Academic Box Logo

「涙そうそう」:誰もが知る名曲誕生秘話を紐解く!その誕生秘話とは!?

「涙そうそう」:誰もが知る名曲誕生秘話を紐解く!その誕生秘話とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「涙そうそう」は、森山良子作詞、BEGIN作曲の楽曲である。

💡 夏川りみ、BEGIN、森山良子の3バージョンが有名。

💡 「涙そうそう」は、沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味を持つ。

それでは、第一章から見ていきましょう。

「涙そうそう」誕生秘話:兄への想いを歌い継ぐ

「涙そうそう」の歌詞は、森山良子さんの兄への想いを歌ったもので、深い感動を与えてくれます。

🔖 関連記事の要約!亡き兄への想いを預かり歌にのせて~名曲「涙そうそう」に込められたもの~【OKINAWA SONG BOOK~沖縄歌集~『涙そうそう・夏川りみ 編』 】

公開日:2023/02/16

亡き兄への想いを預かり歌にのせて~名曲「涙そうそう」に込められたもの~【OKINAWA SONG BOOK~沖縄歌集~『涙そうそう・夏川りみ 編』 】

✅ 「涙そうそう」は、夏川りみさんがBEGINの「涙そうそう」に感銘を受け、BEGINから提供された「あなたの風」ではなく、どうしても「涙そうそう」を歌いたいと熱意を伝え、実現した楽曲。

✅ 「涙そうそう」の歌詞は、森山良子さんがBEGINの比嘉栄昇さんから亡くなった兄への想いを聞き、そのメロディーに合うように書き下ろしたもの。

✅ 夏川りみさんは、この歌が亡くなった兄への想いを歌ったものだと知り、歌うことに葛藤を感じながらも、この歌を歌いたいという強い気持ちからレコーディングを続行した。

さらに読む ⇒OTV 沖縄テレビ放送OTV 沖縄テレビ放送出典/画像元: https://www.otv.co.jp/okitive/article/26996/

兄への想いが込められた歌詞は、聴く人の心を打つものがありますね。

森山良子は、BEGINとのライブ共演がきっかけで沖縄の曲を依頼し、「涙そうそう」というタイトルのデモテープを受け取りました。兄を亡くした悲しみと、兄からの励ましの言葉を重ねて歌詞を書きました。1998年、森山良子は自身のアルバム『TIME IS LONELY』に「涙そうそう」を収録しました。この曲は、兄への想いを歌った曲でありながらも、湿っぽさはなく、明るくさわやかな印象を与えます。歌詞には「笑顔」という言葉が多く登場し、兄が笑顔でいっぱいの人物だったことを伺わせるだけでなく、どんな時も笑顔を忘れずに生きてほしいというメッセージも込められています。森山良子は、兄の思い出が詰まった革表紙の赤いアルバムをめくりながら、兄との楽しかった日々や辛い日々を思い出します。そして、兄からの励ましを感じながら、前向きに生きていこうという決意を歌っています。さらに、歌詞には「一番星」が登場し、森山良子にとって一番星が兄の象徴であることがわかります。彼女は毎日夕暮れ時に一番星を探し、兄への想いを語りかけています。「涙そうそう」は、兄への切ない想いを歌った楽曲でありながらも、希望に満ち溢れたメッセージが込められています。多くの人々の共感を得ているのも、この楽曲が持つ普遍的なテーマと、森山良子の想いの深さゆえでしょう。

えー、なんか切ない話やなぁ。

お兄ちゃんのこと、めっちゃ愛してたんだね。

あら、懐かしいわね。私も若い頃、兄貴のこと好きだったわよ。

「涙そうそう」:愛され続ける名曲の軌跡

夏川りみさんの「涙そうそう」は、沖縄サミットでのBEGINの演奏がきっかけで生まれたんですね。

🔖 関連記事の要約!特集:夏川りみ~代表曲「涙そうそう」誕生から現在まで
特集:夏川りみ~代表曲「涙そうそう」誕生から現在まで

✅ 夏川りみは、幼い頃から歌が得意で、様々な音楽大会で活躍し、1986年に長崎歌謡祭でグランプリを獲得。歌手デビューを果たすも、ヒットに恵まれず、数年で沖縄に戻った。

✅ 1999年にマネージャーが変わり、再デビューを果たし、2000年にリリースした「花になる」が話題に。翌年リリースされた「涙そうそう」は、沖縄サミットでBEGINが歌ったのをきっかけに、夏川自身も歌うことを熱望し、シングルリリース。ロングヒットとなり、日本レコード大賞金賞、NHK紅白歌合戦出場など、彼女の代表曲となった。

✅ 「涙そうそう」のヒット以降、夏川は精力的に活動を続け、国内外でコンサートを開催し、多くのアーティストとの共演を果たしている。2018年には再デビュー20周年を迎え、アニバーサリートゥアーを開催するなど、現在も第一線で活躍している。

さらに読む ⇒Billboard JAPANBillboard JAPAN出典/画像元: https://www.billboard-japan.com/special/detail/2540

夏川りみさんの「涙そうそう」は、沖縄サミットでのBEGINの演奏がきっかけで生まれたんですね。

「涙そうそう」は、森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲で、涙がポロポロこぼれ落ちる様子を表す沖縄の言葉です。1998年の森山によるバージョン、2000年のBEGINによるバージョン、そして2001年の夏川りみによるバージョンがヒットするなど、多くの人に愛されている曲です。別れの歌や卒業ソングとしての側面も持ち、日本の歌百選にも選ばれています。BEGINは、2000年3月23日に「涙そうそう」をシングルリリースしました。夏川りみは、沖縄サミットでBEGINの演奏を見て「涙そうそう」をカバーすることを決意し、2001年3月23日にシングルリリースしました。夏川りみのバージョンは、沖縄で人気となり、その後全国でもヒットしました。

え、まじ!?知らんかった!

そうか、BEGINが歌ったのがきっかけだったのか。

あら、懐かしいわね。沖縄サミット、私もテレビで見たわよ。

森山良子の多彩な音楽世界:代表アルバムを紹介

森山良子さんの代表作品は数多くありますが、中でも「涙そうそう」は特別な存在ですね。

🔖 関連記事の要約!森山良子『MY STORY』
森山良子『MY STORY』

✅ 森山良子デビュー55周年を記念し、通販限定で8枚組CD-BOX「MY STORY」が発売されます。

✅ CD-BOXには、デビューから現在までの軌跡をたどり、厳選された159曲が収録され、シングル全62曲が初めて完全網羅されています。

✅ 幻のテレビドラマ主題歌や未発表アルバムからの楽曲など、貴重な音源が多数収録されており、同梱のブックレットには詳細な解説と歌詞が掲載されています。

さらに読む ⇒大人のための音楽/エンタメ総合ウェブサイト otonano PORTAL大人のための音楽/エンタメ総合ウェブサイト otonano PORTAL出典/画像元: https://www.110107.com/s/oto/page/ryoko_moriyama

森山良子さんの音楽の世界は、本当に幅広いですね。

森山良子のディスコグラフィーは、CD、アナログ盤、ライブアルバムなど、多岐にわたります。代表的なアルバムには、『森山良子の10曲』、『RyokoClassicsII』、『森山良子オールリクエスト』などがあります。『森山良子の10曲』は、CDとアナログ盤でリリースされており、涙そうそう、さとうきび畑、この広い野原いっぱいなど、森山良子の代表曲を収録しています。『RyokoClassicsII』は、クラシックの名曲を森山良子の歌声でカバーしたアルバムです。オペラ、ミュージカル、映画音楽など、様々なジャンルの曲を収録しています。『森山良子オールリクエスト』は、森山良子の代表曲を収録したライブアルバムです。Disc-1とDisc-2に分かれており、Disc-1には、この広い野原いっぱい、悲しき天使、家族写真、シェルブールの雨傘など、Disc-2には、OverTheRainbow、セフィニ~愛の幕ぎれ~、AleAleAle、ドナ・ドナなど、多くの名曲が収録されています。

わー、めっちゃ豪華やん!

森山良子って、昔から歌上手いよな。

あら、懐かしいわね。森山良子、昔はよくテレビに出てたわよ。

「涙そうそう」:沖縄の言葉と兄への想いを込めた楽曲

「涙そうそう」は、沖縄の言葉と兄への想いが詰まった楽曲なんですね。

🔖 関連記事の要約!BEGINがりみさんの「涙そうそう」に出したNGの理由:朝日新聞デジタル

公開日:2022/06/27

BEGINがりみさんの「涙そうそう」に出したNGの理由:朝日新聞デジタル

✅ 夏川りみさんは、沖縄本土復帰から1年後に石垣島で生まれ、15歳で歌手デビューし東京へ。当初は故郷を意識することはなかったが、2000年にBEGINの「涙そうそう」に出会ったことで故郷への想いが変化した。

✅ 夏川さんはテレビでBEGINが「涙そうそう」を歌うのを聴き、その歌声に強く惹かれ、すぐにBEGINのライブへ。アンコールで「涙そうそう」を聴き、ライブ後楽屋を訪れ、BEGINメンバーに「あの歌、わたしにちょうだい」と頼んだ。

✅ 「涙そうそう」との出会いをきっかけに、夏川さんは故郷への想いを強く持ち、自身の代表曲として歌い続けている。現在も全国ツアーを開催するなど、精力的に活動している。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASQ6S55DTQ6JUCVL00C.html

夏川りみさんにとって「涙そうそう」は、故郷への想いを象徴する楽曲なんですね。

「涙そうそう」は、森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲で、1998年に森山良子のアルバム『TIME IS LONELY』に収録されました。森山良子は、BEGINとライブで共演した際に意気投合し、沖縄の曲を依頼したことからこの楽曲が生まれました。曲名は沖縄の方言で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味で、歌詞は森山良子が若くして亡くなった兄への想いを歌っています。

なんか、ええ話やなぁ。

沖縄って、良いとこやね。

あら、懐かしいわね。私も若い頃、沖縄行ったわよ。

「涙そうそう」は、多くの人々に愛される名曲であり、それぞれの想いを込めて歌い継がれてきました。

🚩 結論!

💡 「涙そうそう」は、森山良子作詞、BEGIN作曲の楽曲である。

💡 夏川りみ、BEGIN、森山良子の3バージョンが有名。

💡 「涙そうそう」は、沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味を持つ。