Academic Box Logo

宮田和弥のソロアルバム『The21』は、どんな作品?ソロ活動5作目とは!?

宮田和弥のソロアルバム『The21』は、どんな作品?ソロ活動5作目とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 宮田和弥のソロ活動5作目のアルバム『The21』は、作詞作曲共に自身で手がけた全曲オリジナル

💡 コロナ禍での時間と向き合い、自分自身を見つめ直すことから生まれた作品

💡 過去のソロ活動とは異なり、外部の意見に左右されることなく、自身の表現に焦点を当てた作品

それでは、宮田和弥さんのソロ活動について詳しく見ていきましょう。

ソロ活動5作目『The21』

宮田和弥さんのソロ活動は、常に進化を続けているんですね。

🔖 関連記事の要約!The 21 インタビュー
The 21 インタビュー

✅ 宮田和弥の5作目のソロアルバム「The 21」は、作詞作曲共に自身で手がけた全曲オリジナルで、これまでのソロ活動の中でも最も自信作である。

✅ アルバム完成までの道のりは、コロナ禍での時間と向き合い、自分自身を見つめ直すことから生まれたもので、過去のソロ活動とは異なり、外部の意見に左右されることなく、自身の表現に焦点を当てた作品となっている。

✅ 今回のアルバムは、ジュンスカ再結成後のソロ活動において、原点回帰ともいえる、宮田和弥自身の音楽に対する強い意志と覚悟を感じることができる作品であり、彼の音楽人生における新たな章の始まりを告げている。

さらに読む ⇒宮田和弥宮田和弥出典/画像元: https://www.miyata-kazuya.com/interview

コロナ禍という大変な時期に制作されたとは思えない、力強い作品ですね。

宮田和弥は、2022年2月12日にソロ活動5作目となるアルバム『The21』をリリースした。このアルバムは、コロナ禍での時間と向き合い、作詞作曲をすべて自身で行ったもので、ソロ活動の中で最も自信作と語る。インタビューでは、これまでのソロ活動について振り返り、ジュンスカ解散後のソロ活動、再結成後のソロ活動、そして今回の『The21』に至るまでの道のりを語っている。特に、2010年のソロアルバム『宮田和弥』は、ジュンスカが活動休止中の時期に制作され、自分自身と向き合った作品であり、今回の『The21』に匹敵する自信作だと述べている。また、2014年のアルバム『Naughty』は、人の意見を取り入れすぎたために、自分にとって失敗作だと感じているとも語っている。今回の『The21』は、コロナ禍での時間と向き合い、自分自身と向き合うことで生まれた自信作であり、宮田和弥にとってベストなコンディションで制作されたアルバムと言えるだろう。

え、まじ!?めっちゃ気になるわ!

おー!コロナ禍とか関係なくいい曲作れるんやね!さすがやわ!

コロナ禍ってええ事もあるんやなぁ。若いもんは知らないだろうけど、昔はそんな余裕なかったのよ。

35周年記念ラジオ番組&リリース

JUN SKY WALKER(S)の35周年、おめでとうございます!

🔖 関連記事の要約!THE MUSIC OF NOTE JUN SKY WALKER(S) 宮田和弥の「バンドやろうぜ」』に大槻ケンヂが登場
THE MUSIC OF NOTE JUN SKY WALKER(S) 宮田和弥の「バンドやろうぜ」』に大槻ケンヂが登場

✅ FM COCOLOの番組「THE MUSIC OF NOTE」で、JUN SKY WALKER(S)の宮田和弥が3か月間DJを担当している。

✅ 5月5日放送には、元レーベルメイトである筋肉少女帯の大槻ケンヂが登場し、35年前のバンドブームを牽引してきた二人の対談が実現する。

✅ JUN SKY WALKER(S)と筋肉少女帯は、TOY゛S FACTORYのレーベル第1弾&第2弾アーティストとしてデビューした。

さらに読む ⇒SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイスSPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス出典/画像元: https://spice.eplus.jp/articles/317911

35年前のバンドブームを牽引してきた二人の対談、聴き逃せないですね!

JUNSKYWALKER(S)の宮田和弥さんが、ラジオ番組『THEMUSICOFNOTE JUNSKYWALKER(S)宮田和弥の「バンドやろうぜ」』でDJを務め、5月5日には筋肉少女帯の大槻ケンヂさんがゲスト出演されます。番組は、JUNSKYWALKER(S)のデビュー35周年を記念し、バンドの思い出や熱いバンド魂を共有する内容となっています。また、JUNSKYWALKER(S)は、4月に「そばにいるから」、5月に「もう一度歩いていこう」を先行デジタルリリース、6月には3曲入りの35周年記念CD『そばにいるから』を発売する予定です。さらに、5月には「METROCK」に出演、6月10日には日比谷野音でワンマンライブが予定されています。番組では、JUNSKYWALKER(S)の新曲や最新情報に加え、メンバーや同世代のレーベルメイト、後輩ミュージシャンも登場します。ぜひ、金曜夜9時は「バンドやろうぜ」を合言葉に、ラジオの前にお集まりください。

え、まじ!?めっちゃ懐かしいやん!

おー!筋肉少女帯の大槻ケンヂさんとか、めっちゃ豪華じゃん!

35年前はね、バンドブームで街中が音楽で溢れてたのよ。懐かしいわぁ。

35周年アニバーサリーツアー開催

35周年ツアー、楽しみですね!

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S) 35th Anniversary Tour 2023
JUN SKY WALKER(S) 35th Anniversary Tour 2023

✅ JUN SKY WALKER(S)のライブツアー「JUN SKY WALKER(S) LIVE TOUR 2024 ゛24゛」のチケット料金と先行受付情報が公開されました。

✅ ファンクラブ会員限定でTシャツ付きのスタンディング席が11,000円、一般スタンディング席が7,700円となっています。

✅ 先行受付は、ファンクラブ先行とオフィシャルHP先行があり、それぞれ受付期間や申し込み方法が異なります。

さらに読む ⇒JUN SKY WALKER(S) Official WebsiteJUN SKY WALKER(S) Official Website出典/画像元: http://junskywalkers.jp/live/tour/2030.html

チケット情報も公開されたんですね。早速申し込まないと!

JUN SKY WALKER(S)が、35周年アニバーサリーツアー「JUN SKY WALKER(S)35thAnniversaryTour2023-2024 STANDBY YOU」を開催することを発表しました。ツアーは、7月22日(土)千葉LOOKからスタートし、全国18会場を巡ります。チケットは、ファンクラブ限定Tシャツ付きチケットと通常チケットの2種類が用意されており、価格はそれぞれ11,000円(税込)と7,700円(税込)です。チケット先行は、4月15日(土)10:00から4月23日(日)23:59まで受付中です。

え、まじ!?めっちゃ行きたいわ!

おー!35周年か!いつまでも現役でいてほしいわ!

若いもんは、昔のバンドの凄さなんて分からんやろ。

35周年ツアーファイナル公演

ファイナル公演、おめでとうございます!

🔖 関連記事の要約!JUN SKY WALKER(S)、35周年ツアーファイナルをLINE CUBE SHIBUYAで開催

公開日:2023/12/01

JUN SKY WALKER(S)、35周年ツアーファイナルをLINE CUBE SHIBUYAで開催

✅ JUN SKY WALKER(S)が、メジャーデビュー35周年を記念した全国ツアー「35th Anniversary Tour 2023-2024 STAND BY YOU」のファイナル公演を2024年5月19日(日)にLINE CUBE SHIBUYAで開催することが決定しました。

✅ ファイナル公演は、JUN SKY WALKER(S)にとってデビュー年の1988年11月26日に初公演を行った思い出深い会場であり、ファンにとって聖地とされている場所です。

✅ ツアーは2023年11月12日(土)に大阪・なんばHatchからスタートし、全国各地を巡ります。ファイナル公演のチケットは、2024年1月27日(土)より一般発売される予定です。

さらに読む ⇒ぴあエンタメ情報ぴあエンタメ情報出典/画像元: https://lp.p.pia.jp/article/news/298263/index.html?detail=true

デビューの地でのファイナル公演、感慨深いですね。

JUNSKYWALKER(S)の35周年ツアー「STANDBY YOU」ファイナル公演が、2024年5月19日(日)に東京・LINECUBESHIBUYAにて開催された。10か月にわたる日本全国ツアーの集大成として、新曲「ヒカレ」を含む、定番曲から最新曲まで、多彩な楽曲が披露された。バンドメンバーの息の合った演奏と、宮田和弥(Vo)の力強くも熱い歌声が会場を熱狂の渦に巻き込んだ。特に印象的だったのは、新曲「ヒカレ」の初披露。希望に満ちた歌詞と、打ち込みとアコースティックを融合させたサウンドは、これまでのJUNSKYWALKER(S)らしさと新たな魅力を感じさせるものであった。

え、まじ!?めっちゃ盛り上がりそうやん!

おー!ファイナル公演ってことは、これで最後ってこと?

若いもんは、ファイナル公演とかいう言葉の意味も分からんやろ。

未来への展望

JUN SKY WALKER(S)の今後の活躍も期待しています!

🔖 関連記事の要約!異例尽くしのジュンスカ野音! 30周年ツアーファイナル公演を開催 「40周年50周年と一緒に歩いていけますように」
異例尽くしのジュンスカ野音! 30周年ツアーファイナル公演を開催 「40周年50周年と一緒に歩いていけますように」

✅ JUN SKY WALKER(S)は、5月25日に日比谷野外大音楽堂にてデビュー30周年を記念したツアー「30th Anniversary Tour~全部このままで~」のファイナル公演を開催しました。

✅ 30年前にタイムスリップしたかのようなセットリストで、デビュー曲「全部このままで」のアコースティックバージョンから始まり、代表曲の数々を披露しました。

✅ ツアーファイナルにふさわしい熱狂的なライブで、ファンとの再会を約束し、30周年イヤーを華々しく締めくくりました。

さらに読む ⇒ドリーミュージックドリーミュージック出典/画像元: https://dreamusic.co.jp/news/31385.html

40周年への意気込み、頼もしいですね!

また、35周年を迎えてもなお、新しい挑戦を続け、ファンとの絆を深めながら、精力的に活動を続ける彼らの姿を、観客は熱心に見ていた。ファイナル公演では、宮田和弥が「ここからも止まらずに、40周年に向かって駆け上がっていこうと思います」と宣言し、今後の更なる活躍を誓った。

え、まじ!?めっちゃ楽しみやわ!

おー!これからもずっと頑張ってほしい!

若いもんは、40周年とかいう言葉も分からんやろ。

JUN SKY WALKER(S)は、これからも音楽シーンを盛り上げてくれることと思います。

🚩 結論!

💡 宮田和弥のソロアルバム『The21』は、コロナ禍での時間と向き合い、自分自身を見つめ直すことから生まれた作品

💡 JUN SKY WALKER(S)は、35周年を記念してラジオ番組やライブツアーを開催

💡 今後の更なる活躍に期待しましょう