Academic Box Logo

日本のラウドロックシーン:10組のバンドが語る進化と深み?バンドたちの熱い思いとは!?

日本のラウドロックシーン:10組のバンドが語る進化と深み?バンドたちの熱い思いとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 日本のラウドロックシーンの歴史と進化について解説

💡 おすすめの10組のバンドを紹介

💡 ラウドロック史の変遷を考察

それでは、最初の章に移りましょう。

日本のラウドロックシーン:10組のバンドが語る進化と深み

日本のラウドロックシーンは、近年その多様性と深みを増し、世界でも注目を集めています。

🔖 関連記事の要約!日本を代表するラウドロック10選
日本を代表するラウドロック10選

✅ この記事は日本のラウドロックの歴史と進化について解説しており、筆者おすすめの10組のバンドを紹介しています。

✅ 紹介されているバンドは、PTP、ホルモン、AA=、Crossfaith、coldrain、ONE OK ROCK、Fear, and Loathing in Las Vegas、THE ORAL CIGARETTES、SiM、ROTTENGRAFFTYの10組で、それぞれの特徴や影響力が具体的に説明されています。

✅ また、記事は過去のラウドロックバンドから現在シーンを牽引する若手バンドまで幅広く網羅しており、2020年の視点から日本のラウドロック史の変遷を考察しています。

さらに読む ⇒Red Bull Gives You Wiiings | Red Bull USARed Bull Gives You Wiiings | Red Bull USA出典/画像元: https://www.redbull.com/jp-ja/loud-rock-select-10

日本のラウドロックシーンの熱気と進化が感じられる興味深い内容ですね。

日本のラウドロックシーンは、近年その多様性と深みを増し、世界でも注目を集めています。この記事では、日本のラウドロックシーンを代表する10組のバンドを紹介し、その歴史と進化をたどりつつ、このジャンルの魅力を探っていきます。今回取り上げる10組は、PTP、ホルモン、AA=、Crossfaith、coldrain、ONE OK ROCK、Fear, and Loathing in Las Vegas、lynch.、MY FIRST STORY、SHANKです。これらのバンドは、それぞれ独自の音楽性と影響力を持って、日本のラウドロックシーンを牽引してきました。2016年の初出から4年の時を経て、2020年の視点で改訂されたこの記事は、最新のラウドロックシーンの動向も反映しています。筆者自身の「ラウドロック感」に基づいて選定された10組は、読者に新たな発見と刺激を与えるとともに、活発な議論を促す可能性を秘めています。この記事を通じて、日本のラウドロックシーンの魅力を再認識し、新たなラウドロックバンドとの出会いを期待できるでしょう。

まじ、めっちゃエモい!日本のロックシーンって、ホンマに熱いんやな!

おー、日本のラウドロックシーンって、こんなに奥が深いんやね!知らんかったわ!

最近の若いもんは、昔の音楽を知っとらんのよ。ラウドロックも、昔はもっとワイルドだったのよ!

日本のラウドロックバンド人気ランキング:多様な顔ぶれ

人気ランキングを見てみましょう。

🔖 関連記事の要約!coldrain×HEY
coldrain×HEY

✅ coldrain、HEY-SMITH、SiMの3バンドによる合同企画ライブ「TRIPLE AXE ’14」の東京公演(Zepp Tokyo)の様子がレポートされている。

✅ 3バンドは互いに刺激し合い、観客も熱狂的な一体感を生み出した。各バンドのパフォーマンスは、それぞれの特徴を生かした熱いステージングで、観客を魅了した。

✅ ライブ終盤には、3バンドのメンバーがステージ上で共演し、観客をさらに盛り上げた。このライブは、3バンドの強い絆と、観客への熱い想いを示すものであった。

さらに読む ⇒ Fanplus Music Fanplus Music出典/画像元: https://music.fanplus.co.jp/liveReport/20140704075e3b212

人気のラウドロックバンドには、様々な個性的なバンドがいるんですね。

日本のラウドロックバンドの人気ランキングでは、様々な個性的なバンドが名を連ねています。22位には、レゲエパンク要素も取り入れたSiM、21位には活動休止となったSWANKYDANK、20位には「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のオープニングテーマで知られるHIGHandMIGHTYCOLORなど、人気バンドがランクインしています。その他にも、THREELIGHTSDOWNKINGS、ARTEMA、CRYSTALLAKE、KNOCKOUTMONKEY、acrowdofrebellion、coldrain、MYFIRSTSTORYなど、日本のラウドロックシーンを牽引するバンドがランキングにランクインしています。それぞれのバンドの活動歴や代表曲、特徴などが紹介されており、日本のラウドロックバンドに興味がある人にとって、必見の内容となっています。

え、まじ!?coldrainとか、私好きなんやけど!

あー、SiMとか、知ってる知ってる!ライブ行ったら、超盛り上がりそうやな!

若いもんは、流行りの音楽ばっかり聞いてるのかしらね?昔のバンドも、ええもんよ!

日本のラウドロック楽曲人気ランキング:40位から1位まで

楽曲の人気ランキングを見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ONE OK ROCK / Save Yourself
ONE OK ROCK / Save Yourself

✅ ONE OK ROCKは、大谷翔平が出演するセイコー プロスペックスの新CMソング「Save Yourself」を配信リリースしました。

✅ また、スマートフォン向けアプリ「Monster Hunter Now」とのタイアップ楽曲となる新曲「Make It Out Alive」も配信リリースしました。

✅ ONE OK ROCKは、約3年半ぶりとなる10枚目のアルバム「Luxury Disease」をリリースしました。このアルバムは、数々のロックの名盤を手掛けたロブ・カヴァロがプロデュースし、海外の様々なクリエーターと共に制作されたハイブリッドなロックアルバムです。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/_/default/p/1275241

ONE OK ROCKは、海外でも人気が高いですね。

日本のラウドロック楽曲の人気ランキングでは、40位から1位まで、楽曲名、アーティスト名、YouTubeへのリンクが記載されています。上位にはONE OK ROCKや凛として時雨などの有名アーティストの楽曲がランクインしており、それぞれの特徴や魅力が紹介されています。ラウドロックに興味がある人にとって、楽曲選びの参考になる記事です。

ONE OK ROCKの曲、めっちゃ好き!ライブ行きたいわー!

ONE OK ROCKは、ホンマに聴き心地がいいよね!

昔の音楽は、もっと魂がこもっていたのよ!今の音楽は、なんだか薄っぺらいわ!

日本のラウドロックシーン:未来への期待

日本のラウドロックシーンの未来について考えていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ラウドロックは世代&ジャンルを越えて広がり続ける 海外メタルシーンの変遷とともに辿る゛進化と功績゛
ラウドロックは世代&ジャンルを越えて広がり続ける 海外メタルシーンの変遷とともに辿る゛進化と功績゛

✅ この記事は、日本のロックフェスにおけるメタルやラウドロックの浸透を、ニューメタルの誕生から、最近のJ-POPシーンにおけるメタル的要素を取り込んだ音楽の台頭まで、歴史的視点から考察しています。

✅ 特に1994年のグルーヴメタルバンドPanteraとニューメタルバンドKoЯnのデビューを、ラウドロックの胎動が始まった重要なポイントとして位置付けており、その後、Deftones、Limp Bizkit、Slipknot、Linkin Parkなど、ニューメタルやその派生ジャンルのバンドが世界的ブームを巻き起こしたことを説明しています。

✅ また、記事では、メタルがオルタナティブロックやグランジの影響を受けながらも進化し、ヒップホップやエレクトロニック音楽など、他のジャンルの要素を融合することで、新たな音楽を生み出してきたことを指摘しています。

さらに読む ⇒リアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイトリアルサウンド|音楽、映画・ドラマ、エンタメ×テック、書籍のカルチャーサイト出典/画像元: https://realsound.jp/2023/08/post-1418465.html

ラウドロックは、様々なジャンルの要素を取り入れて進化しているんですね。

日本のラウドロックシーンは、多様なバンドと楽曲によって形成されています。この記事では、その歴史、進化、そして現状について詳しく解説しました。これからも日本のラウドロックシーンは進化を続け、新たな才能が輩出されることを期待しています。

ラウドロックって、これからも進化していくんかな?楽しみやわ!

うん、これからも日本のラウドロックシーンは、ますます盛り上がっていくと思うよ!

昔の音楽は、もっと力強かったのよ!今の音楽は、なんだか物足りないわ!

この記事では、日本のラウドロックシーンについて、様々な角度から解説しました。

🚩 結論!

💡 日本のラウドロックシーンの歴史と進化について解説

💡 おすすめの10組のバンドを紹介

💡 ラウドロック史の変遷を考察