Academic Box Logo

ブランキージェットシティ:伝説のロックバンド、その解散と再結成の行方は?解散の真相とは!?

ブランキージェットシティ:伝説のロックバンド、その解散と再結成の行方は?解散の真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ブランキージェットシティは、1996年に結成された日本のロックバンドです。

💡 2000年に解散した後も、メンバーはそれぞれソロ活動を行っています。

💡 再結成の可能性については、現在もファンの間で話題となっています。

それでは、ブランキージェットシティの歴史について、詳しく見ていきましょう。

ブランキージェットシティ:伝説のロックバンドとその解散

ブランキージェットシティの解散は、多くのファンにとって衝撃的な出来事だったと思います。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITY解散について : A CITY OF BLANKEY TO BE JET
BLANKEY JET CITY解散について : A CITY OF BLANKEY TO BE JET

✅ ブランキー・ジェット・シティは2000年4月上旬にメンバー間で解散を決めていた可能性が高く、2000年4月19日には確実に解散が決まっていた。

✅ 解散時期については、2000年4月6日に実施されたROJ誌のインタビューで、メンバーの言動から解散を匂わせる発言が見られることから、解散決定は4月上旬頃と考えられる。

✅ 解散理由は、インタビュー内容から「メンバー3人の音楽的方向性の違い」が原因と考えられる。特に、ドラムの達也さんのインタビューでは、他のドラマーと演奏したいという発言や、バンドメンバーがバラバラな方向性を持つことを受け入れる発言が見られる。

さらに読む ⇒A CITY OF BLANKEY TO BE JETA CITY OF BLANKEY TO BE JET出典/画像元: https://acobtbj.xxxblog.jp/archives/6936855.html

メンバーそれぞれが音楽に対する考え方が変わってしまい、バンドとして活動していくのが難しくなったのでしょうね。

1996年に結成されたBlankey Jet City(以下、ブランキー)は、ベンジーこと浅井健一(Vo&G)、照井利幸(B)、中村達也(Dr)というメンバーで構成されたロックバンドです。90年代にメジャーデビューし、骨太な本格派ロックバンドとして活躍しましたが、2000年に解散しました。解散理由はメンバー間の軋轢や音楽性の変化など、複合的な要因が考えられます。特に、浅井健一のソロ活動とのバランスや、作曲における打ち込み導入によるバンドサウンドの変化が、メンバー間の摩擦を生み出したようです。また、当時の音楽シーンの変化も影響したと考えられます。90年代後半からロックシーンはポップ化が進み、ブランキーのようなシンプルなロックバンドが生き残るのは難しくなっていきました。解散発表は、朝日新聞の一面広告というインパクトのある方法で行われました。最後のライブはフジロックフェスティバルで行われ、ベンジーはファンに感謝を述べつつ、音楽の重要性を力強く語りました。解散後もメンバーはそれぞれソロ活動や他のバンド活動を行っており、プライベートでも良好な関係を保っているようです。

えー、まじ!?解散ってショックやわ…

解散は残念やけど、メンバーそれぞれがソロで活躍しとるけん、まぁええかな。

あの頃は、ブランキージェットシティのライブに行くと、若いエネルギーが爆発しとったのよ。

ブランキージェットシティ:再結成の可能性と音楽的遺産

再結成の可能性については、様々な意見があると思いますが、現状では難しいのではないかと考えられます。

🔖 関連記事の要約!ブランキージェットシティの再結成は?解散理由は?メンバーの現在

公開日:2023/01/07

ブランキージェットシティの再結成は?解散理由は?メンバーの現在

✅ ブランキージェットシティの再結成は、メンバーそれぞれの音楽ややりたいことが違うため、現状ではほぼ不可能であると考えられます。

✅ バンド解散の理由は、浅井健一(ベンジー)の音楽性の変化が大きく、特にアルバム「ロメオ」における打ち込みを取り入れた音楽は、照井利幸と中村達也の希望する生演奏とは異なる方向性だったためです。

✅ ブランキージェットシティは、初期の生演奏に特化した音楽性において、メンバー全員が同じ方向を見ていたため、最高の化学反応を生み出していましたが、時間とともにそれぞれの音楽性が変化し、バンドとして進むべき道が分かれてしまったと考えられます。

さらに読む ⇒ROCKラボROCKラボ出典/画像元: https://tisiki-manabu.com/blankey-saikessei-kaisan/

メンバーそれぞれの音楽性や活動が異なるため、再結成しても以前のようなサウンドは実現できないかもしれません。

ブランキージェットシティは、1990年代後期に活躍した日本のロックバンドで、再結成が強く望まれているバンドの一つです。メンバーは浅井健一(ベンジー)、照井利幸(照ちゃん)、中村達也の3人で、その独特な音楽性とライブパフォーマンスで多くのファンを魅了しました。2000年に惜しまれつつ解散しましたが、再結成を望む声は現在も根強く、タモリさんも再結成を熱望する一人です。再結成の可能性についてですが、ベンジーはラジオ番組で再結成について否定的な発言をしています。これは、メンバーそれぞれが音楽に対する考え方ややりたいことが異なるため、再結成しても以前のような「ブランキージェットシティらしさ」を再現するのは難しいという考えがあると考えられます。解散の理由としては、メンバー間の音楽性の違いが挙げられます。特に、ベンジーが「ロメオ」で打ち込みを取り入れたことが、生演奏にこだわっていた照井利幸と中村達也との間に溝を生み出してしまったようです。また、ブランキージェットシティは、若い時にしか表現できないバンドという側面も持っていたと考えられます。ライブでのパフォーマンスは、彼らの体力と情熱が支えていた部分も大きく、年齢を重ねていく中で、以前のような激しいパフォーマンスは難しくなっていくでしょう。ブランキージェットシティは、8枚のアルバムを発表し、そのどれもが完成度の高い作品として評価されています。彼らは、自分たちの理想とする音楽を追求し、やり切ったという達成感を得て解散したのかもしれません。再結成は難しいかもしれませんが、彼らの音楽はこれからも多くの人の心を揺さぶっていくでしょう。

再結成は無理そうなんかなー。

再結成したら絶対盛り上がりそうじゃん!

若い頃みたいに、あんなに激しいライブは無理やろ。

BLANKEYJETCITY:未解明な解散理由と再結成への期待

解散理由は明確には発表されていないため、様々な憶測が飛び交っています。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITYの解散理由や再結成の可能性まとめ
BLANKEY JET CITYの解散理由や再結成の可能性まとめ

✅ BLANKEY JET CITYは2000年に解散した日本のロックバンドです。解散理由は明確には発表されていませんが、メンバーそれぞれが「最高のアルバムができたから」「これ以上できることがないから」といった理由を語っていることから、自然な形で終止符を打ったという見方が一般的です。

✅ 解散後もメンバーはそれぞれソロ活動や別のバンドで活躍しています。

✅ 再結成の可能性については、メンバーや関係者からの具体的な発言は今のところありません。しかし、ファンからの再結成を望む声は根強く、今後の動きに注目が集まっています。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001393

バンドの解散は、様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いので、明確な理由を公表しないのは、仕方ないことかもしれません。

2000年に解散したロックバンド「BLANKEYJETCITY」は、解散理由が明確に公表されていません。しかし、メンバー間で音楽性の違いや、さらなる高みを目指したいという思いがあったのではないかと推測されています。解散理由については様々な憶測が飛び交っていますが、明確な理由は公表されていません。再結成については、メンバーそれぞれがソロ活動や他のバンド活動を行っており、現時点では具体的な動きはありません。しかし、ファンからは再結成を望む声が根強く、今後の動向に注目が集まっています。

解散理由が謎なんやけど、なんで解散したんやろ?

再結成したら、昔のファンも喜ぶと思うんだけどな。

解散は寂しいけど、それぞれの道で活躍しとるけん、それでええんちゃうかな。

浅井健一:ブランキージェットシティ解散後の活動

浅井健一さんは、ブランキージェットシティ解散後も、精力的に音楽活動を続けています。

🔖 関連記事の要約!Yahoo!オークション
Yahoo!オークション

✅ このオークションは終了しており、BLANKEY JET CITYのCD「ロザリオスLOSALIOS THE END OF THE BEAUTY」が出品されていました。

✅ 出品者は北海道から発送し、送料は落札者が負担します。

✅ 発送開始は支払い手続きから3~7日後となります。

さらに読む ⇒Yahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリYahoo!オークション - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ出典/画像元: https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w486312120

LOSALIOSは、ブランキージェットシティとはまた違った魅力のあるバンドでしたね。

1996年に結成されたBlankey Jet Cityのボーカル兼ギターの浅井健一は、同バンド解散後、1999年にLOSALIOSを結成しました。LOSALIOSは、浅井健一(exBJC)と、元BJCのメンバーである成田忍(exBJC)の2人で構成されています。2003年に4thアルバム「The end of the beauty」をリリースした後、LOSALIOSは活動を休止しました。LOSALIOSは、2つのアルバムと1つのライブDVDをリリースしました。メンバーは、浅井健一(ドラム、ボーカル、パーカッション)、成田忍(ベース)、そして元Blankey Jet Cityのメンバーであるベンジー(ギター)に加えて、後期のアルバムではサックス奏者やバイオリン奏者も参加していました。LOSALIOSは、Blankey Jet Cityとは異なるサウンドで、より実験的でアヴァンギャルドな音楽に挑戦していました。浅井健一は、LOSALIOSを通じて、自身の音楽的探求を深め、新たな表現に挑戦しました。

LOSALIOSって、ブランキージェットシティとは全然違う感じやんな。

ベンジーは、今も音楽続けてるんかな?

LOSALIOSって、名前がちょっと変わっとるよね。

LOSALIOS:新たな音楽への挑戦

LOSALIOSは、ブランキージェットシティとは異なる音楽に挑戦したバンドです。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITY、シングル網羅2枚組にレア音源も
BLANKEY JET CITY、シングル網羅2枚組にレア音源も

✅ BLANKEY JET CITYのシングルコレクション「SINGLES」が3月26日に発売される。

✅ シングルコレクションと同時リリースとして、過去に発表されたアルバム13タイトルがSHM-CDで発売され、さらに既発映像作品7タイトルがお手頃価格で発売される。

✅ 3月26日には、ニコニコ生放送にて「BLANKEY JET CITY『SINGLES』発売記念!プレミアMUSIC VIDEO大特集!!」が放送される。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/news/87228

ブランキージェットシティの音楽は、今の世代にも受け入れられているようですね。

LOSALIOSは、Blankey Jet Cityとは異なるサウンドで、より実験的でアヴァンギャルドな音楽に挑戦していました。

ブランキージェットシティの曲は、今もよく聴くねん。

新しいアルバムも楽しみだな。

昔はよくブランキージェットシティのライブに行ったわ。

ブランキージェットシティは、解散から年月が経ちますが、今でも多くのファンから愛されているバンドです。

🚩 結論!

💡 ブランキージェットシティは、1996年に結成された日本のロックバンドです。

💡 2000年に解散し、メンバーはそれぞれソロ活動を行っています。

💡 再結成の可能性については、現在もファンの間で話題となっています。