Academic Box Logo

崎山蒼志の音楽のルーツとは?天才ギター少年の軌跡音楽への情熱が奏でる奇跡!!

崎山蒼志の音楽のルーツとは?天才ギター少年の軌跡音楽への情熱が奏でる奇跡!!
📘 この記事で分かる事!

💡 崎山蒼志さんは、4歳からギターを始め、中学時代にはバンド活動も経験しています。

💡 崎山蒼志さんは、様々なアーティストから影響を受けており、音楽のルーツを探ることは、彼の音楽をより深く理解する上で重要です。

💡 崎山蒼志さんの音楽は、彼の情熱と才能、そして音楽のルーツによって形作られています。

それでは、崎山蒼志さんの音楽のルーツについて詳しく見ていきましょう。

音楽への情熱の芽生え

崎山蒼志さんの音楽のルーツは、幼少期から音楽に囲まれた環境にあったんですね。

🔖 関連記事の要約!憧れの人の前で演奏して、世界が開けました」高校生ミュージシャン・崎山蒼志 くんインタビュー【高校生なう】
憧れの人の前で演奏して、世界が開けました」高校生ミュージシャン・崎山蒼志 くんインタビュー【高校生なう】

✅ 崎山蒼志さんは、幼少期から音楽に囲まれた環境で育ち、4歳からギターを始めました。

✅ 小学4年生から作曲を始め、中学時代にはバンド活動も経験し、地元ラジオ局のオーディションで大きな舞台を経験したことで、音楽を続ける決意を固めました。

✅ 中学時代は、歌詞に自身の心の揺れを表現するようになったとのことです。

さらに読む ⇒スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)/大学・短期大学・専門学校の進学情報スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)/大学・短期大学・専門学校の進学情報出典/画像元: https://shingakunet.com/journal/trend/20200317000003/

音楽への情熱を感じますね。彼の音楽には、心の揺れや葛藤が表現されているように感じます。

崎山蒼志は、2002年生まれのシンガーソングライター。幼少期から音楽に親しみ、4歳の頃からギターを弾き始め、10歳頃から作曲を始めた。中学生時代には、音楽制作を日記のように捉え、日々の感情や閉塞感を音楽に昇華させていた。10代限定オーディションでバンドが3次審査まで進んだことが自信となり、音楽制作を続けるモチベーションとなった。現在は、聴衆が増えたことや自身の音楽に対する理解を深めたことで、より深く音楽制作に取り組んでいる。

ええ、中学生で歌詞に心の揺れを表すとか、めっちゃエモいじゃん!

音楽って、やっぱ心の支えになるよね。俺も高校時代はバンド組んでて、青春時代は音楽と共にあったなぁ。

あら、若い頃から音楽に真剣に向き合っていたのね。素晴らしいわ。

才能が開花した瞬間

次の章では、崎山蒼志さんの才能が開花した瞬間についてお話します。

🔖 関連記事の要約!向井秀徳×崎山蒼志、有観客野外ツーマンライブにて奇跡の゛響嚥゛! 2人の天才、相見える! (2021年4月25日)
向井秀徳×崎山蒼志、有観客野外ツーマンライブにて奇跡の゛響嚥゛! 2人の天才、相見える! (2021年4月25日)

✅ 4月24日に大阪・服部緑地野外音楽堂で開催された、向井秀徳アコースティック&エレクトリックと崎山蒼志のツーマンライブ「白昼ノ響嚥」は、レジェンドと新星の゛天才゛同志による弾き語りライブとして、観客を熱狂させた。

✅ 向井秀徳は、エレキギターとループマシンを駆使したパフォーマンスで観客を魅了し、アコースティックギターではKimonos「Yureru」のカバーなど、多彩な楽曲を披露した。一方、崎山蒼志は、オベーションギターと伸びやかな歌声で、代表曲「Samidare」や新曲「逆行」など、バラードからロックナンバーまで幅広い楽曲を演奏し、会場を魅了した。

✅ アンコールでは、向井秀徳と崎山蒼志が再びステージに登場し、2人によるセッションが実現。世代を超えた天才同士の共演は、観客にとって忘れられない感動を与えた。

さらに読む ⇒ エキサイトニュース エキサイトニュース出典/画像元: https://www.excite.co.jp/news/article/Rooftop_44720/

向井秀徳さんと崎山蒼志さんのセッションは、世代を超えた天才同士の共演で、とても感動的だったと思います。

崎山蒼志は、15歳の時にAbemaTV「日村がゆく第3回高校生フォークソングGP」に出演し、注目を集めた。この番組で、くるりの岸田繁さんやゲスの極み乙女。の川谷絵音さんから絶賛されたことが、彼の音楽への道を大きく前進させた。崎山蒼志は、自身の音楽活動を通して、様々なアーティストから多大な影響を受けている。特に、クリープハイプの尾崎世界観さん、ZAZEN BOYSの向井秀徳さん、Radioheadのトム・ヨークさん、七尾旅人さん、折坂悠太さんの5人を尊敬するアーティストとして挙げている。崎山蒼志は、クリープハイプの「転校生」をカバーしている。また、ZAZEN BOYSの「KIMOCHI」をカバーしており、椎名林檎さんが同曲をデュエットした映像も紹介されている。さらに、トム・ヨークのソロアーティスト活動にも影響を受けていると推測される。レディオヘッドの「creep」は、長らくライブで演奏されていませんでしたが、2003年のサマーソニックのアンコールで演奏され、観客全員が一緒に歌ったことから、ファンにとって特別な楽曲であることがわかります。七尾旅人さんの楽曲「サーカスナイト」は、青葉市子さんもカバーしており、必聴の曲です。折坂悠太さんの曲は、ドラマ「監察医朝顔」の主題歌「朝顔」として知られています。

ええ、向井秀徳さんと共演したんか!マジですごい!

向井秀徳さんって、やっぱレジェンドやけん、一緒に演奏できたのは相当な経験になったやろね。

あら、若い者がベテランと共演するって、貴重な経験よね。

音楽のルーツを探る

では、崎山蒼志さんの音楽のルーツを探る章に入ります。

🔖 関連記事の要約!崎山蒼志インタビュー
崎山蒼志インタビュー

✅ 2021年にメジャーデビューした崎山蒼志は、数々のタイアップやコラボを通して、自身の音楽性をさらに広げ、飛躍した1年を過ごした。

✅ メジャーデビュー以降、タイアップやコラボを通して、様々な音楽との出会いから刺激を受け、自身の音楽性を拡張させていった。

✅ タイアップやコラボでは、世代やジャンルを超えた、予想外の組み合わせによる楽曲制作が実現し、驚きの連続だった。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/music/pp/sakiyamasoushi03

the GazettEの影響を受けたというのは、意外でしたね。

崎山蒼志は、4歳の頃にtheGazettEの「REGRET」のミュージックビデオに衝撃を受け、ヴィジュアル系アーティストの世界観に魅了された。その後、両親の影響でBUCK-TICKやTHEYELLOWMONKEY、Oasisなどの音楽に触れ、幅広い音楽性を育んだ。特にtheGazettEの「Filthinthebeauty」のギターサウンドに感銘を受け、ジェントのようなメタルっぽい音を目指し、ギター教室に通い始めた。幼少期から音楽に触れ、小学5年生の頃には3DSを使ってオリジナル曲の演奏を撮影するなど、音楽制作にも挑戦し始めた。theGazettEは崎山蒼志の音楽のルーツであり、音楽活動を始めるきっかけを与え、音楽性の幅を広げる上で重要な影響を与えたと言える。

the GazettEとか、意外やなぁ。

the GazettEかぁ、渋いチョイスやね。

あら、the GazettEって言うのね。懐かしいわ。

音楽の進化と挑戦

次は、崎山蒼志さんの音楽の進化と挑戦について見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!崎山蒼志が自らを俯瞰して語る 18歳のリアル、思い描く40歳の自分
崎山蒼志が自らを俯瞰して語る 18歳のリアル、思い描く40歳の自分

✅ 崎山蒼志のメジャー1stアルバム「find fuse in youth」は、過去曲を再定義した楽曲と、崎山自身による新曲から構成されており、実験的な試みと多様性を感じられる作品です。

✅ アルバムは、中学生時代に制作された楽曲を、アレンジャーとのコラボレーションによって再解釈した「再定義シリーズ」と、崎山自身による内省的な楽曲という、対照的な二極に分かれています。

✅ 崎山は、このアルバムを通じて、過去の自分と現在の自分、そして外界との繋がりを再考しており、常に新しい挑戦を続ける自身の姿勢を表しています。

さらに読む ⇒CINRACINRA出典/画像元: https://www.cinra.net/article/interview-202101-sakiyamasoushi_ymmts

過去の楽曲を再定義したというのは、とても興味深い試みですね。

崎山蒼志のメジャーデビューアルバム『findfuseinyouth』は、高校三年生の彼がこれまで制作してきた楽曲を再構築し、バンドサウンドや打ち込みを取り入れた多様な楽曲が収録されている。インタビューでは、アルバム制作について、特にバンド感を取り入れた楽曲について語られている。崎山は、中学生時代にバンドを経験しており、弾き語りの楽曲においてもバンドで演奏できるようなイメージで制作してきたという。アレンジャーとの共同作業で、彼の音楽におけるバンドサウンドへの強い志向が反映され、楽曲に新たな魅力が加わっている。中でも、「Undulation」は、田中ユウスケによるアレンジで、アコギを軸にしながらもキャッチーな4つ打ちを取り入れ、ロマンチックなムードを感じさせる楽曲に仕上がっている。崎山は、アコギをリズム楽器として捉え、1本でバンドサウンドを表現することに強いこだわりを持っている。さらに、エレキギターへの愛着も語っており、アコギだけでなくエレキギターも積極的に演奏していることがわかる。『findfuseinyouth』は、崎山の音楽的多様性と、バンドサウンドへの強い思いが詰まったアルバムとなっている。

過去の曲を再定義とか、めっちゃおしゃれやん!

過去と現在を繋ぐって、なんか深いね。

あら、若い者は、過去のものを大切にしているのね。

天才ギター少年の誕生

最後の章では、崎山蒼志さんの天才ギター少年の誕生についてお話しします。

🔖 関連記事の要約!天才」「存在が歌の塊」或る日突然、注目をかっさらった高校生、崎山蒼志の原点
天才」「存在が歌の塊」或る日突然、注目をかっさらった高校生、崎山蒼志の原点

✅ 崎山蒼志は、高校1年生ながら300曲以上の楽曲を作り、SNSでのバズにより一躍有名になった。

✅ 彼の音楽のルーツは、母親の影響でヴィジュアル系バンドやUKロックに始まり、父親の影響でリンキン・パークやスガシカオなど、幅広い音楽に触れてきた。

✅ 崎山は、幼少期は好きな音楽しか受け入れなかったが、父親の影響で新しい音楽にも興味を持つようになり、自身の音楽の幅を広げていった。

さらに読む ⇒BuzzFeedBuzzFeed出典/画像元: https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/soushi-sakiyama

崎山蒼志さんは、様々な音楽に触れることで、自身の音楽性を確立していったんですね。

崎山蒼志は、16歳のシンガーソングライター。彼のデビュー曲『五月雨』は、13歳の頃に制作されたという早熟な才能の持ち主である。文学的な歌詞とキャッチーなメロディー、独特の歌声と演奏技巧が特徴で、多くのミュージシャンから高い評価を得ている。彼の音楽的ルーツは、幼い頃から多種多様な音楽に触れてきた環境にある。特に、ビジュアル系バンドthe GazettEの影響を受け、ギターを始めたことが彼の音楽の土台を築いた。彼の楽曲は、現代詩的な歌詞、巧みなコード進行、力強いグルーヴ、独特の歌声、そして卓越した演奏力によって構成されている。彼の音楽は、彼の音楽に対する情熱と、多様な音楽経験から生まれた唯一無二のものとなっている。

13歳で作った曲とか、天才やで!

いろんな音楽を聴いてきたからこそ、今の崎山蒼志さんの音楽があるんやろうね。

あら、若い頃から才能があったのね。

崎山蒼志さんの音楽は、彼の情熱と才能、そして音楽のルーツによって形作られた、唯一無二のものです。

🚩 結論!

💡 崎山蒼志さんは、幼少期から音楽に囲まれた環境で育ち、4歳からギターを始めました。

💡 崎山蒼志さんは、様々なアーティストから影響を受けており、自身の音楽性を確立しています。

💡 崎山蒼志さんの音楽は、彼の情熱と才能、そして音楽のルーツによって形作られています。