Academic Box Logo

石若駿 - AnswertoRememberは、一体どんな音楽?AnswertoRememberとは!?

石若駿 - AnswertoRememberは、一体どんな音楽?AnswertoRememberとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 AnswertoRememberは、石若駿が率いる新しいプロジェクト。

💡 石若駿の音楽的ルーツや活動について解説。

💡 AnswertoRememberの今後の活動について深掘り。

それでは、石若駿さんのAnswertoRememberについて詳しく見ていきましょう。

ドラムへの情熱と出会いの軌跡

石若駿さんのドラムに対する情熱、そしてたくさんの出会いが、今の石若駿さんを形作っているんですね。

🔖 関連記事の要約!石若駿 音楽家 「日本で最も多忙なドラマー」:中日新聞Web
石若駿 音楽家 「日本で最も多忙なドラマー」:中日新聞Web

✅ 記事の内容はsvg画像のパスデータであり、具体的な内容は図形を描画するデータです。

✅ パスデータは複雑で、複数の図形を組み合わせたロゴのようなものが描画されていると考えられます。

✅ パスデータは細部まで記述されており、図形の形状や位置、曲線などが詳細に指定されています。

さらに読む ⇒中日新聞Web中日新聞Web出典/画像元: https://www.chunichi.co.jp/article/212874

石若駿さんの音楽は、クラシック、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルの要素が融合されていて、本当に興味深いです。

石若駿は、幼少期に山下洋輔トリオの初代ドラマー、森山威男さんの演奏に衝撃を受け、ドラムを始める。その後、X JAPANのYOSHIKIの影響も受け、ドラムの魅力に惹きつけられた。札幌・ジュニア・ジャズスクールでビッグバンドに参加し、ジャズの世界へ本格的に足を踏み入れる。中学2年生で日野皓正との共演を果たし、東京藝術大学附属高校に進学。高校時代には、ケイシー・ベンジャミンらとセッションするなど、数々の貴重な経験を積む。石若駿は、クラシックの打楽器を学びながら、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルの音楽を吸収し、多岐にわたる活動を行っている。

え、まじ!?中学で日野皓正と共演とか、めっちゃスゴイやん!

いや、まじで!石若駿って、めっちゃ天才やない?

あら、若い頃から才能が開花してたのね。すごいわね。

音楽の探求と「AnswertoRemember」の誕生

杉山智恵子先生との出会いは、石若駿さんの音楽人生において大きな転換期だったのでしょうね。

🔖 関連記事の要約!杉山智恵子
杉山智恵子

✅ 杉山智恵子さんは、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業の打楽器奏者・マリンバ奏者であり、ダルクローズ・リトミックの専門家です。

✅ 彼女は、演奏活動に加え、長年リトミック指導にも携わっており、音楽大学や教育機関で、リトミックと打楽器を融合させたコンサートや講座を行っています。

✅ 近年は、音楽以外の一般企業などにも招聘され、リトミックを活かした自己啓発セミナーなど、活動の幅を広げています。

さらに読む ⇒東京吹奏楽団公式ウェブサイト東京吹奏楽団公式ウェブサイト出典/画像元: http://tousui.luna.weblife.me/menber/menber/sugiyama.html

杉山智恵子さんのリトミック指導を受けたことで、石若駿さんの音楽表現はさらに深みが増したのではないでしょうか。

東京藝術大学では杉山智恵子先生から「魅せる、聴かせる、惹きつける」という「『る』の3原則」を学び、ジャンルを超えた音楽を追求する。クラシックやジャズだけでなく、ポップミュージックや現代音楽にも積極的に取り組む彼の姿勢は、2020年代の音楽シーンを牽引する新プロジェクト「AnswertoRemember」にも繋がっている。

え、先生から「魅せる、聴かせる、惹きつける」って教わったん?なんか、かっこよすぎ!

音楽大学って、やっぱレベル高いんやなあ。

音楽の道って、奥が深いなぁ。

多岐にわたる活動とAnswertoRememberの未来

石若駿さんは、本当に多岐にわたる活動をしていて、驚きですね。

🔖 関連記事の要約!石若駿、ポップ・プロジェクト『Songbook』のおよそ2年ぶりとなる新作リリース 自身の歌唱も披露

公開日:2023/03/08

石若駿、ポップ・プロジェクト『Songbook』のおよそ2年ぶりとなる新作リリース 自身の歌唱も披露

✅ 石若駿のライフワークである「Songbook」シリーズの6作目となるアルバム「Songbook6」がリリースされた。

✅ 本作はコロナ禍を経て制作され、石若駿自身が作曲、編曲を担当し、キーボード、ドラムを演奏している。

✅ さらに今作では、石若駿自身の歌唱も披露され、角銅真実、西田修大など豪華なゲストミュージシャンたちが参加している。

さらに読む ⇒Spincoaster (スピンコースター)Spincoaster (スピンコースター)出典/画像元: https://spincoaster.com/news/shun-ishiwaka-songbook6

石若駿さんは、新しい音楽に挑戦することを恐れない、まさに現代の音楽シーンを牽引する存在だと思います。

石若駿は、KingGnuの前身であるSrv.Vinciやmillenniumparadeのメンバーとして活躍している。現在では、フリージャズの向こう側を探求するSMTK、歌モノに特化したSONGBOOK、そして昨年1stアルバムをリリースしたAnswertoRememberの3つのプロジェクトを同時進行している。AnswertoRememberの恵比寿リキッドルーム公演について、石若駿は「本当にやって良かった」と手応えを感じており、今後ツアーを回して参加ミュージシャンのアイデアを取り込みながら発展させていきたいと考えている。また、AnswertoRememberの新曲の制作も進んでおり、来年中のリリースを目指しているとのこと。

え、石若駿って、KingGnuにもmillenniumparadeにもおったん!?マジか!

石若駿って、めっちゃ人気あるんやね!

あら、若者も色々知ってて、感心しちゃうわ。

日野皓正との出会い - 石若駿の音楽への道を照らす光

日野皓正さんの演奏は、石若駿さんに大きな影響を与えたのですね。

🔖 関連記事の要約!日野皓正 X Jim O゛Rourke 話題になったCut Chemistのリミックスに続き、日野より50才年下のバンドメンバー石若駿の名を曲名にした「Shun」をJim O゛Rourkeがリミックス。 (2021.06.23)
日野皓正 X Jim O゛Rourke 話題になったCut Chemistのリミックスに続き、日野より50才年下のバンドメンバー石若駿の名を曲名にした「Shun」をJim  O゛Rourkeがリミックス。 (2021.06.23)

✅ 日野皓正の最新アルバム「Beyond The Mirage」に収録されている「Shun」を、Jim O’Rourkeがリミックスした「Shun X (Jim O’Rourke Remix)」が2021年6月23日にデジタルリリースされました。

✅ Jim O’Rourkeは、日野皓正の音楽が60年代のジャズを彷彿とさせることに着目し、オリジナル楽曲に新たな映像を混ぜるようなリミックスを試みたと語っています。

✅ さらに、2021年8月28日には、Cut Chemistによる「Beyond The Mirage」のリミックスとJim O’Rourkeによる「Shun」のリミックスを収録した12インチレコードが限定発売されます。

さらに読む ⇒SPACE SHOWER MUSIC (スペースシャワーミュージック)SPACE SHOWER MUSIC (スペースシャワーミュージック)出典/画像元: https://music.spaceshower.jp/news/154415/

日野皓正さんと石若駿さんの音楽は、世代を超えて繋がっているんですね。

石若駿は、ジャズにのめり込んだきっかけについて、小学5年生のときに日野皓正の演奏を見たことが衝撃だったと語っている。日野皓正の演奏は、石若駿にとって「大きな火だるまのようにみんなを巻き込みながら大きくなっていくような」ものだったという。この経験が、石若駿の音楽への道を大きく左右したと考えられる。

日野皓正って、めっちゃ有名やんな!

日野皓正の演奏って、どんな感じなんやろ?

あら、日野皓正さんって、今も活躍されてるんや。

同級生対談 - 音楽への情熱と未来への展望

常田大希さんと石若駿さんの同級生対談は、とても興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!常田大希にとって石若駿とはフライローでいうサンダーキャット――この2人だからこそ開かれる、聴いたことのない音楽の扉
常田大希にとって石若駿とはフライローでいうサンダーキャット――この2人だからこそ開かれる、聴いたことのない音楽の扉

✅ 常田大希と石若駿の同級生対談では、2人の音楽的なルーツ、影響を受けた音楽、そして音楽に対する考え方について語られています。

✅ 石若駿はジャズドラマー、常田大希は異端ポップバンドSrv.Vinciのメンバーであり、音楽的なバックグラウンドは異なりますが、時代やジャンルを超えた幅広い音楽に影響を受け、独自の音楽性を確立していることがわかります。

✅ 2人は、幼い頃から様々な音楽に触れ、音楽のジャンルにとらわれずに様々な音楽を吸収してきたことから、互いに共感し合い、新しい音楽を生み出していることが示唆されています。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/11768

2人の音楽に対する情熱が伝わってくる、素晴らしい対談でした。

常田大希と石若駿の同級生対談。音楽的な振り幅の広さ、ジャンルレスを超えた音楽性、時代の寵児となりつつある2人の音楽への情熱が伝わってくる内容。音楽への情熱、育った環境、音楽制作における互いの影響について語られる。お互いの音楽への影響、音楽に対する考え方の共通点、そして音楽の未来への展望が語られる。

同級生同士って、やっぱ話が合うんやな。

常田大希って、石若駿のこと知ってて、仲ええんやな。

あら、世代が変わっても、音楽はみんなを繋ぐのね。

石若駿さんの音楽には、情熱と革新を感じますね。AnswertoRememberの今後の活動にも期待しています。

🚩 結論!

💡 石若駿は、ジャズドラマーとしてだけでなく、多岐にわたる音楽活動を行っている。

💡 AnswertoRememberは、石若駿が率いる新プロジェクトで、今後の活躍が期待される。

💡 石若駿の音楽は、世代を超えて多くの人々に愛されている。