経みたいで売れないとダメだしの過去が « 日刊SPA!

公開日:2021/03/31

ザ・ベストテン』で12週連続1位の『ルビーの指輪』にお経みたいで売れないとダメだしの過去が « 日刊SPA!

✅ 寺尾聰さんがゲスト出演する「クリスのお宝箱」では、彼の音楽のルーツや「ルビーの指環」誕生秘話、そして音楽の師匠であるジャズピアニストの三保敬太郎さんとの出会いについて語られる。

✅ 寺尾聰さんは石原裕次郎さんの後押しで「ルビーの指環」をレコード化し、大ヒットに。音楽の原点には、三保敬太郎さんの影響が大きく、彼が音楽の面白さを教えてくれたことで、寺尾聰さんの音楽人生が大きく変わったという。

✅ 番組では、寺尾聰さんの音楽ルーツである70~80年代の洋楽ヒット曲をカバーしたライブ映像も紹介。彼の音楽への情熱と、音楽に対する深い愛情を感じることができる番組となっている。

さらに読む ⇒日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報出典/画像元: https://nikkan-spa.jp/1734291

「ルビーの指環」は、本当に名曲ですよね。何度聴いても飽きない。

寺尾聰は、1980年にソロデビューし、代表曲となる「SHADOWCITY」や「出航SASURAI」をリリースしました。翌年には「ルビーの指環」が大ヒットし、レコード大賞を受賞しました。この曲は、失恋の悲しみと未練が切々と歌われた、昭和を代表するアダルトポップスの名曲として、今も多くの人々に愛されています。当初は売れ行きが芳しくなかったものの、発売から1ヶ月ほど経つと徐々にチャートを上昇し、3月30日付けのオリコンチャートでついに1位を獲得しました。さらに、12週連続1位という記録を達成し、当時の歌番組『ザ・ベストテン』でも1位を獲得しました。このヒットは、寺尾聰の他の楽曲にも注目が集まる結果となり、3曲同時にチャートインするという現象も起こりました。1981年リリースのアルバム『Reflections』に収録された『ルビーの指輪』は、160万枚以上のセールスを記録し、当時のアルバムセールス最高記録となりました。

まじ!?寺尾聰って歌も歌えるの!?

へー、知らんかった。

あら、そうなのね。

「ルビーの指環」の魅力

「ルビーの指環」は、一見地味な曲に見えますが、実は奥深い魅力が詰まっているのです。

🔖 関連記事の要約!松本隆 都会で生まれ育った心象風景を描く 「ルビーの指環」はレコード大賞受賞(1/2ページ)

公開日:2020/11/06

松本隆 都会で生まれ育った心象風景を描く 「ルビーの指環」はレコード大賞受賞(1/2ページ)

✅ 布施明の1977年の楽曲「旅愁~斑鳩にて~」は、松本隆氏とのコラボレーションによって誕生した。

✅ 松本隆氏は、都会的な詞の世界を持つ一方で、文学作品への造詣が深く、島尾敏雄や小川国夫といった作家からインスピレーションを受けていた。

✅ 松本隆氏は、作詞以外に小説「微熱少年」を執筆しており、自身の青春時代を描いた作品となっている。

さらに読む ⇒iza(イザ!)総合ニュースサイト:産経デジタルiza(イザ!)総合ニュースサイト:産経デジタル出典/画像元: https://www.iza.ne.jp/article/20201106-2LEVMIFCT5MHPICQMRKHNPQU2A/

なるほど、そう考えると、確かに中毒性がありますね。

「ルビーの指環」は、寺尾聰の代表曲であり、1981年にリリースされた大ヒット曲です。しかし、一見地味な曲であり、低い声での歌唱、単調なメロディー、失恋の歌の内容など、魅力がないように思える要素が多く、なぜここまでヒットしたのか疑問視されています。作曲は寺尾聰自身、作詞は松本隆、編曲は井上鑑が手掛けました。シンプルながらも中毒性のあるメロディーと、失恋の切なさ、そして「ルビーの指環」という象徴的なアイテムが、聴く人の心を掴んだと考えられます。歌詞の内容は、主人公が失恋し、過去の思い出に浸りながら、指輪を探し続けるという切ない物語です。特に、サビの部分にある「ベージュのコートを見かけると指にルビーの指環を探すのさ」というフレーズは、失恋の切なさ、そして指輪への執着を表現しており、多くの人の共感を得たと言われています。また、曲の構成は、シンプルなリズムとメロディーが特徴で、繰り返されるフレーズが聴く人の心を落ち着かせ、長く記憶に残る印象を与えます。特に、イントロのエレキギターと、ダダ!という2音のリズムは、その後続くメロディーとの対比を生み出し、独特の雰囲気を作り出しています。

えー、地味な曲なんか、全然思わんけど。

確かに、地味っちゃ地味やけど、なんか耳に残る曲やけん。

あら、そうかしらね。

「ルビーの指環」の歌詞解釈

「ルビーの指環」の歌詞は、失恋の切なさ、そして指輪への執着が表現されています。

🔖 関連記事の要約!寺尾聡「ルビーの指環」の歌詞の意味を考察!歌われた時代背景は?

公開日:2021/03/28

寺尾聡「ルビーの指環」の歌詞の意味を考察!歌われた時代背景は?

✅ 「ルビーの指環」は、寺尾聡が1981年にリリースした楽曲で、別れた女性への切ない想いを歌ったものです。

✅ 歌詞は、現在と回想が入り混じっており、男が女性と別れてからの2年間、彼女の事を忘れられず苦しんでいる様子が描かれています。

✅ 特に、指輪を巡るやり取りは、当時の恋愛事情や価値観を反映しており、現代では考えられないような部分も含まれています。

さらに読む ⇒カモシカおやじの趣味ブログカモシカおやじの趣味ブログ出典/画像元: https://kamoshika01.com/19261.html

歌詞も、よく見ると深いですね。

「ルビーの指環」の歌詞は、愛する女性と別れた男性が、2年以上経っても彼女を忘れられず、過去の思い出に浸る様子を描いています。歌詞の解釈では、男は女性と別れ、同じ場所で独り言を呟き、女性への深い想いを表現しています。女性は、別れ際に男から贈られたルビーの指環を外し、男はそれを返すよう求めますが、どちらも指環をどうすれば良いのか悩みます。歌詞の中に登場する「ルビーの指環」は、女性からの誕生石の希望を受け、男が贈ったものだと推測されます。また、歌詞から女性は7月後半生まれであることも推測できます。

歌詞?知らんけど。

歌詞とか、よく分からんけど、なんか切ない感じはするよね。

あら、そうなのね。

やんちゃだった寺尾聰

寺尾聰は、若い頃は、やんちゃな一面もあったようです。

🔖 関連記事の要約!寺尾聰】ヒット曲『ルビーの指環』!ジュディ・オングや范文雀との破局なども調査!
寺尾聰】ヒット曲『ルビーの指環』!ジュディ・オングや范文雀との破局なども調査!

✅ 寺尾聰さんは、俳優と音楽の両方で活躍したマルチな才能を持つ人物です。彼は劇団民藝を設立した宇野重吉さんの息子として生まれ、若い頃はバンド活動をしていました。

✅ 寺尾聰さんは、ジュディ・オングさん、范文雀さんと結婚し、離婚した過去があります。彼は結婚後の家庭生活に強いこだわりを持っていたことから、離婚の原因となった可能性があります。

✅ 寺尾聰さんは現在、モデル・女優の星野真弓さんと結婚しており、彼女は寺尾聰さんが所属する芸能事務所の社長を務めています。夫婦には子供がいますが、一般人として生活しているため、詳細な情報は公開されていません。

さらに読む ⇒「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)「記憶をくすぐる」大人のメディア Middle Edge(ミドルエッジ)出典/画像元: https://middle-edge.jp/articles/sjdUz

意外ですね。

寺尾聰は若い頃、石原プロの規則や礼儀を無視し、失礼な行動を繰り返していた。例えば、スポーツ紙の部長の名刺を破り捨てたり、石原裕次郎の番記者に対してふてぶてしい態度をとったりした。また、ジュディ・オングや星野真弓との恋愛も、結婚後の生活を巡ってトラブルになった。寺尾聰は裕次郎や石原プロのメンバーから「ワンパク」と評され、手もつけられないほどのやんちゃぶりだったことがわかる。

えー、まじ!?

あはは、そーゆーとこあるよねー。

あら、そうだったの?

寺尾聰は、俳優、歌手、そしてマルチな才能を持つ人物として、これからも活躍されることと思います。

🚩 結論!

💡 寺尾聰は、俳優としても歌手としても、高い人気を博している。

💡 「ルビーの指環」は、彼の代表曲であり、シンプルながらも中毒性のあるメロディーが特徴である。

💡 彼の音楽や演技を通して、多くのファンを魅了している。