Academic Box Logo

リンキン・パーク、新曲発表!? 最新情報まとめ進化とは!!?

リンキン・パーク、新曲発表!? 最新情報まとめ進化とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 リンキン・パークは、2025年にリユニオン・ツアーを行う可能性を検討している

💡 故チェスター・ベニントン(Chester Bennington)の後任として女性ヴォーカリストの起用を検討している

💡 グレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ』がリリースされた

それでは、リンキン・パークの最新情報について詳しく見ていきましょう。

リンキン・パークの進化

リンキン・パークは、2000年のデビュー以来、ロックとヒップホップを融合させた独自のサウンドで多くの人を魅了してきましたね。

🔖 関連記事の要約!linkinparkの新着記事
linkinparkの新着記事

✅ リンキン・パークは、2025年にリユニオン・ツアーを行う可能性を検討しており、故チェスター・ベニントン(Chester Bennington)の後任として女性ヴォーカリストの起用を検討している。

✅ リンキン・パークは、キャリア全体に及ぶベスト・アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション2000-2023)』をリリースした。

✅ リンキン・パークは、2006年の来日公演で゛QWERTY゛をライヴ初披露した映像を公開した。

さらに読む ⇒人気のハッシュタグ|アメーバブログ(アメブロ)人気のハッシュタグ|アメーバブログ(アメブロ)出典/画像元: https://blogtag.ameba.jp/news/linkinpark

リンキン・パークの進化は、本当に素晴らしいですね。これからも彼らの音楽を楽しみにしています。

リンキン・パークは、2000年にリリースされた1stアルバム『HybridTheory』で世界的な人気を獲得しました。その後も数々のアルバムをリリースし、ロックとヒップホップを融合させた独特のサウンドで進化を続けました。2010年のアルバム『AThousandSuns』では、従来のヘヴィなロックサウンドから大きく脱却し、ボーダレスな進化を見せました。今回のニューアルバム『LivingThings』は、初期のサウンドを現代的に解釈したような作品となっています。初期の熱量を『AThousandSuns』に注入したような、ヘヴィなサウンドと洗練されたメロディ、そして新たな試みが見られる作品です。特に、『HybridTheory』のアップデート版と言えるトラックや、哀愁漂うバラード、そして混沌としたクラブミュージック風のトラックなど、多様な楽曲が収録されています。LINKINPARKは『LivingThings』でさらなる進化を遂げ、新たな章をスタートさせました。

マジ!?リンキン・パークって、もう解散してたと思ってたわ!

おいおい、まさかリンキン・パークが復活するとは!これは楽しみすぎるぜ!

リンキン・パークって、あの頃は若かったなぁ。懐かしいわ。

グレイテスト・ヒッツ・アルバム「ペイパーカッツ」リリース

リンキン・パークのグレイテスト・ヒッツ・アルバムは、彼らの軌跡をたどるのに最適ですね。

🔖 関連記事の要約!リンキン・パーク キャリア初となるグレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000

公開日:2024/04/12

リンキン・パーク キャリア初となるグレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション  2000

✅ リンキン・パークのキャリア初となるグレイテスト・ヒッツ・アルバム「ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)」がリリースされました。

✅ アルバムには、リンキン・パークの代表曲に加え、未発表音源「フレンドリー・ファイヤー」と「クワーティ」が収録されています。

✅ 「フレンドリー・ファイヤー」はオルタナティヴ・ラジオ・チャートで1位を獲得するなど、大きな話題となっています。

さらに読む ⇒Livelife33Livelife33出典/画像元: https://livelife.promo/?p=6175

このアルバムには、リンキン・パークの代表曲がたくさん収録されているので、ぜひ聴いてみてください。

リンキン・パークは、バンド史上初となるキャリアを総括するグレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション2000-2023)』を4月12日にリリースします。今作は、全音楽ストリーミング・サービスで配信され、CD、2枚組アナログ盤を含む様々な形態で発売されます。日本盤CDも同日発売予定です。『ペイパーカッツ』には、代表曲「クローリング」や「サムホエア・アイ・ビロング」に加え、人気レア音源「クワーティ」など、バンドのこれまでの軌跡をたどる楽曲が収録されています。さらに、未発表曲「フレンドリー・ファイヤー」も収録されています。この曲は、2017年の『ワン・モア・ライト』制作時にレコーディングされ、故チェスター・ベニントンの力強いボーカルが印象的です。

え、まじ!?リンキン・パークの新曲って、どんな感じなん?気になるわ~

リンキン・パークのグレイテスト・ヒッツ、これはゲットしないと損だよ!

リンキン・パークって、まだやってたんや!若いもんはすごいわ。

メンバーが語る「フレンドリー・ファイヤー」

リンキン・パークのメンバーは、それぞれが楽曲への熱い思いを持っているんですね。

🔖 関連記事の要約!リンキン・パーク、4月発売のベスト盤から未発表曲「Friendly Fire」のMV公開
リンキン・パーク、4月発売のベスト盤から未発表曲「Friendly Fire」のMV公開

✅ リンキン・パークが、バンド史上初のキャリアを総括したグレイテスト・ヒッツ・アルバム「ペイパーカッツ(シングルス・コレクション2000-2023)」を4月12日にリリースすることを発表した。

✅ アルバムには、過去の代表曲に加えて、未発表音源「フレンドリー・ファイヤー」が収録される。この楽曲は、2017年のアルバム「ワン・モア・ライト」の制作中にレコーディングされたもので、チェスター・ベニントンの力強いボーカルが印象的だ。

✅ さらに、リンキン・パークの代表曲「イン・ジ・エンド」が、全米レコード協会よりダイヤモンド・ディスクの認定を受けたことが明らかになった。これは、楽曲の売上枚数が1,000万枚を超えたことを示すもので、バンドにとって大きな喜びとなっている。

さらに読む ⇒MUSIC LIFE CLUB - ロックジェネレーションのためのウェブマガジンMUSIC LIFE CLUB - ロックジェネレーションのためのウェブマガジン出典/画像元: https://www.musiclifeclub.com/news/20240227_08.html

「フレンドリー・ファイヤー」は、チェスター・ベニントンのボーカルが本当に素晴らしいです。

ギタリストのブラッド・デルソンは、「フレンドリー・ファイヤー」について、セッション中に常に気に入っていた楽曲だったと語り、『ワン・モア・ライト』では完成に至らなかったものの、今回のグレイテスト・ヒッツ・コレクションのために選び、楽曲の力強さ、ストーリー性、ボーカル、サウンドスケープに改めて感動したとコメントしています。マイク・シノダは、それぞれのアルバム制作で全ての楽曲を愛し、世界で聴かれることを願っており、『ペイパーカッツ』は、バンドのタイムラインの中で特別な瞬間と進化のストーリーを反映している楽曲をキュレートしたものだとコメントしています。

チェスター・ベニントンって、めっちゃかっこよかったよね!

リンキン・パークの楽曲は、どれも心に響くけど、「フレンドリー・ファイヤー」は特に好きだな。

チェスター・ベニントンは、天国で歌ってるのかな?

リンキン・パークは、進化を続けながら、これからも私たちに素晴らしい音楽を届けてくれると思います。

🚩 結論!

💡 リンキン・パークは、グレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ』をリリースした

💡 リンキン・パークは、2025年にリユニオン・ツアーを行う可能性を検討している

💡 リンキン・パークは、故チェスター・ベニントン(Chester Bennington)の後任として女性ヴォーカリストの起用を検討している