Academic Box Logo

浅井健一、グレッチギターの魅力とは?Blankey Jet Cityの伝説から最新情報まで!!

浅井健一、グレッチギターの魅力とは?Blankey Jet Cityの伝説から最新情報まで!!
📘 この記事で分かる事!

💡 Blankey Jet Cityのボーカル兼ギター担当、浅井健一さんのギターに対する熱い想いを紹介します。

💡 浅井健一さんが愛するグレッチギターの魅力、そしてそのギターを手に入れる方法についても解説します。

💡 浅井健一さんの最新活動情報、SHERBETSの活動状況についてもお伝えします。

それでは、最初の章からご紹介してまいります。

Blankey Jet Cityの伝説

それでは、最初の章、Blankey Jet Cityの伝説についてお話します。

🔖 関連記事の要約!ギタリスト 浅井健一 : A CITY OF BLANKEY TO BE JET (記事コメント
ギタリスト 浅井健一 : A CITY OF BLANKEY TO BE JET (記事コメント

✅ 記事は、KMという人物が2005年6月19日14時16分に所有しているギターがグレッチの6120-60であることを示しています。

✅ 記事は短い文章で、具体的な情報が不足しています。

✅ 追加の情報がないため、記事の内容を詳しく解釈することはできません。

さらに読む ⇒A CITY OF BLANKEY TO BE JETA CITY OF BLANKEY TO BE JET出典/画像元: https://acobtbj.xxxblog.jp/lite/archives/6936839/comments/1008026/

浅井健一さんのギターに対する熱い想いが伝わってきますね。

浅井健一さんは、1987年に結成されたロックバンドBlankey Jet Cityのボーカル兼ギター担当として、1991年にメジャーデビューを果たしました。彼らは、数々のヒット曲を世に送り出し、90年代の日本のロックシーンを牽引しました。代表曲には、「TEXAS」「�~�̃Z��^�」「�����I�̐S��」「SEASIDE JET CITY」「SATURDAY NIGHT」などがあります。2000年にバンドは解散し、メンバーそれぞれがソロ活動や他のバンド活動を開始しました。

うわぁ、かっこよすぎ!浅井健一って、ほんまにギター弾く姿が神様みたい!

Blankey Jet City懐かしいなぁ。あの頃の音楽は、今の音楽とは全然違うよね。

あの頃は、若いもんはみんなBlankey Jet City聞いてたわよ。懐かしいわぁ。

芸術を通して伝えられるメッセージ

次の章では、浅井健一さんの芸術を通して伝えられるメッセージについてお話します。

🔖 関連記事の要約!愛と平和』歌い続けるロックスター浅井健一が目指す「世の中をよくすることに繋げる」
愛と平和』歌い続けるロックスター浅井健一が目指す「世の中をよくすることに繋げる」

✅ 浅井健一さんは、ミュージシャン活動だけでなく、画家としても活動しており、名古屋で個展を開催しました。

✅ 個展では、アクリル絵の具で描いた40点を展示し、絵を通して「どうしたら世界がより良くなるか」という問いかけを投げかけました。

✅ 浅井さんは、自身のインスタグラムで日常を公開したり、反戦をテーマにした絵本を出版したりするなど、様々な形で平和へのメッセージを発信しています。

さらに読む ⇒東海テレビ放送東海テレビ放送出典/画像元: https://www.tokai-tv.com/tokainews/feature/article_20221013_22403

浅井健一さんのメッセージは、音楽だけでなく様々な形で発信されているんですね。

浅井健一さんは、音楽活動だけでなく、絵画、料理、エッセイなど多岐にわたる活動を通して、自身の思いを表現しています。名古屋では個展を開催し、多くのファンを魅了しました。彼の作品からは、愛と平和、そして世界をより良くしたいという強い意志が伝わってきます。特に、反戦をテーマにした絵本『ベイビーレボリューション』は、戦争の悲惨さを改めて認識させ、平和の大切さを訴えています。浅井さんのメッセージは、音楽、絵画、言葉を通して、多くの人々に共感を呼び起こしています。

えー、浅井健一さんって絵も描くんや!知らんかった!

浅井健一って、音楽だけじゃなく、いろんなことやってるんだね。すごいなぁ。

若いもんは、戦争の悲惨さを知らんもんね。浅井健一さんの絵本で、戦争の怖さを知ってほしいわ。

愛用のギターと共に

続いて、浅井健一さんとグレッチギターの深い関係についてお話します。

🔖 関連記事の要約!グレッチより浅井健一シグネチュア・モデル発売+SHERBETSツアー追加公演決定
グレッチより浅井健一シグネチュア・モデル発売+SHERBETSツアー追加公演決定

✅ 浅井健一のシグネチュアモデルとなる2種類のグレッチギターが発売されることが決定しました。

✅ SHERBETSの東名阪ツアーに、Billboard Live TOKYOでの追加公演が決定しました。

✅ 追加公演では、SHERBETSの楽曲に加え、小林瞳が参加しSHALLOW WELLの世界も表現されます。

さらに読む ⇒BARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディアBARKS | アーティストの新曲・動画・ライブ・コンサート情報をお届けする音楽メディア出典/画像元: https://www.barks.jp/news/?id=1000191571

浅井健一さんのシグネチャーモデルが発売されるのは、ファンにとって嬉しいニュースですね。

浅井健一さんのシグネチャー・ギター2機種「BlackCat」と「TennesseeRose」が、グレッチより発売されました。どちらも浅井さんのこだわりが詰まったデザインと仕様となっており、ギター・マガジン2022年12月号では、浅井健一が長年愛用するグレッチの1964年製テネシアンが特集されています。これらのギターは、浅井健一が数々の名曲を奏でる際に使用してきた相棒であり、彼の音楽活動において重要な役割を果たしています。

え!浅井健一さんのギターが買えるんか!欲しい!

SHERBETSのライブ行きたいなぁ。浅井健一のギターを生で見てみたい!

浅井健一は、若い時からずっとギターが好きだったのよ。ギターの音が、彼の心を動かしたんでしょうね。

ギターへの熱い想いを込めて

それでは、浅井健一さんのシグネチャー・ギターについて詳しくお話します。

🔖 関連記事の要約!浅井健一のシグネチャー・ギターがグレッチより登場 11月6日より御茶ノ水で特別展も開催
浅井健一のシグネチャー・ギターがグレッチより登場 11月6日より御茶ノ水で特別展も開催

✅ 浅井健一のシグネチャー・ギターとして、グレッチより「Black Cat」と「Tennessee Rose」の2機種が発売されました。

✅ 両機種とも浅井健一の愛器であるグレッチ・テネシアンをベースに、演奏性やサウンド、ルックスを向上させたモデルとなっており、ボディシェイプや構造は既存のG6119T-62 VSを踏襲しています。

✅ 特徴的なデザインとして、Black Catには浅井健一デザインのキャット・インレイ、Tennessee Roseにはグレッチデザインのfホールが採用されています。また、両機種ともピックアップにはTVジョーンズのハイロートロン・ピックアップが搭載され、ビンテージ・トーンを実現するグレッチ・オリジナルのコンデンサーや、ボリュームを絞った際にもフル・ボリュームと変わらないトーンを実現するトレブル・ブリード・サーキットも搭載されています。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/news/2020-1104-gretsch-kenichi-asai/

浅井健一さんのギター、すごくこだわって作られてるんですね。

浅井健一さんは、2020年11月6日に発売されたグレッチのシグネチャー・ギター「BlackCat」と「TennesseeRose」の特別展を、御茶ノ水楽器センターで開催しました。この特別展では、浅井健一がデザインしたギターの細部まで見ることができ、ファンにとっては貴重な機会となりました。

えー、ギターのデザインめっちゃかっこいい!欲しい!

浅井健一って、ギターのことめっちゃ詳しいんやね。尊敬するわ。

ギターは、音楽を奏でるための大切な道具よ。浅井健一は、ギターを大切にしてるんだわ。

新たな挑戦と未来へ

最後の章では、浅井健一さんの今後の活動についてお話します。

🔖 関連記事の要約!浅井健一率いるSHERBETSがニューシングル『UK』をリリース、ティザー映像も公開

公開日:2022/09/14

浅井健一率いるSHERBETSがニューシングル『UK』をリリース、ティザー映像も公開

✅ SHERBETSがニューシングル「UK」を2022年10月26日にリリースすることを発表しました。

✅ シングルにはライブCDが付属する初回限定盤と、通常盤の2形態が用意されています。

✅ また、25周年を記念したツアー「24th→25th ANNIVERSARY TOUR ゛そして未来へ゛」を10月16日から開催し、10月8日には新曲「UK」が先行配信されます。

さらに読む ⇒ Rolling Stone Japan(ローリングストーン  ジャパン) Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)出典/画像元: https://rollingstonejapan.com/articles/detail/38373

浅井健一さんの今後の活躍が楽しみです。

浅井健一さんは、現在も精力的に活動しており、SHERBETSというバンドで活動しています。ギター・マガジン2022年12月号では、浅井健一が最新シングル「UK」やSHERBETSについて語ったインタビューが掲載されています。また、10月16日渋谷SpotifyO-EAST公演での使用機材も紹介されています。

SHERBETSのニューシングル楽しみ!絶対聴く!

浅井健一って、これからも音楽やっていくのかな?

浅井健一は、これからも音楽を通して、世の中に希望を与えてくれるでしょう。

本日は、浅井健一さんとグレッチギターの魅力についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 浅井健一さんは、Blankey Jet Cityのボーカル兼ギター担当として活躍し、現在はSHERBETSで活動を続けています。

💡 浅井健一さんのシグネチャーモデル「Black Cat」と「Tennessee Rose」がグレッチより発売されています。

💡 浅井健一さんは、音楽活動だけでなく、画家や絵本作家としても活動しており、様々な形でメッセージを発信しています。