Academic Box Logo

砂原良徳、電気グルーヴの軌跡をたどり、音楽シーンへの影響を探る?電気グルーヴ、テクノサウンドで革命を起こすとは!?

砂原良徳、電気グルーヴの軌跡をたどり、音楽シーンへの影響を探る?電気グルーヴ、テクノサウンドで革命を起こすとは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 電気グルーヴと砂原良徳の関係

💡 砂原良徳が電気グルーヴに与えた影響

💡 砂原良徳の現在の活動

それでは、電気グルーヴと砂原良徳の関係について詳しく見ていきましょう。

電気グルーヴとの出会い

電気グルーヴの音楽は、本当に独特で魅力的ですよね。

🔖 関連記事の要約!電気グルーヴ、代表曲゛Shangri
電気グルーヴ、代表曲゛Shangri

✅ TVアニメ「空中ブランコ」のエンディング・テーマに、電気グルーヴの代表曲゛Shangri-La゛の新バージョンが起用されることが決定しました。

✅ 新バージョンは、電気グルーヴの元メンバーである砂原良徳が、オリジナル版を再構築したもので、12年ぶりに新たなサウンドで蘇ります。

✅ エンディング・テーマとオープニング・テーマのリリース日などの詳細は後日発表される予定です。

さらに読む ⇒  TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS ONLINE出典/画像元: https://tower.jp/article/news/2009/09/24/100019928

懐かしいですね。12年ぶりの新バージョン、楽しみです。

サカナクションの山口一郎は、1996年に電気グルーヴのアルバム『ORANGE』の収録曲゛Shangri-La゛を聴いて衝撃を受け、電気グルーヴの音楽に大きな影響を受けた。当時の山口一郎は、電気グルーヴのテクノサウンドに魅了され、その音楽性を深く理解しようと努めた。一方、砂原良徳は電気グルーヴに加入する前に、人生というバンドと対バンした際に石野卓球から声をかけられた。砂原良徳は、石野卓球の音楽に対する情熱を感じ、電気グルーヴに加入することを決意した。

え、まじ!?Shangri-Laって、懐かしい!

電気グルーヴって、やっぱすごいわ。

あら、懐かしいわね。昔はよく聞いてたわよ。

音楽シーンに革命を起こした電気グルーヴ

電気グルーヴは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えたバンドですよね。

🔖 関連記事の要約!砂原良徳×山口一郎 捨て身でシーンを変えた電気グルーヴを語る
砂原良徳×山口一郎 捨て身でシーンを変えた電気グルーヴを語る

✅ サカナクションの山口一郎と電気グルーヴの砂原良徳が、電気グルーヴのドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?』をきっかけに、電気グルーヴが日本の音楽シーンにもたらした影響、石野卓球とピエール瀧の素顔、そして音楽シーンの未来について語り合った。

✅ 山口一郎は、電気グルーヴの音楽に子供の頃から影響を受けており、特に「Shangri-La」の衝撃について語った。砂原良徳は、電気グルーヴが1990年代初頭に海外の新しい音楽ムーブメントにいち早く反応し、日本の音楽シーンを変えたことを振り返った。

✅ 山口一郎は、サカナクションのフロントマンとして、「今の時代の電気グルーヴになりたい」と語り、電気グルーヴがテクノをメインカルチャーに持ち込んだ功績と、音楽シーンの未来について自身の考えを述べた。

さらに読む ⇒CINRACINRA出典/画像元: https://www.cinra.net/article/interview-201601-sunaharayamaguchi

山口一郎さんの言葉、心に響きますね。

90年代初頭の音楽シーンは、海外のヒップホップやハウスなどの新しい音楽ムーブメントが台頭していた。電気グルーヴは、そのムーブメントにいち早く反応し、日本の音楽シーンにテクノミュージックを根付かせた。電気グルーヴは、テクノをメインカルチャーに持ち込み、日本の音楽シーンに大きな変化をもたらし、日本の音楽シーンを大きく変えた。電気グルーヴは、テクノミュージックの枠を超え、さまざまな音楽ジャンルを取り込み、独自の音楽世界を確立した。

まじ!?電気グルーヴって、そんなに影響力あったん?

電気グルーヴって、やっぱすごいわ。

あら、電気グルーヴって、昔はよくテレビに出てたわね。

それぞれの道へ

電気グルーヴは、音楽性だけでなく、メンバーの個性も魅力的ですよね。

🔖 関連記事の要約!電気グルーヴ、新旧メンバーショットにファン歓喜も一部の゛顔色゛に心配の声集まる 「大丈夫かな」「生気がないぞ」(1/2 ページ)

公開日:2023/03/28

電気グルーヴ、新旧メンバーショットにファン歓喜も一部の゛顔色゛に心配の声集まる 「大丈夫かな」「生気がないぞ」(1/2 ページ)

✅ 2023年3月25日にSNS上で、メタバース空間におけるバーチャルアバターのファッションショーが開催されました。

✅ このショーは、メタバース空間でのアパレルブランドの新しい表現方法として注目を集めており、アバターの個性的なファッションやショーの演出が話題となりました。

✅ メタバース空間でのファッションショーは、従来のファッションショーとは異なる体験を提供し、今後ますます注目されていくと予想されます。

さらに読む ⇒�˂Ƃ���˂Ƃ��出典/画像元: https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2303/28/news108.html

音楽の方向性の違いで脱退するのは、悲しいですね。

電気グルーヴのメンバー、まりんこと砂原良徳は、音楽の方向性の違いから脱退した。電気グルーヴが海外で活動を本格化する中で、石野卓球がドイツ、砂原良徳がイギリスでの活動を目指していたことが原因だった。しかし、喧嘩別れではなく、現在も2人は交流があり、ピエール瀧のソロイベントにサポートメンバーとして参加したり、電気グルーヴplays人生というユニットで活動したりしている。

え、まじ!?砂原良徳って、電気グルーヴ脱退したん?

まあ、音楽の方向性って大事だな。

あら、昔はよく電気グルーヴのライブに行って、踊ってたわよ。

新たな挑戦

砂原良徳さんは、精力的に活動されていますね。

🔖 関連記事の要約!インタビュー>待望の初音源をリリースしたTESTSET・砂原良徳×LEO今井が語る、METAFIVEからの意欲的メタモルフォーゼ
インタビュー>待望の初音源をリリースしたTESTSET・砂原良徳×LEO今井が語る、METAFIVEからの意欲的メタモルフォーゼ

✅ METAFIVEがFUJI ROCK FESTIVAL゛21に出演予定だったが、メンバーの事情によりキャンセル。その後、砂原良徳とLEO今井が中心となり、白根賢一と永井聖一を加えた4人で「METAFIVE特別編成」として出演。

✅ その後、一夜限りの予定だった特別編成バンドへの出演オファーが相次ぎ、2022年4月14日より「TESTSET」として活動をスタート。

✅ TESTSETとしての初音源『EP1 TSTST』をリリースし、砂原良徳とLEO今井は、TESTSETとして活動するに至った経緯や、初音源について語った。

さらに読む ⇒Billboard JAPANBillboard JAPAN出典/画像元: https://www.billboard-japan.com/special/detail/3621

TESTSETの活動、今後の展開が楽しみです。

砂原良徳は、現在METAFIVEのメンバーとして活躍している。METAFIVEは、LEO今井、ゴンドウトモヒコ、TOWATEI、小山田圭吾、高橋幸宏と共に結成されたテクノバンドである。また、電気グルーヴplays人生は、石野卓球、ピエール瀧、砂原良徳、牛尾憲輔の4人で活動している。

え、まじ!?砂原良徳って、まだバンドやってるん?

砂原良徳って、やっぱすごいわ。

あら、砂原良徳って、若い頃は何やってたのかしらね。

未来への展望

電気グルーヴのドキュメンタリー映画、気になりますね。

🔖 関連記事の要約!電気グルーヴ、映画の予告編公開。砂原良徳、山口一郎らの証言も (2015/08/03) 邦楽ニュース
電気グルーヴ、映画の予告編公開。砂原良徳、山口一郎らの証言も (2015/08/03)  邦楽ニュース

✅ 電気グルーヴの初となるドキュメンタリー映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~」の予告編が公開された。

✅ 予告編には、貴重な記録映像に加え、砂原良徳、DJ TASAKA、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、スチャダラパー、山口一郎(サカナクション)など、電気グルーヴに関わる様々なアーティストやスタッフの証言が盛り込まれている。

✅ 映画は2015年12月に公開予定で、監督は大根仁、出演は石野卓球とピエール瀧のほか、多くの関係者が名を連ねている。

さらに読む ⇒rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) - 音楽(邦楽/洋楽)情報サイト出典/画像元: https://rockinon.com/news/detail/128685

山口一郎さんの言葉、いいですね。

山口一郎は、サカナクションのフロントマンとして「今の時代の電気グルーヴになりたい」と発言した。音楽シーンに大きな影響を与えた電気グルーヴのように、サカナクションも独自の音楽性で日本の音楽シーンを牽引したいという強い意志が感じられる。山口一郎と砂原良徳は、電気グルーヴが日本の音楽文化に与えた深遠な影響と、その後の音楽シーンへの展望について語り合った。今後も、電気グルーヴやサカナクションのような革新的な音楽が誕生し、日本の音楽シーンをさらに盛り上げていくことを期待している。

え、まじ!?電気グルーヴの映画って、あるん?

電気グルーヴって、やっぱすごいわ。

あら、電気グルーヴって、昔はよく遊んでたわよ。

本日は、砂原良徳と電気グルーヴについてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 電気グルーヴは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えたテクノバンド

💡 砂原良徳は、電気グルーヴで活躍後、様々なプロジェクトに参加し、現在も音楽活動を続ける

💡 電気グルーヴの音楽は、現在でも多くのアーティストに影響を与えている