Academic Box Logo

宮本笑里の音楽の歩みは?クラシックとポップスの融合とは!?

宮本笑里の音楽の歩みは?クラシックとポップスの融合とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ヴァイオリニスト宮本笑里は、クラシック音楽をベースに独自の音楽スタイルを確立している。

💡 様々なジャンルとのコラボレーションを通して、幅広い音楽性を示している。

💡 東日本大震災復興支援にも積極的に取り組んでいる。

では、まず宮本笑里さんの音楽の歩みについて詳しく見ていきましょう。

宮本笑里の音楽の歩み

宮本笑里さんは、クラシック音楽をベースに、様々なジャンルの音楽を取り入れて独自の音楽スタイルを確立されているんですね。

🔖 関連記事の要約!ヴァイオリニスト宮本笑里が語るコロナ禍での新たな出会い、クラシックの魅力を詰め込んだ『classique deux』
ヴァイオリニスト宮本笑里が語るコロナ禍での新たな出会い、クラシックの魅力を詰め込んだ『classique deux』

✅ 宮本笑里のニューアルバム「classique deux」は、クラシック音楽の魅力をより多くの人に届けたいという想いで制作されたもので、聴き馴染みのあるクラシック曲を、彼女自身の解釈で演奏している。

✅ コロナ禍による環境の変化の中で、インスタグラムなどのSNSを活用した活動や、ホルン奏者の福川伸陽との出会いなど、新しい試みが生み出された。

✅ ゲストアーティストとして、川本嘉子(ヴィオラ)と新倉瞳(チェロ)が参加しており、それぞれのアーティストとのコラボレーションによって、意外性がありながらも魅力的な演奏が実現している。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/32118

クラシック音楽の魅力を、より多くの人に届けたいという宮本笑里さんの想いが伝わってくる演奏ですね。

ヴァイオリニストの宮本笑里は、7歳からヴァイオリンを始め、クラシック音楽をベースに、独自の音楽スタイルを確立しました。幼少期をドイツで過ごし、東京音楽大学を卒業、桐朋学園のカレッジ・ディプロマコースで研鑽を積んでいます。彼女はクラシックの名曲とオリジナル楽曲を組み合わせ、ポップスやJ-POP、さらには沖縄音楽など、様々なジャンルの楽曲を演奏することで知られています。クラシックの基礎をしっかりと学んだ彼女は、どんな曲を演奏しても、メロディが際立つ演奏で聴く人を魅了します。また、父である宮本文昭をはじめ、福山雅治、CHEMISTRY、ケイコ・リー、中孝介、エリック・マーティン、T-SQUAREなど、様々なジャンルのミュージシャンとコラボレーションを行っており、その幅広さは彼女の大きな魅力の一つです。近年では、自身のオリジナル楽曲だけでなく、木村カエラの「Butterfly」、アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」、エンニオ・モリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス愛のテーマ」など、ポップスや映画音楽のカバー曲も積極的に演奏しています。

え、マジ!?めっちゃかっこええやん!

うん、うん。確かに、クラシックとポップスとか、色々なジャンルの音楽を融合させてて、新鮮やね。

若い頃から音楽に触れてきたんやなぁ。素晴らしいわ。

デビュー当初の苦難と挑戦

大変な時期もあったんですね。

🔖 関連記事の要約!「父より怖い人に出会ったことがない」ヴァイオリニスト宮本笑里「師匠と弟子の関係」から親子に戻るまで(CHANTO WEB)
「父より怖い人に出会ったことがない」ヴァイオリニスト宮本笑里「師匠と弟子の関係」から親子に戻るまで(CHANTO WEB)

✅ 宮本さんは、ヴァイオリニストとしてドラマ『のだめカンタービレ』や報道番組『NEWS ZERO』に出演するなど、幅広い分野で活躍されています。

✅ 宮本さんは、当初は先生に「優しそうだったから」という理由でヴァイオリンを始めたものの、中学生の頃に父親から「ヴァイオリンを辞めるかプロを目指すか」と選択を迫られ、プロを目指すことを決意しました。

✅ 宮本さんの父親は、普段は優しく面白い人ですが、礼儀や食習慣には厳しく、宮本さんが小学生の頃に箸の持ち方を注意した際に、お味噌汁をかけてしまったエピソードを紹介しています。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/c1b5ec0b00d9588b015b1f366b41fcdae2ec548c

厳しい言葉を浴びせられることもあったんですね。それでも自分の道を貫き通す姿は、本当に尊敬できます。

宮本笑里は、クラシックとポップスの両方を弾くスタイルでデビューしたものの、当時はクラシック楽器でポップスを弾くことに対する批判的な意見がありました。父親である宮本文昭さんは、宮本さんの音楽活動を温かく見守っていましたが、宮本さんは新人であったため周囲からは理解を得られず、厳しい言葉を浴びせられることもありました。しかし、宮本さんは自分の道を貫き、今では若い世代の音楽家のチャレンジを応援する立場になっています。宮本さんは、音楽高校時代には父親の有名さゆえに「親の七光り」といった言葉を浴びせられるなど、辛い経験も経験してきました。宮本さんは、ドラマ「のだめカンタービレ」のオーケストラにも参加し、俳優の永山瑛太さんと水川あさみさんにヴァイオリンの指導を行った経験があります。また、報道番組「NEWSZERO」のカルチャーキャスターとしても活躍し、ジェフ・ベックさん、オノ・ヨーコさん、レオナルド・ディカプリオさんなど様々な著名人とインタビューを行いました。

え、まじ!?めっちゃ大変やったんやな。

そうやな。でも、厳しい経験があったからこそ、今の宮本笑里さんがいるんやろうね。

若い頃から大変な経験をしてきたんやなぁ。でも、それを乗り越えてきたからこそ、今の素晴らしい演奏があるんやろうね。

音楽一家での成長

音楽一家で育ったんですね。

🔖 関連記事の要約!特集:宮本笑里~彼女だからこそ生み出すことができた音楽とは?
特集:宮本笑里~彼女だからこそ生み出すことができた音楽とは?

✅ 宮本笑里は、クラシック音楽をベースに、オリジナル楽曲、スタンダードナンバー、J-POPなど幅広い楽曲を演奏するヴァイオリニストである。

✅ 彼女は、クラシックの名曲、オリジナル楽曲の他、木村カエラの「Butterfly」、アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」など、さまざまなジャンルの曲をカバーしており、クラシックとポップスを融合させた演奏を聴かせてくれる。

✅ 宮本笑里は、実父である宮本文昭をはじめ、福山雅治、CHEMISTRY、ケイコ・リーなど、様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーションを積極的に行っており、クラシックの枠にとらわれない音楽性を追求している。

さらに読む ⇒Billboard JAPANBillboard JAPAN出典/画像元: https://www.billboard-japan.com/special/detail/2259

音楽一家で育った環境が、宮本笑里さんの音楽に大きな影響を与えているんですね。

宮本さんは、世界的オーボエ奏者である宮本文昭さんの息子であり、音楽一家で育ちました。ヴァイオリンを始めたきっかけは「先生が優しそうだったから」という理由でしたが、中学生のときに父からプロを目指すか辞めるかの選択を迫られ、プロを志すことを決意しました。その後、父は厳しく指導する先生となり、普段も敬語で接するようになり、師弟関係となりました。宮本文昭さんは、普段は優しくおしゃべり上手な面白い人ですが、礼儀や食事のマナーには厳しく、宮本さんが小学1、2年生のときに箸の持ち方がなっていないことを理由にお味噌汁をかけられた経験があります。

え、マジ!?お父さん、有名なオーボエ奏者やったんや!

やっぱり、音楽一家ってすごいな。

音楽一家って、やっぱりすごいわね。

15周年記念アルバム「classiquedeux」

15周年おめでとうございます。

🔖 関連記事の要約!魂に触れる音を求めて。宮本笑里さんの新アルバムで、ヴァイオリンの多彩な魅力を味わう
魂に触れる音を求めて。宮本笑里さんの新アルバムで、ヴァイオリンの多彩な魅力を味わう

✅ 宮本笑里は、クラシックとポピュラー両ジャンルの楽曲を演奏するヴァイオリニストで、幅広い活躍を見せている。デビュー15周年を記念してリリースされたアルバム「classique deux」では、愛奏するクラシックの名曲を取り上げ、繊細な美から壮大なスケールまで、ヴァイオリンの多様な表現の可能性を示している。

✅ 今回のアルバムでは、ホルン奏者の福川伸陽、ヴィオラの川本嘉子など、実力派の奏者たちとの共演も実現。出産や子育てを経て、より深みを増した彼女の演奏は、聴く人の心を揺さぶる力強いエネルギーに満ちている。

✅ 宮本笑里は、デビューから15年間、常に最高のものに挑戦し続けてきた。今回のアルバムもその集大成であり、彼女の音楽に対する情熱と探求心を感じることができる。15周年記念リサイタルツアーも開催され、彼女の奏でる美しい音色を体感できる機会となっている。

さらに読む ⇒家庭画報.com|゛素敵な人゛のディレクトリ家庭画報.com|゛素敵な人゛のディレクトリ出典/画像元: https://www.kateigaho.com/article/detail/149623

15周年記念のアルバム、素晴らしいですね。

宮本笑里はデビュー15周年を記念し、全曲クラシックの名曲を収録したアルバム「classiquedeux」をリリースしました。アルバムには、ショパンの「夜想曲第20番」、シューマンの「トロイメライ」、バッハの「G線上のアリア」など、誰もが耳にしたことのある名曲が12曲収録されています。宮本笑里は、クラシックとポップスの垣根を超えた音楽表現で知られており、今回のアルバムは、自身のルーツであるクラシック音楽への回帰ともいえるでしょう。彼女は、音楽を通して感情のコントローラーとしての役割を果たしたいと考えており、ビジネスシーンで気持ちを上げたい時にはホルストの「木星」、激務を終えた夜にはドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」を聴くことを勧めています。アルバムの制作には、父親でありオーボエ奏者、指揮者でもある宮本文昭氏の言葉が大きな影響を与えました。宮本笑里は、父から「すぐに音楽界からいなくなる」と言われたことをバネに、常に緊張感を持ってレコーディングに臨んだということです。彼女は、音楽以外にキャスターやラジオパーソナリティの仕事にも挑戦しており、これらの経験も自身の音楽表現に活かされていると考えています。

15周年ってスゴイ!これからも応援するわ!

15周年かー。おめでとうございます!

15年も経つんやね。時の流れは早いなぁ。

復興への願いを込めたニューアルバム「renaissance」

震災復興への想いを込めたアルバムですね。

🔖 関連記事の要約!宮本笑里とGLAYのTAKUROがコラボ、仙台フィルとの共演アルバムに楽曲収録
宮本笑里とGLAYのTAKUROがコラボ、仙台フィルとの共演アルバムに楽曲収録

✅ ヴァイオリニスト宮本笑里が、東日本大震災で被災された人々への想いを込めた新曲「光」を、GLAYのTAKUROと共作し、3月7日にリリースするアルバム『renaissance( ルネッサンス ) 』に収録。

✅ この楽曲は、仙台フィルハーモニー管弦楽団との共演を重ねる中で生まれた想いを形にしたもので、震災直後から被災地支援を続けてきたGLAYのTAKUROに宮本笑里がオファーし、実現した。

✅ アルバム『renaissance( ルネッサンス ) 』の収益の一部は、東日本大震災復興支援に寄付され、宮本笑里は3月11日放送の日本テレビ系『復興テレビ みんなのチカラ 3.11 』に、仙台フィルと共に出演予定。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000077561

音楽を通して、震災復興への想いを伝えていくという宮本笑里さんの強い意志を感じます。

宮本笑里が、東日本大震災後に交流を続けてきた仙台フィルハーモニー管弦楽団との共演によるニューアルバム『renaissance(ルネッサンス)』を3月7日にリリースします。アルバムには、震災後何度も避難所等で演奏されたという日本の名曲「ふるさと」「上を向いて歩こう」「第九」「ボレロ」等のクラシックのメロディをヴァイオリン+オーケストラ用に再構築した楽曲や、宮本笑里が新たに作曲した新曲「光」が収録されています。アルバム発売後には、仙台フィルとの復興支援コンサートが3月31日に開催されることも決定。収益金の一部は寄付される予定となっています。宮本笑里は、音楽を通して震災復興の想いを伝えていきたいと語っています。アルバムは初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売されます。初回生産限定盤には、DVDが付属します。DVDには、「光」のビデオクリップやメイキングドキュメント映像、サントリーホールでのライブ映像が収録されます。また、アルバム収録曲の「Remembrance」が1月4日よりウェスティンホテル仙台のCM曲に決定しています。

え、マジ!?めっちゃ感動した!

音楽で復興を応援するって、素敵やな!

音楽って、本当にすごい力を持っているわね。

宮本笑里さんの音楽は、クラシック音楽の魅力と、ポップスやJ-POPなど様々なジャンルの音楽との融合、そして、復興への願いを込めたメッセージを感じることができます。

🚩 結論!

💡 ヴァイオリニスト宮本笑里は、クラシック音楽をベースに独自の音楽スタイルを確立している。

💡 様々なジャンルとのコラボレーションを通して、幅広い音楽性を示している。

💡 東日本大震災復興支援にも積極的に取り組んでいる。