Academic Box Logo

安藤正容の音楽人生: T-SQUAREからの卒業と新たな章?安藤正容の音楽に対する変化とは!?

安藤正容の音楽人生: T-SQUAREからの卒業と新たな章?安藤正容の音楽に対する変化とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 安藤正容は、T-SQUAREのギタリストとして活躍した

💡 T-SQUARE脱退後、ソロ活動を開始した

💡 安藤正容は、音楽に対する考え方や活動に変化が見られる

それでは、安藤正容さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

安藤正容の音楽人生: T-SQUAREとの歩み

安藤正容さんの音楽人生について、詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!あんみつ『POP゛N BEAT』T
あんみつ『POP゛N BEAT』T

✅ 安藤正容とみくりや裕二によるギター・デュオ「あんみつ(anmi2)」が、7年ぶりの3rdアルバムをリリース。

✅ アルバムには、長年のライブ活動で培われたスキルが凝縮されており、お馴染みの楽曲に加え、ゲストミュージシャンとのコラボレーションによる新曲も収録。

✅ 2人のアコースティックギターの演奏に加え、須藤元気のベース、仙波清彦のドラム、さらにはみくりや裕二のウクレレなど、多彩な楽器が織りなすサウンドを楽しめる。

さらに読む ⇒Mikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディアMikiki by TOWER RECORDS | タワーレコードの音楽ガイドメディア出典/画像元: https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/4524

安藤正容さんは、長年T-SQUAREを牽引してきたんですね。

安藤正容は、幼少期から音楽に親しみ、中学時代にジャズ研でマイルス・デイヴィスの音楽に触れたことが音楽活動のきっかけとなりました。高校時代には、アメリカのロックグループGFRに影響を受け、エレキギターを演奏を始めました。明治大学に進学後、モダンジャズ研究会で本格的に演奏活動をスタートし、高柳昌行氏に師事しました。1976年に大学で活動していた仲間とグループを結成し、1978年に『LuckySummerLady』でデビュー。その後、バンド名はTHESQUAREからT-SQUAREに改名し、1987年には『TRUTH』がフジテレビ系「F-1グランプリ」中継のテーマ曲として起用され大ヒットを記録しました。安藤さんは、リーダーとしてT-SQUAREを現在まで牽引し、フュージョン界を代表する存在として活躍しています。長年バンドを続ける秘訣として、メンバーとの信頼関係、常に新しい音楽に挑戦することなどを挙げています。

えー、めっちゃカッコイイやん!

安藤さん、ほんまに凄いっすね!

若い頃から音楽に夢中だったのね。

T-SQUARE 最新アルバム: 過去と未来を繋ぐ

T-SQUAREの40周年という節目に、安藤正容さんが脱退を発表したことは、ファンにとって大きな衝撃でした。

T-SQUAREの歴史を振り返る貴重なボックスセットですね。

T-SQUAREの緊急企画アルバム『クレム・デュ・ラ・クレム(CrèmedelaCrème)』が10月28日に発売されます。これは、初の3枚組特別仕様で、DISC1は新規録音のセルフカバー11曲を収録、DISC2は河野啓三の楽曲集『河野啓三WORKS』を、DISC3は坂東慧監督によるレコーディング&ドキュメント映像を収めた特典DVDとなっています。DISC1では、T-SQUAREの代表曲である『宝島』や『OMENSOFLOVE』など、内外への配信を契機に世界中のファンが増え続けている楽曲を、新たにセルフカバーしています。

えー、T-SQUAREって40周年やったん!?

懐かしい曲もいっぱい入ってるんやろ?

昔の音楽は、何か心に響くものがあるわね。

河野啓三の功績を称える: T-SQUAREからの卒業

河野啓三さんの退団は、T-SQUAREにとって大きな損失ですね。

🔖 関連記事の要約!河野啓三「またステージで演奏できるように」…脳出血後遺症でT-SQUARE退団/芸能/デイリースポーツ online
河野啓三「またステージで演奏できるように」…脳出血後遺症でT-SQUARE退団/芸能/デイリースポーツ online

✅ 河野啓三さんは、昨年2月に発症した脳出血の後遺症が重度のため、演奏能力が100%ではないことを理由に、20年間所属したT-SQUAREを8月末に退団しました。

✅ 河野さんは、バンドの将来を考え、現状では演奏能力が十分でないため、グループに負担をかけたくないという思いから退団を決断しました。

✅ 退団後も、T-SQUAREの事務所に所属し、楽曲提供やステージへの復帰を目指し、リハビリを続けることを明かしました。

さらに読む ⇒河野啓三「またステージで演奏できるように」…脳出血後遺症でT-SQUARE退団/芸能/デイリースポーツ online河野啓三「またステージで演奏できるように」…脳出血後遺症でT-SQUARE退団/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2020/11/28/0013898182.shtml

河野さんの健康を第一に考える、素晴らしい決断ですね。

このアルバムは、河野啓三がT-SQUAREのメンバーとして参加する最後のアルバムとなります。河野は、2019年2月に急病に倒れ、懸命のリハビリを経て、2020年6月のアルバム『AIFactory』では新曲3曲を書き下ろし、演奏にも参加しましたが、自身の体調とリハビリに集中するため、T-SQUAREを離れることを決断しました。このアルバムは、河野の功績を称え、彼の作品を再評価するために、特典ディスク『河野啓三WORKS』とメイキング特典DVDを付属しています。

えー、河野さんって、T-SQUAREを辞めたん?

体調が心配やけど、頑張ってほしいね。

若い者が頑張って、老人はゆっくり休むのが一番よ。

安藤正容の新たな章:ソロ活動と音楽への変化

T-SQUARE脱退後の安藤正容さんは、ソロ活動に励んでいます。

🔖 関連記事の要約!Interview
Interview

✅ 安藤正容は、T-SQUARE脱退後、精神的に安定し、ストレスから解放された状態にある。それは、T-SQUARE在籍時の楽曲制作やツアーの準備によるプレッシャーから解放されたことによる。

✅ 安藤正容は、T-SQUARE脱退後、過去の楽曲を再評価し、新たな視点で演奏したいと考えており、アカサカトリオでは過去の楽曲を演奏することで、それらを成長させていくことを目指している。

✅ 安藤正容は、音楽活動を続ける一方で、新しい練習や技術習得よりも、音楽を楽しむことに重点を置いている。新たなアーティストの演奏を観て、刺激を受けながらも、自分自身の限界を感じている部分もある。

さらに読む ⇒ギター・マガジンWEB|Guitar magazineギター・マガジンWEB|Guitar magazine出典/画像元: https://guitarmagazine.jp/interview/2022-0623-masahiro-ando/

安藤正容さんは、T-SQUARE脱退後も音楽活動を続けているんですね。

安藤正容は、T-SQUARE脱退後、精力的にソロ活動やセッション活動を続ける一方、精神的に安定し、音楽に対する考え方にも変化が見られる。インタビューでは、T-SQUARE在籍時のストレスから解放され、家庭生活にも良い影響が出ていることを明かした。また、過去の楽曲を成長させていきたいという意欲も示し、アカサカトリオで演奏する楽曲にもその意図が感じられる。

えー、T-SQUARE辞めたん!?

ソロ活動も頑張ってほしいね!

昔の音楽は、懐かしくていいわね。

音楽への探求心と未来への展望

安藤正容さんは、音楽への情熱を持ちながらも、新たなステージへと進もうとしています。

安藤正容さんは、音楽への探求心を持ち続けているんですね。

一方で、音楽への関心は高く、新しい機材やギタリストの演奏動画を積極的に観るものの、自身は演奏活動に限界を感じているとも語っている。好きなアーティストとして、ヴルフペックやコリー・ウォン、クリス・シーリなどを挙げ、彼らの演奏技術とエンターテイメント性を高く評価している。安藤正容は、音楽への情熱を持ちながらも、新たなステージへと進もうとしている様子がうかがえる。

えー、安藤さんって、まだ音楽やってんの?

安藤さんの音楽は、これからも聴き続けたいね!

若い者に負けないで、頑張ってね。

安藤正容さんの音楽人生は、これからも注目されますね。

🚩 結論!

💡 安藤正容はT-SQUAREのギタリストとして活躍した

💡 T-SQUARE脱退後、ソロ活動を開始した

💡 安藤正容は、音楽に対する考え方や活動に変化が見られる