Academic Box Logo

ラップメタル/ラップコアは死語? 新世代バンドが奏でる進化したサウンドとは?ミクスチャーロックの深淵へ!!

ラップメタル/ラップコアは死語? 新世代バンドが奏でる進化したサウンドとは?ミクスチャーロックの深淵へ!!
📘 この記事で分かる事!

💡 ミクスチャーロックは、ラップ、メタル、エレクトロニックなど、複数のジャンルの要素を融合した音楽ジャンルです。

💡 近年では、新世代のバンドによって、より洗練されたサウンドを生み出しています。

💡 この記事では、ミクスチャーロックの歴史、進化、そしておすすめのバンドを紹介していきます。

それでは、ミクスチャーロックの歴史と進化について詳しく見ていきましょう。

ミクスチャーロックの深淵へ: 洋楽ラップメタル/ラップコアの世界を探索

ミクスチャーロックは、多様な音楽要素が融合した、まさに「深淵」と言えるジャンルですね。

🔖 関連記事の要約!新世代のミクスチャー(ラップメタル)がクソかっこいい件について
新世代のミクスチャー(ラップメタル)がクソかっこいい件について

✅ この記事は、ミクスチャー(ラップメタル)と呼ばれる音楽ジャンルが、近年では「死語」になりつつあるものの、そのサウンドは進化を遂げ、新世代のバンドによって新たな形で受け継がれていることを解説しています。

✅ 具体的には、Volumes、Issues、DVSR、Hacktivistといったバンドを紹介し、それぞれのバンドの特徴やサウンドの面白さを説明しています。

✅ また、記事ではミクスチャーの歴史や、現在の音楽シーンにおけるミクスチャーの立ち位置について考察し、新世代のミクスチャーが、ラップ、メタル、エレクトロニックなど、様々なジャンルの要素を融合することで、より洗練されたサウンドを生み出していることを示唆しています。

さらに読む ⇒SAKUMAMATATASAKUMAMATATA出典/画像元: https://www.sakumamatata.com/2017/02/blog-post_20.html

新世代のミクスチャーロックは、より洗練されていて、聴き心地が良いですね。

2021年2月26日に掲載された、ラップメタル/ラップコアをはじめとするミクスチャー(ラップ)ロックバンドを紹介する企画の続編。今回は、前回に引き続き、洋楽ラップメタル/ラップコアに焦点を当て、筆者が厳選したおすすめバンドを紹介します。

へぇ~、知らんかったわ!こんな新しいバンドもおるんや!

うっわ、めっちゃカッコええやん!俺もこのジャンルハマりそうやけん、今度ライブ行ってみよかな!

あら、懐かしいわね。昔は、もっとヘヴィメタルっぽい感じやったけど、今は、エレクトロニックな要素も入っとるんか。時代は変わるもんね。

3つのカテゴリーで紐解く、ラップメタル/ラップコアの魅力

90年代後半のニューメタルブームは、まさにラップメタル全盛期だったと言えるでしょう。

🔖 関連記事の要約!WIKIに無い!】ニューメタル:ミクスチャー/ラップメタル系基本情報+重要バンド8選【ビギナー必見・必聴

公開日:2020/04/27

WIKIに無い!】ニューメタル:ミクスチャー/ラップメタル系基本情報+重要バンド8選【ビギナー必見・必聴

✅ 90年代後半のニューメタルブームを牽引したラップメタル系のニューメタルは、HIPHOPブームとの相乗効果により、KORNやLimp Bizkitといったバンドが台頭し、世界的な人気を獲得しました。

✅ ラップメタルの特徴は、HIPHOP的な方法論とラップヴォーカルを前面に出したサウンドであり、ファンクメタルとは一線を画す新世代のミクスチャーメタルとして、ニューメタルの第2世代を代表するスタイルとなりました。

✅ Limp BizkitやStuck Mojoなどのバンドが代表的なラップメタル系ニューメタルのアーティストであり、彼らはHIPHOPの影響を強く受けたサウンドと、時には過激な歌詞やパフォーマンスで、ニューメタルシーンに大きな影響を与えました。しかし、ブームが過ぎ去った後は、徐々にその人気は衰え、一部ではバッシングを受けることにもなりました。

さらに読む ⇒おとふりおとふり出典/画像元: https://otofre.com/hmhrgenre_nu_metal_mixture_rap/

しかし、ブームが過ぎ去った後は、徐々に人気が衰えてしまったのは残念ですね。

記事は、ラップロック/ミクスチャーという幅広いジャンルを、オールドスクール的ラップメタル(コア)、モダンサウンド的ラップメタル(コア)、その他サウンドのラップメタル(コア)の3つのカテゴリーに分類し、それぞれのカテゴリーからおすすめのバンドを紹介しています。

うんうん、わかるわかる!あの頃は、KORNとかLimp Bizkitとか、めっちゃ流行ってたよね!

うっわ、懐かしい!中学の頃、Limp Bizkitの「Break Stuff」めっちゃ聴いてたわ!

あら、若い頃は、そんな音楽も聴いとったんか。懐かしいわね。

個性と魂が交差する: 各バンドの魅力を深掘り

それぞれのバンドの個性と魂が、音楽を通して表現されているのが良く分かります。

🔖 関連記事の要約!結束バンド、初のワンマンライブと新曲で切り開いた「バンドサウンド」の可能性

公開日:2023/05/26

結束バンド、初のワンマンライブと新曲で切り開いた「バンドサウンド」の可能性

✅ 結束バンドの最新シングル「光の中へ」が5月24日に発売され、新曲2曲を含むアルバムのクオリティの高さ、そして「結束バンドLIVE-恒星-」でのライブパフォーマンスが話題となっている。

✅ 新曲「光の中へ」と「青い春と西の空」は、それぞれ異なる作曲家・作詞家によって制作され、結束バンドのサウンドに新たな魅力を加えている。特に、劇中キャラクターのイメージと演者自身の個性が融合したライブパフォーマンスは、結束バンドの音楽性をより一層際立たせている。

✅ 特に、青山吉能が演じる後藤ひとりのパートでは、キャラクターのイメージをそのままに、力強い歌声とギター演奏で観客を魅了した。ライブ全体を通して、劇中キャラクターと演者自身のイメージが調和し、観客に「生の結束バンド」を感じさせる最高のライブだった。

さらに読む ⇒ Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン) Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)出典/画像元: https://rollingstonejapan.com/articles/detail/39563

おすすめのバンド、ぜひチェックしてみたいですね。

記事では、それぞれのバンドの音楽性、特徴、そして筆者の個人的な感想が紹介されています。

え、まじ!?めっちゃ気になる!私もライブ行ってみたいわ!

うっわ、すげー!結束バンドのライブ、最高そうやん!

あら、若い子たちは、今もバンドとか聴くんや。昔は、レコードばっかりやったけど、今は、デジタルやもんね。

今回の記事では、ミクスチャーロックの歴史、進化、そしておすすめのバンドを紹介しました。

🚩 結論!

💡 ミクスチャーロックは、多様な音楽要素を融合した、個性豊かなジャンルです。

💡 新世代のバンドによって、ミクスチャーロックは新たな進化を遂げています。

💡 ぜひ、この記事で紹介したバンドを聴いてみてください。