Academic Box Logo

ブランキージェットシティ:唯一無二のロックサウンドは、今も色褪せない?伝説のバンドの音楽世界とは!?

ブランキージェットシティ:唯一無二のロックサウンドは、今も色褪せない?伝説のバンドの音楽世界とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 1991年結成、2000年解散の日本のロックバンド「ブランキージェットシティ」について解説します。

💡 彼らの代表曲やアルバム、音楽性について掘り下げていきます。

💡 ブランキージェットシティの音楽の魅力を、改めて紹介します。

それでは、ブランキージェットシティの音楽の魅力について、詳しく見ていきましょう。

ブランキージェットシティ:唯一無二のロックサウンド

ブランキージェットシティは、日本のロック史に名を刻んだ伝説的なバンドですね。

🔖 関連記事の要約!27日にベスト盤「SINGLES」を発売するブランキー・ジェット・シティ。左から、中村達也、浅井健一、照井利幸― スポニチ Sponichi Annex 芸能
27日にベスト盤「SINGLES」を発売するブランキー・ジェット・シティ。左から、中村達也、浅井健一、照井利幸― スポニチ Sponichi  Annex 芸能

✅ 女優の小雪がロケ先でのオフショットを公開し、爽やかで美しい姿が話題に。

✅ EXOのスホが、新曲「点線面(1 to 3)」のMV予告映像を公開。宇宙飛行士に扮した姿が公開された。

✅ はなわは、自身のヒット曲「佐賀県」について、タクシーに乗った際に「佐賀県」を歌ったことから怒られた過去を告白。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/26/gazo/G20130326005478190.html

個性的なメンバー3人の才能が融合した、唯一無二のロックサウンドは、何度聴いても新鮮で、心を揺さぶられますね。

1991年に結成され、2000年に解散した日本のロックバンド、ブランキージェットシティ。ボーカル&ギターの浅井健一、ベースの照井利幸、ドラムの中村達也という個性的な3人組は、独特の世界観を持つ楽曲とライブでの圧倒的なパフォーマンスで人気を博しました。浅井健一の作詞作曲、ボーカル、ギターは、独特の歌詞世界とメロディーセンスで多くのファンを魅了しました。照井利幸は、ベース、ギター、シンセサイザーを担当し、バンドの安定感に大きく貢献しました。中村達也のパワフルかつ繊細なドラム演奏は、楽曲に深みを与え、ブランキージェットシティの音楽を支えました。彼らが日本のロックシーンに与えた影響は大きく、その音楽は今もなお多くのファンから愛され続けています。

え、まじ!?ブランキーって、そんな昔やったん!?知らんかったわー。

うん、うん。やっぱ、ブランキーの音楽は、最高よね!

あら、懐かしいわね。あの頃は、若かったのよ。

『ロメオの心臓』:シネマティックな世界観

『ロメオの心臓』は、ブランキージェットシティの音楽性の広がりを感じることができるアルバムですね。

🔖 関連記事の要約!全曲紹介!BLANKEY JET CITY「ロメオの心臓」(ブランキー・ジェット・シティ)

公開日:2024/02/06

全曲紹介!BLANKEY JET CITY「ロメオの心臓」(ブランキー・ジェット・シティ)

✅ BLANKEY JET CITYの7枚目のアルバム「ロメオの心臓」は、1998年にリリースされ、打ち込みを取り入れた実験的な作品でありながら、代表曲「赤いタンバリン」や「小さな恋のメロディ」などの後世に残る名曲も収録されています。

✅ 「小さな恋のメロディ」は、ベンジーが歌詞に強いメッセージを感じた、アルバムの中でも特に代表的な曲です。

✅ 「ロメオの心臓」は、アルバム全体の流れを楽しむことで、個々の楽曲の破壊力が増す、鮮度が命の、永遠に色褪せない作品です。

さらに読む ⇒音楽を語らしてけろ!音楽を語らしてけろ!出典/画像元: https://musicholic.jp/romeos_heart/

実験的なサウンドと、キャッチーなメロディーが絶妙に調和していて、聴き心地が良いです。

1998年リリースのアルバム『ロメオの心臓』は、ブランキージェットシティの成熟と新たな方向性を示す、シネマティックな作品です。ニルヴァーナ、PJ ハーヴェイ、ポーティスヘッド、レディオヘッドなどの影響を感じさせつつ、退廃的なムードと愛とユーモアを融合した独自のサウンドを確立しています。『古い灯台』は、飽和的な音の爆発力と映像的な世界観で、まるで映画のサントラのような雰囲気を醸し出しています。『幸せな人』の清々しい展開や、エンディングの『ハツカネズミ』の詩的な映像表現は、聴く人の心を強く惹きつけます。ブランキー・ジェット・シティらしい力強いサウンドと、3人の個性が光る、完成度の高いアルバムです。

え、めっちゃカッコイイやん!

うん、うん。このアルバムは、名曲揃いだよね!

あら、このアルバムは、若い子にも人気があるのかしら?

代表曲:多様性と魅力を象徴する名曲たち

ブランキージェットシティの代表曲は、どれも個性的で魅力的ですよね。

🔖 関連記事の要約!ブランキーの゛悪い人たち゛シングル盤を聴く
ブランキーの゛悪い人たち゛シングル盤を聴く

✅ 著者は、ブランキーのシングル盤「悪い人たち」を久しぶりに聴いた感想を綴っている。

✅ シングル盤は発売中止になった経緯があり、ジャケットは真っ白で、著者はネット検索をせず、学生時代にダビングしてもらったビデオを懐かしむ。

✅ 著者は、15年ぶりに聴いた「悪い人たち」を、C.B.Jimバージョンとは異なる生々しさを感じ、演奏への興奮を感じると表現している。詩の意味や解釈よりも、聴く人の感覚で受け止めればいいと締めくくっている。

さらに読む ⇒FTABUTA_AGAINFTABUTA_AGAIN出典/画像元: https://k5.kalafta.com/archives/749

それぞれの楽曲が、バンドの多面性を表現していて、聴き飽きないですね。

1987年に結成され、1990年にメジャーデビューしたブランキージェットシティは、約10年の活動期間において、圧倒的な演奏力、唯一無二の歌詞、グルーヴ感のある音楽でファンを魅了しました。現代J-ROCK界の礎を築いたと称される彼らの代表曲には、「悪いひとたち」、「ガソリンの揺れ方」、「Don’tkissmytail」、「いちご水」など、今もなお人気が高い名曲があります。「悪いひとたち」は、衝撃的な歌詞が話題となり、浅井健一は「素直にその時、感じていたこと」を歌ったと語っています。「ガソリンの揺れ方」は、3人の高い演奏力と激しいグルーヴ感が特徴です。「Don’tkissmytail」は、軽快でゆるいメロディーが心地よいサウンドで、「いちご水」は、BLANKEYJETCITYでは数少ないラブソングであり、切ない旋律が恋愛の儚さや虚しさを表現しています。

まじ!?知らんかったわー。

うん、うん。ブランキーの曲は、どれも最高よね!

あら、昔はよく聴いたのよ。

『ロメオの心臓』:実験性と名曲の融合

『ロメオの心臓』は、ブランキージェットシティの集大成と言えるアルバムだと思います。

🔖 関連記事の要約!ロメオの心臓【BLANKEY JET CITY】
ロメオの心臓【BLANKEY JET CITY】

✅ この記事は、ブランキー・ジェット・シティの7枚目のアルバム「ロメオの心臓」を紹介しています。

✅ アルバムの特徴として、タイアップ曲や書き下ろし曲が多く、メジャーでの認知度が高まっていることが挙げられています。

✅ 記事では、「赤いタンバリン」、「ロメオ」、「小さな恋のメロディ」など、アルバム収録曲のいくつかについて説明されています。

さらに読む ⇒30年前のレコード棚30年前のレコード棚出典/画像元: https://fk-aosan.hateblo.jp/entry/20210711_342

実験的なサウンドと、彼らの持ち味である力強いロックサウンドが融合した、傑作と言えるでしょう。

1998年発売のアルバム『ロメオの心臓』は、打ち込みを取り入れた実験的な作品でありながら、代表曲「赤いタンバリン」「ロメオ」「小さな恋のメロディ」など、後世に語り継がれる名曲も収録されています。サイレンの音で始まる「パイナップルサンド」から始まり、メロウな「ハツカネズミ」で終わる、独特な構成となっています。中でも「小さな恋のメロディ」は、映画のタイトルからインスピレーションを受けた楽曲で、彼らの音楽の幅広さを示しています。

え、まじ!?めっちゃ気になるわー。

うん、うん。このアルバムは、名曲揃いだよね!

あら、このアルバムは、若い子にも人気があるのかしら?

楽曲情報:聴き込むためのガイド

ブランキージェットシティの楽曲を、より深く理解するためには、歌詞や音楽背景を知ることも大切です。

🔖 関連記事の要約!BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)」全曲をご紹介
BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)」全曲をご紹介

✅ この記事は、日本のロックバンド「ブランキー・ジェット・シティ(BJC)」の全楽曲を紹介する内容です。

✅ BJCは1980年代後半に結成され、1990年代に人気を博したバンドで、ストレイ・キャッツの影響を受けた独特なサウンドと、浅井健一の個性的なボーカルが特徴です。

✅ 記事では、BJCのデビューアルバム「Red Guitar And The Truth」から、収録曲「CAT WAS DEAD」「僕の心を取り戻すために」「胸がこわれそう」「不良少年のうた」について、楽曲の特徴と浅井健一の歌詞の世界観を解説しています。

さらに読む ⇒キジログ@愛キジログ@愛出典/画像元: https://gibraltar.hatenablog.com/entry/2017/07/21/blankeyjetcity

楽曲リストを参考に、彼らの音楽の世界に浸ってみてください。

現在、ブランキージェットシティの楽曲はサブスクリプションサービスで配信されていませんが、歌詞や音楽を深く味わうためには、CDやレコードで聴くことをおすすめします。浅井健一が作曲・作詞した楽曲は、14曲あり、最も長い楽曲は「幸せな人」で6分13秒、最も短い楽曲は「古い灯台」で2分22秒です。出版社はほとんどがワイルド・コーポレーション・リミテッドで、一部はテレビ朝日ミュージックやフジパシフィック音楽出版も含まれています。楽曲リストには、各楽曲のタイトル、フォーマット、再生時間、価格が記載されています。価格はすべて「N/A」となっており、不明です。楽曲のフォーマットはすべてwav、flac、alac:16bit/44.1kHzとなっています。

え、まじ!?そんなんあるん!?

うん、うん。ブランキーの曲は、どれも最高よね!

あら、このアルバムは、若い子にも人気があるのかしら?

ブランキージェットシティの音楽は、時代を超えて愛される、唯一無二の魅力があります。

🚩 結論!

💡 彼らの音楽は、実験性と力強さを兼ね備えています。

💡 代表曲の数々は、今もなお多くのファンを魅了しています。

💡 ブランキージェットシティの音楽は、これからも語り継がれていくでしょう。