Academic Box Logo

ジョニー大倉は、在日コリアンだった?ロックンロール魂の軌跡とは!!?

ジョニー大倉は、在日コリアンだった?ロックンロール魂の軌跡とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 ジョニー大倉は、在日韓国人2世として生まれた。

💡 ロックバンド「キャロル」のメンバーとしてデビューし、人気を博した。

💡 ソロ歌手、俳優としても活躍し、多くのファンを魅了した。

それでは、ジョニー大倉さんの半生を、4つの章に分けて詳しく見ていきましょう。

川崎の少年時代

この章では、ジョニー大倉さんの少年時代について、詳しく解説していきます。

🔖 関連記事の要約!マイノリティーの叫び、届け 在日韓国人2世の方さんが小説 「8割は実話」

公開日:2019/03/19

マイノリティーの叫び、届け 在日韓国人2世の方さんが小説 「8割は実話」

✅ 兵庫県立湊川高校の教員を約30年間務めた在日韓国人2世の方政雄さんが、自身の経験を基に、在日コリアンの高校生が「本当の姿」で生きていく決意をするまでの青春小説「ボクらの叛乱」を出版した。

✅ 小説は、通名で学校に通う主人公が、在日コリアンであることを隠しながらも、差別や偏見に苦しむ様子を描いている。

✅ 方さんは、小説を通して、マイノリティーの心の叫びを表現し、外国人労働者の受け入れ本格化を踏まえ、50年前の課題について改めて考えることの重要性を訴えている。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20190217/k00/00m/040/049000c

貧しいながらも音楽への強い情熱を持ち、ギターを始めたというエピソードは、感動的ですね。

1952年9月3日、神奈川県川崎市で生まれたジョニー大倉は、在日韓国人2世の朴雲煥として生まれました。父親は港湾労働の親方で、母親は韓国出身でした。5歳の時に父親が亡くなり、母親は3人の子供を連れて川崎の朝鮮人部落に移り住みました。幼少期は貧しいながらも、音楽に強い興味を持ち、ギターを弾き始めました。

ええ、めっちゃしんどかったんやろうなぁ。

音楽ってすごいよね。どんな環境でも希望を与えてくれるんだなぁ。

あの頃は、朝鮮人部落って、ほんまに大変やったのよ。

キャロル時代とソロデビュー

次は、ジョニー大倉さんのロックバンド「キャロル」時代とソロデビューについてお話しします。

🔖 関連記事の要約!ジョニー大倉は在日韓国人!生い立ち・父親/母親/兄弟など家族まとめ
ジョニー大倉は在日韓国人!生い立ち・父親/母親/兄弟など家族まとめ

✅ ジョニー大倉さんは、ロックバンド「キャロル」のメンバーとして活躍し、俳優としても活動していました。2014年に肺がんのため亡くなりました。彼は在日韓国人であり、1975年にその事実を公表しました。

✅ ジョニー大倉さんは、5歳の時に父親を亡くし、母親と川崎の朝鮮人部落に移り住みました。

✅ ジョニー大倉さんは、3人兄弟の長男で、母親は韓国出身でした。

さらに読む ⇒Artyアーティ|音楽・アーティストまとめサイトArtyアーティ|音楽・アーティストまとめサイト出典/画像元: https://arty-matome.com/I0001403

キャロル解散後も、ソロ歌手として活動し、実力を見せつけたジョニー大倉さん。本当にすごいですね。

1972年、ジョニー大倉はロックバンド「キャロル」のメンバーとしてデビューしました。キャロルは、その独特のサウンドとファッション、そしてジョニー大倉の巻き舌歌法で人気を博し、数々のヒット曲をリリースしました。しかし、1975年にキャロルは解散し、ジョニー大倉はソロミュージシャンとしての活動をスタートさせました。同年、彼は自身の半生を赤裸々に綴った自叙伝を出版し、在日韓国人であることを公表しました。

キャロルって、めっちゃカッコよかったよな!

キャロル、知らんけど。

キャロルって、昔はよくテレビで見てたわ。

ソロ活動と俳優としての活躍

この章では、ジョニー大倉さんのソロ活動と俳優としての活躍についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!キャロルでの功績やソロ・キャリアから紐解く、ジョニー大倉が音楽シーンに与えた絶大な影響
キャロルでの功績やソロ・キャリアから紐解く、ジョニー大倉が音楽シーンに与えた絶大な影響

✅ キャロル結成時のメンバーであり、ギター/ヴォーカルを担当したジョニー大倉は、革ジャンにリーゼントというビジュアルや日本語と英語をミックスした歌詞など、日本のロックシーンに大きな影響を与えた。

✅ キャロル解散後はソロ歌手として活動を始め、甘い歌声を活かしたロックンロールを追求。武道館公演を行うなど、ソロアーティストとしても成功を収めた。

✅ 俳優としても活躍し、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞するなど、多岐にわたる才能を発揮した。晩年はバンド活動や音楽への愛を貫き、ロックンロールへの熱い情熱を最後まで持ち続けた。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/5680

多岐にわたる才能を発揮し、音楽と演劇の両分野で成功を収めたジョニー大倉さん。本当に尊敬します。

ソロ活動では、1977年には日本のソロ・ロック歌手として2人目に武道館公演を敢行するなど、精力的に活動を続けました。また、山口百恵や中原理恵などへの楽曲提供も行い、音楽性を広げていきました。1980年代以降は俳優としても活躍し、映画『遠雷』で第5回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど、映画界でも成功を収めました。

え、俳優もやってたん?知らんかった!

すげぇなぁ、音楽も俳優もできるって。

芸能界って、ほんまにすごいわね。

病気と死

最後の章では、ジョニー大倉さんの病気と死についてお話します。

🔖 関連記事の要約!ジョニー大倉 復活ライブで涙、涙…/芸能/デイリースポーツ online
ジョニー大倉 復活ライブで涙、涙…/芸能/デイリースポーツ online

✅ ジョニー大倉が肺がんから復活し、都内のライブハウスで復活ライブを開催しました。

✅ 余命2週間と宣告されていた中、奇跡的に病気を克服し、車いすで会場入りしながらも力強いパフォーマンスを披露しました。

✅ ライブでは感極まって涙を流す場面もありましたが、「これからもロックンロールを歌い続けるぞ」と宣言し、観客を感動させました。

さらに読む ⇒ジョニー大倉 復活ライブで涙、涙…/芸能/デイリースポーツ onlineジョニー大倉 復活ライブで涙、涙…/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2014/04/14/0006862248.shtml

余命2週間の宣告を受けながらも、復活ライブを行ったジョニー大倉さんの強さと情熱に、感動しました。

2013年5月には肺がんにより余命2週間の宣告を受けましたが、その後も治療に専念し、4月13日には銀座タクトにて奇跡の復活ライブを行いました。しかし、2014年11月19日、肺炎により62歳で逝去しました。ジョニー大倉は、ロックンロールへの愛を貫き、その功績は日本の音楽シーンに大きな影響を与えました。彼は、自身の出自や苦難を乗り越えて、音楽と俳優という分野で成功を収め、その人生は多くの人々に感動を与え続けました。

え、まじで!?めっちゃ悲しい。

復活ライブ、見に行きたかったなぁ。

命って、ほんまに儚いわね。

ジョニー大倉さんの生き様は、私たちに勇気を与えてくれます。これからも彼の音楽を聴き続けたいですね。

🚩 結論!

💡 ジョニー大倉は、在日韓国人2世として生まれ、音楽と演劇の分野で活躍した。

💡 ロックバンド「キャロル」のメンバーとして人気を博し、ソロ歌手としても成功を収めた。

💡 晩年は病気と闘いながらも、復活ライブを行い、多くの人々に感動を与えた。