Academic Box Logo

福岡晃子、音楽活動と人生の転換期?チャットモンチー「完結」からソロ活動へ!!?

福岡晃子、音楽活動と人生の転換期?チャットモンチー「完結」からソロ活動へ!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 チャットモンチーの活動「完結」後の福岡晃子のソロ活動について解説します。

💡 福岡晃子の音楽活動と人生の転換期について詳しく掘り下げていきます。

💡 福岡晃子のソロアルバム『AMIYAMUMA』の制作秘話や、息子への愛情について紹介します。

それでは、最初の章を見ていきましょう。

音楽との出会い、そしてチャットモンチーへ

それでは、チャットモンチーの活動「完結」から、福岡晃子さんの音楽活動について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!完結゛まで1カ月 チャットモンチーインタビュー【上】
完結゛まで1カ月 チャットモンチーインタビュー【上】

✅ 徳島発ロックバンド・チャットモンチーが7月での活動「完結」を発表し、その約1ヶ月前にインタビューが行われた。

✅ 記事は有料会員限定のため、具体的な内容は不明だが、インタビューでは「完結」に対する想いや今後の展望などが語られていると推測される。

✅ 記事には、チャットモンチーの活動「完結」に関する情報だけでなく、会員向けのサービスや機能の紹介も含まれている。

さらに読む ⇒徳島新聞デジタル徳島新聞デジタル出典/画像元: https://www.topics.or.jp/articles/-/62625

チャットモンチーの音楽活動からソロ活動へと、福岡さんの音楽に対する情熱が伝わってきますね。

福岡晃子は、幼少期にピアノを始め、中学生時代にSUPERCARに衝撃を受け、ベースを手にした。しかし、当時はバンド仲間がいなかったため、一人でベースを弾いていた。高校時代にチャットモンチーに出会い、ベースとして加入。チャットモンチーで活動する中で、クラシックとバンド音楽の違いに気づき、バンド音楽の自由さに惹かれた。チャットモンチーのベースラインは、曲に対して「編み上げる」ようなイメージで制作していた。ドラムの高橋久美子さんが脱退後、2人体制になった際には、ドラムやキーボードも担当することになった。ドラムを叩くようになったのは、お客さんを盛り上げたいという思いと、ドラムの脱退をネガティブに捉えてほしくなかったという気持ちからだった。

へぇー、チャットモンチーのベースラインって、編み上げるみたいなんや!めっちゃかっこいいやん!

福岡晃子さんって、音楽に対する情熱が半端ないね。尊敬するわ。

若い頃から音楽に夢中になって、チャットモンチーで活躍されてきたんやね。すごいわ!

チャットモンチー完結後の活動と人生の転換期

福岡晃子さんの音楽活動は、徳島での思い出と深く繋がっているんですね。

🔖 関連記事の要約!徳島/生活の中から生まれる音を楽しむ。チャットモンチー完結後、徳島に移住した福岡晃子さんがつくる゛素の音楽゛【ここから生み出す私たち】
徳島/生活の中から生まれる音を楽しむ。チャットモンチー完結後、徳島に移住した福岡晃子さんがつくる゛素の音楽゛【ここから生み出す私たち】

✅ この記事は、徳島市出身のミュージシャン、福岡晃子さんが、東京での活動を経て、再び徳島に移住し、故郷で音楽活動を続ける中で生まれた変化について語った内容です。

✅ 記事では、福岡さんが幼少期から青春時代を過ごした徳島での思い出、特に阿波踊りや東新町商店街の思い出が語られています。

✅ また、中学生時代にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのライブで受けた衝撃や、SUPERCARのフルカワミキの影響から始めたベース、そしてバンド活動に至るまでの経緯が紹介されています。

さらに読む ⇒【SUUMO】不動産売買・住宅購入・賃貸情報ならリクルートの不動産ポータルサイト【SUUMO】不動産売買・住宅購入・賃貸情報ならリクルートの不動産ポータルサイト出典/画像元: https://suumo.jp/town/entry/tokushima-accobin/

東京での活動から徳島への移住、そしてソロ活動と、福岡さんの歩む道は、とても興味深いです。

チャットモンチーの完結後、フリーで活動を開始した福岡晃子は、楽曲依頼やバンドのプロデュースなど、創作意欲を満たす仕事をしてきた。しかし、自身の名刺代わりになる作品を作りたいという思いから、ソロアルバム制作に着手。制作中に妊娠が発覚し、出産後、子育てに専念する時間が続き、音楽活動は一時的に休止状態となった。2020年秋には、コロナ禍の影響もあり、東京から徳島県南部の海辺の町に移住。移住を決めた背景には、コロナ禍での不安や閉塞感、そして地方都市における県外ナンバーへの警戒心などが挙げられる。

えー、福岡晃子さんて、東京から徳島に帰ってきたんか!意外やわ!

徳島って、なんか落ち着くよね。福岡晃子さん、いいとこ選んだと思うよ!

徳島から東京に行って、また徳島に戻ってきたんやね。故郷ってやっぱりええもんやで。

ソロ活動開始とアルバム『AMIYAMUMA』

ソロアルバム『AMIYAMUMA』、どんな作品なんでしょうか?

🔖 関連記事の要約!accobin(福岡晃子)、初のソロアルバム『AMIYAMUMA』をリリース

公開日:2023/05/19

accobin(福岡晃子)、初のソロアルバム『AMIYAMUMA』をリリース

✅ accobin(福岡晃子)が、5月21日に初のソロアルバム「AMIYAMUMA」をリリース。

✅ アルバムには、故郷徳島県での生活から生まれた7曲が収録され、カセットテープとダウンロード販売でリリースされる。

✅ 同日には、アルバム全曲の歌詞やコラムなどを掲載したオリジナルZINE「ACCOZINE 1」も発売される。

さらに読む ⇒QeticQetic出典/画像元: https://qetic.jp/music/accobin-230520/450298/

ソロアルバム『AMIYAMUMA』は、故郷徳島での生活が色濃く反映されているんですね。

2023年5月21日、福岡晃子はaccobin名義で、初ソロアルバム『AMIYAMUMA』を配信およびカセットテープでリリースした。約3年半かけて制作された7曲は、音楽制作と人生の関係を見つめ直す旅路の結果であり、生活の中から生まれた自然体な音となっている。アルバムには、生活の中で生まれた自然体な音と、福岡晃子の心の葛藤が反映されている。アルバムリリースと同日に、OLUYO店頭およびオンラインショップではZINE「ACCOZINE1」も発売され、アルバム収録曲の歌詞、accobin書き下ろしのコラム、写真などが掲載される。

ソロアルバムって、どんな感じなんやろ?めっちゃ気になるわ!

カセットテープって、レトロでいいよね!

ソロアルバムって、チャットモンチーとはまた違う味がするんやろな。楽しみやわ!

アルバム制作の裏側とaccobinの思い

ソロアルバム『AMIYAMUMA』の制作秘話、興味深いです。

🔖 関連記事の要約!福岡晃子が初のソロアルバムをaccobin名義で発表、3年間の自問自答を経て生まれた7曲入り(コメントあり / 動画あり)
福岡晃子が初のソロアルバムをaccobin名義で発表、3年間の自問自答を経て生まれた7曲入り(コメントあり / 動画あり)

✅ チャットモンチーのメンバーとして知られる福岡晃子が、accobin名義で1stソロアルバム「AMIYAMUMA」を5月21日に配信およびカセットテープでリリースする。

✅ アルバムは「生まれて初めて」をテーマに、約3年半かけて制作された7曲収録。制作過程では何度も迷い、考え直す時間を経て、生活の中から生まれた音として完成したという。

✅ アルバムリリースと同日に、ZINE「ACCOZINE 1」も発売され、アルバム収録曲の歌詞やaccobin書き下ろしのコラム、写真などが掲載される。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/522761

福岡晃子さんの言葉から、ソロアルバムへの熱い思いが伝わってきますね。

accobinは、アルバム制作について「途中で何度も迷って、止まって、考え直して、を数えきれないほど繰り返した」と明かし、「心の底から『良いものができたから聴いてくれ!』と大声で叫びたい気持ちです。何も犠牲にしない、生活の中から生まれた音です」とコメントしている。YouTubeではアルバムより「afterclap」のミュージックビデオを公開中。

3年半もかけて作ったんや!すごいなー!

福岡晃子さん、めっちゃ努力家じゃん!尊敬するわ!

3年半って、長いやろ?でも、それだけ時間をかけて作ったアルバムやけん、きっと素晴らしい作品やと思うわ!

発達障害の告白と息子への愛情

福岡晃子さんの息子さんの発達障害について、率直な告白ですね。

🔖 関連記事の要約!元チャットモンチー・福岡晃子、息子の発達障害を告白「自慢できるような子育ては何1つできていません」(2024年5月7日)
元チャットモンチー・福岡晃子、息子の発達障害を告白「自慢できるような子育ては何1つできていません」(2024年5月7日)

✅ チャットモンチーの元メンバー福岡晃子が、自身のエッセイ『おかえり』の中で、長男の発達障害について告白したことをInstagramで報告。

✅ 福岡は、息子が大きくなったときに本を読み、感想を聞きたいと語り、発達障害に対する理解を広げたいという思いを表明。

✅ ファンからは、書籍の内容に対する共感や、発達障害に対する理解促進への期待の声が寄せられた。

さらに読む ⇒BIGLOBEニュースBIGLOBEニュース出典/画像元: https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0507/abt_240507_1436983852.html

福岡晃子さんの息子さんへの愛情と、発達障害に対する理解を深めたいという強い思いが伝わってきます。

福岡晃子は、自身の初随筆集『おかえり』の中で、長男の発達障害について告白した。自身のInstagramで、発達障害について触れたことについて、ファンからの温かい声に喜び、息子がいつか本を読んだ時の反応を想像しながら、未来への期待と息子への愛情を表現している。自身の経験を通して、発達障害に対する理解を深め、息子を応援する気持ち、そして息子が成長した時に一緒に笑える未来を願う、福岡さんの強い親心を感じられる投稿となっている。

えー、お子さん発達障害なんや!でも、福岡晃子さんみたいに素敵なママがおって、きっと大丈夫やで!

発達障害って、なかなか理解しにくいけど、福岡晃子さんの言葉で少し理解できた気がする。

発達障害って、昔はなかった病気やけど、今はよく聞くようになったよね。でも、みんな個性があるもんやで。

チャットモンチーの活動「完結」から、ソロ活動、そして家族との生活と、福岡晃子さんの音楽活動と人生の転換期について紹介しました。

🚩 結論!

💡 チャットモンチーの活動「完結」後、福岡晃子はソロ活動を開始し、自身の音楽の探求を続けています。

💡 ソロアルバム『AMIYAMUMA』は、故郷徳島での生活にインスパイアされた、自然体なサウンドが特徴です。

💡 福岡晃子は自身のエッセイの中で、息子の発達障害について告白し、発達障害に対する理解促進を訴えています。