Academic Box Logo

矢野顕子と忌野清志郎の奇跡の共演「ひとつだけ」?二人の歌声が織りなすハーモニーとは!?

矢野顕子と忌野清志郎の奇跡の共演「ひとつだけ」?二人の歌声が織りなすハーモニーとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 忌野清志郎さんと矢野顕子さんのコラボレーション楽曲「ひとつだけ」は、映画「しあわせのパン」の主題歌として起用されました。

💡 楽曲「ひとつだけ」は、忌野清志郎さんの代表曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」をベースに、矢野顕子さんがアレンジを加えたものです。

💡 映画「しあわせのパン」の特設サイトでは、二人の「ひとつだけ」ライブ映像が公開されています。

それでは、忌野清志郎さんと矢野顕子さんのコラボレーションについて、詳しく見ていきましょう。

音楽家たちの奇跡の共演

忌野清志郎さんの楽曲を、矢野顕子さんがカバーしたというだけでも、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編
玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編

✅ この記事は、DJ・鎌田浩宮が忌野清志郎の曲をカバーした矢野顕子の新譜「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」の内容について考察している。

✅ 楽曲ごとの原曲の紹介と、鎌田浩宮による忌野清志郎の楽曲に対する解釈、そして矢野顕子のカバーについて、個人の視点で詳しく解説されている。

✅ 特に忌野清志郎の代表曲とされる「デイ・ドリーム・ビリーバー」に対しては、原曲よりもタイマーズのカバーの方が大衆に受け入れられているという意見を述べ、忌野清志郎の歌声と歌詞の重要性を強調している。

さらに読む ⇒ エプスタインズ エプスタインズ出典/画像元: https://epstein-s.net/archives/11274

矢野顕子さんの独特の歌声と、忌野清志郎さんの力強い歌声の融合は、本当に素晴らしいです。

矢野顕子は、独特の歌唱と世界観で多くのファンを魅了するシンガーソングライターです。一方、忌野清志郎は、伝説のロックバンド「RCサクセション」のボーカルとして、日本のロックシーンに多大な影響を与えました。矢野顕子の「ひとつだけ」は、1980年リリースのアルバム『ごはんが出来たよ』に収録されており、元々は1979年にアグネス・チャンのアルバム『美しい日々』に提供された曲でした。2006年リリースのアルバム『はじめてのやのあきこ』では、忌野清志郎とのデュエットバージョンが収録され、二人の音楽性とメッセージが融合した、心を揺さぶる名曲として話題となりました。

え、まじ!?あの忌野清志郎さんの曲を矢野顕子がカバーしたん?めっちゃ気になるわ!

おぉ、矢野顕子さんの歌声は、やっぱり独特で素敵やね。忌野清志郎さんの曲をカバーするって、なかなかチャレンジングやと思うけど、どんな感じに仕上がっとるんかな?

あら、懐かしいわね。忌野清志郎さん、昔はよくテレビで見ていたわ。矢野顕子さんとコラボレーションしたとは、驚きだわ。

愛の歌に込められた切実な願い

堀ちえみさんの40周年記念、おめでとうございます。

🔖 関連記事の要約!堀ちえみ / 心の扉
堀ちえみ / 心の扉

✅ 堀ちえみはデビュー40周年を迎え、全223曲が一斉配信を開始しました。

✅ 「堀ちえみ 40周年アニバーサリー CD/DVD-BOX」は、高音質UHQCD仕様で最新リマスター音源を収録しており、全楽曲と映像を網羅しています。

✅ 2023年2月8日には、「堀ちえみ 40周年アニバーサリー CD/DVD-BOX」が発売されます。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/_/default/p/1543028

堀ちえみさんの「ひとつだけ」は、切実な愛の歌ですね。

楽曲「ひとつだけ」は、きらめく星屑の指輪や、波で作った椅子、世界中の花を集めたオーデコロンなど、様々な「欲しいもの」で始まり、最後は「あなたの心の白い扉を開く鍵」と「あなたの夢を聞くこと」こそが本当に大切なものだと気づき、愛する人に「離れていても忘れないでほしい」「悲しい時はすぐに呼び出してほしい」と切実に願う、愛の歌です。具体的な例や比喩を通して、愛する人への深いつながりを表現し、その感情が「あなたの夢を聞くこと」というシンプルな喜びに集約される様が印象的です。

堀ちえみ、40周年とか、まじ!?めっちゃすごい!今も歌ってはるんや!

おぉ、堀ちえみさん、40周年か。昔の歌も聴きたくなるよね。

あら、堀ちえみさん、40周年とは、時の流れは早いものね。

映画と音楽のハーモニー

映画「しあわせのパン」は、温かい作品ですね。

🔖 関連記事の要約!矢野顕子と忌野清志郎が歌う゛ひとつだけ゛が主題歌の映画『しあわせのパン』、「幻のライヴ」映像公開のキャンペーン開始 (2012/01/19) 邦楽ニュース
矢野顕子と忌野清志郎が歌う゛ひとつだけ゛が主題歌の映画『しあわせのパン』、「幻のライヴ」映像公開のキャンペーン開始 (2012/01/19)  邦楽ニュース

✅ 映画「しあわせのパン」のオフィシャルサイトで、劇中のパンカフェ「マーニ」をイメージしたキャンペーンが実施されている。

✅ キャンペーンサイトで「しあわせのパン」を選ぶと、矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」の幻のライブ映像を見ることができるパスワードがもらえる。

✅ ライブ映像は2002年の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で披露されたもので、これまで公開されたことがなかった貴重な映像となっている。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/62990

映画と音楽の融合、素晴らしいですね。

映画『しあわせのパン』は、北海道・洞爺湖の畔でオーベルジュ式のカフェを営む夫婦と、そこを訪れる人々を描いた作品です。三島有紀子監督は、矢野顕子の楽曲「ひとつだけ」にインスパイアされ、映画の脚本を執筆しました。映画の主題歌として起用された「ひとつだけ」の温かい雰囲気は、映画の世界観と見事に調和し、作品全体のテーマを象徴しています。

パンカフェ「マーニ」、めっちゃ気になる!映画も見てみたいわ!

映画「しあわせのパン」のキャンペーン、いいね!パンも映画も好きやけん、絶対行ってみるわ!

あら、映画「しあわせのパン」のパンカフェ「マーニ」とは、素敵なネーミングね。

音楽への情熱と才能

三島監督のこだわりを感じますね。

🔖 関連記事の要約!しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!
しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!

✅ 映画「しあわせのパン」の主題歌に、矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用された。

✅ 矢野顕子の作詞・作曲による同曲は、三島監督が初めて買った邦楽レコードに収録されており、監督は同曲が流れるエンディングで、登場人物たちを包み込むような温かい気持ちになることを目指したと語っている。

✅ 今回の楽曲起用は、三島監督が「いつかこの歌が流れる映画を作りたい」という思いから実現し、映画のテーマである「そばにいるのに、心だけが届かない夫婦」を表現するのに最適な楽曲だと監督は考えている。

さらに読む ⇒MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画出典/画像元: https://moviewalker.jp/news/article/25091/

青沼詩郎さんの言葉は、音楽への深い愛情を感じさせます。

青沼詩郎さんは、忌野清志郎との共演バージョンから「ひとつだけ」を知り、その歌詞と忌野清志郎の歌声の融合に感銘を受けました。楽曲の音楽的な複雑さと、矢野顕子の音楽への情熱に感嘆しています。特に「あなた」を「きみ」に変えるなど、細部の変更が、曲全体を忌野清志郎のもののように感じさせます。楽曲の複雑で奔放なコード進行は、矢野顕子のソングライティングの才能を感じさせます。音楽が本能的に導くままに作られたかのような、自然で力強い表現。転調や借用部分も多く、音楽理論的な分析を超えた、音楽への情熱を感じさせる。

映画のテーマにピッタリな曲やね!

おぉ、忌野清志郎さんと矢野顕子のコラボレーション、最高やね!

あら、音楽理論を超えた情熱とは、素晴らしいわね。

感動的な共演

二人の共演は、感動的ですね。

🔖 関連記事の要約!矢野顕子×忌野清志郎のライブ映像公開 映画「しあわせのパン」サイトで2週間限定
矢野顕子×忌野清志郎のライブ映像公開 映画「しあわせのパン」サイトで2週間限定

✅ 映画「しあわせのパン」の特設サイトで、矢野顕子さんと忌野清志郎さんの「ひとつだけ」ライブ映像が公開されている。

✅ 映像は、映画に登場するカフェをイメージしたサイトで、パンをオーダーしてSNSで共有することで視聴可能。

✅ 公開されているライブ映像は、2002年の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」でのもので、映画の主題歌となっている忌野清志郎さんと矢野顕子のデュエットバージョンは2006年発売のミニアルバム「はじめてのやのあきこ」に収録されている。

さらに読む ⇒はてなニュースはてなニュース出典/画像元: https://hatenanews.com/articles/201201/7321

このライブ映像は、貴重な記録ですね。

矢野顕子と忌野清志郎によるデュエット曲「ひとつだけ」は、2002年のRISING SUN ROCK FESTIVALでの共演で披露された楽曲です。二人の息の合った歌声と、ステージでのパフォーマンスは、多くのファンを魅了しました。特に、忌野清志郎が病気と闘病していた時期の最後の共演であったことから、この動画は多くの視聴者に強い感動を与え、二人の音楽に対する愛情と敬意を改めて感じさせてくれるものとなっています。

まじ!?ライブ映像が見れるん?めっちゃ見たいわ!

おぉ、RISING SUN ROCK FESTIVALでのライブ映像か。これは見逃せないね!

あら、貴重なライブ映像が見られるとは、素晴らしいわね。

忌野清志郎さんと矢野顕子さんの「ひとつだけ」は、二人の才能と音楽への情熱が詰まった、素晴らしい楽曲です。

🚩 結論!

💡 忌野清志郎さんと矢野顕子さんのコラボレーション楽曲「ひとつだけ」は、映画「しあわせのパン」の主題歌として起用されました。

💡 映画「しあわせのパン」の特設サイトでは、二人の「ひとつだけ」ライブ映像が公開されています。

💡 楽曲「ひとつだけ」は、忌野清志郎さんの代表曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」をベースに、矢野顕子さんがアレンジを加えたものです。