Academic Box Logo

矢野顕子と忌野清志郎のデュエット「ひとつだけ」って、どんな曲?映画『しあわせのパン』の主題歌とは!?

矢野顕子と忌野清志郎のデュエット「ひとつだけ」って、どんな曲?映画『しあわせのパン』の主題歌とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 矢野顕子の忌野清志郎カバーアルバムについて解説します。

💡 映画『しあわせのパン』で、矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」が主題歌として使用されていることをご紹介します。

💡 楽曲の制作秘話や、二人の音楽に対する情熱について掘り下げます。

それでは、最初の章に移りましょう。

音楽家たちの奇跡の共演

このアルバムは、矢野顕子の音楽と忌野清志郎の音楽が融合した、まさに奇跡の共演と言えるでしょう。

🔖 関連記事の要約!玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編
玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編

✅ 記事は、2013年2月6日に発売される矢野顕子の忌野清志郎カバーアルバムについて、DJ・鎌田浩宮が各楽曲を1曲ずつ振り返りながら自身の考えを述べています。

✅ 特に、忌野清志郎の代表曲である「デイ・ドリーム・ビリーバー」については、原曲よりもタイマーズのカバーの方が大衆に受け入れられているため、既にキヨシローの曲と言っても良いのではないかという意見が述べられています。

✅ また、アルバム収録曲の「誇り高く生きよう」は、キヨシローがこれまで歌ってきたスタイルとは異なり、直接的に生きるプライドを歌っている点が特徴的であると指摘されています。

さらに読む ⇒ エプスタインズ エプスタインズ出典/画像元: https://epstein-s.net/archives/11274

忌野清志郎の代表曲である「デイ・ドリーム・ビリーバー」を、矢野顕子がカバーしていることに驚きました!

矢野顕子は、独特の歌唱と世界観で多くのファンを魅了するシンガーソングライターです。一方、忌野清志郎は、伝説のロックバンド「RCサクセション」のボーカルとして、日本のロックシーンに多大な影響を与えました。矢野顕子の「ひとつだけ」は、1980年リリースのアルバム『ごはんが出来たよ』に収録されており、元々は1979年にアグネス・チャンのアルバム『美しい日々』に提供された曲でした。2006年リリースのアルバム『はじめてのやのあきこ』では、忌野清志郎とのデュエットバージョンが収録され、二人の音楽性とメッセージが融合した、心を揺さぶる名曲として話題となりました。

へぇ~、キヨシローの曲って、タイマーズの方が有名なんか!

そうやね、タイマーズのカバーの方が、耳に残るもんね!

うっひょっひょ、タイマーズのカバーは若いもんにはわからんやろ!

映画と音楽のハーモニー

映画の公式ホームページで、劇中のカフェをイメージしたバーチャル店舗が楽しめるなんて、面白いですね!

🔖 関連記事の要約!矢野顕子と忌野清志郎が歌う゛ひとつだけ゛が主題歌の映画『しあわせのパン』、「幻のライヴ」映像公開のキャンペーン開始 (2012/01/19) 邦楽ニュース
矢野顕子と忌野清志郎が歌う゛ひとつだけ゛が主題歌の映画『しあわせのパン』、「幻のライヴ」映像公開のキャンペーン開始 (2012/01/19)  邦楽ニュース

✅ 映画「しあわせのパン」の公式ホームページで、劇中のカフェ「マーニ」をイメージしたバーチャル店舗が登場するキャンペーンが開催されています。

✅ キャンペーンでは、ユーザーが自分の気分を選択すると、それに応じた「しあわせのパン」とメッセージが表示されます。

✅ パンとメッセージをSNSでシェアすると、矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」の幻のライブ映像が見られるパスワードが手に入ります。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/62990

SNSでシェアすると、ライブ映像が見られるなんて、ファンにはたまらないですね!

映画『しあわせのパン』は、北海道・洞爺湖の畔でオーベルジュ式のカフェを営む夫婦と、そこを訪れる人々を描いた作品です。三島有紀子監督は、矢野顕子の楽曲「ひとつだけ」にインスパイアされ、映画の脚本を執筆しました。映画の主題歌として起用された「ひとつだけ」の温かい雰囲気は、映画の世界観と見事に調和し、作品全体のテーマを象徴しています。

えー、まじ!? めっちゃ気になるー!

映画も見てみたいけど、パンも食べたいなぁ!

うっひょっひょ、パンの画像がSNSにいっぱい流れてて、おばあちゃんも食べたくなったわ!

音楽への情熱と才能

矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」が映画の主題歌に選ばれたのは、監督の三島有紀子さんの強い思いがあったんですね。

🔖 関連記事の要約!しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!
しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!

✅ 映画「しあわせのパン」の主題歌に、矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用された。

✅ 監督の三島有紀子は、この曲が収録された矢野顕子のアルバムを初めて買ったことがきっかけで、いつかこの歌が流れる映画を作りたいと思っていたという。

✅ 映画は北海道の自然の中で小さなパンカフェを営む夫婦の姿を描いており、主題歌「ひとつだけ」が、夫婦の関係や自然の風景を美しく表現している。

さらに読む ⇒MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画MOVIE WALKER PRESS ムービーウォーカー プレス 映画出典/画像元: https://moviewalker.jp/news/article/25091/

矢野顕子の音楽への情熱が、楽曲の複雑さの中に感じられます。

青沼詩郎さんは、忌野清志郎との共演バージョンから「ひとつだけ」を知り、その歌詞と忌野清志郎の歌声の融合に感銘を受けました。楽曲の音楽的な複雑さと、矢野顕子の音楽への情熱に感嘆しています。特に「あなた」を「きみ」に変えるなど、細部の変更が、曲全体を忌野清志郎のもののように感じさせます。楽曲の複雑で奔放なコード進行は、矢野顕子のソングライティングの才能を感じさせます。音楽が本能的に導くままに作られたかのような、自然で力強い表現。転調や借用部分も多く、音楽理論的な分析を超えた、音楽への情熱を感じさせる。

えー、まじ!? めっちゃ感動するやん!

音楽理論的に分析するのもいいけど、やっぱり音楽って、感情で感じるものだよね!

うっひょっひょ、音楽に情熱を注ぐって、若いもんにはわからんやろ!

感動的な共演

映画の特設サイトでライブ映像が見られるのは、ファンにとって嬉しいですね。

🔖 関連記事の要約!矢野顕子×忌野清志郎のライブ映像公開 映画「しあわせのパン」サイトで2週間限定
矢野顕子×忌野清志郎のライブ映像公開 映画「しあわせのパン」サイトで2週間限定

✅ 映画「しあわせのパン」の特設サイトで、主題歌「ひとつだけ」を歌う矢野顕子さんと忌野清志郎さんのライブ映像が公開されている。

✅ 映像は、映画に登場するカフェをイメージしたサイトで、パンをTwitterかFacebookで共有することで視聴できる。

✅ ライブ映像は、2002年の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で忌野清志郎&矢野顕子名義で出演した際の映像で、2人が歌う「ひとつだけ」は、矢野顕子がアグネス・チャンに提供した楽曲を、2006年にデュエットバージョンで再録したもの。

さらに読む ⇒はてなニュースはてなニュース出典/画像元: https://hatenanews.com/articles/201201/7321

2002年のRISING SUN ROCK FESTIVALでの二人の共演は、本当に感動的でしたね。

矢野顕子と忌野清志郎によるデュエット曲「ひとつだけ」は、2002年のRISING SUN ROCK FESTIVALでの共演で披露された楽曲です。二人の息の合った歌声と、ステージでのパフォーマンスは、多くのファンを魅了しました。特に、忌野清志郎が病気と闘病していた時期の最後の共演であったことから、この動画は多くの視聴者に強い感動を与え、二人の音楽に対する愛情と敬意を改めて感じさせてくれるものとなっています。

えー、まじ!? 見に行きたかったー!

二人とも、最高やね!

うっひょっひょ、若いうちに音楽を楽しんどけよ!

矢野顕子と忌野清志郎の音楽は、世代を超えて愛されるものですね。

🚩 結論!

💡 矢野顕子の忌野清志郎カバーアルバムは、二人の音楽の融合を楽しむことができる作品です。

💡 映画『しあわせのパン』では、矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」が、映画の世界観を彩る主題歌として使用されています。

💡 彼らの音楽は、愛情と情熱に満ち溢れており、多くの人々に感動を与えます。