Academic Box Logo

清水章弘氏と松尾依里佳氏の教育論!自学力と集中力はどのように育む?公文式の実態とは!?

清水章弘氏と松尾依里佳氏の教育論!自学力と集中力はどのように育む?公文式の実態とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 自学力の重要性と家庭での育み方の具体的な方法がわかる

💡 清水章弘氏の教育に対する考え方、活動内容がわかる

💡 夫婦が教育に関してどのような共通認識を持っているのかがわかる

それでは、最初の章に移ります。

自学力の重要性と家庭での育み方

この章では、清水章弘さんと松尾依里佳さん夫妻が、自学力と集中力について、自身の経験を踏まえて語ってくださっています。

🔖 関連記事の要約!夫婦初共演!教育アドバイザー清水章弘さん・バイオリニスト松尾依里佳さんが語る「子育て」「自ら学ぶ力」の養い方

公開日:2023/4/20

夫婦初共演!教育アドバイザー清水章弘さん・バイオリニスト松尾依里佳さんが語る「子育て」「自ら学ぶ力」の養い方

✅ 清水章弘さんと松尾依里佳さん夫妻が、「自学力」の重要性について語り、公文式がどのように「自学力」と「集中力」を育むのかを解説しています。

✅ 清水さんは「自学力」は急に身につくものではなく、周囲のサポートが必要であり、子どもが「できた」という喜びを積み重ねることで、徐々に学ぶ習慣が育っていくと説明しています。

✅ 松尾さんは、幼少期から公文式に通っていた経験から、課題をクリアしていくことで「自学力」と「集中力」が身についたと語っています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/ads/kumon202304/

私も、子どもの頃は公文式に通っていて、集中力が身についたと実感しています。

清水章弘さんと松尾依里佳さん夫妻は、自学力(自ら学ぶ力)の重要性を強調し、子どもが自発的に学ぶ姿勢を育むことの大切さを語っています。清水さんは、自学力は受験対策だけでなく、人生を支える力であり、親は子どもが楽しめるように学びを導くべきだと主張します。一方、松尾さんは、幼少期から始めた公文式を通して得た「自分でできる」という成功体験が、学習意欲を高める上で重要であったと語ります。夫妻は、自学力はパチンとスイッチが入るものではなく、親や周囲のサポートを通して徐々に育むものであると指摘し、子どもが「できる」に到達するまでの適切な支援が不可欠であると強調しています。また、公文式が提供する「自学力」と「集中力」は、子どもたちの学習習慣の形成に役立つと説明しています。記事は、夫婦初共演ということもあり、教育アドバイザーとバイオリニストという異なる視点から、親が子どもにどのように「自学力」を育むことができるのか、具体的な事例を交えながら解説しています。

へぇー、公文式って集中力も育むんや!うちも通わせよかなー。

なるほどね、やっぱり小さい頃から学ぶ習慣をつけるって大事なんだね。

あら、うちの子は小さい頃から算盤習ってたのよ!集中力には良いらしいわよ。

清水章弘氏の教育に対する考え方

この章では、清水章弘氏の教育に対する考え方を、詳しく解説していきます。

🔖 関連記事の要約!清水章弘さん(プラスティー教育研究所代表)「CHANCE FOR CHANGE 教育で変革の機会を」インタビュー
清水章弘さん(プラスティー教育研究所代表)「CHANCE FOR CHANGE 教育で変革の機会を」インタビュー

✅ 清水章弘氏は、株式会社プラスティー教育研究所のCEOとして、学習塾の経営、学校や教育委員会の支援、執筆活動、講演活動という4つの事業を展開している。

✅ 同氏は、日本の教育における現状を変えるために、受験知識だけの詰め込み型ではなく、生徒の思考力を育む教育を目指しており、そのノウハウを学校や教育委員会へ提供している。

✅ 清水氏は、自身も生徒と直接向き合うことを重視し、年間1500時間の授業を目標に、全国の学校や塾で子どもたちと接している。

さらに読む ⇒ エクスプレス! エクスプレス!出典/画像元: https://xpress.jp/xpeople/interview_hontonostory/interview_shimizuakihiro

清水さんの教育に対する情熱が伝わってきて、感動しました。

清水章弘さんは、学生時代から「なぜ?」という疑問を持ち続け、教育システムと経済システムの矛盾に気付き、それを解決したいという思いから起業しました。著書『自分でも驚くほど成績が上がる勉強法』では、学生と一緒に「そもそも」という問いから出発し、勉強の本質について考えることを促しています。従来の教育システムでは、教師が一方的に知識を教え、生徒はそれを受け入れるという上下関係が一般的でしたが、清水さんは「教育者も学習者である」というスタンスを重要視し、フラットな関係を築くべきだと主張しています。竹村さんは、清水さんの考えに共感し、教育関係者には「なぜ学校に行くのか?」という根本的な問いを問い直す必要があると指摘しています。2人は、従来の教育システムにおける上下関係や知識注入型の学習方法に疑問を感じ、子どもたちが主体的に学び、考えることができるような教育のあり方を模索しています。特に、清水さんは、子どもたちが自分たちで考え、行動する力を育むために、自分たちと同じ目線で学びを共に考えられるような書籍を執筆しています。

まじで!?年間1500時間って、どんだけ生徒と向き合っとんねん!

清水先生みたいに、生徒と向き合う教育って素敵だね!

あら、うちの子の先生も、生徒と向き合う熱心な先生よ!

清水章弘氏の活動と教育機関への提言

この章では、清水章弘氏がどのように教育機関に貢献しているのか、具体的な事例を紹介します。

🔖 関連記事の要約!勉強のやり方を教える学習コーチ」清水章弘が目指す、あるべき教育の姿とは──? 【前編】
勉強のやり方を教える学習コーチ」清水章弘が目指す、あるべき教育の姿とは──? 【前編】

✅ PlusTは学習塾、啓蒙活動、学校・教育委員会との提携という3つの事業を通して教育事業を展開している。

✅ 学習塾では教科指導に加え、勉強のやり方を教える「学習コーチ」も実施しており、計画の立て方や自己管理、予習復習の仕方などを指導することで、生徒が効率的に学習を進められるようサポートしている。

✅ PlusTは生徒が勉強だけに集中するのではなく、生徒会長や部活動など他の活動も充実させながら東大に合格した清水氏の経験に基づき、勉強以外の活動も諦めずに両立できるよう、「勉強のやり方」を指導することで、生徒が自分の人生を積極的に創造できるよう支援している。

さらに読む ⇒ジセダイ―星海社がおくる、ノンフィクション・教養・WEBエンタテインメントジセダイ―星海社がおくる、ノンフィクション・教養・WEBエンタテインメント出典/画像元: https://ji-sedai.jp/special/generations/ShimizuAkihiro_01.html

学校や教育委員会への提言も、素晴らしいですね!

株式会社プラスティー教育研究所のCEO、清水章弘氏は、教育委員会の学習アドバイザーや文部科学省研究指定校の研究アドバイザーも務めながら、全国の学校で精力的に講演活動をしています。著書は8冊、海外でも出版され累計30万部を突破しました。清水氏は、「受験知識伝授型」の塾は塾本来のあるべき姿ではないと考えており、学校が提供できる価値を向上させ、私塾はさらに新しいことに挑戦すべきだと主張しています。株式会社プラスティーは、クチコミだけで広がるような良い塾を作り、そのノウハウを学校や教育委員会に提供することを目指しています。清水氏自身も年間1500時間の授業を行うなど、現場に密着した活動をしています。

清水先生って、めっちゃいろんなとこで活躍しとるんや!スゴイ!

清水先生みたいに、教育に貢献したいなぁ。

あら、うちの子の学校にも、清水先生みたいな人が来たらいいのに!

清水章弘氏の教育を受けた幼少期

この章では、清水章弘氏の幼少期の教育について、詳しく解説していきます。

🔖 関連記事の要約!清水章弘さんの「勉強のやり方教えます」(朝日学生新聞社)
清水章弘さんの「勉強のやり方教えます」(朝日学生新聞社)

✅ 清水章弘さんは、難しい問題に直面した際に「どうせ無理だ」と諦めてしまうのではなく、「かんたんだなぁ」と心の中で言い聞かせることで、ハードルを下げ、頭が動き始めることを勧めています。

✅ これは、ネガティブな思考をポジティブに変え、問題に取り組む意欲を高める効果的な方法です。

✅ 清水章弘さんは、勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を経営しており、著書も多数執筆しています。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-asahikids/8c7f031384e5

清水さんの母親の教育方針は、とても興味深いです。

清水氏の教育方針は、母親の「苦労をさせよう」という考えに基づいています。3歳の頃から、図書館への本の返却ミッションや、三輪車での遠足など、自立を促す教育を受けてきました。また、母親による読み聞かせを通して、幼い頃から本が好きになり、地域の方々に育てられたと語っています。

えー、清水先生って苦労させられてたんや!

清水先生は、小さい頃から自立心が強かったんだね。

あら、うちの子も、小さい頃から自立心は強かったのよ!

夫婦の教育に対する共通認識

この章では、清水章弘氏と松尾依里佳さん夫妻の教育に対する共通認識について解説していきます。

🔖 関連記事の要約!清水章弘の新着記事
清水章弘の新着記事

✅ この記事は、教育アドバイザーである清水章弘さんの勉強法や子育てに関する記事を集めたものです。

✅ 記事の内容は、清水章弘さんが提唱する勉強法、特に「人に聞いて学ぶこと」の重要性と、具体的な例として電車での勉強やオレンジのマーカーを使った独自の教材作成方法が紹介されています。

✅ また、清水章弘さんとバイオリニストの松尾依里佳さんの夫婦が朝日新聞でKUMON(公文式)について語ったインタビュー記事や、ドラマ「悪女」の感想、そして清水章弘さんが講師を務める作文・スクラップ教室に関する記事も含まれています。

さらに読む ⇒人気のハッシュタグ|アメーバブログ(アメブロ)人気のハッシュタグ|アメーバブログ(アメブロ)出典/画像元: https://blogtag.ameba.jp/news/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%AB%A0%E5%BC%98

夫婦で教育について語り合う姿は、とても素敵ですね。

清水章弘さんと松尾依里佳さん夫妻は、自学力(自ら学ぶ力)の重要性を強調し、子どもが自発的に学ぶ姿勢を育むことの大切さを語っています。清水さんは、自学力は受験対策だけでなく、人生を支える力であり、親は子どもが楽しめるように学びを導くべきだと主張します。一方、松尾さんは、幼少期から始めた公文式を通して得た「自分でできる」という成功体験が、学習意欲を高める上で重要であったと語ります。夫妻は、自学力はパチンとスイッチが入るものではなく、親や周囲のサポートを通して徐々に育むものであると指摘し、子どもが「できる」に到達するまでの適切な支援が不可欠であると強調しています。また、公文式が提供する「自学力」と「集中力」は、子どもたちの学習習慣の形成に役立つと説明しています。記事は、夫婦初共演ということもあり、教育アドバイザーとバイオリニストという異なる視点から、親が子どもにどのように「自学力」を育むことができるのか、具体的な事例を交えながら解説しています。

清水先生と奥さん、教育について意見が一致しとるんや!

夫婦で教育について語り合うって、いいよね!

あら、うちの子の夫婦も、教育には熱心よ!

本日は、清水章弘氏と松尾依里佳さん夫妻の教育論についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 自学力と集中力は、家庭でのサポートによって育むことができる

💡 清水章弘氏は、生徒の思考力を育む教育を目指し、教育機関に貢献している

💡 夫婦は、自学力の重要性について共通認識を持っている