Academic Box Logo

T-SQUARE: 日本の音楽シーンを牽引してきた伝説のバンドは、今、何を語る?T-SQUAREの歩みとは!!!

T-SQUARE: 日本の音楽シーンを牽引してきた伝説のバンドは、今、何を語る?T-SQUAREの歩みとは!!!
📘 この記事で分かる事!

💡 T-SQUAREは、1976年に結成された日本のフュージョンバンドです。

💡 数々のヒット曲を生み出し、日本の音楽シーンを牽引してきました。

💡 安藤正容氏の退団により、バンドは新たな章を迎えようとしています。

それでは、T-SQUAREの歴史と魅力について詳しく見ていきましょう。

T-SQUARE: 日本の音楽シーンを牽引する伝説のバンド

T-SQUAREの歴史は、まさに日本の音楽史そのものですね。

35周年記念アルバムには、懐かしいメンバーの姿も!当時を思い出して、胸が熱くなります。

T-SQUAREは、1976年に安藤正容を中心に結成された日本のポップ・インストゥルメンタル・バンドです。1978年のデビュー以来、国内外で精力的に活動し、アメリカでのアルバムリリース、プレイボーイジャズフェスティバルへの出演、アジア圏でのツアーなど、数々の実績を残しています。1989年にはバンド名を゛T-SQUARE゛に変更し、2003年にはデビュー25周年を記念して期間限定で゛THESQUARE゛を再結成しました。2004年には、河野啓三と坂東慧を正式メンバーに迎え、新生゛T-SQUARE゛として活動を再開しました。2010年からは、過去の名曲を再録音した企画盤を定期的にリリースしており、2013年にはデビュー35周年を記念してT-SQUARESUPERBANDが集結したアルバム「Smile」が発売されました。2018年にはデビュー40周年を迎え、新旧メンバーが集結した記念コンサートを開催しました。2020年には河野啓三が退団し、2021年には安藤正容が退団を発表しました。T-SQUAREは、日本の音楽シーンを牽引してきた伝説的なバンドとして、現在も活動を続けています。

懐かしいメンバーがいっぱいおるやん!めっちゃエモい!

懐かしいメンバーも参加しとるってことは、ファンにはたまらんやろね!

若い頃は、T-SQUAREのコンサートによく行ったわよ!

T-SQUARE: フュージョンシーンを牽引した日本のバンド

安藤正容氏の退団は、T-SQUAREファンにとって大きな衝撃だったと思います。

🔖 関連記事の要約!43年間、T
43年間、T

✅ T-SQUAREのリーダー安藤正容が、2021年夏のフェアウェルツアーをもってバンドを退団することを発表しました。

✅ 安藤は、年齢を重ねるにつれて制作に新鮮味がなくなり、ライブで曲を深化させることができなくなったことを退団理由としてあげています。

✅ 安藤は、コロナ禍の影響もあり、自身のクリエイターとしてのプライドと表現者としてのこだわりを優先できるペースで活動を続けたいと考えており、しばらく休むことで新しいインスピレーションを得たいと考えていることを明かしました。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/4436989a54f745601ad6a21f0cf29b7766f2bdba

安藤氏の言葉からは、音楽に対する深い愛情と、未来への希望が感じられます。

T-SQUAREは、1976年に結成された日本のフュージョンバンドです。メンバーは、安藤正容、伊東たけし、和泉宏隆、長谷部徹、則竹裕之、須藤満、本田雅人、宮崎隆睦、河野啓三、田中晋吾、坂東慧など、多くのミュージシャンが参加してきました。バンドは、1970年代後半から1980年代にかけて多くのヒット曲を生み出し、フュージョンシーンを牽引してきました。現在も精力的に活動を続けており、2023年には本田雅人とのツインリード体制で、新たな楽曲を発表しています。

えー、安藤さん辞めるってマジ!?ショックやわ!

安藤さん、新しいことに挑戦したいんやね。応援しとるよ!

安藤さん、これからの人生も楽しみやな!

T-SQUARE 代表曲:音楽の魅力を探る

T-SQUAREの音楽は、聴く人の心を惹きつけますよね。

それぞれの演奏者が持ち味を生かし、一体感を生み出すT-SQUAREサウンドは、まさに圧巻です。

T-SQUAREの代表曲を20曲厳選し、それぞれの楽曲の特徴や魅力について解説した記事です。初期の代表曲から広く知られる名曲、隠れた名曲まで、楽曲の背景や演奏スタイル、作曲者の意図などを詳細に紹介しています。T-SQUAREの音楽の魅力が伝わる内容となっています。

T-SQUAREの曲って、なんか元気になるよね!

T-SQUAREの音楽は、聴けば聴くほど深みがあるよね。

T-SQUAREの音楽は、私の若い頃を思い出させるわ。

T-SQUARE 伊東たけし氏とエアロフォン・プロAE-30:新たな音楽表現への挑戦

伊東たけし氏のエアロフォン・プロAE-30との挑戦は、T-SQUAREの新しい可能性を感じさせます。

🔖 関連記事の要約!Roland ウインドシンセ「Aerophone」発表になりました。

公開日:2016/09/10

Roland ウインドシンセ「Aerophone」発表になりました。

✅ ローランドから発売された新しいウインドシンセ「エアロフォン」AE-10は、スーパーナチュラル音色でオーボエ、チェロ、尺八など様々な楽器をリアルに再現できる。

✅ 従来のウインドシンセに比べて、手軽に始められる価格帯であり、音質も向上しているため、ウインドシンセ人口増加に貢献する可能性がある。

✅ サックス奏者にとっても、電子サックスとして使いやすく、右トリルキー、左パームキー、テーブルキー、フロントFキーなど、サックス演奏に欠かせないキーが搭載されている。

さらに読む ⇒サックス フイテマス。サックス フイテマス。出典/画像元: https://sax-players.net/roland_aerophone/

AE-30は、伊東たけし氏の音楽表現をさらに広げるツールとなるでしょう。

エアロフォン・プロAE-30は、サックスに準じたキィ・ホタン配置、SuperNATURALアコースティック音源によるリアルな音色再現、本体スピーカー内蔵など、従来モデルから大きく進化したプロフェッショナル向けウインドシンセです。T-SQUAREの伊東たけし氏は、AE-30の充実したパラメーター、操作性、ダイナミクス設定、そして305種類もの内蔵音色に感銘を受けました。特に、ハーマン・ミュートやハーモニカの音色を高く評価し、ウインドシンセらしいブレスによる表現力に魅力を感じました。 伊東氏は、AE-30の幅広い音域と表現力を活かして、新境地を開拓したいと考えています。AE-30は、キーボード奏者ができることを網羅し、生楽器とは異なる味わいのある演奏を実現できるポテンシャルを秘めていると語っています。

エアロフォンって、めっちゃかっこええやん!

伊東さん、新しい楽器にも挑戦するんやね!すごい!

時代は変わるわね。新しい楽器もどんどん出てくるもんだわ。

T-SQUAREは、これからも私たちに素晴らしい音楽を届けてくれるでしょう。

🚩 結論!

💡 T-SQUAREは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えてきたフュージョンバンドです。

💡 安藤正容氏の退団は、バンドにとって大きな転換期となるでしょう。

💡 しかし、T-SQUAREの音楽は、これからも多くの人々に愛され続けることでしょう。