Academic Box Logo

ピエール瀧、再び!芸能界に復帰した彼の今って?コカイン事件から3年半…

ピエール瀧、再び!芸能界に復帰した彼の今って?コカイン事件から3年半…
📘 この記事で分かる事!

💡 ピエール瀧容疑者はコカイン使用の罪で逮捕された

💡 依存症専門医は薬物使用に対する社会の偏見が回復を妨げていると訴えている

💡 電気グルーヴは2022年10月に約3年半ぶりのワンマンライブを開催し、精力的に活動を再開している

それでは、まず、ピエール瀧容疑者の逮捕から詳しく見ていきましょう。

逮捕と衝撃

本章では、ピエール瀧容疑者の逮捕と当時の状況について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ピエール使用でコカイン瀧を逮捕」画像が拡散 時事通信は誤植を否定
ピエール使用でコカイン瀧を逮捕」画像が拡散 時事通信は誤植を否定

✅ ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて、「コカイン瀧容疑者を逮捕」という見出しの画像がTwitterで拡散された。

✅ 画像加工を疑う声がある一方で、時事通信は誤植を否定。

✅ 画像を投稿したユーザーは、友達から送られてきた画像を面白がってツイートしたと説明し、反省していることを表明した。

さらに読む ⇒BuzzFeedBuzzFeed出典/画像元: https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/taki2

画像加工かと疑う声も上がっていましたが、誤植だったとは驚きですね。

2019年、ピエール瀧こと瀧正則容疑者は、麻薬取締法違反の罪で逮捕されました。地元静岡では、家族思いの優しい人柄で知られており、近所の人々は彼の逮捕に驚きと困惑を隠せませんでした。特に、娘さんと仲良く過ごす姿をよく目撃しており、家族思いの゛働くパパ゛のイメージが強かったため、なぜコカインに手を出してしまったのか理解できないと語っています。現場関係者からは、撮影現場での様子や、花粉症の症状が実際はコカインの影響だったのではないかという声も上がっています。瀧容疑者を知る多くの人々が、彼の逮捕を深く悲しんでいる様子がうかがえます。

マジ!?ええ!?

そっかー、有名人でもやっぱダメなんだね。

若い頃から、あの人の存在は知っとるよ。まさかねぇ…

裁判と依存症

本章では、ピエール瀧容疑者の裁判と依存症に関する専門家の意見についてお伝えします。

🔖 関連記事の要約!必要なのは刑罰ではなく支援コカイン使用のピエール瀧容疑者~依存症専門医・松本俊彦氏が訴え~
必要なのは刑罰ではなく支援コカイン使用のピエール瀧容疑者~依存症専門医・松本俊彦氏が訴え~

✅ 俳優のピエール瀧容疑者のコカイン使用逮捕を受けて、依存症専門医の松本俊彦氏は、過度な社会的制裁は回復を妨げるとして、刑罰ではなく支援が必要だと訴えています。

✅ 松本氏は、コカインは作用時間が短く、常用者は普通のテンションを保つために使用すると説明。また、才能が湧くわけではないと強調し、薬物使用と創造性を結びつける誤解を解く必要性を訴えています。

✅ さらに、薬物教育の弊害として、恐怖を極端に煽ることで、実際には気持ちよくない薬物体験に拍子抜けし、逆に常用に走るケースがあると指摘。依存症の人は罪悪感や恥ずかしさから支援を受けにくい現状を踏まえ、偏見を解くことが回復への道だと訴えています。

さらに読む ⇒時事メディカル時事メディカル出典/画像元: https://medical.jiji.com/topics/1045

依存症は、本人の努力だけでは回復が難しい病気だと改めて感じました。

ピエール瀧被告は、コカイン使用の罪で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決を受けました。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は、瀧被告は依存症ではないと証言し、依存症になるには、使用期間や量だけでなく、個人の状況や抱える悩みが大きく影響すると説明しました。薬物依存の治療には、反省の態度ではなく、治療プログラムや自助グループへの参加が重要であり、薬物依存は再発と寛解を繰り返す慢性疾患であるため、長期的な治療が必要です。松本医師は、刑罰だけでは再使用のリスクが高まり、薬物を使用しない環境だけでは、根本的な解決にはならないと指摘しています。薬物依存の治療には、社会の理解と支援が不可欠であり、地域社会での継続的な支援が求められます。

なんか、可哀想やなぁ。

依存症って、そう簡単に治るもんじゃないよね。

この世の中、色々あるなぁ。

電気グルーヴの復活

本章では、電気グルーヴの活動再開の様子をお伝えします。

🔖 関連記事の要約!ライブレポート】電気グルーヴ、28年ぶりのアリーナライブで完全復活!「イェイ、かっこいいだろう! 電気グルーヴだ!」

公開日:2024/05/02

ライブレポート】電気グルーヴ、28年ぶりのアリーナライブで完全復活!「イェイ、かっこいいだろう! 電気グルーヴだ!」

✅ 電気グルーヴが、2022年10月15日横浜・みなとみらいのぴあアリーナMMにて、約3年半ぶりのワンマンライブ『and the ARENA〜みんなとみらいのYOUとぴあ〜』を開催。

✅ ライブでは「Set you Free」や「Shangri-La feat.Inga Humpe」など、横浜をモチーフにしたCGがステージ後方の巨大LEDに映し出され、観客を魅了。

✅ さらに、「モノノケダンス」ではロウソクと踊るオバケと墓、「B.B.E.」では「カニー!」のシャウトに合わせてカニが現れるなど、曲の内容に合わせた映像演出も多数展開された。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/249323/index.html?detail=true

3年半ぶりのライブ、盛り上がりは凄かったでしょうね。

ピエール瀧の逮捕→復帰以降、電気グルーヴは、FUJIROCKFESTIVAL2021、SWEETLOVESHOWERSPRING2022、DGCC会員限定ライブ、SONICMANIAと、精力的にライブ活動を行ってきました。2022年10月15日には、横浜・みなとみらいのぴあアリーナMMにて、電気グルーヴのワンマンライブ「andtheARENA~みんなとみらいのYOUとぴあ~」が開催されました。これは、瀧の逮捕により東京2デイズが中止になった「電気グルーヴ30周年゛ウルトラのツアー゛」の大阪公演以来、3年半ぶりの通常のワンマンライブとなります。ライブは、「床=客席」「ステージ」の次は「アリーナ」という意味合いで、「andtheARENA」というタイトルが冠せられました。

え、マジ!?めっちゃ気になるやん!

電気グルーヴ、復活したんかー!

電気グルーヴって、若い子も知っとるんか?

ライブの熱狂

本章では、電気グルーヴのライブの様子をお伝えします。

🔖 関連記事の要約!電気グルーヴが28年ぶりのアリーナワンマン開催、「オバケはいる」「いない」で揉め解散の危機に(ライブレポート / 写真24枚)
電気グルーヴが28年ぶりのアリーナワンマン開催、「オバケはいる」「いない」で揉め解散の危機に(ライブレポート / 写真24枚)

✅ 電気グルーヴが約3年半ぶりに観客の前での単独ライブを開催し、アリーナ会場でのワンマンライブは28年ぶりということもあり、多くのファンが集まりました。

✅ ライブでは近年のライブの集大成とも言えるようなセットリストで、横浜中華街や横浜マリンタワーなど、会場周辺の施設が登場する3DCG映像が投影されるなど、特別な映像演出が観客を魅了しました。

✅ ライブ終盤には瀧が「オバケを見た」と主張し、卓球がそれを信じられない様子が面白く、2人のやり取りが観客の笑いを誘いました。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/497906

ライブの映像演出、見てみたいですね。

ライブは、定刻の18:30を15分ほど過ぎた頃、電気グルーヴ復帰一発目の曲「SetyouFree」でスタートしました。ライブでは、横浜の街をモチーフにしたCGがステージ後方の巨大LEDに描かれ、曲の内容に合わせた映像演出が多数展開されました。映像制作/VJは、DEVICEGIRLSこと和田一基が担当しました。石野卓球は「SetyouFree」を瀧とユニゾンで歌い、3曲目「いちご娘はひとりっ子」ではカウベルを叩き、5曲目「MissingBeatz」では機材の前を離れ、ハンドマイクでステージ前方へ向かいました。ピエール瀧は、4曲目「プエルトリコのひとりっ子」の後半のブレイクで、オーディエンスを何度もジャンプさせ、そのままのテンポで「MissingBeatz」に入りました。ライブでは、過去の楽曲の要素が巧みに取り入れられており、例えば、「MissingBeatz」から「モノノケダンス」へのつなぎ部分では、「VITAMIN」収録の「HappyBirthday」でサンプリングしている、スチャダラパー「TrioTheCaps」のラップが、ブリッジとして使われています。また、12曲目「B.B.E.」は、「VOXXX」収録の「インベーダーのテーマ」の頭のジングルから始まります。ライブは、多くのファンが熱狂し、電気グルーヴの復活を祝う、素晴らしい時間となりました。

うわぁ、楽しそう!行きたかったー!

やっぱ、電気グルーヴは最高やね!

オバケ…懐かしいなぁ。

芸能界復帰と社会の反応

本章では、ピエール瀧さんの芸能界復帰について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ピエール瀧「逮捕後わずか1年弱で復帰」の是非 芸能界は甘いのか、活動復帰への応援と批判

公開日:2020/02/06

ピエール瀧「逮捕後わずか1年弱で復帰」の是非 芸能界は甘いのか、活動復帰への応援と批判

✅ ピエール瀧さんの芸能活動復帰について、早期復帰の是非、今後の活動フィールド、薬物を使用した芸能人に求められる姿勢などが議論されている。

✅ 復帰を巡っては、「芸能界は甘い」「復帰が早すぎる」といった批判がある一方で、更生を支援する立場からは、罪の年月や損害額に関わらず、早い段階からのサポートが重要であるという意見も出ている。

✅ 芸能界での復帰は、家族や同僚など周囲のサポートに加え、その人のスキルや適性に対するビジネス的な評価が大きく影響している。

さらに読む ⇒ 東洋経済オンライン 東洋経済オンライン出典/画像元: https://toyokeizai.net/articles/-/329140?display=b

復帰に対する世間の意見は様々ですが、更生への支援とビジネスニーズが複雑に絡み合っていると感じます。

ピエール瀧は、2019年の麻薬取締法違反事件から4年半が経過し、地上波テレビへの復帰は難しいものの、仕事は確実に増えています。Netflixオリジナルドラマ「サンクチュアリー聖域―」では相撲部屋の親方役を好演し、映画「福田村事件」にも出演。音楽ユニット「電気グルーヴ」の活動も活発で、多数の音楽イベントに参加しています。近年は海外旅行にも出かけており、自身のYouTubeで旅番組を配信するなど、マルチな活動を展開しています。周囲からは「逮捕前より稼いでいる」と豪語している姿が目撃されており、地上波復帰へのこだわりは感じられないようです。ピエール瀧さんの芸能活動復帰が、わずか1年弱という速さで実現したことに対する世間の意見は様々です。薬物使用期間の長さや損害額の大きさから「甘い」「早い」という批判が多く見られます。しかし、更生の観点から見ると、罪の年月や損害額は関係なく、早い段階からのサポートが重要であり、周囲のサポートなくして社会復帰は難しくなります。芸能界での復帰は、家族や同僚など、本人のスキルや適性を理解している人々によるサポートに基づいている場合が多く、「甘い」とは一概に言えません。さらに、ピエール瀧さんや沢尻エリカさんのような高いスキルを持つ専門家に対しては、業界からのビジネスニーズも復帰を後押しする要因となります。今回の報道を受けて、「芸能界は甘い」という声も上がっていますが、更生への支援とビジネスニーズが複雑に絡み合った結果、早期復帰が実現したと考えられます。

なんか、複雑やなぁ。

復帰は早すぎると思う人もいるけど、本人が頑張ってるなら応援したいよね。

世の中、いろいろあるもんやなぁ。

今回の記事では、ピエール瀧さんの逮捕から芸能界復帰に至るまでの道のり、そして電気グルーヴの活動再開についてお伝えしました。

🚩 結論!

💡 ピエール瀧容疑者はコカイン使用の罪で逮捕され、その後、執行猶予付きの判決を受けた。

💡 薬物依存症は本人だけでなく、周囲の人々にも大きな影響を与える深刻な問題である。

💡 電気グルーヴは、活動を再開し、精力的にライブ活動を行っている。