Academic Box Logo

ナヲさんって、実はこんな人だった!? マキシマムザホルモンのドラマー&ボーカルの素顔に迫るナヲさんの意外な一面とは!?

ナヲさんって、実はこんな人だった!? マキシマムザホルモンのドラマー&ボーカルの素顔に迫るナヲさんの意外な一面とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ナヲさんは、ロックバンド「マキシマムザホルモン」のドラマー&ボーカルを務める

💡 ナヲさんは、音楽活動以外にも書籍の出版やメディア出演など多岐にわたる活動を行っている

💡 ナヲさんは、プライベートでは結婚し、2児の母親でもある

それでは、ナヲさんの魅力について詳しく見ていきましょう。

ナヲさんのプロフィールと「マキシマムザホルモン」の活躍

ナヲさんのプロフィール、興味深いですね。

🔖 関連記事の要約!マキシマム ザ ホルモン、新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』が12/10付゛オリコン週間BOOKランキング コミック・エッセイジャンル゛で1位獲得!アーティストとして史上初の快挙!
マキシマム ザ ホルモン、新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』が12/10付゛オリコン週間BOOKランキング  コミック・エッセイジャンル゛で1位獲得!アーティストとして史上初の快挙!

✅ マキシマム ザ ホルモンがリリースした書籍「これからの麺カタコッテリの話をしよう」が、オリコン週間BOOKランキング コミック・エッセイジャンルで1位を獲得した。

✅ これは、マキシマム ザ ホルモンにとってアーティストとして初めての書籍ランキング1位であり、書籍総合でも2位という快挙を達成した。

✅ 予想外の売れ行きのため緊急重版が決定し、出版関係者も驚いている。

さらに読む ⇒激ロック | ラウドロック ポータルサイト激ロック | ラウドロック ポータルサイト出典/画像元: https://gekirock.com/news/2018/12/maximum_the_hormone_oricon_no1.php

書籍がオリコンランキング1位を獲得するとは、本当にすごいですね!

1975年12月16日生まれのナヲさんは、東京都町田市出身のロックバンド「マキシマムザホルモン」のドラマー&ボーカルです。相模女子大学短期大学部を卒業後、1998年に「マキシマムザホルモン」を結成しました。2003年にメジャーデビューを果たし、2013年にはアルバム『予襲復讐』がオリコンアルバムチャート3週連続1位を獲得し、35万枚を超えるセールスを記録するなど、バンドは大きな成功を収めました。2018年には、漫画+CDの書籍『これからの麺カタコッテリの話をしよう』を発売し、オリコン週間BOOKランキングのコミック・エッセイジャンルで3週連続1位を獲得するなど、音楽活動以外の分野でも活躍を見せています。

え、まじ!?ナヲさんってこんなにも活躍されてたんや!

ナヲさん、ホンマに多才で尊敬するわ!

あらあら、ナヲさんて若い頃からすごい子だったのね!

音楽家としてのナヲさん

ナヲさんの音楽家としての活動について、詳しく教えてください。

🔖 関連記事の要約!ナヲ
ナヲ

✅ ナヲは、1975年12月16日生まれのA型で、ドラムと女声を担当するアーティストです。

✅ ココイチではほうれん草、ナス、チーズ、納豆の4つ乗せにクリームコロッケを別盛りで注文するのが好みで、好きな寿司ネタは中トロ、生サバ、炙りえんがわ、ビントロです。

✅ 森末慎二派で、白ご飯がすすむオカズはネギトロ、タラコ、なめ茸です。実写化するならクリィミーマミを希望しますが、現実はジャングルの王者ターちゃんのヂェーンのようです。

さらに読む ⇒ マキシマム ザ ホルモン Official Site マキシマム ザ ホルモン Official Site出典/画像元: https://www.55mth.com/pc/profile/naochan/

ナヲさんの音楽に対する情熱が伝わってきます。

ナヲさんは、中学生からドラムを始め、23歳でバンド活動をスタートさせました。当時は女性のドラマーは珍しく、男性中心の音楽業界で自分のスタイルを貫いてきました。マキシマムザホルモンでは、パワフルなドラムプレイだけでなく、コーラスも担当し、バンドの個性的なサウンドに貢献しています。重低音に負けずに調和するドラムは、多くのリスナーを魅了しています。ナヲさんは、メディア担当としても活躍し、バンドの顔として多くの人に知られています。さらに、糖質ダイエットで7キロ減量し、美貌も話題になっています。

ナヲさんってドラムも歌も上手いんや!かっこよすぎ!

ナヲさん、音楽活動とプライベートの両立、ホンマに尊敬するわ!

あら、ナヲさんて、若い頃から音楽が好きだったのね!

ナヲさんのプライベート

ナヲさんのプライベートについて、少しだけ教えてください。

🔖 関連記事の要約!生田斗真、独立後初主演作の主題歌でマキシマム ザ ホルモンとCD すでに流れるも「誰も…」 (2024年4月30日)
生田斗真、独立後初主演作の主題歌でマキシマム ザ ホルモンとCD すでに流れるも「誰も…」 (2024年4月30日)

✅ 映画「告白 コンフェッション」の完成披露試写会で、生田斗真、ヤン・イクチュン、奈緒、山下敦弘監督、マキシマム ザ ホルモンが登場しました。

✅ 生田斗真は、映画の主題歌をマキシマム ザ ホルモンとコラボして歌ったことを明かし、マキシマムザ亮君も生田の表現力を絶賛しました。

✅ 映画は「カイジ」の福本伸氏と「沈黙の艦隊」のかわぐちかいじ氏による同名コミックの実写化で、登山中に遭難した2人が山小屋で過ごす一夜を描いています。

さらに読む ⇒ エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_2758696/

ナヲさんのプライベートは、音楽活動とはまた違った魅力がありますね。

プライベートでは、旦那様とのラブラブな様子や、2児の母親としての姿も垣間見え、音楽活動以外にも充実した生活を送っていることがわかります。ナヲさんは、2008年に結婚、2009年に第一子を出産、2016年に第二子を出産しています。ライブでは、ダイスケはんとの掛け合いのMCで観客を笑わせる場面も多く、そのトーク力も魅力の一つです。近年、バンドマンの不倫報道が話題になる中、ナヲさんも、人気俳優・生田斗真さんとの手つなぎデートを週刊誌に報じられました。しかし、実際は、生田斗真さんとナヲさんは、元々飲み仲間で、当日は予定していた飲み仲間がキャンセルし、二人きりになってしまったとのことです。生田斗真さんは、熱狂的なマキホルファンとして知られており、ファンもそのことを理解していたため、報道に対する反応は、むしろ面白がったり、友達同士の悪ノリだと捉える人が多かったようです。

ナヲさん、プライベートも充実しとるんや!うらやましい!

ナヲさんて、意外とおちゃめなところもあるんやね!

あら、ナヲさんて、素敵な家族がおるんやね!

「マキシマムザホルモン」について

マキシマムザホルモンについて、もっと詳しく教えてください。

🔖 関連記事の要約!速レポ】<SATANIC CARNIVAL>マキシマム ザ ホルモン、「テトリスの長い棒をそことここに」
速レポ】<SATANIC CARNIVAL>マキシマム ザ ホルモン、「テトリスの長い棒をそことここに」

✅ マキシマム ザ ホルモンは、2年ぶりのライブで会場を熱狂の渦に巻き込み、観客を興奮させた。

✅ メンバーは活動休止期間を経て、年齢を重ねたことをネタに、昔話や近況報告を挟みながら、持ち前のユーモアと毒舌で観客を沸かせた。

✅ ライブ終盤には、ナヲの娘の幼稚園時代のママ友まで巻き込み、最後まで熱狂的なパフォーマンスを披露した。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000143417

マキシマムザホルモンのパフォーマンスは、本当にパワフルで最高ですね!

ナヲさんのドラムスキルは、女性ドラマーとしてはトップクラスの実力とパワフルさを持ち、マキホルの楽曲の難易度や音の調整の難しさにも対応できる実力者であると言えるでしょう。バンド名の由来は「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの゛血湧き肉踊る゛音楽をぶちかます!」という意味と、単にメンバーが焼肉の「ホルモン」が好きだったことからきていることがわかります。また、ライブでの恒例行事「恋のおまじない」の「麺カタこってり!」は、メンバーが20代前半の頃、頻繁に通っていた八王子・長浜ラーメンでの注文コールに由来していることが明かされています。さらに、メンバーの関係性について、ナヲちゃんとマキシマムザ亮君は血の繋がった姉弟であること、ダイスケはんと上ちゃんは「赤の他人」であることなどもわかります。

マキシマムザホルモンって、ほんまに楽しそう!

ナヲさん、ドラム上手すぎる!

あら、マキシマムザホルモンって、面白いバンドだったのね!

ナヲさんの魅力あふれる活躍、これからも注目していきたいと思います。

🚩 結論!

💡 ナヲさんは、音楽活動だけでなく、書籍やメディアでも活躍している

💡 ナヲさんは、プライベートでは家族との時間を大切にし、充実した生活を送っている

💡 ナヲさんは、パワフルなドラムスキルを持つだけでなく、ユーモアあふれるトーク力も魅力的である