Academic Box Logo

石若駿のドラム人生、AnswertoRememberとは!?天才ドラマーの軌跡と未来

石若駿のドラム人生、AnswertoRememberとは!?天才ドラマーの軌跡と未来
📘 この記事で分かる事!

💡 石若駿は、幼少期からドラムに情熱を燃やし、数々の経験を積んできた。

💡 石若駿は、AnswertoRememberというプロジェクトを発足し、新たな音楽に挑戦している。

💡 石若駿は、日野皓正や常田大希など、音楽界の巨匠たちとの交流を通して、音楽の幅を広げている。

それでは、石若駿さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

ドラムへの情熱と出会いの軌跡

石若駿さんのドラムへの情熱が伝わってきますね。

🔖 関連記事の要約!石若駿 音楽家 「日本で最も多忙なドラマー」:中日新聞Web
石若駿 音楽家 「日本で最も多忙なドラマー」:中日新聞Web

✅ 記事の内容は、SVG 形式のコードによって描かれたロゴデザインについて記述されています。

✅ コードは、ロゴの各要素をパスとグループで定義しており、複雑な形状と色調を表現しています。

✅ このロゴは、詳細な構造と精巧なデザインを持つことが特徴です。

さらに読む ⇒中日新聞Web中日新聞Web出典/画像元: https://www.chunichi.co.jp/article/212874

石若駿さんは、様々なジャンルの音楽に触れることで、独自の音楽スタイルを確立されたんですね。

石若駿は、幼少期に山下洋輔トリオの初代ドラマー、森山威男さんの演奏に衝撃を受け、ドラムを始める。その後、X JAPANのYOSHIKIの影響も受け、ドラムの魅力に惹きつけられた。札幌・ジュニア・ジャズスクールでビッグバンドに参加し、ジャズの世界へ本格的に足を踏み入れる。中学2年生で日野皓正との共演を果たし、東京藝術大学附属高校に進学。高校時代には、ケイシー・ベンジャミンらとセッションするなど、数々の貴重な経験を積む。石若駿は、クラシックの打楽器を学びながら、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルの音楽を吸収し、多岐にわたる活動を行っている。

え、マジ!?かっちょいいやん!

いや、ほんまにすごいよね。将来有望やわ。

若いのに、すごい経験してるんやね。

音楽の探求と「AnswertoRemember」の誕生

杉山智恵子先生は、音楽教育にも熱心な方なんですね。

🔖 関連記事の要約!杉山智恵子
杉山智恵子

✅ 杉山智恵子先生は、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業後、多くの音楽教育機関で講師を務め、打楽器奏者・マリンバ奏者として演奏活動を行っている。

✅ ダルクローズ・リトミックの専門家として、音と動きの表現を研究し、音楽教育にリトミックを取り入れることを提唱している。

✅ 音楽大学や学校教育機関だけでなく、一般企業などにもリトミックを活用したセミナーを開催するなど、幅広い分野で活動している。

さらに読む ⇒東京吹奏楽団公式ウェブサイト東京吹奏楽団公式ウェブサイト出典/画像元: http://tousui.luna.weblife.me/menber/menber/sugiyama.html

石若駿さんは、音楽大学で学んだことを活かして、AnswertoRememberというプロジェクトを立ち上げたことがわかりますね。

東京藝術大学では杉山智恵子先生から「魅せる、聴かせる、惹きつける」という「『る』の3原則」を学び、ジャンルを超えた音楽を追求する。クラシックやジャズだけでなく、ポップミュージックや現代音楽にも積極的に取り組む彼の姿勢は、2020年代の音楽シーンを牽引する新プロジェクト「AnswertoRemember」にも繋がっている。

音楽大学って、やっぱりすごいんやな。

そうやねー、音楽大学って、すごい人が集まっとるんやろーなー。

若い人が頑張って、音楽やってるのは、嬉しいわ。

多岐にわたる活動とAnswertoRememberの未来

AnswertoRememberのアルバム、気になりますね!

🔖 関連記事の要約!Answer to Remember「Answer to Remember」特集 石若駿×岸田繁インタビュー
Answer to Remember「Answer to Remember」特集 石若駿×岸田繁インタビュー

✅ 石若駿が7月に始動させたプロジェクト、Answer to Rememberの1stアルバム「Answer to Remember」が12月4日に発売された。

✅ アルバムには、ermhoi、KID FRESINO、中村佳穂Bandなど豪華ゲストを迎えたバラエティに富んだ楽曲が収録されている。

✅ 記事では、石若駿とくるりの岸田繁によるインタビューを通して、石若駿がくるりへの強い憧憬と音楽への影響を語っている。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/answertoremember

石若駿さんは、様々なプロジェクトを精力的に活動されているんですね。

石若駿は、KingGnuの前身であるSrv.Vinciやmillenniumparadeのメンバーとして活躍している。現在では、フリージャズの向こう側を探求するSMTK、歌モノに特化したSONGBOOK、そして昨年1stアルバムをリリースしたAnswertoRememberの3つのプロジェクトを同時進行している。AnswertoRememberの恵比寿リキッドルーム公演について、石若駿は「本当にやって良かった」と手応えを感じており、今後ツアーを回して参加ミュージシャンのアイデアを取り込みながら発展させていきたいと考えている。また、AnswertoRememberの新曲の制作も進んでおり、来年中のリリースを目指しているとのこと。

え、まじ!?めっちゃ楽しみ!

やっぱり、石若駿はすごいな!

若い子が頑張って、音楽やってるのは、嬉しいわ。

日野皓正との出会い - 石若駿の音楽への道を照らす光

日野皓正さんとの共演は、石若駿さんにとって大きな意味を持つんですね。

🔖 関連記事の要約!the HALL】 9/4日(日) 昼公演 石若駿 PROJECTに日野皓正の出演が決定!
the HALL】 9/4日(日) 昼公演 石若駿 PROJECTに日野皓正の出演が決定!

✅ 9月4日(日)の昼公演「石若駿 PROJECT」に、ジャズ界の巨匠である日野皓正が出演することが決定しました。

✅ 石若駿が東京JAZZのために、10年前に結成されたカルテット「67」を再結成し、日野皓正が特別参加します。

✅ 石若駿は日野皓正に影響を受け、ジャズを志すようになったと語り、今回の共演はメンバー全員にとって大きな意義を持つと述べています。

さらに読む ⇒東京JAZZ 2023 NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇 - Mirage Future -東京JAZZ 2023 NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇 - Mirage Future -出典/画像元: http://www.tokyo-jazz.com/2016/jp/whatsnew/201607141745.html

日野皓正さんの影響が、石若駿さんの音楽人生に深く根ざしていることがわかりますね。

石若駿は、ジャズにのめり込んだきっかけについて、小学5年生のときに日野皓正の演奏を見たことが衝撃だったと語っている。日野皓正の演奏は、石若駿にとって「大きな火だるまのようにみんなを巻き込みながら大きくなっていくような」ものだったという。この経験が、石若駿の音楽への道を大きく左右したと考えられる。

えー!日野皓正と共演とか、マジ!?

日野皓正とか、すごいなー!

若い人が、昔の音楽もちゃんと知っとるんやね。

同級生対談 - 音楽への情熱と未来への展望

同級生同士の対談、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!常田大希にとって石若駿とはフライローでいうサンダーキャット――この2人だからこそ開かれる、聴いたことのない音楽の扉
常田大希にとって石若駿とはフライローでいうサンダーキャット――この2人だからこそ開かれる、聴いたことのない音楽の扉

✅ 常田大希と石若駿の対談では、2人の音楽的なバックグラウンドと、世代やジャンルを超越した音楽へのアプローチについて語られています。

✅ 常田は、幼少期からジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンといったロックに影響を受け、ノイジーな音楽に惹かれていた一方で、チェロの美しい音にも魅了され、音楽におけるバランスの重要性を説いています。

✅ 石若は、父親の影響でハードロックやジャズに触れ、クラシック畑の大学で異質な存在だった常田と、音楽への共通の情熱で意気投合したことを明かしています。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/11768

常田大希さんと石若駿さんの音楽に対する考え方の共通点が見え隠れしますね。

常田大希と石若駿の同級生対談。音楽的な振り幅の広さ、ジャンルレスを超えた音楽性、時代の寵児となりつつある2人の音楽への情熱が伝わってくる内容。音楽への情熱、育った環境、音楽制作における互いの影響について語られる。お互いの音楽への影響、音楽に対する考え方の共通点、そして音楽の未来への展望が語られる。

常田大希と石若駿って、同級生なんや!

二人とも、すごい才能やねー。

若いもんは、若いもんやなー。

石若駿さんの音楽は、これからも進化していくこと間違いなしですね。

🚩 結論!

💡 石若駿は、ドラムを軸に、様々な音楽ジャンルに挑戦し続けている。

💡 石若駿は、日野皓正や常田大希など、音楽界の巨匠たちに影響を受けながら、独自の音楽を追求している。

💡 石若駿は、AnswertoRememberというプロジェクトを通して、新たな音楽の可能性を拓いている。