Academic Box Logo

石橋凌の音楽人生は?伝説のロックバンドARBとは!?

石橋凌の音楽人生は?伝説のロックバンドARBとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 石橋凌は、ARBのボーカルとしてデビューし、その後俳優としても活躍

💡 ARBは、1970年代後半に結成された日本のロックバンド

💡 石橋凌は、近年、音楽活動を再開し、再び注目を集めている

それでは、石橋凌さんとARBについて、詳しく見ていきましょう。

石橋凌の音楽への道

石橋凌さん、若い頃から音楽に情熱を燃やしていたんですね。

🔖 関連記事の要約!石橋凌が激白!ARBはアイドルバンドとして売り出されるはずだった!(RadiChubu by CBCラジオ)
石橋凌が激白!ARBはアイドルバンドとして売り出されるはずだった!(RadiChubu by CBCラジオ)

✅ 石橋凌さんは、デビュー45周年を迎え、ラジオ番組でデビュー当時のエピソードを語りました。かつては、事務所から社会的なことや政治的なことを歌詞に入れるなと指示され、ラブソングしか許されなかったことに疑問を感じていたことを明かしました。

✅ 石橋凌さんは、ARBをアイドルバンドとして売り出したいというレコード会社の意向に反発し、音楽に対する信念の食い違いから事務所を辞めました。その後、極貧生活を強いられ、質屋通いをするなど、苦労を経験しました。

✅ 石橋凌さんは、カップ麺を買いにスーパーに行った際に、ファンの子から食料をプレゼントされ、温かい励ましの言葉をかけられたエピソードを語りました。この経験は、石橋さんの音楽に対する情熱を再燃させたようです。

さらに読む ⇒goo ニュースgoo ニュース出典/画像元: https://news.goo.ne.jp/article/radichubu/entertainment/radichubu-52830.html

事務所との確執や苦労を乗り越えて、音楽への情熱を貫き通した石橋凌さんの強い意志を感じますね。

石橋凌は、幼少期からロック音楽に共感し、個人の意見を音楽に乗せて表現することに魅力を感じていました。高校時代には音楽研究会に所属し、バンド活動をスタートさせました。その後、プロを目指して音楽活動に励みましたが、なかなか道が開けず、シェフになることも検討していました。しかし、KBCラジオの番組ディレクターからの連絡がきっかけで、ARBのボーカルオーディションを受け、見事合格を果たし、念願のプロミュージシャンとしての道を歩むことになりました。

え、まじ!?アイドルバンドとか、ありえへんやん!

そうやね、音楽への情熱がなければ、乗り越えられんやろ。

若い頃はみんな、あんなもんよ。私も若い頃は、夢を追いかけて、大変だったわ。

ARBの復活と現在の状況

ARB、昔は人気だったんですよね。

🔖 関連記事の要約!ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として 60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー
ずっと゛挑戦゛ですね」。ARBに松田優作 渾身のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』 ミュージシャンとして、俳優として  60年の生き様とあの頃を語り尽くす石橋凌ロングインタビュー

✅ 石橋凌のライブ盤『LIVE Neo Retro Music 2015』は、2015年ツアーの最終日の模様を収録したもので、MCもほぼカットせずに収録することで、まるでその場に居合わせたかのような臨場感を味わえるアルバムとなっている。

✅ アルバムには、石橋凌の地元である福岡出身の先輩であり憧れのギタリストである鮎川誠がゲスト出演しており、シーナへの追悼の言葉が収録されている。鮎川誠はシーナが亡くなった後、ギターを弾いて悲しみを紛らわせる姿を見て、石橋凌はライブでのギター演奏を依頼した。

✅ 石橋凌は、幼い頃から音楽に親しみ、バンド活動を続け、俳優としても活躍するなど、音楽と俳優業の両立を貫いている。彼は、故・松田優作との出会いによって俳優の道へ進むことを決意し、現在も音楽活動を続けている。

さらに読む ⇒ぴあ関西版WEBぴあ関西版WEB出典/画像元: https://kansai.pia.co.jp/interview/music/2016-02/ishibashiryo-liveneoretromusic2015.html

音楽に対する情熱、そして、故・シーナさんへの深い友情が伝わってくるエピソードですね。

ARBは、80年代にバンド活動を封印し、石橋凌は役者の道に進みました。3年前にキースとの再会をきっかけに活動を再開し、かつてのファンだけでなく、十代の新たなファンを獲得し、予想以上の成功を収めています。しかし、石橋凌はARBがマイノリティであることを受け入れ、現在の音楽業界におけるARBの位置づけを冷静に分析しています。かつての反逆児、アウトサイダーであったARBは、今では三十代、四十代の世代に向けたメッセージを届けることを重要視しており、その世代との共感を重視しています。

えー、石橋凌さんって、俳優さんやってたんや!知らんかったわ!

やっぱり、音楽は人生やね。

昔のバンドって、みんな苦労してたのよ。私も若い頃は、バンドやってて…。

「淋しい街から」に込めた思い

石橋凌さんのデビュー40周年記念ツアー、素晴らしいですね。

🔖 関連記事の要約!石橋凌 Ryo ISHIBASHI Official Website – GranVision » 12/27 Blu
石橋凌 Ryo ISHIBASHI Official Website – GranVision » 12/27 Blu

✅ 石橋凌のデビュー40周年を記念したライブツアー「石橋凌 Debut 40th Anniversary Tour゛淋しい街から゛」のファイナル公演が、2019年4月20日に石橋凌の生まれ故郷である久留米シティープラザ大ホールで行われ、その模様がBlu-ray & DVDとして発売されます。

✅ Blu-ray & DVDには、ライブ全26曲が完全収録されており、特典として映像と同内容の2枚組ライブCDが封入されます。

✅ 商品は2019年7月10日発売予定で、価格はBlu-rayが8,000円(税別)、DVDが7,000円(税別)となっています。

さらに読む ⇒石橋凌 Ryo ISHIBASHI Official Website – GranVision 石橋凌 Ryo ISHIBASHI Official Website – GranVision 出典/画像元: https://ryoishibashi.com/discography/blu-ray_dvd1227/

『淋しい街から』という曲に込められた思い、とても深いですね。

石橋凌は、デビュー40周年記念ツアー『Debut40thAnniversaryTour「淋しい街から」』に込めた思いを語りました。久留米出身の石橋凌は、生まれ育った街を「淋しい街」と感じていたことを明かし、18歳の頃に作った「淋しい街から」という曲は、当時の不安や葛藤を反映した曲だったと語りました。しかし、40年以上経った今では、様々な経験を経て、この曲に対する気持ちが変化したと述べています。自身の音楽人生を振り返り、決めた道を歩み続けた喜びを感じていると語り、「ブレない」こと、自分自身を持つことの大切さを強調しています。また、「淋しい街から」は、旅に出たい、夢を叶えたいという誰もが抱く願いと、それを諦めざるを得ない現実、そしてそれでも前に進む勇気を歌った曲だと解釈しました。

えー、石橋凌さん、久留米出身なんや!知らんかった!

やっぱ、地元愛って大切やね!

私も若い頃は、夢を追いかけて、故郷を離れたわ。

ARBの音楽の魅力と影響

石橋凌さんの音楽、本当に魅力的ですね。

🔖 関連記事の要約!石橋凌が激白!ARBはアイドルバンドとして売り出されるはずだった!
石橋凌が激白!ARBはアイドルバンドとして売り出されるはずだった!

✅ 石橋凌さんはデビュー45周年を迎え、旧知の仲である小堀勝啓とのラジオ番組出演で、デビュー当時のエピソードを語りました。

✅ 事務所から社会的なことや政治的なことは歌詞に入れられないという制約を受けたことや、アイドルバンドとして売り出されるよう指示されたことに対する衝撃、そしてバンド活動のためにアルバイトをしないという決意を語りました。

✅ バイトをしないと決めた結果、極貧生活に陥り、質屋通いを覚えたエピソードや、ファンの子にカップ麺代を立て替えてもらったという思い出話を通して、当時の苦労を赤裸々に語りました。

さらに読む ⇒RadiChubu-ラジチューブ-RadiChubu-ラジチューブ-出典/画像元: https://radichubu.jp/jamboree/contents/id=52830

石橋凌さんの音楽は、世代を超えて愛される魅力があるんですね。

石橋凌は、自身の音楽を「ネオ・レトロ・ミュージック」と定義し、40年の音楽人生の中で最高の傑作と語る最新アルバム『mayBurn!』について、その制作エピソードを交えながら熱い思いを語りました。この記事の著者は、中学生時代にARBの解散ライブのVHSビデオを見て衝撃を受けたことから始まり、ARBの音楽への傾倒、特に初期のメンバーによる音源の魅力を語っています。著者は、ARBのライブバンドとしての魅力を「魂こがして」というライブ音源で初めて実感し、その後も様々なアルバムを聴き込み、特に「BLACK Xmas〜ARB SECRET SINGLES」を名盤として挙げています。記事では、高校時代のバンド活動でARBの曲を演奏したこと、歌詞の持つ社会性やメッセージ性、特に「ファクトリー」という曲に込められたドラマ性に触れ、ドラムスのKEITHさんの存在感について言及しています。

えー、石橋凌さん、めっちゃ苦労したんや!

やっぱり、音楽って、人生の支えになるんやね。

昔の音楽って、今の音楽とは違うのよ。

ARBとの出会い、そして未来へ

石橋凌さんの音楽、これからも楽しみです!

🔖 関連記事の要約!石橋凌、ライブ映像作品『石橋凌 Debut 40th Anniversary Tour ゛淋しい街から゛』12月27日発売
石橋凌、ライブ映像作品『石橋凌 Debut 40th Anniversary Tour ゛淋しい街から゛』12月27日発売

✅ 石橋凌のデビュー40周年記念ライブツアー「石橋凌 Debut 40th Anniversary Tour ゛淋しい街から゛」のライブ映像作品がリリースされる。

✅ 2019年3月から全国8カ所で行われたツアーのうち、4月20日の久留米シティープラザ大ホール公演が完全収録されている。

✅ Blu-ray/DVDにはライブ映像に加え、特典として同内容の2枚組ライブCDが封入されている。

さらに読む ⇒ TOWER  RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/feature_item/2019/11/11/0709

夢に向かって努力し続ける石橋凌さんの姿、感動しました。

著者は、ARBの楽曲「淋しい街から」を聴きながら上京し、夢だったARBと同じイベントに出演した時の興奮と、石橋凌さんとの交流を語っています。最後に、著者は、ARBの初期の音楽に対する熱い思いと、今後も音楽を追求していく決意を表明しています。

えー、石橋凌さんと会えたんか!羨ましい!

音楽って、本当に素晴らしいね!

私も若い頃は、音楽に夢中だったのよ。

石橋凌さんの音楽、これからも注目していきたいですね。

🚩 結論!

💡 石橋凌は、ARBのボーカルとしてデビューし、その後俳優としても活躍

💡 ARBは、1970年代後半に結成された日本のロックバンド

💡 石橋凌は、近年、音楽活動を再開し、再び注目を集めている