Academic Box Logo

LOUDNESSは世界を制したのか?日本のヘヴィメタルバンドの伝説とは!!!

LOUDNESSは世界を制したのか?日本のヘヴィメタルバンドの伝説とは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 日本のヘヴィメタルバンドLOUDNESSは、世界進出を目指し、アメリカで成功を収めた。

💡 LOUDNESSは、メンバー交代や苦難を経験しながらも、活動を続け、現在も活躍している。

💡 LOUDNESSは、日本のヘヴィメタルシーンを牽引し、世界中のファンを魅了している。

それでは、LOUDNESSの歴史について詳しく見ていきましょう。

伝説の誕生と世界への挑戦

LOUDNESSは、まさに伝説的なバンドですね。

🔖 関連記事の要約!LOUDNESS』高崎晃が明かす「全米進出の裏側と仲間の死」

公開日:2022/02/22

LOUDNESS』高崎晃が明かす「全米進出の裏側と仲間の死」

✅ LOUDNESSは、結成当初から世界進出を目指しており、1983年にはアメリカでライブを行い、現地で話題となり、スラッシュやイングヴェイ・マルムスティーンなど著名なギタリストも観に来ていた。

✅ LOUDNESSは、メタリカからの加入オファーを断り、1985年に米国大手レコード会社アトランティックと契約し、全米デビューアルバムを発表。同年には、マディソン・スクエア・ガーデンで日本人として初めて演奏を行った。

✅ LOUDNESSは、その後もAC/DC、シンデレラ、ポイズンなど大物バンドとツアーを行い、全米で成功を収めたが、2008年にはドラマーの樋口宗孝が他界し、その後、2011年には元X JAPANのベーシスト沢田泰司も亡くなった。

さらに読む ⇒FRIDAYデジタルFRIDAYデジタル出典/画像元: https://friday.kodansha.co.jp/article/230700?page=1

LOUDNESSの音楽は、力強く、エネルギッシュで、本当に感動しました。

1981年、樋口宗孝(ds)、高崎晃(g)、二井原実(vo)、山下昌良(b)によって伝説的なヘヴィメタルバンド『LOUDNESS』が誕生しました。デビューアルバム『誕生前夜〜THEBIRTHDAYEVE』は、高崎のアーミングが話題となり、日本のハードロックシーンに衝撃を与えました。結成当初から世界進出を目指していたLOUDNESSは、1983年にはアメリカでライブを行い、満員のお客様の中に『ガンズ・アンド・ローゼス』のスラッシュやイングヴェイ・マルムスティーンといった、後の伝説となるギタリストたちがいました。さらに、高崎は世界的人気バンド『メタリカ』から加入を打診されたこともありましたが、日本人のバンドとして世界と戦いたいという強い思いから丁重にお断りしました。

ほんまにすごいバンドやんな!

いやー、LOUDNESSは日本の誇りだよ!

あの頃は、若かったなぁ。

世界への飛躍と黄金時代

LOUDNESSは、世界で活躍する日本のバンドの先駆けとなりました。

🔖 関連記事の要約!LOUDNESS、『THUNDER IN THE EAST』DVD作品のトレーラーを公開 モトリー・クルーとの全米アリーナツアーも収録
LOUDNESS、『THUNDER IN THE EAST』DVD作品のトレーラーを公開 モトリー・クルーとの全米アリーナツアーも収録

✅ LOUDNESSが、1985年にリリースしたアルバム「THUNDER IN THE EAST」の30周年記念盤として、初回限定盤と3000セット限定のプレミアムBOXを発売することを発表しました。

✅ 両方の形態にはドキュメンタリーDVD「A Documentary of THUNDER IN THE EAST」が収録され、トレーラー映像が公開されました。トレーラー映像は、アルバム制作や全米ツアーの裏側を映し出した貴重な映像で構成されています。

✅ また、初回限定盤とプレミアムBOXに収録されるLIVE DVDの収録曲目が発表されました。DVDには、1985年のアメリカツアーのライブ映像が収録され、全97分の18トラックが収録されます。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2015/11/post-5250.html

THUNDER IN THE EASTは、LOUDNESSの代表作の一つであり、これからも多くの人に愛される作品だと思います。

1985年、LOUDNESSは米国大手レコード会社アトランティックと契約し、全米デビューアルバム『THUNDER IN THE EAST』をリリースしました。このアルバムは、ビルボードチャートにランクインし、日本人のバンドとして初めてマディソン・スクエア・ガーデンのステージに立つという快挙を成し遂げました。1980年代には、『モトリー・クルー』や『シンデレラ』『ポイズン』といったバンドとの全米ツアーを行い、さらに、2億4000万枚以上のアルバムを売ったモンスターバンド『AC/DC』とも交流がありました。LOUDNESSは、世界的な活躍によって日本のヘヴィメタルシーンを牽引する存在となりました。

まじかっ!アメリカでツアーとか憧れるわ!

やっぱLOUDNESSは最高やね!

昔は、よくLOUDNESSのレコードを聴いてたわ。

メンバー交代と苦難の時代

メンバーチェンジは、バンドにとって大きな試練だと思います。

🔖 関連記事の要約!ラウドネスLOUDNESSのメンバー遍歴をみよ!

公開日:2015/09/14

ラウドネスLOUDNESSのメンバー遍歴をみよ!

✅ ラウドネスは、日本のヘヴィメタルバンドとして、アイドルバンド出身という異色の経歴を持ちながらも、アメリカ進出など成功を収めた。

✅ バンドの顔である高崎晃は、メンバーの脱退や加入を経験しながらも、音楽性を変えつつ、活動を続け、2000年代にはオリジナルメンバーでの再結成を果たした。

✅ しかし、ドラマーの樋口宗孝が亡くなったことで、オリジナルメンバーは高崎のみとなり、現在も精力的に活動を続けている。

さらに読む ⇒TOPTOP出典/画像元: https://liveland.net/archives/246

LOUDNESSは、メンバーの脱退や加入を乗り越え、活動を続けてきたことが素晴らしいです。

しかし、1988年にボーカルの二井原実が脱退し、その後、メンバーチェンジを繰り返すことになります。1991年には、マイク・ヴェセーラが脱退し、山下昌良も脱退し、第2期LOUDNESSは終焉を迎えます。その後、元EZOの山田雅樹(vo)が加入し、第3期LOUDNESSがスタートしました。

えー、メンバー変わってたん!?

でも、LOUDNESSは、どんなメンバーでも、やっぱりかっこいいよな!

若い頃は、よくLOUDNESSのライブに行ったわ。

新たな試練と未来への希望

鈴木さんの回復を心から願っています。

🔖 関連記事の要約!LOUDNESSの鈴木政行(Dr)、脳梗塞により入院。3月からのツアーはサポート・ドラマーを迎え実施
LOUDNESSの鈴木政行(Dr)、脳梗塞により入院。3月からのツアーはサポート・ドラマーを迎え実施

✅ LOUDNESSのドラマー鈴木政行が脳梗塞で入院し、ツアーを離脱することになりました。

✅ サポート・ドラマーの西田竜一が代役を務め、ツアーは予定通り開催されます。

✅ 鈴木政行は順調に回復しており、メンバーとスタッフは一日も早い復帰を願っています。

さらに読む ⇒ TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2018/02/28/tg006?kid=psmfbonlpst

LOUDNESSは、これからも頑張ってほしいです。

2018年に鈴木が脳梗塞で倒れ、現在はサポートドラマーの西田竜一と共に活動を続けています。2019年にはオーストラリアツアーや日本のツアーなど精力的に活動しています。鈴木の完全復帰に向けて、ファンは温かく見守っています。LOUDNESSは、40年以上もの間、日本のヘヴィメタルシーンを牽引し、世界中のファンを魅了し続けています。

まじか、鈴木さん大丈夫なんかな?

LOUDNESSは、いつまでも元気でいてほしいね!

LOUDNESSは、これからもずっと、日本のヘヴィメタル界を盛り上げてくれるでしょう。

LOUDNESSは、日本のヘヴィメタルシーンの象徴であり、これからもその輝きを放ち続けることでしょう。

🚩 結論!

💡 LOUDNESSは、世界進出を目指し、アメリカで成功を収めた日本のヘヴィメタルバンドである。

💡 LOUDNESSは、メンバー交代や苦難を経験しながらも、活動を続け、現在も精力的に活動している。

💡 LOUDNESSは、日本のヘヴィメタルシーンを牽引し、世界中のファンを魅了し続けている。